ドラッグストアで働く薬剤師の業務内容は?年収なども徹底解説!

ドラッグストアで働く薬剤師は、年収が高いものの激務というイメージを持たれがちです。

本記事では、ドラッグストアで働く薬剤師の業務内容や年収、労働環境などを解説します!

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容

ドラッグストアで働く薬剤師は様々な商品を取り扱うものの、調剤薬局が併設されているかどうかで、業務内容が変わります。

調剤薬局が併設している店舗

調剤業務がメインの仕事

調剤薬局が併設していない場合

薬の説明がメインの業務

薬の用法や用量、症状にマッチする薬の提案などをおこないます。専門知識を活かし、患者の体質やアレルギーなどを考慮して適切な商品を選ぶことが大切です。

市販薬は手軽に購入できるという利点があるものの、薬の知識を持たない場合どの薬を選べばよいか迷う人も多くいるため、ドラッグストアでは薬のプロフェッショナルである薬剤師のサポートが求められます。

患者からの健康相談に乗り、薬だけではなく健康食品やサプリメントを提供することもあります。

また、調剤薬局の有無に関係なく、共通しておこなう業務に、日用品や生活雑貨の販売があります。

店内で取り扱っている商品を把握してお客様にスムーズに対応できるように努めます。商品の品出しや陳列など、ドラッグストア店員がおこなう業務も担当することが特徴です。

場合によってはレジに入ってレジ業務をすることもあるためドラッグストアでの業務は多岐にわたります。

病院や薬局では患者との関わりがメインになる一方で、ドラッグストアでは様々なお客様と関わることが可能です。多くの人と出会い、健康をサポートできるためやりがいのある仕事になります。

ドラッグストアの薬剤師の労働環境

ドラッグストアの勤務時間は、基本的に店舗の営業時間と同じです。店舗によって営業時間は異なるものの、一般的には10時〜22時で営業しているケースが多いです。

シフトは、営業時間が長い店舗では、一般的に早番と遅番の2交代制で組まれます。

定休日を設定している店舗がある一方で年中無休の店舗もあるため、店によって休日の取りやすさや曜日は変わってきます。また、ドラッグストアでは常に1人は薬剤師が店舗にいる必要があるため、他の薬剤師が少ない場合は休みが取りづらくなります。

病院や調剤薬局での勤務と比較すると、店舗の忙しさにもよるものの、残業は多くはありません。残業時間は、だいたい1時間前後です。

ただし多くの人が体調を崩しやすい季節の変わり目や、風邪が流行する期間などは忙しくなりがちです。

また、ドラッグストアで棚卸をおこなう時期も通常よりも忙しくなり、残業時間が増える可能性があります。

ドラッグストアの薬剤師として働くメリット・デメリット

薬剤師がドラッグストアで働く際のメリットとデメリットを解説します。

勤務先によってこれらの特徴は異なるため、転職などを考える前に、こういった情報を確認しましょう。

ドラッグストア薬剤師のメリット

ドラッグストアで働くメリットは、年収の高さです。病院や調剤薬局と比べると、ドラッグストアで働く薬剤師の年収は約100万円ほど高くなります

ドラッグストアの年収が高い理由は、経営が安定していることと、勤務時間が長いことです。

ドラッグストアは全国展開をしている企業も多く、店舗拡大に伴い多くの薬剤師を求めています。そのため採用待遇が良く収入が良いのが特徴です。

また、ドラッグストアは多くのスタッフが必要なため慢性的な人手不足でもあります。フルタイムの求人だけではなく、パートや派遣求人なども多いので時間に融通が効きやすいのもメリットの1つです。

ドラッグストア薬剤師のデメリット

ドラッグストア勤務のデメリットは、ワークライフバランスを整えることが難しい点です。

病院や調剤薬局よりも営業時間が長く、年中無休の店舗も多いため、休みがとりにくい傾向があります。

また、薬剤師としての業務以外にも商品の陳列やレジ打ち、接客など調剤以外の仕事も覚える必要があることもデメリットです。

ドラッグストアは医療施設ではないため、将来的に薬局や病院への転職を考える人にとっては、新薬など、薬について知識をアップデートすることが難しくなることもデメリットです。

ドラッグストア薬剤師の平均年収は557万円

Openworkに掲載された数百以上の口コミから独自に調査した結果によると、ドラッグストアで働く薬剤師の平均年収は557万円です。

一方で、病院で働く薬剤師の平均年収は416万円、調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は481万円であり、ドラッグストアの年収は比較的高いことがわかります。

月々の給与の平均はドラッグストア勤務は約46万円、病院勤務は約35万円、調剤薬局勤務は約40万円です。これらの金額はあくまでも目安であり、店舗の規模や雇用形態にもよって異なります。

また厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(令和元年)」によると全国的な平均年収は429万円であることからも、ドラッグストアで働く薬剤師の年収が高いことがわかります。

ドラッグストアの薬剤師に向いているのはコミュニケーション能力がある人

ドラッグストアの薬剤師には、人と話すのが好きな人が向いています。

ドラッグストアには老若男女問わず、様々なお客様が訪れるのが特徴です。そのため、お客様とのコミュニケーションをとるのが得意で、接客が好きな人にはドラッグストアは最適です。

また、求められる能力として、お客様の要望へすぐに対応できるフットワークの軽さがあります。なぜなら、取り扱っている商品が多種多様であり、ドラッグストアに来店するお客様の目的もそれぞれ異なるためです。

向いてない人の特徴は、薬剤師の仕事にだけ集中したい人が挙げられます。

ドラッグストアの業務は、商品管理業務やレジ業務などもあるので、薬剤師の仕事にだけ集中したい人にはドラッグストア勤務は向いていないかもしれません。

なお、給料は店舗によって違うものの、ドラッグストアは比較的給料が高いので、しっかりとした収入を求める人にはドラッグストアでの勤務がオススメです。

ドラッグストアの求人を探しているならキャリアアドバイザーに相談しよう

ドラッグストアの求人を探すときは、転職サイトを利用してキャリアアドバイザーに相談することがオススメです。

キャリアアドバイザーは、希望の年収や労働環境の条件をヒアリングして、あなたにマッチした求人を紹介してくれます。

また、1人では難しい応募書類の添削や、面接対策も手伝ってくれるので心強い存在になってくれます。

とはいえ、サービスの仕組み上、サポートの質は担当するアドバイザーによって変わるので、自分にマッチした人を探すには複数登録がオススメです。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。