20代で転職を検討されている方へ


SAPコンサルタントとは?仕事内容を解説します!

SAPコンサルの仕事内容

長年の歴史があるSAP

それに携わるSAPコンサルトの実際の仕事内容は、どのようなモノでしょうか?

SAPコンサルタントとは、ITコンサルトの特にSAP ERPパッケージ専門のコンサルタントのことを呼びます。

SAPコンサルタントは、業務に応じて用意されているERPパッケージ用のテンプレートを、導入する企業に合わせてカスタマイズすることにあります。

加えてほとんどの企業では、例えば会計システム、販売管理や人事情報システムなどの基幹システムをすでに運用しています。

ERPパッケージではそうした既存の基幹システムのデータを利用します。

なので、基幹システムとSAPのERPパッケージを接続するのも大切な仕事です。

やりがいとなる要素の他には、大手クライアントがユーザになりコンサルタントできる機会が多いこと、SAPコンサルタントは上流工程から携わる機会が多いことがあげられます。

SAPコンサルに必要なスキル・資格について

では、SAPコンサルタントに必要とされるスキルは何があるでしょうか?

まず、第一に「問題解決能力」です。

顧客が抱えている潜在的な問題点を見つけ、それを解決する能力が要求されます。

ロジカルシンキングのような論理的思考が必要とされ、理詰めで分析します。

顧客の本来理想とするものを整理し、それに向かうにはどうしたらいいのかを見出します。

作業効率を高めつつきめられた期間内に解決しなければなりません。

 

第二に「職業倫理意識」です。

ITコンサルタントは仕事内容から顧客となる企業の企業内容や、内部実態に触れることになるので、職業倫理が非常に問われます。

顧客の要求にこたえるだけでなく、それを越えて初めて評価されるので、それがSAPコンサルタントとしての付加価値となるのです。

 

第三に「コミュニケーション能力」です。

これは広くIT業界に必須な項目です。

特にSAPコンサルタントは人と触れ合う機会が多い為、この能力は必須と言えるでしょう。

プロジェクトの成功は周囲の人の協力が必須です。相手の意見を正しく聞き、自分の考えを正しく伝えることが重要なのです。

 

最後に「精神力」です。

期限内に一定の成果を要求されます。

またSAP ERPパッケージを単に導入するだけでは終わらず、導入し業務改善が図られて、初めて成果として評価されます。

顧客の高い要望に応え、人間関係を維持しつつ、時間的制約のある中で行うのはかなりのプレッシャーとなります。

それらをはねのける精神力が要求されるのです。

 

SAPコンサルトになるために、資格は必要なのでしょうか?

資格は必須ではありませんが、取得することを目標にしましょう。

SAPには、SAP認定コンサルト試験というものがあります。

これはSAP社が主催しており、ERPパッケージシステムの構築、実装、設定、モデル、トラブルシューティング、ソリューションなどが行えるのかを問う試験です。

難易度は高いですが、あると便利でしょう。

SAPコンサルの年収

SAPコンサルタントの年収は、600万円から、1200万円が平均となります。

一般的に同じIT業界でも、業務システムや他のパッケージソフトのコンサルタントよりも年収が高い傾向にあります。

資格があるとさらに高収入を得られるようになります。

ERPパッケージを提供するSAPの日本法人SAPジャパンのコンサルタントになるとさらに高くなり、平均が1065万から1259万円になります。

SAPコンサルの需要・将来性


ITを活用して、人々の生活をより良い方向に向かわせる、デジタルトランスフォーメーションが注目を集めています。

それを実現するのには、SAPのERPパッケージの活用が必要となってきます。

またSAPは、クラウド対応したSAP S/4HANAのサービスを開始しています。

クラウド化と同時にERPパッケージの更新を考える企業も増えるのです。

また、海外進出や拠点立ち上げ、既存システムの刷新といった需要もまだあります。

そのため、SAPコンサルタントの需要が大きく減ることはなく、むしろ増加傾向にあります。

SAPコンサルタントとしての実績を踏むことで、経営コンサルタントとして独立することも可能となるでしょう。

未経験からSAPコンサルになるには

未経験からSAPコンサルタントになるためには、業務系のシステム導入経験が必要となってきます。

また経理や財務、会計などの業務知識や経験が必要となります。

SAPコンサルタントは、顧客からのヒアリングや、業務フローの洗い出し、分析を行うため、これらの知識が必要となるのです。

SAPの資格を取得することも、ステップアップの一歩となるでしょう。

SAPの資格取得を行うことにより、SAPシステムの概要や土台をこなす業務の基礎知識を得ることができます。

頼もしい転職エージェントをご紹介

転職活動に不安を感じている方もいると思います。
そんな方にこそ、転職エージェントがおすすめなのです。

わからないことや悩み事などを、コンサルタントに相談しながら、転職活動が行えますよ。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方