ブロックチェーンってどのプログラミング言語で書けばいいの?

最近、「ブロックチェーン」という言葉をよく耳にします。先入観で非常に難しい技術だと考えている人は多いと思いますが、実はその仕組みの概要は単純で誰でも理解できるものです(利用されているハッシュ関数などの暗号技術を理解するのは少し難しいです)

ブロックチェーンは仮想通貨などだけではなく、他の分野にも応用できる仕組みで今後も需要は高くなっていくことが確実視されています。ぜひこの機会にその仕組みを理解しましょう。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、情報を管理する仕組みの一種です。ブロックチェーン上で管理されるデータは「ブロック」と呼ばれ、このブロックが連続して繋がっていることからこの仕組みを「ブロックチェーン」と言います。

ブロックチェーンは可用性やセキュリティ面で優れているため、現在IT業界で「機械学習」や「Iot」などと並んで非常に注目されている技術の一つとなっています。

現時点では主に仮想通貨などに利用されている技術ですが、他の分野でも応用可能なため、今後ブロックチェーンエンジニアの需要は高まっていくことが予想されます。

ブロックチェーンに使用されているプログラミング言語について

ブロックチェーンで使用する言語について

ブロックチェーンは分散システムでデータを管理するという仕組みのことであり、実装できる言語が限られているわけではありません。

ただ、実装しやすい言語はもちろんありますし、現時点ではまだそこまで実装実績がある仕組みとは言えないので、ブロックチェーンを開発する場合、言語は慎重に選択する必要があります。

Javascriptでブロックチェーンを実装

現時点で最もブロックチェーンの実装実績があるプログラミング言語の一つに「Javascript」があります。ブロックチェーン用のライブラリがたくさん出ていて、ネットにも実装のためのサンプルソースがたくさん載っています。

Solidityでブロックチェーンを実装

「Solidity」は、Ethereum(イーサリアム。分散アプリケーションのためのプラットフォーム)上で利用する言語です。
この言語のメリットは、文法がJavascriptと似ている点です。

Solidity自体は現時点ではそれほど有名な言語とは言えませんが、Javascriptは人気がある言語で開発者も多いため、Solidityはブロックチェーンを取り入れたシステムを実装する際に採用しやすい言語と言えるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアに転職をするには?

現在エンジニアの方でブロックチェーンエンジニアに転職するには?

「今からブロックチェーンのエンジニアになれるのかな」

「どの言語を使ってブロックチェーンエンジニアになれば良いかわからない」という方は1度、専門家に相談してみることをオススメします。

なぜなら、転職エージェントは、転職や市場の動向について詳しいプロなので、あなたのスキルや経験から「どうすればブロックチェーンエンジニアに転職できるのか?」について客観的なアドバイスをもらう事ができるからです。

一重に転職エージェントとは言っても、エージェント毎に得意な領域や業界にばらつきがあります。

したがって、エンジニアの転職についての専門的な知識を持っているエージェントの利用しましょう。

マイナビITレバテックキャリアは、エンジニアの転職に特化しています。

キャリアアドバイザーは、元エンジニアやIT/web業界出身の方がほとんどなので、専門家の立場から客観的で有益なアドバイスを貰う事ができるでしょう。

 

エンジニア未経験の方でブロックチェーンエンジニアに転職をするには?

現在、エンジニアではない方も、「将来性がありそうだから」「ブロックチェーンの言語について学んでみたい」という方はいらっしゃるかと思います。

とは言え、「どの言語を学んで良いか分からない」「独学で学べるか不安」という方はいるかと思います。

そんな方にオススメしたいのが、プログラミングスクールです。

初心者が独学でプログラミングを学ぼうとした場合、挫折率が90%とかなり高いのが実情です。

プログラミングスクールを利用することで、初心者でも挫折することなく、プログラミングを学ぶ事ができるので、ブロックチェーンを学ぶ基礎を築く事ができます。

プログラミングスクールのTechCamp講座の修了率が98%を超えています。

また、講座終了後、転職先企業の紹介を受けることが可能です。

転職エージェントを利用したり、転職サイトから自分でエントリーをしなくても、TechCampのアドバイザーにあなたのスキル習熟度や志向性にあった、転職先を提案してもらうことができます。

講座受講後の転職の成功率は97%を超えています。

転職の企業の案件の中には、大手企業や急成長しているベンチャー企業もあり、独力で転職活動をした場合には、非常に内定可能性の低い企業にもチャレンジできる可能性が広がります。

