2019.08.14

技術者の転職で見ておくべきポイント

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

電気・機械・化学業界、いわゆる「メーカー」と呼ばれる業界において欠かせないのが設計・開発の技術者です。今、これらの技術者というのは非常に転職市場においては売れっ子であり、採用が激化しています。

つまり、転職しやすい状況となっています。そこで本編では技術者の転職で見ておきたいポイントについてお話いたしたいと思います。

技術者の転職理由

製造業における設計・開発等の技術者が転職する理由というのは大きく2点あります。

まず1点目は、自身の「成長」を目的としたものです。

設計・開発の技術者というのは自身の技術で開発したものが、世の中を動かす力を持っていることから、成長意欲、もっと高い技術を習得したいという意欲が非常に高い方が多いです。

そのため、設計・開発の技術者で転職を検討をしている人の多くは、キャリアアップを考え転職をしようとしている人が非常に多いです。

それに対し、製造業において、設計・開発の技術者は非常に引っ張りだこの状況となっています。また、AIなどの導入などがあらゆる産業に行われており、技術革命というのが進んでいます。

そのため、今の状況というのは採用する企業側においては技術者を採用したい、そして設計・開発の技術者の方にとっては自身の技能を高めたいというニーズを満たせる転職が実現できる状況なのです。

設計・開発の技術者においては自己成長を促すという意味での転職も視野に入れられる環境が揃っています。

転職により、自身の成長を促せる状況はできていると言えます。

2点目は待遇・職場環境の改善です

働くうえで、年収アップ、労働環境の改善というのは重要です。設計開発の技術者においても例外ではなく、待遇・職場環境の改善を目的とした転職を行う方も数多くいらっしゃいます。

上述の通り、現状技術・設計職の人材はひっぱりだことなっています。このような状況だからこそ、待遇面の改善やワークライフバランスの改善のための転職というのも可能となっています。

待遇・労働環境の改善を目的とした転職もかなう状況も叶いやすい状況がそろっているのです。

今転職市場において、メーカー系の技術者はご自身の意向に沿った転職がかないやすい状況ができているのです。

技術者の転職の志望動機

では、面接でどのようなことを伝えれば採用に至るのか、その点についてお話をいたします。

技術者において重要なことは「技術」となぜ志望するのかという「志望動機」です。まずは「志望動機」についてお話をします。志望動機を話すうえで押さえておきたいポイントは大きく3点です。

1点目は「やりたいこと」を明確に伝えることです。

面接を受ける会社で、自分の技術を生かし、挑戦したいという「情熱」を伝えることです。もし、家庭の都合などで勤務地を変えたいけど今の仕事・製品に対しやりがいを感じているのであればその旨伝えたらよいです。

ポイントは「これがやりたい!」ということを明確に伝えることなのです。

2点目はやりたいことに対する現職での実現可能性

上述のような家庭の都合などはあるので、一概に言えませんが、今の会社で実現可能性があるのに、あえて他社へ転職するということは無意味なことです。

現職では自分のやりたいことを叶えられないという旨を伝えるようにしてください。

3点目は「論理性」です。

志望動機を語るうえで、重要となってくるのは「退職理由」です。志望動機に対し、退職理由・転職理由が矛盾をきたしていると面接官は「本当にうちに来たいのか?」という疑念を抱いてしまいます。

志望動機を考えるうえで退職・転職をしたいと考える理由、志望理由の一貫性があるのかどうか確認をして面接で伝えてください。

上記を踏まえ、志望理由例をご紹介します。面接であれば、会話の流れに合わせて話していただきたいのですが、便宜上文章調で記させていただきます。

<転職理由>

現職では新製品の開発より、既存製品の販売のほうに力を入れる方針が立っており、開発が後回しになっており、自身の技術力を生かせない、また新しい技術を得られる環境下でないため今回転職しようと考えました。

<志望理由>

自動車の自動運転の技術は実用化に向けて開発が進んでいると聞いています。私の制御設計の技術で生かし、か最新の技術が現場で習得できる環境であると考え、今般貴社を志望しました。

上記はあくまでも一例です。実際は、自分の言葉で話せるようにしておいてください。

技術者の転職の際のスキルは?

自身のスキルを伝えるとき、重要なのは、自身の開発した製品、開発技術について職務経歴書にしっかり書いておくことです。

例えば、機械設計の方であれば、どんな製品を開発し、どんなCADを使っていたかしっかり記入しましょう。

制御設計の方であればどのよな開発環境で業務をしていたのか、どんな製品を開発していたのかということをしっかり記入しましょう。

面接の中では、その内容をもとにスキルチェックを行いますので、実は職務経歴書の記載で6~7割が決定してくると考えてよいでしょう。

あなたを採用するにあたり、採用企業は職務経歴書である程度採用したいか決めていますので、職務経歴書に自身の経験・技能をしっかりまとめておくことが重要です。

なお、資格が重要だと思っている方も多いかもしれませんが、資格はあまり重要視されません。技術者において最も重要なのは経験で、次に重要視されるのは大学の専攻といったバックグラウンドです。

設備系の管理・メンテナンス等であれば電気系の資格が重要視されるケースもありますし、外資系の採用であれば語学力が必要ということでTOEICが重視されるケースがあります。

ただし、これらがなくても経験とバックグラウンドが最重要視され、無資格者であっても大きな影響はないということを認識していただけたら良いです。

技術者の転職で使いたい転職サイトや転職エージェントは

エンジニアの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。