2019.08.13

エバーセンス株式会社に転職(中途採用・求人)するには?

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

家族を軸にWebメディアやアプリを提供している株式会社エバーセンスについて、事業内容や職種、やりがいや社風など企業研究に役立つ情報をまとめました。

社長の牧野さんと末永はリクルート出身者同士という繋がりもあり、牧野さんがエバーセンスを創業される以前から親しくさせていただいており、弊社でも人材紹介でのお取引もあり、実際に社員のご紹介実績もあるのですが、入社された社員の方も活き活きお仕事をされていらっしゃり、非常に良い会社さんです。

→【簡単申込】現在転職のことでお悩みの方は、ITベンチャー企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

エバーセンスって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

皆様はエバーセンスという会社をご存知でしょうか。同社は妊活、妊娠・出産、育児、ライフスタイルという主に子育て分野領域を中心にウェブサイトやスマートフォンアプリを運営しています。

例えば「子育てハック」という妊活、妊娠・出産、育児に役立つ情報を提供するウェブサイトや、「michiru」という生理日、排卵日予測を行うスマートフォンアプリは同社が提供しているものとなります。

男性にはあまり馴染みがないかもしれませんが、女性だとご利用されたことがある方も多いのではないでしょうか。

同社は、「家族を幸せにするサービスを作ることで、きっと関わる人をみんな幸せにできるということ」を大事にし、社会貢献性の高いサービスを提供している2013年設立のITベンチャーなのです。

エバーセンスの直近の業績

エバーセンスは上場企業ではありませんので、売上高を公表していません。そのため売り上げについては不明なのですが、創業第五期であった2017年度は過去最高の売上・利益をだし、年々確実な成長をしています。

新卒採用もされ、社員数は既に50名程と自己資金だけで5年でこの規模まで成長させられる会社はそう多くはないと思います。

売上に関する言及をさせていただきましたが、同社の売上に対して独特の考え方を持っています。

それは「売り上げ目標を立てない」ということです。なぜ、売り上げ目標を立てないのかというと、会社のカルチャーを壊さないことを大事に考えてるからです。

売り上げ目標を立て、それに邁進するのが一般的な会社です。

しかし、そのような方針で事業を進めると、確かに売り上げは上がりやすくなりますが、「会社の目指すもの」「カルチャー」が二の次になり、本来会社を設立した目的と現状がかい離しやすくなる、同社代表の牧野哲也氏はそう考えています。

ユーザー第一で、会社のビジョンを大事にすること、そこをぶらさないモノづくりの会社であることを貫くために、あえて目標を立てないという経営方針で事業をすすめているのがエバーセンスという会社なのです。

エバーセンスの本社・オフィスの場所

エバーセンスの本社は以下の場所にあります。

東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7-15 ザ・パークレックス日本橋馬喰町2F・5F(受付)

総武線「浅草橋」駅 徒歩3分、総武快速線「馬喰町」駅 徒歩6分程の場所になります。

いわゆる新宿、渋谷、丸の内といったいわゆる東京の一等地とは少し離れた場所に本社を構えています。

ここでも、都会の喧騒から意図的に離れた場所にオフィスを構える事で、じっくりとモノづくりに集中できる環境をという牧野さんの考えが反映されています。

実際著者である末永は、浅草橋のオフィスにお邪魔させていただきましたが、非常に気持ちの良い情緒溢れる街並みで、ランチ場所も空いていて、オシャレなお店が多いため、働く環境は良いのかなと感じました。

