金融機関から異業種へ転職をする方法を徹底解説!

  • !

転職活動

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    金融機関から異業種への転職を考えている人向けに、プロのキャリアエージェントが転職難易度について徹底解説します。

    また、気になる中途採用情報や年収、面接の傾向・対策なども分かりやすく説明します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

金融機関に勤めている人が異業種に転職する方法

金融機関に勤めている人が異業種に転職したい場合、転職が可能かどうか?

気になりますよね。

結論から申し上げますと、(年齢にもよりますが)異業種に転職自体することはできます。

たとえば、経営企画職種やコンサルティング職などにキャリアチェンジする求人数も増えてきております。

金融業界にいる人は、金融商品取引法などの法律があって、入社してみると規則や制約に縛られます。

実際、それが窮屈で自由がないようにみえて苦痛に思われる人もいらっしゃるようです。

たとえば、銀行の法人営業経験者の場合

お会いする相手が社長や財務執行役員、経営企画室長などの経営メンバーで商談内容も経営に関することや景況感について触れられるチャンスがあるため、とても貴重な経験を積めることができます。

この点からも、経営者視点で物事を考えられるようになるので、例えば以下のような職種のキャリアチェンジが考えられます。

  • 事業会社の経営企画職
  • コンサルティング会社での経営/財務コンサルタント職
  • 人材紹介会社の法人営業職(採用企業の経営者などに会い、経営に合った採用活動の支援をおこなえる)
  • 人材紹介会社のキャリアカウンセラー職(金融業界の知識を活かして、金融業界転職志望の求職者の支援をおこなう)

また、スタートアップのベンチャー企業であれば資金調達や経営面全体に関わるチャンスがあります。

金融機関から異業種への転職理由や志望動機

金融機関から異業種への転職は可能なのか、また、自分が持つ知識や経験を活かしてどのような企業に転職できるのかが分からない、といった人も多いのではないでしょうか?

基本的な転職の理由や志望動機の内容は以下の通り、どの職種でも求められることで大きく変わりません。

  • なぜその職種に興味を持ったきっかけ
  • なぜ、その企業のその職種なのか具体的な理由
  • これまでの経験からその職種に活かせる強み

これらを基本的な内容として、その企業に合わせた簡潔にまとめることがポイントになります。

金融機関は先にも述べましたとおり、専門的な知識やルールが身についている人がほとんどですので、その知識などは転職に活かせる強みになるかと思います。

たとえば、金融機関で法人営業経験者が事業会社の財務職種を転職志望する場合

例文

銀行にて3年間法人営業をおこない、企業の経営者や財務担当者に会うことで、企業の財務・経営状況が分かるようになり、次第に企業の財務に興味を持つようになりました。

貴社は昨今、○○事業にも参入し、売上・経常利益も2倍になり、今後は○○にも事業を展開されるので、その環境での経営基盤にこれまでの金融業界での知識を活かして、キャリアアップを図り、貴社に貢献したいと強い思いでおります。

異業種になりますが、簿記2級の資格も取得し、これからも精一杯、財務に関する知識を勉強していきたいと思います。

異業種は、同業種よりも転職することがハードルが高くなることは実情となります。

実際、中途採用自体は即戦力が求められ、とくに30代以降になると、キャッチアップに時間がかかると思われて敬遠される傾向もありますので、一般的には、異業種の転職は20代のうちが良いというのは実情です。

【無料】金融機関から異業種への転職なら、キャリア相談・面接対策に力を入れているすべらないキャリアエージェントへぜひご相談ください!

金融機関出身者の異業種の転職先

先にも述べましたとおり、20代であれば、キャッチアップのしやすさ・伸びしろに期待ができることもあって、異業種への転職を実現している人が多くいらっしゃいます。

金融機関に務めている人は、経営者視点での物事の考えが身につき、ルールや決まり事が多いので、徹底的にコンプライアンスやモラルなどが高くなったり、ストレス耐性があるなど、バランスよく総合的な素質能力が備わっていることも特長的です。

そこで、成長している企業、市場規模が拡大している業界は人材が不足しがちで中途採用を積極的におこなっており、適応能力のある金融機関に勤めている人材にはニーズがあります。

実際には、たとえば、以下があります。

  • 資金調達したばかりのベンチャー企業の経営企画や財務・経理
  • IT系企業の経営企画、財務・経理
  • コンサル会社での企業の経営/財務コンサル

なお、金融機関自体、年収は高めです。

新卒時の年収が高いほうであるので、(多い人で新卒時に500万円。中堅でそれなりの実績がある人は1,000万円を超えます。)中途採用の場合、ベンチャー企業などに転職する場合は年収がダウンすることは覚悟しておくべきポイントかと思います。

金融機関から異業種へ転職にはプロの転職エージェントがおすすめ

金融機関から異業種へ転職するためには、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら、一般公募をかけているベンチャー企業の中には、転職者様がキャリアを築けないブラック企業が存在するにも関わらず、転職者様はどの企業がブラックなのか分からないことが多いからです。

すべらないキャリアエージェントは、中小エージェントならではの強みを活かして、転職者に紹介する企業の選別を行い、ブラック企業の求人を弾いているので、実質的に優良求人しか保有していないのが特徴です。

他にも、以下のような他の転職エージェントに負けない強みがあります。

  • 転職サイトに載っていない優良求人を保有
  • 志望する企業向けにカスタマイズされた面接練習の実施
  • 転職支援のプロによる転職者の長期的なキャリア設計のコンサルティング

本気で転職を成功させたいと考えている人は、ぜひ一度すべらないキャリアエージェントに相談ください

キャリアを高めたい20~30代前半に向けた転職エージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 弊社の戦略的キャリアプランにより年収360万の人が年収700万のオファーで転職成功!

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A