【したいこと別】アプリ開発に最適なプログラミング言語を徹底解説!

この記事では、アプリ開発するときにプログラミング言語を選ぶ方法について解説します。

この記事を読むと、各言語で作成できるアプリの特徴を知ることができ、アプリ開発に適切な言語を選択できるようになります。

プログラミング言語には特徴がある

世界にはプログラミング言語が200種類以上あると言われており、特徴や得意分野がそれぞれ異なります。

制作したいアプリによって適切な言語は異なるため、作りたいものを先に決め、それに応じて言語を選ぶことをおススメします。

Webアプリ編

Webアプリとは、ブラウザ上で動くアプリケーションのことを指します。Webアプリに利用されるプログラミング言語は、JavaやC#、PHP、Ruby、Pythonです。

従来のアプリケーションは、動作する機器(パソコン・スマホ・タブレット)やOSの制約があるのに対し、Webアプリは、Webブラウザ上で実行できればどんな機器やOSであっても閲覧できるため、そのような制約はありません。

次の項で紹介するWebアプリの機能別に、適切な言語を選びましょう。

Webアプリ編(各機能別)

Webアプリの機能別に、適切なプログラミング言語をまとめました。

・業務システムならJava
業務システムとは、企業において仕事を効率よく行うために使われるアプリケーションです。業務システムに最も用いられているプログラミング言語は、Javaです。Javaは、他の言語と比べて比較的動作が速く、長く使い続けられる特徴を持っています。

・WEBサービスならRuby
Webサービスとは、WEBブラウザ上でさまざなまサービスを提供するアプリのこと。例えば、CookPADでレシピを見たり、キュレーションサイトGunosyで、自分好みのニュースを閲覧できたりします。

Rubyの最も魅力的な部分は、開発工数が少ないため短期間で新しいWEBサービスを立ち上げることができる点です。生産的なフレームワークRuby on Railsがあるため、高機能なアプリケーションも比較的簡単に作成できます。

・商用サイトならPHP
PHPの特徴は、商用利用のサイトを簡単に作成できることです。

Webサイトを作成するのに使われるWordpressというシステムも、PHPから作られており、このWordpressを使ってショッピングカートを作成したり、SNSと連携したりできます。

ぐるなびやWikipediaといったシステムもこのPHPを利用して作られています。

・ビッグデータを取り扱うならPython
Pythonは、計算や統計処理に利用されるプログラムが豊富なため、ビッグデータを取り扱えることが特徴です。YoutubeやEvernote、DropboxのWebアプリのほか、AIや深層学習の分野にも利用されています。

スマホアプリ編

スマホアプリの開発に用いられる言語は、Android端末用であればJava、iPhone用であればSwiftが主流となっています。

Javaは汎用性が高いプログラミング言語であるため、企業のシステムに用いられるほかに、Android端末のアプリ開発に用いられています。

Swiftは、2014年にApple社が開発した言語で、iOS端末に用いられるアプリはSwiftを利用します。開発には、Macが必要となりますのでご注意ください。

webアプリやスマホアプリの開発に興味がある方へ

プログラミングの基礎知識や、プログラミング言語を扱った経験があるだけで、全くの未経験から転職する場合に比べて選択肢の幅はぐっと広がります。

また、実際にプログラミングに挑戦してみることで、仕事のイメージがつきやすくなりますし、本当に自分がプログラマ・エンジニアに向いているのか?ということを具体的に考える機会になります。

とはいえ、初心者が独学でプログラミングを学ぼうとした場合、挫折率が90%とかなり高いのが実情です。

末永

プログラミングスクールのTechCamp講座の修了率が98%を超えています。

また、講座終了後、転職先企業の紹介を受けることが可能です。

転職エージェントを利用したり、転職サイトから自分でエントリーをしなくても、TechCampのアドバイザーにあなたのスキル習熟度や志向性にあった、転職先を提案してもらうことができます。

講座受講後の転職の成功率は97%を超えています。

転職の企業の案件の中には、大手企業や急成長しているベンチャー企業もあり、独力で転職活動をした場合には、非常に内定可能性の低い企業にもチャレンジできる可能性が広がります。

 

Webページ・Webサイト編

私たちが見ているWebページはHTMLというプログラミング言語から作られています。簡単なWEBアプリであればHTMLを使って作ることも可能です。

また、動きのあるWebページを作るときは、HTMLと組み合わせてJavaScriptが用いられます。

全ての言語に共通する習得のコツ

それぞれの言語の特徴はお分かりいただけたと思います。

では、実際にプログラムを勉強する際、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

最も大切なのは、プログラムの構造を理解することです。逐一暗記する方法よりも、どの部分について学習しているのか頭の中に全体像を描くことが大切です。

また、エラーを修復することでスキルが上がるため、エラー修復に時間を使いましょう。プロのプログラマーにおいても、全体時間の8割はエラーの修復に費やしていると言われています。検索サイトや質問サイトをうまく活用し、自分のスキルを上げてください。

まとめ

ここまで、アプリ開発に最適なプログラミング言語について解説しましたが、いかがでしょうか。

まとめますと、以下となります。

WEBアプリ開発について
・WEBアプリの開発には、JavaやC#、PHP、Ruby、Pythonが用いられる
・業務システムであればJava、WEBサービスであればRuby、ECサイトであればPHP、ビッグデータ活用であればPythonという特徴がある

スマホアプリ開発について
・AndroidアプリであればJava、iPhoneアプリであればSwiftが主流となっている

Webページについて
・HTMLや、動きが付いたWebサイトであればJavascriptが用いられる

学習について
・プログラムの構造を理解し、エラーの修復に時間を使うことが大切

言語の特性やその言語から作られるアプリの種類を知り、適切な言語を選びましょう。

末永

言語についてはわかったけど、独学でプログラミングを学べる自信がないという方は多いかと思います。

そんな方にオススメなのが、プログラミングスクールです。

TechCampは、未経験からでも、96%以上の方が、講座を修了させることができるので「自分でもできるかな?」と不安な方も安心してプログラミングを終えることができます。

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。 独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

ポイント
  1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感
  1. 一定の費用が必要となります

こんな人がおすすめ!
  1. プログラミングを1から教えて欲しい方
  2. 未経験からエンジニアとして就職したい方
  3. プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方
【転職成功率97%】未経験からエンジニアに!TECH CAMPについて

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?