ローランドベルガーに転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

今回は様々な外資系企業が、日本にあるなかヨーロッパ最大のコンサルティング企業として設立され、約100近くが活躍しているコンサルティング業界の企業である「ローランドベルガー」に転職を検討されている方向けに「ローランドベルガー」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

ローランドベルガーって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

本社をドイツ・ミュンヘンに置く、世界を代表する経営戦略コンサルティングファームです。

1967年ローランド・ベルガーによって創設。以来、グローバル企業を対象に、トップマネジメントが直面する問題の抜本的解決に多くの実績を積み重ね、高い評価を受けてきました。

日本では、1991年の東京オフィスの設立。

数多くの日本企業、欧州企業に対してコンサルティングを行ってきました。国内リーディングカンパニーやグローバルカンパニーを中心に経営意思決定に関わる様々コンサルティングサービスを提供しています。

東京オフィスには約100名のコンサルタントが在籍。

クライアントの約90%強が日系企業で80%強が継続クライアントとなっており、リピートクライアントが多いのが大きな特徴です。

主な提供サービスとしては、企業戦略/企業・事業再生/マーケティング・販売戦略/オペレーション戦略/R&Dマネジメント・IT戦略/リーダーシップ・マネジメント体制/組織体制改革となっています。
クライアントの業界・領域は、自動車/消費財・流通/機械・電機・素材/金融/IT・通信/医薬・医療機器/公共・運輸と多岐にわたります。

「自動車業界に強い企業」という印象をもってられるという声を聴くことが多いですが、実態としては「自動車」「消費財関連」「金融」「交通・運輸」「エネルギー」などのコンサルティングサービスを幅広く展開しています。また、新興国市場向けに進出を検討・展開している日系顧客企業の支援も積極的に展開しています。

その一環として、欧州ジャパンデスクのほか、シンガポール、上海にもジャパンデスクを設置されています。このことからも日本企業の欧州進出、アジア進出を強力に支援していることがうかがえます。

→【PR】ローランドベルガーへの転職を希望しているなら、転職業界最大手の求人数を誇るリクルートエージェントにまずは登録をしましょう!!!

ローランドベルガーの直近の業績は?

同社の営業実績は非公開となっているため、具体的数字は公表できません。

ですが、売上高は1967年のドイツ・ミュンヘンでの本社設立以来、年平均20%近い成長と遂げております。その中で日本法人は著しく高い伸長率を出しており、アジア圏のみならずローランドベルガー者全体の業績を牽引していると言っても過言ではありません。

→【PR】20代や第二新卒でローランドベルガーへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

ローランドベルガーの仕事のやりがい

同社でのコンサルタントとしてのやりがいは、

  • 競合ではなく自社/自分に対して挑戦し続ける
  • キャリアにおいてそれぞれに大きな夢を持ち、その力を身につける
    ※整備された環境ではなく、自己改革・整備していくことを楽しむといったことに集約されると言えます。
    会社の風土としても変革し続けることを推奨している環境であるため、自分を変えたいという思考を持って抱ける方がやりがいを感じやすい環境と言えます。

→【PR】ローランドベルガーへの転職は、利用した転職者からの満足度が高い大手転職エージェントのdodaで申し込むことをオススメします。

ローランドベルガーの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

プロフェッショナルとしての向上をサポートする仕組みが整っており、中途社員向けのプログラムもございます。
中途入社者については、基本的に

①入社前・入社時トレーニング

入社前→ケーススタディトレーニング

入社時→オリエンテーション&2週間程度のコンサルトレーニング

②入社後の育成サポート

メンター制度(中長期):プロジェクトとは関係ない先輩がサポート

Jedi制度(短期):先輩と同じプロジェクトに参加し、実業務を学ぶといつものが準備されており、未経験であってもコンサルティングスキルを身に着けることが可能です。

またこのほかにも研修プログラムが充実しており、

  • グローバルトレーニング:主に欧州で海外のコンサルタントと研修
  • MBA留学支援
  • 海外オフィス派遣、ジャパンデスク
  • 語学研修サポート

などもあります。

社風としては、上下関係なく自由(責任のある自由)な発言・行動が求められることが特徴的で、年齢や在籍期間などにとらわれず、各人がプロフェッショナルとして考え行動することが奨励されています。また、欧州企業独特の仲間意識も強く、社内での一体感も感じられやすい環境の様です。

→【PR】年収600万以上でデロイトトーマツコンサルティングへの転職を希望するなら、外資系企業の求人が多いJACリクルートメントに登録をしましょう!

ローランドベルガーの面接・SPIなど選考難易度

一般的に書類選考後筆記試験があり、筆記試験合格者が面接4回程度に進む流となります。場合によっては志望動機書の提出が必要な場合もあります。

面接回数は流動的なので、多少変動があることが多い様です。面接は戦略コンサルティングファームに多いケーススタディも実施されます。選考を通じて論理性やビジネスマインド、経営者としての意識があるかといった点が評価されるケースが多い様です。

ケーススタディについては、エージェントや市販の書籍などを用いながらある程度準備をし慣れてから面接に臨まれることをお勧めします。

→【PR】現在管理職やマネージャークラスでローランドベルガーへの転職を検討しているなら、ハイレイヤー層向けの転職サイトであるビズリーチに登録をしましょう!

ローランドベルガーへ転職をするには?

ローランドベルガーへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事があります。

またローランドベルガーへの転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策など様々なことしてくれるためマイナスにはなりません。

オススメの転職エージェントは、現在の年齢や転職サポートに求めるもので変わってはくるのですが、まずは今回紹介をする5社は見ておくべきです。

20代や第二新卒の人でローランドベルガーへの転職を検討しているなら、「リクルートエージェント」と「マイナビエージェント」は外せません。転職後の所属先などの手配なども含めたサポートも期待したいなら「DODA」です。他には現在年収が600万以上や管理職の地位にいる人などは大手転職エージェントの中でも唯一の両面のエージェント方式を取っている「JACリクルートメント」か転職サイトの「ビズリーチ」も見ておきましょう。

各サービス毎に、特徴があるため今の自分が何を求めるかどうかを考え利用をしましょう。

最後に今回は転職業界大手の5社を紹介しましたが、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの 質によって左右されます。そのため本当にローランドベルガーへの転職を成功させたいのなら、いくつか他のエージェントも見て判断を見極めるべきです。

下記から今回紹介をした転職エージェントや転職サイトへの登録が可能です。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?