ユーグレナに転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

今回はバイオベンチャー企業である「ユーグレナ」に転職を検討されている方向けに「ユーグレナ」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

ユーグレナって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

2010年東京都ベンチャー技術大賞 『大賞』受賞したベンチャー企業です。

【水、栄養塩、太陽の光と二酸化炭素】だけで、人間に必要な栄養素のほぼ全てを作り出すことができる魔法の素材であるユーグレナ。

『生産効率の高さが世界の貧困問題解決に役立つ!』と言う確信の基まずはサプリメント・化粧品・クッキー等、の素材として話題となり、また、新しい効用として二酸化炭素を吸収したユーグレナから取り出した油分をバイオ燃料として転用できることがわかり、新しい事業の展開として、具体的に計画が進んでいます。

サプリメント事業では、10社以上と提携し、主力製品「ユーグレナピュア」をテレビ通販番組「ショップチャンネル」等で販売しており業績好調です。

→【無料】ユーグレナへの転職なら大手転職エージェントのリクルートエージェントで転職支援を申し込むことをオススメします。

ユーグレナの将来性は?

バイオ燃料の事業化を推進しており、今後もニーズが高まる見込みです。

現在国内の大手プラントメーカー、エネルギー系の企業と共に3社でプロジェクトを進めています。

→【PR】20代や第二新卒でユーグレナへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

ユーグレナの社長の人柄は?

東京大学農学部卒業後、東京三菱銀行(当時)入行。

大学1年生の夏に3週間バングラディッシュに滞在し、「食べ物の量はあるのに栄養素が不足している」と言う現状を目の当たりにされました。そこで、「地球に住んでいる人がみんな元気で健康にいられるためにはどうすればいいのか?」と考えており、2004年 米バブソン大学プライス・バブソンプログラム終了後翌年、ユーグレナ代表取締役に就任されました。

超が付くほど前向きで、周りを巻き込んで行くのが得意な方です。

社員のメーリングリストには、ほぼ必ず返信し社員の士気を高めています。

→【無料】ユーグレナへの転職を検討しているなら、大手転職エージェントのdodaに転職相談することをオススメします。

ユーグレナの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

年齢・性別・国籍まったく関係なく、手を挙げ、声を出した者が活躍できる環境です。

20代で管理職としての機会も沢山あります。本気で社会貢献を目指し日々チャレンジするエネルギッシュな社員のいる環境です。

→【無料】ユーグレナへの転職なら大手転職エージェントのリクルートエージェントで転職支援を申し込むことをオススメします。

ユーグレナの面接・SPIなど選考難易度

自己紹介と志望動機、転職理由を中心とした面接になります。

自身で何かを変革した経験があるか、環境問題に対する思いや興味関心などの質問がでる場合がございます。

また学生時代に生物学や環境学などの勉強を行っていた場合は、その内容の質問が出てくることもございます。

→【PR】20代や第二新卒でユーグレナへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

ユーグレナに転職をするには?

ユーグレナの企業の求人は、コーポレートサイトから直接応募することも可能ですが、直接応募は、希望職種の募集が出ていないや、面接対策を充分に行えず落ちてしまうことがあります。なので、転職の専門家である転職エージェントに相談することをオススメします。

転職エージェントを利用する際に注意すべき点として、大手企業になればなるほど、在籍しているエージェントの数も多くいます。多くの方がいるので、優秀なトップのキャリアアドバイザーが担当になれば、心配はないのですが、あまりサポートを期待できないエージェントも一定数いるのが課題です。

なので大手企業以外のエージェントにも相談をしてみて、自分の将来などを逆算して、客観的にアドバイスをしてくれるエージェントを見つけることも、重要です。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08