【プロが解説】転職は即戦力が求められると思っていませんか?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

転職への不安として「即戦力が求められるけど、自分は大丈夫?」という内容を耳にすることは少なくありません。中には過度に心配をして転職を実行に移せず、タイミングを逸してしまっている方も見受けられます。

しかし、実際には過度な心配は不要です。「即戦力」の意味合いを理解し、正しく期待に応えられる転職を目指しましょう!

転職に即戦力が求められると思っているのはなぜか?

転職に踏み切る際に、多くの方が心配の思う「即戦力」というキーワード。

  • 「新卒採用と違い、転職後すぐに活躍して欲しいという期待されているのではないか」
  • 「ベンチャー企業など、少数精鋭の組織の場合他のメンバーに頼れないのではないか」
  • 「即戦力と言えるような実績がないとそもそも転職できないのではないか」

一般的に、多くの方がこのような先入観を持ちがちです。

確かに、これらの内容は必ずしも間違いというわけではありません。しかし、転職者を採用する企業側も入社後直ちに自立して業務に取り組めるとは思っていませんので、過度の心配は不要です。

転職は即戦力だから無理と思っていませんか?

求人に「即戦力」というキーワードが出てくると、不安で応募を尻込みしてしまうという方もいるかもしれませんが、それで転職を諦めるのは非常にもったいないことです。

確かに、新卒採用での入社に比べれば、基本的な社会人としてのスキル・マナーなどに加え、これまでの経験を何かしら活かせることが転職の前提になります。

しかし、会社によって働き方、仕事の進め方、商品・サービスの知識などは千差万別です。それゆえに、これらに慣れる時間が必要であることは転職を受け入れる側の企業も承知しています。これは、転職後に殆どの会社において試用期間があることなどから考えれば、とても一般的な考え方であることは理解に難くないでしょう。

つまり、「転職したその日から、あなたにこの仕事を全部任せます!」というケースは殆どありません。その代わり、どのくらいの期間で、どの程度の業務レベルを期待されるかは企業や求人によってもさまざまですので、面接や紹介会社のカウンセラーを通じて確認すると安心でしょう。

転職で即戦力になるには?

「即戦力」というキーワードに過度に心配する必要はない一方で、やはり出来る限り早くから活躍してほしい!というのも企業の本音です。そこで、中途採用で入社する際に「即戦力」として活躍していくためにはどのようなことが必要なのでしょうか?

(1)基本的な社会人スキル + 強みと言える経験

まず挙げられるのは「基本的な社会人スキル + 強みと言える経験」が求められるという点です。新卒採用との最大の違いはこの2つを持ち合わせていることによって、入社後の立ち上がりが早く、1人で業務遂行できるようになるまでに時間がかからないという点です。

(2)適応力

次に挙げられるのは「適応力」です。転職をして環境が変われば、仕事の進め方や人間関係など、さまざまな変化に適応する必要が出てきます。いち早く変化に対応し、その環境で力を発揮出来るかどうかが早期からの活躍ができるか否かを左右します。

その環境に合わせて、柔軟に仕事への向き合い方を変えられるように心がける必要があるといえるでしょう。

(3)自発的な勉強姿勢・成長意欲

最後に挙げられるのが「自発的な勉強姿勢・成長意欲」です。同じ業界や職種であっても、環境が変わってさらに身につけるべき知識やスキルが出てくることが殆どのはず。そんな時に自ら進んでそれらを吸収したり、学んだりしようとする姿勢は即戦力となるために不可欠です。

〈まとめ〉

いかがでしたか?

「即戦力」というキーワードに対して過度の心配はいりません。中途採用の場合は新卒採用と違い、既に社会人としてのスキルやマナーや業務知識を持ち合わせ、転職後比較的早く一人立ちしてもらえるという点に大きなメリットがあるのです。

ただし、自発的な努力によって早期の活躍を期待されている面ももちろんあるので、具体的なエピソードと共にそのような姿勢をアピールし、転職成功を目指しましょう。

新たな転職をお考えの方へ

新たな転職を成功させるためには自己分析が欠かせません
一人で自己分析をするのは、非常に困難かと思いますので、転職エージェントの利用をおすすめします。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、優秀なキャリアコンサルタントに出会うためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと考えています。

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?