知っておきたい業務委託契約の注意点

業務委託契約を結ぶ、あるいはそれに関わる際には、注意しておくポイントがあります。

業務委託という契約形態について、まずは仕組みをしっかりと理解し、実際の事例も把握しておく事が大切です。

万が一トラブルに巻き込まれた時でも、スムーズに対応出来るように知識を深めておきましょう。

業務委託契約とは

業務委託契約と一口に言っても、委託側と受託側の関係性をはっきりと把握出来ていなかったり、分かりにくいと感じる部分があります。

そこには、契約内容に「委任契約」と「請負契約」といった大きな違いのある契約が混同しているからです。

2つの契約内容で意識すべき違いは、以下となります。

  •        委任契約:結果に関わらず、業務の「過程」が問われる契約形態
  •        請負契約:業務の過程ではなく、「結果」を問われる契約形態

委任契約の代表的な職種としては弁護士が挙げられます。依頼を受け、委任契約として弁護を行いますが、その結果がどうあれ、遂行した弁護業務に対する報酬が支払われます。

請負契約の代表的な職種としては、フリーランスのソフト開発業務が挙げられます。システム開発を請負契約して、システムの完成(結果)に対して報酬が支払われます。

これらの区別を意識した契約をする事で、契約後のトラブル回避にも繋がりますので、しっかりと把握をしておく事が大切です。

業務委託契約の注意点とは

上述のように、業務委託契約時には「契約形態をしっかりと把握しておく」事が重要となり、特にフリーランスとして業務委託契約を行う場合、この違いを曖昧にしたまま契約をすると、すべての責任を自身が請け負う事になりますので注意が必要です。

業務委託契約に注意が必要な最大の理由は、法律上の細かい内容規制がなく、委託側も受託側も、契約内容の詳細を比較的自由に決められる点が挙げられます。

特に受託側としては、フリーランスになったばかりで契約の法的理解が低い場合、委託側の巧みな言い回しの契約内容に気付かない場合が多いのです。

また、受託側に対してあからさまに不利な条件である場合には、法的にも契約解消が出来る場合があるのですが、それを知らずに辛い契約内容で受け続けてしまうという問題もあります。

特に、IT業界のフリーランスでは、請負という形で契約を行う事がほとんどです。業務請負契約では本来、勤務時間や利用する機器などはフリーランス自身の自由となりますし、業務遂行にあたる指揮命令権は受注側にあります。

しかし実態としては、委託側が指揮命令権やその他全てを握っているといった労働環境が多いのです。

特に、正社員から業務委託契約に移行したにも関わらず、指揮命令権が委託側(会社側)にあるといった「偽装請負問題」は、まだまだ解消されていません。

さらに、「二重派遣問題」というのも昔から存在する大きな問題の一つです。

二重派遣とはその名の通り、派遣元から派遣先、さらに派遣先から別会社に派遣されるといった状態の事を指します。

この場合、契約金が労働者の元に支払われるまでに派遣元の会社派遣先の会社、さらに派遣先からの派遣先と、3つの会社を通す事になり、膨大な搾取(中抜き)が行われてしまうのです。

このような業務委託契約に対する問題に巻き込まれないためには、「業務委託契約」の分類や、契約で発生する責任の詳細な所在を理解しておく事が、身を守る最大の手段となります。

業務委託契約の違反行為について

偽装請負や二重派遣の問題などの違反行為は、業務受託側が声を上げなければ、ほとんどの場合黙殺されてしまうのが現状です。

特に「二重派遣問題」に関しては、過剰な搾取という点から、法律によって禁止されている事を知っておく事が重要となります。

事例としても以下ような問題と、弁護士による回答があります。

【問題】

派遣元(A)→派遣先(B)→派遣先(C社・複数)

労働契約では、就業先はB社となっています。しかし、実際の就業先は、C社となります。労働契約の指揮・命令はB社ですが、実際の指揮・命令はC社です。

そこで、質問です

1、この場合、二重派遣ですか?

2、二重の申告・告発は、労基・警察・検察何処に申告・告発したらよいでしょうか?

3、二重派遣をした場合、どんな処罰があるのでしょうか?

例えば、誰にどんな処罰があるのでしょうか?

引用元:弁護士ドットコム

【弁護士回答】

二重派遣にあたります。

職安法44条違反となり、行政指導の他、悪質な場合は刑事罰も課されます。

都道府県労働局に申告してください。

引用元:弁護士ドットコム

業務委託契約には、詳細を捉えにくい事例が多く存在存在します。

万が一、契約書にサインしていたとしても、これら明らかな違反行為がある場合には弁護士などの法律の専門家を通して解決出来る可能性が高いので、一度専門家に相談し、解決の道をしっかりと確認する事が大切です。

転職エージェントに頼ってみましょう

転職をするなら、自分一人ではなく転職エージェントを利用するのもアリです。
希望する業界・職種が決まっていない方も、あなたに適切な求人を紹介してもらえますよ。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?