ブロックチェーン開発に便利なツール・フレームワーク

ブロックチェーンを開発するなら、適切なツールやフレームワークを調べて利用するようにしましょう。

たとえば、Solidityを利用してブロックチェーンを開発するのであれば、「Remix」というブラウザベースの総合開発環境を使うのがおすすめです。
Ethereum上でアプリケーションを開発するのであれば、「Truffle」というフレームワークを利用することで、スマートコントラクトの開発が楽になります。

ブロックチェーンはどう作られるのか

ブロックチェーンのブロックは以下のような手順で作成します。

1.ブロックの中身を定義

まずはブロックと呼ばれるデータの中身を定義します。

まず必要なのは「インデックス」、「タイムスタンプ」、「ハッシュ値」、「前のブロックのハッシュ値」です。そしてここに「取引データ」などが入ってきて一つのブロックとなります。

2.ハッシュ値を生成方法を決める

ブロックの定義が終わったら、次はブロックに持たせるハッシュ値をどのように生成するか決めます。

ハッシュを作る技術はたくさんありますが、「SHA-256」などが有名です。暗号化ライブラリが各言語で開発されているので、調べてみると良いでしょう。

※ブロックチェーンを実装する場合、ハッシュ値は必要不可欠になります。「SHA-256」などの暗号学的ハッシュ関数は基本的にハッシュ値からデータを復元できないように作られています。そして、ブロックチェーンでは前のブロックのハッシュを保持してブロックをつなげており、この仕組みを利用して改ざんを事実上不可能にしています。

3.ブロックを作成する

ブロックの中身を定義し、ハッシュ値の作成方法を決めたら、あとはブロックを作るだけです。

「インデックス」、「タイムスタンプ」、「ハッシュ値」、「前のブロックのハッシュ値」の基本的な項目と、自分で定義した項目に値をセットします。ちなみに、最初のブロックは「前のブロックのハッシュ値」が無いため物理的に定義を行う必要があります。

ブロックチェーンエンジニアになるための転職エージェント

ブロックチェーンエンジニアに興味がある方は1度転職エージェントの利用をオススメします。

もちろん「ブロックチェーンに強い興味があるわけではない」「そこまで転職がしたいわけではない」という方もいらっしゃるかと思います。

しかし、転職エージェントを利用する事で、「今の現状からどのようなスキルや経験を身につければ、ブロックチェーンエンジニアになる事ができるのか?」「そもそも自分はブロックチェーンエンジニアになりたいのか」を明確にする事ができます。

オススメのエージェントは現在の業界や職種によって異なります。

また、転職エージェントの質はばらつきがあるので、1つだけではなく、2〜3社登録する事をオススメします。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18

1からプログラミングを学びたいと思っている方にオススメのプログラミングスクール

スクール受講後の就職率は98%を誇り、エンジニア未経験からの就職・転職にオススメのプログラミングスクール。 独学で挫折してしまう人が多い中、受講者の96%がカリキュラムを完了し、卒業できている。

特徴
【メリット】
  1. 独学で挫折する方が多い中、TechCampの修了率は96%
  2. カリキュラムの修了後の就職率は98%という安心感
【デメリット】
  1. 一定の費用が必要となります

こんな人がおすすめ!
  1. プログラミングを1から教えて欲しい方
  2. 未経験からエンジニアとして就職したい方
  3. プログラミング学習から就職活動まで一貫してサポートして欲しい方

ブロックチェーンってどのプログラミング言語で書けばいいの?

2018.10.08

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判を元社員が大暴露!【利用者の口コミ付】

2019.01.25

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

リクルートエージェントに並ぶ、国内最大級の転職エージェント!
多くの求人の中から、キャリアアドバイザーが厳選して求人を紹介するスタイル!
「自分に合ったオススメの求人だけを紹介して欲しい」という方はdodaへの登録がオススメ!

特徴
【メリット】
  1. リクルートと並ぶ豊富な求人数。他のエージェントでは取り扱いのない求人を多数紹介
  2. 面接対策などのサポートが手厚く、転職に自信のない方でも安心
  3. アドバイザーの提案力が高く、求人を一定数紹介するリクルートに比べ、キャリアアドバイザーが求人を厳選して提案
【デメリット】
  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーごとにバラつきがあり、的外れの提案をされることも

こんな人がおすすめ!
  1. 大量の求人に目を通すのは大変で、求人をプロに絞り込んでもらいたい方
  2. 他の大手エージェントを利用したけど、自分に合わなかった方

dodaの評判って?利用すべき?現役の転職エージェントが徹底解説!

2019.02.20