薬剤師の転職に年齢は関係する?再就職する際の制限も解説!

薬剤師になる際、年齢制限はないものの歳をとるにつれて求人は減っていきます。

本記事では転職をする人と、一般企業から薬剤師を目指す人に向けて、勤務先ごとの年齢制限などを解説します!

薬剤師から転職する際の年齢制限はない

薬剤師は全国的に人材不足であり重宝されているため、転職に関する年齢制限は基本的にありません。

しかし、35歳が1つのラインとなっていて、そこを過ぎると年齢制限によって選べる職場が減っていきます。

薬剤師として働ける職場は数多くあり、どこを選ぶかによって「〜歳まで」という条件は変わってきます。50代でも転職できるところがあれば、年齢制限が厳しく20代でチャレンジしたほうがよいところもあります。

そのため、転職を成功させたいのなら、職場によって変わる年齢制限をきちんと把握しておきましょう。

ここからは以下の勤務先やパターンごとに転職ができる年齢について解説します。

調剤薬局は年齢制限が少ない

調剤薬局は比較的転職の難易度が低く、あまり年齢制限はありません。

処方箋を受け取り薬を渡す調剤薬局は、大手のところから個人経営、そしてスーパーやドラッグストアの一角で営業しているところなどさまざまです。

調剤薬局は服薬指導や調剤など、体力が必要ではあるものの一定ルーティン化された業務なので年齢はそれほど重視されません。

実際に60歳直前で調剤薬局への転職に成功した人もいます。

ただし、大手の調剤薬局は年齢が上がるにつれて、転職が成功する確率が低くなってしまいます。大手は40代に突入すると厳しくなるので、35歳を過ぎているのなら早めに行動を起こしましょう。

ドラッグストアは40代が上限

ドラッグストアは一定作業がルーティン化されていることと、多少の体力が求められるので、およそ40代が年齢制限となります。

街中にたくさんあるドラッグストアでは経営のために薬剤師を求めています。なぜなら法律上、第一類医薬品を販売するためには薬剤師が常時ドラッグストアにいることが求められるからです。

ドラッグストアでは調剤薬局のように一定ルーティン化された業務が多いものの、商品の棚卸しやレジ打ちなど体力を消耗する業務も多いです。

また、24時間営業のドラッグストアでは夜勤が必要になることもあり、およそ40代までの人が歓迎されています。

大きな病院や総合病院へは20代のうちに転職しよう

大きな病院や総合病院は、新卒で就職するという文化が根強く残っています。薬剤師として働く場合も例外ではありません。

したがって、それらに転職したいと考えるのならば、新卒の年齢に近い20代のうちに転職するべきです。

30代や40代でも中途採用される可能性はあるものの、そもそも求人が少ない上に、20代のほうが優先されるため、狭き門です。

パートや派遣なら60歳以上でもチャンスはある

パートや派遣といった形態でもよいのなら、年齢不問で薬剤師を探しているところを見つけるのは難しくはありません。

60歳以上でも歓迎している職場もあるので、求人情報サイトなどをチェックしてみましょう。

サイトを利用したり、サイトからキャリアアドバイザーへ相談すれば、定年退職を迎えた人向けの求人などがあります。

社会人から薬剤師を目指すのはリスクが大きい

薬剤師の国家試験を受けられる条件はいくつかありますが、その中に年齢は含まれていないので、何歳でも資格の取得はできます。

ただし、社会人が仕事を辞めて薬剤師を目指すのはリスクが大きくなるため注意が必要です。

社会人から薬剤師を目指すリスクは以下の通りです。

ここからはそれぞれについて簡単に解説していきます。

大学に6年間通う時間・費用がかかる

そもそも薬剤師になるためには、薬学部がある大学に入学して専門のカリキュラムを終わらせなければいけません。

留年をせずにストレートでカリキュラムを終わらせたとしても、6年間かかるのでかなりの時間が必要だといえるでしょう。

また、夜間に対応した薬学部は日本には存在しないため、昼間に働いている人は仕事を辞める必要があります。

そのため、6年間の学費と生活費を払い続けられる確信がないのなら、薬学部に通うのはオススメできません。

なお、無事に薬剤師になれたとしても、6年間の無収入に加えて学費がかかることを考えると、生涯収入では損をしてしまうケースもあります。

歳をとるほど試験が難しくなる

薬剤師になるためには、薬学部の入学試験と薬剤師の国家試験に合格する必要があります。しかし、年齢を重ねた人ほど試験の合格は難しくなります。

歳をとるほど脳が衰えて、記憶力も低下してしまうため、勉強をするにしても現役の学生よりも努力が必要になります。

また、国家試験に落ちても諦めずに、時間をかけて再受験をする人もいるものの、そういった人の合格率は低いです。

令和2年に実施された厚生労働省医薬・生活衛生局の「第105回薬剤師国家試験大学別合格者数」によると、薬剤師国家試験の合格率は現役の薬学生では84.78%なのに対して、既卒の学生では42.67%です。

つまり、現役で合格できない人はその後に時間をかけて再受験したとしても、合格が難しいと言えます。

薬剤師になれても年齢的に求人がない可能性も

たとえ薬剤師になっても、希望する勤務先へ就職できるとは限りません。

職場にまったくこだわりがないのであれば、資格を取得したあとに就職するのは難しくはないでしょう。

しかし、総合病院など働きたい職場が決まっているのならば、年齢が高い点と、実務が未経験であることから就職することは難しくなります。

そのため、現在社会人の人が薬剤師を目指すならあらかじめ自分が最短で薬剤師になれるときの年齢を利用して求人情報を調べることがオススメです。

薬剤師へ転職するなら年齢の高さを活かそう

年齢の高い人が薬剤師へ転職するときや、未経験から再就職する時は、成功させるためには年齢の高さやこれまでの経験を利用することがオススメです。

これまでのキャリアによるものの、薬剤の知識やどれだけ患者へ丁寧かつ迅速に対応できるのかといったスキルは重宝されます。また、一般企業に勤務していた人の強みはロジカルシンキングやコミュニケーション能力があります。

とくにコミュニケーション能力は患者への服薬指導のみではなく、薬剤師同士の意思疎通や、後輩の教育に必須の能力です。

わかりやすく簡潔なコミュニケーションができることはどんな環境であっても役にたつスキルです。

これ以外にも、これまでのキャリアから薬剤師に活かせるスキルや経験があるなら、それをアピールすることで内定を獲得しましょう。

また、とくに薬局の薬剤師などは人間関係が狭いことから、性格を重視して採用する傾向があります。

そのため、年齢の高さやこれまでの経歴から、謙虚さを感じられない態度を見せると採用担当に悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。

自分にマッチする求人探しはキャリアアドバイザーに相談しよう

年齢が上がるにつれて求人が少なくなっていく中で、自分にマッチする求人を探すには、転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談するのがオススメです。

キャリアアドバイザーは、あなたからワークライフバランスや勤務地、年収といった希望をヒアリングして、その希望を満たすことができるキャリアをオススメしてくれます。

また、面接対策や応募書類の添削も手伝ってくれるので心強い味方になります。

とはいえ、サービスの仕組み上、サポートの質は担当するアドバイザーによって変わるので、自分にマッチした人を探すには複数登録がオススメです。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。