20代で転職を検討されている方へ


SAPコンサルタントとは?仕事内容を解説します!

SAPコンサルの仕事内容

長年の歴史があるSAP

それに携わるSAPコンサルトの実際の仕事内容は、どのようなモノでしょうか?

SAPコンサルタントとは、ITコンサルトの特にSAP ERPパッケージ専門のコンサルタントのことを呼びます。

SAPコンサルタントは、業務に応じて用意されているERPパッケージ用のテンプレートを、導入する企業に合わせてカスタマイズすることにあります。

加えてほとんどの企業では、例えば会計システム、販売管理や人事情報システムなどの基幹システムをすでに運用しています。

ERPパッケージではそうした既存の基幹システムのデータを利用します。

なので、基幹システムとSAPのERPパッケージを接続するのも大切な仕事です。

やりがいとなる要素の他には、大手クライアントがユーザになりコンサルタントできる機会が多いこと、SAPコンサルタントは上流工程から携わる機会が多いことがあげられます。

SAPコンサルに必要なスキル・資格について

では、SAPコンサルタントに必要とされるスキルは何があるでしょうか?

まず、第一に「問題解決能力」です。

顧客が抱えている潜在的な問題点を見つけ、それを解決する能力が要求されます。

ロジカルシンキングのような論理的思考が必要とされ、理詰めで分析します。

顧客の本来理想とするものを整理し、それに向かうにはどうしたらいいのかを見出します。

作業効率を高めつつきめられた期間内に解決しなければなりません。

第二に「職業倫理意識」です。

ITコンサルタントは仕事内容から顧客となる企業の企業内容や、内部実態に触れることになるので、職業倫理が非常に問われます。

顧客の要求にこたえるだけでなく、それを越えて初めて評価されるので、それがSAPコンサルタントとしての付加価値となるのです。

第三に「コミュニケーション能力」です。

これは広くIT業界に必須な項目です。

特にSAPコンサルタントは人と触れ合う機会が多い為、この能力は必須と言えるでしょう。

プロジェクトの成功は周囲の人の協力が必須です。相手の意見を正しく聞き、自分の考えを正しく伝えることが重要なのです。

最後に「精神力」です。

期限内に一定の成果を要求されます。

またSAP ERPパッケージを単に導入するだけでは終わらず、導入し業務改善が図られて、初めて成果として評価されます。

顧客の高い要望に応え、人間関係を維持しつつ、時間的制約のある中で行うのはかなりのプレッシャーとなります。

それらをはねのける精神力が要求されるのです。

SAPコンサルトになるために、資格は必要なのでしょうか?

資格は必須ではありませんが、取得することを目標にしましょう。

SAPには、SAP認定コンサルト試験というものがあります。

これはSAP社が主催しており、ERPパッケージシステムの構築、実装、設定、モデル、トラブルシューティング、ソリューションなどが行えるのかを問う試験です。

難易度は高いですが、あると便利でしょう。

SAPコンサルの年収

SAPコンサルタントの年収は、600万円から、1200万円が平均となります。

一般的に同じIT業界でも、業務システムや他のパッケージソフトのコンサルタントよりも年収が高い傾向にあります。

資格があるとさらに高収入を得られるようになります。

ERPパッケージを提供するSAPの日本法人SAPジャパンのコンサルタントになるとさらに高くなり、平均が1065万から1259万円になります。

SAPコンサルの需要・将来性

ITを活用して、人々の生活をより良い方向に向かわせる、デジタルトランスフォーメーションが注目を集めています。

それを実現するのには、SAPのERPパッケージの活用が必要となってきます。

またSAPは、クラウド対応したSAP S/4HANAのサービスを開始しています。

クラウド化と同時にERPパッケージの更新を考える企業も増えるのです。

また、海外進出や拠点立ち上げ、既存システムの刷新といった需要もまだあります。

そのため、SAPコンサルタントの需要が大きく減ることはなく、むしろ増加傾向にあります。

SAPコンサルタントとしての実績を踏むことで、経営コンサルタントとして独立することも可能となるでしょう。

未経験からSAPコンサルになるには

未経験からSAPコンサルタントになるためには、業務系のシステム導入経験が必要となってきます。

また経理や財務、会計などの業務知識や経験が必要となります。

SAPコンサルタントは、顧客からのヒアリングや、業務フローの洗い出し、分析を行うため、これらの知識が必要となるのです。

SAPの資格を取得することも、ステップアップの一歩となるでしょう。

SAPの資格取得を行うことにより、SAPシステムの概要や土台をこなす業務の基礎知識を得ることができます。

頼もしい転職エージェントをご紹介

転職活動に不安を感じている方もいると思います。
そんな方にこそ、転職エージェントがおすすめなのです。

わからないことや悩み事などを、コンサルタントに相談しながら、転職活動が行えますよ。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに次ぐ、国内2位の転職エージェント!多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい!」という方は、dodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートに次ぐ国内2位の豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人を誰かに選んでほしい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミから分かる利用すべき人  

2018.10.15