SAPジャパンに転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

今回はソフトウェア企業の日本支社である「SAPジャパン株式会社」に転職を検討されている方向けに「SAPジャパン株式会社」への転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

SAPジャパンって何をしている会社?

企業向け基盤システムであるERP (Enterprise Resource Planning)パッケージなど、企業向けソフトウェアの世界的リーディングカンパニーです。(本国のSAPはドイツにあり、ヨーロッパ最大級のIT企業です)

大手企業向けのエンタープライズソフトウェア市場においては圧倒的なシェアを誇ります。様々なソリューションを提供し、業務系アプリケーションからモバイルまで幅広いユーザーに利用されています。

競合他社は、オラクルやマイクロソフトなどでシェア争いを繰り広げています。

SAPジャパンの仕事内容・職種

どの職種も、海外とのやりとりはかなり多いようで、メールや電話会議でコミュニケーションを取るのには英語が必須です。

担当する職種やお客様によっては異なりますが、日本のお客様とのやり取りだけが日本語で、その他は社内でも全部英語、メールも日本語の方が少ないという方も多いようです。資料も英語で作成することが多いようです。

(1)コンサルタント

SAPシステムの導入を通じてクライアント企業のビジネス支援を行うコンサルティング。社内の開発部門製品管理といった各分野のエキスパートと連携を図り、助言を得ながら業務を進めます。SAPコンサルタントを目指す方は下記の記事を参照することをお勧めします。

(2)セールス

ソフトウェアライセンスを販売する営業。セールスは「プランニング」を重要視している風土のようで、ビジョンを資料に起こし、上司、メンバーに共有して案件を動かしていき、周囲の連携・サポートとして進めていきます。お客様の役員、社長様へのアポイントを実施。会社の代表としてアカウントをしっかりとサポートしていき、個人の裁量によって業務を進めています。

(3)プリセールス

技術的な専門知識を用いてSAP製品のセールスをサポートします。

SAPジャパンの仕事のやりがい

SAPという、ブランド力が大きいが故にクライアントから期待をされることや求められることも大変高度なことも多くその分のプレッシャーがかなり大きいのは事実です。しかしながら、案件としては億単位の大型投資が殆どですし、製品ベンダーだからこそ提案力やコンサルティング力、技術知識が高いレベルで身につけられるかと思います。

SAPジャパンの直近の業績は?

売上は非公開。ERPは企業の機関システムとして経営に関わるITシステムであり、プロジェクト案件にもよりますが、システム導入によって得られる報酬は大きく、また継続的なアップデートやアフターサービスによって継続的に収益は上がるものと思われます。

ERPパッケージの世界最大手企業で、盤石な経営基盤があるかと思います。

SAPジャパンの将来性は?

以前はERPがメイン事業でしたが、昨今はアナリティクス、モバイル、データベースアンドテクノロジー、クラウドと、目まぐるしい速度で事業領域を拡大されています。

常に新しい技術の追求を怠らないので業界のリーディングカンパニーであり続けています。競合他社ともシェア争いを繰り広げているので、今後どのようにされていくのか注目したいところです。

SAPジャパンの社風・カルチャー

新卒採用も行っていますが、中途入社の方も多いです。中途入社の方は前職がSIer出身の方が多い傾向のようです。

外資系企業だけあって、風土は自由で個人の裁量が大きいようです。

産休・育休などの休暇は充実していて、上司や同僚の理解はあり協力をしてもらえる風土。女性にとっても働きやすい環境のようです。

仕事をするうえでも周囲のサポート体制が充実しているようですが、それは社員の方々が積極的にコミュニケーションを取っている方が多く、周囲とのコミュニケーションを積極的に取れない人には向かないかもしれません。

外資系企業のため、「成果」を重視しているイメージを持たれがちですが、実際には、SAPジャパンは「成果」だけではなく「プロセス」を重要視しているようです。KPIがしっかりとあり、プロセスを正確にしてコツコツと努力している方は短期で成果が出なくても、後々結果が出て評価されている方もいらっしゃるようです。

SAPジャパンの本社・オフィス

本社はSAPジャパンビルという自社ビルで、東京メトロ「半蔵門駅」直結、東京メトロ「麹町駅」より徒歩6分という通勤アクセスにはとても便利な場所です。

外資系企業というと、個人のデスクがパーティションで区切られていて個々で仕事をしているイメージが強いですが、SAPジャパンはマネージャーもメンバーも同じ島に座っていて、個々のデスクを仕切るパーティションがない環境です。上記の社風・カルチャーでも述べてとおり、社内は何でも言い合えるコミュニケーションが出来る環境で、部署間の垣根もほとんどないようです。

SAPジャパンの年収相場(給与)は?

年収相場は非公開ですが、年収の平均は1,050万円~1,300万円のようです。

1,000万円を超えるケースが多いようで、高水準かと思います。

ただし、労働時間や環境はクライアントの事情に左右されるケースも多いようで、高度なITや技術の知識を求められることもあり、プレッシャーやハードワークを感じる方もいらっしゃるようです。それでも、各リーディングカンパニーと仕事が出来る環境であり、ご自身のスキル・知見はアップデートされていく環境であるので、キャリアアップをしたい方によっては報酬面も合わせて良い環境なのかと思います。

SAPジャパンに転職後のキャリア形成は?

社内で単なるマネジメントに関するポストだけではなく、 コンサルティング、プリセールス、サポート、ライセンスといったキャリア展開も可能です。

そういったキャリア展開で、SAPジャパンで長期的な視点をもって長く働くことも出来ますし、身に着けた経験スキルを活かして他社で模索することも十分可能かと思います。活躍の度合いによっては収入アップも見込めるでしょう。

〈SAPジャパンへの転職をお考えの方へ〉

大手外資系企業への転職は、職種関わらず転職エージェントや転職サイト経由で転職活動をされた方がいいです。と言うのも、SAPジャパンのような大手企業の求人情報は、勿論ありますが面接官の情報や質問内容や思考性など自分一人では得られない情報を提供してくれるため、エージェントを利用することをオススメします。

なのでまずは、登録をしておいて損のない大手の転職エージェントをいくつか紹介します。各社同じように見え、得意とする層が異なりますので参考にして自分に合うところに登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18