システムエンジニア(SE)の独立ってどうなの?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

会社員として勤務をしているとラッシュや人間関係等に少し疲れてしまうことがあります。

自分のペースで自分のやりたい仕事をしたいと考え、フリーランスという働き方を選ぶ方もたくさんおられます。

ですが、いざ会社を辞める・フリーランスになると、

「本当に大丈夫なのか?」「自分でできるのか?」と不安を感じることもあるかと思います。

なので今回は、システムエンジニア(SE)の独立についてお話ししようと思います。

システムエンジニア(SE)の独立、フリーランスとはどんな働き方?

フリーランスで働くという言葉をよく耳にしますが、そもそもフリーランスとはどの様なものなのでしょうか?

フリーランスとは、個人事業主や個人で仕事を得ていく働き方の総称の事です。

最近はこの働き方の注目が上がっており、ノマドやインディペンデント・コントラクターとかと呼ばれることもしばしばあります。

このインディペンデント・コントラクターという働き方は、アメリカでは非常に増えており、今後日本でも増えていくと言われています。

システムエンジニア(SE)の独立、フリーランスのメリット

実際フリーランスで独立はしたいと考えていたとしても、システムエンジニアで独立してフリーランスになることのメリットってどんなことがあるのか?と知りたい方も多いのではないでしょうか?

システムエンジニアの方が、フリーランスとして独立すると大きく3つのメリットがあります。

  1. 相応の対価が手に入る
  2. 自分のスキルを高められる
  3. 自由と責任が手に入る

以上の3つがシステムエンジニアがフリーランスとして独立をする大きなメリットです。

上記の3つは具体的に、どのようなメリットなのかを見ていきましょう。

① 相応の対価が手に入る

企業に属して会社員としてシステムエンジニア(SE)として働いている場合、雇用が守られていることもありますし、利益が社内の管理部門に配分されることもあるため、フリーランスと比べると収入が少なくなる傾向にあります。

フリーランスなどで独立した場合、雇用保険などの保障がなくなり、間接部門への配分もなくなるため、基本的には収入が上がる事になります。

ただし、この場合は確定申告を自ら行う必要があったり、経費をどこまで使うかなどの裁量をみずからで判断する必要が出てきたりするので、自身でやる仕事範囲が広くなるということは言えます。

② 自分のスキルを高められる

当然ですが、フリーランスの場合、案件は自分で選び獲得します。

ですから、自らが選択した技術に特化して仕事を受けられることができます。

その為自分自身が高めたいと思っている技術や分野の案件を積極的に選び経験を積むことでシステムエンジニア(SE)としてのスキルを高めることができます。

③ 自由と責任が手に入る

これが最大で且つ最も重要なメリットと言えます。

独立をするということは、会社員時代に守られていたものがなくなる代わりに、自分の意思で判断することができる、自由を手に入れる、ということです。

独立をすれば、何時から何時まで仕事をするかも自由ですし、業務を行う場所も自由に選べます。お客様や一緒に働く仲間も自分で選び自分に合った環境で働くことができるのです。

ですが、これらの自由が手に入る代わりに、守ってくれる人がいなくなるので何かあれば自分で解決しなくてはならないという責任も発生するのです。

システムエンジニア(SE)の独立に向いている人向いていない人

システムエンジニアの方がフリーランスとして独立することのメリットなどを見ると、自分も独立をして自由に仕事をしていきたいと思うのではないでしょうか。けれども今の会社を辞めるとなると、その分リスクもあるしと、踏みとどまってしまいますよね。

確かにそうです。現在の会社を辞めるのはリスキーな部分もありますが、もし自分が独立した方が良い人・向いている人だった場合はどうでしょうか。下記で独立に向いている人の性格などを箇条書きで並べさせていただきました。

独立に向いている人は

  1.  自分で考え行動することができる
  2.  自分で決めたことのリスクも負うことができる
  3.  セルフコントロール力がある
  4.  社交的で人脈づくりが得意である

と言えると思います。

上のメリットでもお伝えした通り、独立すると自由がある代わり責任が発生します。

そのリスクを踏まえ、且つ誰も指示指導してくれない環境で自ら行動できる自発性があることが重要なのです。

また、フリーランスとなると決まった場所への出勤や拘束が減る傾向にあります。

その為仕事の納期管理や自分の体調管理などの自己管理がとても重要となります。

最後の社交的であることについては、極めて重要です。

独立してフリーランスとして案件を獲得するためには、多くの人から情報を得てコネクションを作ることが大切です。

また最近着目されている技術が何か、どの様なスキルが今後必要とされるのかといったことについても、誰も教えてはくれません。

だからこそ積極的に多くの人と関わり自ら情報収集することが大切なのです。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

システムエンジニア(SE)の独立後の年収は?

システムエンジニア(SE)が独立後の年収としては、約800万程度が平均的となっているようです。月に換算すると約60~80万のあたりになりますね。

独立、フリーランスになることのメリットでも述べましたように、企業に所属していない分自分の努力や、スキルが認められれば認められた分年収が、上がっていくというのは非常に魅力的ではあります。

しかし繰り返しになってしまいますが、確定申告や経費がかかるので、その分の管理も自ら行わなければならないという側面もあります。

やはりシステムエンジニア(SE)の独立は、もらえる額が増えると考えられますが、自身への負担も大きくなるのではないでしょうか。

まとめ〜システムエンジニア(SE)の独立どうしたら良いの?

いかがでしたでしょうか?

システムエンジニア(SE)の独立は自由度があり憧れる方も多いですが、その反面責任も重くなります。

もし独立も視野に入れてキャリアをお考えなのであれば、一度転職エージェントを活用頂き、ご自身のスキルの市場価値やフリーランスとなった場合の案件の有無、独立のリスクなどを具体的に把握し、その上で転職と独立何れを選ぶのか考えて頂くのも良いのではないでしょうか。

システムエンジニアの方でキャリアについてお悩みの方へ

システムエンジニアの方で現在今後のキャリアについて迷っている人は、是非転職エージェントもご利用をしてみてはいかがでしょうか?

エンジニアの転職であれば、以下のエージェントがおすすめです。

業界の知識に精通したコンサルタントからアドバイスが受けられますし、独立もいいが今後の将来を考えると企業に所属をしておいた方がと思うかもしれません。

なのでその場合は一度転職エージェントに相談をしてみましょう。
以下がおすすめの大手エージェントさんとその特徴です。ご自身の目的に応じて、是非ご検討ください。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!