今のオフィスには2017年6月に移転されたようですが、150坪以上と非常に広く、オシャレな内装で、働く社員の方のテンションも思わず上がってしまうような環境です。

エバーセンスの仕事内容・職種

では、エバーセンスではどんな職種の方々が仕事をしているのでしょうか。主だったところについてご紹介したいと思います。

エンジニア・デザイナー

IT企業においてサービスを作る開発者、またその開発したサービスのビジュアルを作るエンジニアデザイナーは、いわば会社の肝といっても過言ではありません。

JAVAやPHPといった開発言語を使って、webサイトやアプリ開発・サービスのデザインをを行うエンジニア・デザイナーの方は、同社で活躍されています。

メディアプロデューサー・マーケティング

エンジニアが実際のwebサイトやアプリの実務を行う舞台であれば、どのようなアプリやwebサイトを作る、またどのように現存のサービスを改良するかを企画する「頭脳」のような舞台です。

データ解析やマーケティングなど良いコンテンツを作るためのデータをあつめ、戦略を考える部隊なのです。営業担当者もマーケティングの中に組み込まれています。

編集アシスタント

同社が提供しているサービスの1つである「子育てハック」というwebサイトがあります。そこに書かれている記事や関連画像の編集を行うスタッフも存在しています。

この編集アシスタントは子育て中の女性が多く活躍している職種です。働きたいと考える現役のお母さんを受け入れる土壌もある会社です。

→【簡単申込】現在転職のことでお悩みの方は、ITベンチャー企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

エバーセンスの今後の事業課題

エバーセンスの売り上げは広告収入がメインとなります。

現状であれば、景気も良く、広告収入を集めやすい状況でありますが、景気が悪化した際に、最初に予算が削られるのが広告収入であると言われます。

そのような状況になった場合、「売り上げ目標を立てない」というスタイルで事業を継続できるのかという点が事業課題と言えます。

ただ、同社代表の牧野氏は、この「売り上げ目標を立てない」というスタイルをロールモデルしたいと考えており、このスタイルで長期的に成長することができれば、他の会社・業界にも影響を与えるものと考えられます。

エバーセンスの将来性は?

将来性のある企業だと思います。

なぜなら、以下の観点から伸びしろがある会社だと言えるからです。

  • (景気の後押しはあるものの)数値目標・売り上げ目標を立てないというスタイルで、年々売り上げを増大させている点
  • 共働き世帯の増加によって、エバーセンスがカバーしている子育て領域は市場が拡大すると予想できる点

エバーセンスの仕事のやりがい

エバーセンスでの仕事のやりがいですが大きく三点あります。

① 顧客のためを追求できる

同社は上述でもお話ししたように、売り上げ目標を設定していません。それは、売ることに力をいれすぎることで、本来提供すべきサービスの本質から外れてしまうことを是としないことがその理由です。

「顧客第一の考え方を徹底して貫くことができる」という点は社員の方々が口にしているやりがいの1つです。

② どのような立場の人でも活躍できる

会社には新卒の方、中途の方、そして結婚したママ、イクメンのパパなど男女関係なく活躍する場があります。

出産・育児に関するコンテンツを提供しているだけではなく、社員に対しても出産・育児などで仕事を続けていけるような社内体制を構築しています。

技術・経験を求めるような採用が中心とはなりますが、どのような立場の方でも活躍できるような土壌を構築し続けているというのが社員の方が書かれているブログからも読み取れます。

参考:ごきげん通信

③ 社員が働きやすいルール作りを構築してくれる

働きやすい環境を作り上げるため、オフィス移転を2017年度に実施しました。

また、社員旅行、シャッフルランチ、ママランチなどの福利厚生や、成果主義やセルフキャリアパスなどの制度も随時構築しています。

働きやすい環境づくりに積極的なことも社員が仕事をやりがいに感じている要因の1つとして挙げられます。

エバーセンスの評判・社風・カルチャー・クチコミ

では、評判・社風・カルチャー・クチコミなど実際の社員の声をご紹介します。

① 女性、特に結婚・出産後の方が多く活躍している

同社ホームページの社員ブログにはとにかく多くの働く女性が紹介されています。特に、出産後のママが多く活躍している点は特筆すべき点だといえます。

実際にママになってからも、やりがいをもって働いているという声が多く上がっています。

② イベントに力を入れている

同社には「パーティー部」という部署があります。社内のイベントごと一切を取り仕切る部署です。

社内でゲリラ的に流しソーメン大会を開催したり、親睦会やゲーム大会などを開催するなど、一般的な会社では考えられないようなイベントごとを企画・実行するのがこの部署です。

