【最新版】ウィングアーク1stに転職(中途採用)するには?

この記事では、ウィングアーク1stの事業内容や企業理念、労働環境について解説します。

ウィングアーク1stって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル)

ウィングアーク1stの事業内容・ビジネスモデルについてまとめました。

事業内容

ウィングアーク1stの事業内容は主に以下の3つです。

・帳票事業
柔軟な帳票レイアウト設計と各社プリンターに最適化した印刷出力を実現できる帳票ソリューションを提供しています。顧客は大手企業や官公庁が中心です。

・BI事業
BIとはビジネス・インテリジェンスの略称です。専門知識がなくても、誰もが必要なときに蓄積された膨大なデータを、集計・分析、可視化できる製品・サービスを提供しています。

・第三者データ提供サービス等、その他ソリューション
人口統計や気象観測、消費動向、ソーシャルメディア反応などの第三者データを提供するサービスや、Salesforceのデータを自在に編集できるソリューションを提供しています。

ビジネスモデル

ウィングアーク1stのビジネスモデルは、開発したソフトウェアを活用したソリューションおよび保守サービスを、民間企業や官公庁に対し提供するものです。

ウィングアーク1stの企業理念

ウィングアーク1stの企業理念は、以下の通りです。

『情報が価値創造の源泉である。我々は、情報活用のための革新的なソフトウェア・サービスを提供することで企業および社会に貢献する。』

ビジョン

情報に価値を、企業に変革を、社会に未来を(Empower Data, Innovate the Business,Shape the Future.)。

コアとなる価値観

相⼿の期待を超える結果を出し、信頼される(Go Beyond, Build Trust)

社員の3つ行動指針

ウィングアークlstの行動指針は以下の3つです。

1、課題に向き合って、スピード感をもって解決する(Overcome challenges quickly.)
2、挑戦し、創造する事を楽しむ(Enjoy being creative, Embrace the challenge.)
3、お互いを尊重し、共通の⽬的達成のチームになれる(Work together, Respect each other, Achieve Common Goals.)

ウィングアーク1stの仕事内容 募集職種

ウィングアーク1stで募集しているのは法人営業職です。

法人営業職では、自社のソフトウェア製品の営業活動を、各業界の大手企業に対して行います。業務内容は主に以下の3つです。

・大手SIerに対し自社製品の売り上げ拡大に向けた営業活動およびコンサルティング業務
・自社またはパートナー企業とのセミナーの企画運営
・既存顧客への課題解決提案

ウィングアーク1stの労働環境

ウィングアーク1stの労働環境を、時間・福利厚生・社内評価制度の観点でまとめました。

時間

ウィングアーク1stでは、比較的自由に勤務できるという口コミが多いです。評価ポイントは以下の点です。

・30分単位でフレキシブル勤務が可能
・自由に昼休憩をとることができる
・振替休日制度
・直行直帰に対応

ただし、みなし残業が多いといった気になる口コミもありました。

福利厚生

ウィングアーク1stの福利厚生はとても充実しています。評価ポイントは以下の点です。

・社内サークル活動あり
・社員旅行・研修合宿などイベント多数
・外部サービスの「福利厚生倶楽部」を利用可能
・社員の記念日にお花やメッセージを送るサンクスフラワー制度
・宿泊施設で使える金券が支給される
・健康保険組合のメニューが充実しており、健康面に配慮されている

福利厚生が充実している反面、イベントがてんこ盛りすぎる、との不満の声もある。会社の人とワイワイするイベントが好きな人にはうってつけの会社と言えるでしょう。

社内評価制度

社内評価制度は、定期的に変わっていくという口コミがありました。

評価制度がコロコロ変わってしまい、年々ハードルが上がってしまうためモチベーションが保ちづらい面もある、との声も。

ウィングアーク1stの年収 給与

ウィングアーク1stの平均的な年収・給与は、以下の通りです。

・法人営業 550万~650万円程度
・マーケティング 630万円程度
・品質管理 540万円程度
・製品エンジニア 500万円程度
・開発エンジニア 550万円程度
・システムエンジニア 500~600万円程度

役職によってばらつきはありますが、比較的高めの給与テーブルの設定になっていると言えます。ウィングアークでは、役職とは別にランクが設けられており、そのランクに応じて下限と上限ご決められているようです。

30代で部長、リーダークラスになると年収750万〜900万円にまでなるようです。

ウィングアーク1stの面接・SPIなどの選考難易度

ウィングアーク1stの面接では、経歴、志望動機といった一般的な質問はもちろん、以下のようなとっぴな質問をされることもあるようです。

・女を口説くのは得意か?
・今からこの灰皿を売ってこいと言われたらどうするか?

意表を突いた質問をすることで、応募者の素の反応を確認しているのかもしれません。

ウィングアーク1stの求める人物像

ウィングアークlstの求める人物像は3つに対応できる性質を持つ人です。

・課題に向き合って、スピード感をもって解決する
・挑戦し、創造する事を楽しむ
・お互いを尊重し、共通の⽬的達成のチームになれる

先ほどお伝えしたウィングアーク1stの企業理念の通り、スピード感を持ち、挑戦心を忘れず、チームを尊重する人材を求めているようです。

まとめ

ウィングアーク1stについて解説しました。

ウィングアーク1stでは、帳票最適化ツールやデータ分析ツールといったソフトウェアを大手法人向けに提供しています。福利厚生も厚く、フレキシブルな勤務時間に対応しているなど、働きやすい企業と言えるでしょう。

是非、転職検討の参考にしていただければと思います。

ウィングアーク1stへの転職をお考えの方へ

ウィングアーク1stへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事もあります。

コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。
仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。
また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策をしなければならず、そのような手続きを代わりにしてくれるなどマイナスにはなりません。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08