このように、社員間の人間関係を良くする、社員を幸せにするという観点からもこのようにイベントに力をいれて、社内の雰囲気を良くしようという経営の考え方が反映されています。

そして、このようなイベントに対し社員間の人間関係が良好になり、一体感のある会社になっているという声も多く挙げられています。

③ クライアント目線のサービスを提供している

よくクライアントファーストや顧客第一主義といった言葉を聞かれる方も多いかもしれませんが、実情はそうでもない会社のほうが圧倒的に多いのが現状です。

しかし、同社は再三お話しているように、あえて売り上げ目標を設定しないことで、ユーザーと真正面から向き合い、自社が提供すべきサービスの構築を徹底するというスタイルを貫いています。

その理念に共感して入社する方も多いようです。

「家族の軸を持った事業を展開する」「売り上げにとらわれず本質を問う」ということを大事にしている社風の会社であることがやりがいに直結していると考える社員の方は非常に多いです。

エバーセンスの面接・SPIなど選考

面接の際は以下の観点がポイントとなるでしょう。

  • 他社との調和を取れるか
  • 厳しい環境からも前向きに成果に向かおうという意思があるか
  • 仕事と家庭を両立させようという意思があるか

同社は一定の技能を求めますが、基本的に人物重視の採用を行います。一部の外資系の社員にみられる他の社員を排斥し、自分だけ利益を取りに行くような人材は同社の社風に合致しないでしょう。

あくまでも良いサービスを提供することを大事にし、サービスの性質からも家庭も仕事も双方大事にするような「素敵な人材」の採用をしたいと考えています。

なお、選考に関しては1~2回、SPIは実施していません。

エバーセンスへの転職ならアクシスに無料相談しませんか?

一般的に転職では「持っている知識・スキル」「経験」が重視されますが、ベンチャー企業の採用では同等かそれ以上に、「社風・カルチャーへのマッチ度」が大切にされます。

企業の理念や今後の成長方向性、社員が大切にしている価値観について深く理解した上で「自分がその環境にマッチした人材である」と面接官を説得する必要があるのです。

面接で相手を納得させるには、相手の目線を踏まえた上でこれまでの経験や転職理由、自己PRの話し方を工夫する必要があります。

そういった面接対策は一人で行うのは難しいですから、何百人もの転職者を見てきたエージェントに相談するのが一番です。

エバーセンスへの転職をお考えの方はぜひ弊社エージェントサービスのご利用もご検討ください。

転職エージェントのアクシスは以下の分野を得意とする転職エージェントです。

  • IT業界
  • Web業界
  • 人材業界
  • 広告業界
  • ベンチャー企業・スタートアップ企業

面接対策は企業ごとにお手伝いさせていただきますし、自己分析やキャリアプランの設計から手厚くサポートいたします。

年収350万から700万以上を目指す20代のための転職エージェント

弊社は、会社に依存せず、自分の実力や専門スキルでキャリアを築いていける人材のキャリア支援を提唱しています。
転職者のキャリア形成や自己実現を応援する上で、たとえ短期的にはしゃがんだとしても、その後にきちんとリターンを獲得できるキャリアプランを提案いたします。

企業ではなく徹底的に個人を向いたキャリアエージェント

ポイント

  1. 20代で年収350万から700万に届く最短ステップを伝授!
  2. 転職支援を通じて企業に依存しない自立した人材を目指す方の挑戦を長期に渡ってサポートします!
  3. 丁寧なカウンセリングと厳選された求人による、大手には出来ない圧倒的な内定獲得数を実現!

すべらない転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。