20代のビジネスパーソンは、転職でやりたい事を探すより、できる事を増やした方が良い

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材のキャリア支援の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

20代の方の転職相談を受けていると、よく聞く話が、今の仕事が本当にやりたい事なのか?誰の役に立っているのか?わかりません。自分には向いてないのかもしれません・・

という方が多くいらっしゃいます。

毎回同じ事をお伝えするので、今回こちらにまとめさせていただきます。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

キャリアを考える際のWILL/CAN/MUST

結論、やりたい事(WILL)を探す前に、まずは、やらなければならない事(MUST)、できる事(CAN)を蓄積する事にフォーカスしましょう。

でなければ、たとえ、やりたい事が見つかったとしても、どこへ行っても任せてもらえません。

向いているかどうか判断するかについても、向いている=うまくできる事や成果を出せる事だと思いますが、やらなければならない事(MUST)とできる事(CAN)を蓄積してからにしましょう。

私が過去に在籍していたリクルートグループでは、WILL/CAN/MUSTという考え方があり、これが自分のキャリアを考える上で、非常に使えるフレームワークであったので、ご紹介します。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

WILL/CAN/MUSTとは?

WILL/CAN/MUSTのそれぞれの意味ですが、以下になります。

  • WILL:やりたい事、意思・希望
  • CAN:できる事、能力・スキル、才能、実績
  • MUST:やらねばならない事、求められている事、期待・責任

WILLCANMUST出典:キャリアビジョンづくりから始めよう(2): 自分の価値観は何だったのか  [関口みゆき,特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会]

どんなに壮大で大きな夢や目標(WILL)があったとしても、足元のやるべき事(MUST)を疎かにしていては、周りに認めてもらえず、そもそも日々を安定させる事さえおぼつきません。

また、できる事・実現能力(CAN)を高めていかなければ、その目標(WILL)も実現する事は絵に描いた餅となり、実現できません。

一方で、やらなければならない事(MUST)ばかりに追われている日々では、だんだんと疲弊していきますし、できる能力やスキル(CAN)ばかり高めても、器用貧乏になってしまいます。

つまり、「この3つの円が重なる部分しか、物事は成就する事は難しく、満足なキャリアや仕事人生は得にくい、だから3つの円をバランス良く広げていきましょうよ」といった趣旨を持ったフレームワークなのです。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

経験や判断材料が少ない20代はWILLを考えても意味がない

今回のタイトルにもあるように、特に、20代の若手層については、WILLにフォーカスしてもあまり意味はありません。

なぜならば、経験値が少ないためです。

※ここでは、趣旨を強調するために、あえて極端な言い方をしていますが、著者も、若いうちほど、身の程知らずな大義や志、目標を掲げる事自体はとても良い事と思っています。実際僕自身がそうでした。WILL/CAN/MUSTと同時に、リクルートの新人が先輩方から入社時に教わる言葉として「発射角度」という言葉もあります。つまり、ロケットと同じで、年次とともに重力のように期待値や角度は下がっていってしまうものなのだから、入社時、最初の発射時の角度が高ければ高いほど、有利・得であるという考え方です。

話を戻しますが、経験値が少ない人が描く、WILLは、理想のビジョンを発想する上で元となる体験や材料に限界があります。

まだ、向いているかどうか、本当にやりたい事なのか?を判断するフェイズにも至っていないのです。

そもそも企業にとっての新卒採用は、中途と比較した際に、即戦力ではなく、すぐに利益貢献してくることを期待していません。2~3年で投資回収する見立てでいるのです。

企業が新卒社員に期待しているのは、MUSTでやるべき事を果たす(毎朝出社して上司や先輩の指示通り最低限のタスクを行い定時まで仕事をする)、CANを増やす(最初は何もできないのが当たり前な前提で、少しでも早く知識や経験・スキルを高めて、戦力化に向かってもらう)ことです。

これらをやる前に、MSUT/CANも少しも広げていない内に、自分のWILLについてあーだこーだ言うのは、無意味ですし、言い訳に聞こえますし、どこに行っても先輩や同僚に信頼されません。

何よりその職場や会社に入社する事を選んだ(意思決定した)のは、その会社の先輩や同僚ではなく、他ならぬあなたなのですから。

経験や判断材料が少ない20代はCANにフォーカスしよう

特に、経験の少ない20代は、とにかくCANを増やす事をお勧めします。

CANを増やす事が非常に合理的なのです。

理由は3つあります。

  1. 本当にやりたい事が見つかった時に実現しやすくなる
  2. できる事が増え、実績が増え、お客様からのありがとうが増えるので、仕事が面白くなってくる
  3. 仕事の深い部分が理解できるようになるため、業界の課題などが見えてきて、自分のやりたい事が具体的になる

WILLCANMSUT2出典:キャリアビジョンづくりから始めよう(2): 自分の価値観は何だったのか  [関口みゆき,特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会]

以下で1つずつ解説していきます。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

1,本当にやりたい事が見つかった時に実現しやすくなる

仮に、本当にやりたい具体的な目標が定まったとしても、それを実現できるためのスキルや能力、実績が必要です。

やりたい事が異業界の会社への転職であったとしても、その時に、彼らから求められる自分になってなければ、希望は叶いません。

もちろんWILLの種類や方向性によって、CANの定義も変動するので、そのシーンで培ってきたCANがやりたい事に絶対に使えるかは保証はできませんが、少なくとも何もCANがない人よりはマシでしょう。

2,できる事が増え、実績が増え、お客様からのありがとうが増えるので、仕事が面白くなってくる

何でも、新しい事にチャレンジする時は、右も左も分からないし、不安です。

例えば、野球でも、始めたばかりでは、バッドをどうやって持ち、どう振れば良いのかわからず、周りの目も気になり、うまくできずに空振り三振ばかりといった状態が続くでしょう。

だから、毎日必死に練習して、CANを高めるわけです。

すると、うまくいったり活躍する機会が増えていきます。仲間から頼りにされ、自分に自信が持てます。

そこでようやく辛かった野球が楽しくなってきます。

仕事も同じです。CANが増えてから、時間差で楽しくなってくるのです。

その前に見切ってしまっては、もったいないし、他の経験の少ない分野や会社に転職しても同じ事です。

3,仕事の深い部分が理解できるようになるため、業界の課題などが見えてきて、自分のやりたい事が具体的になる

仕事に深く向き合っていくと、業界、顧客、競合、自社、組織、業務フローなどについての理解が深まっていきます。

そしてそこに問題意識や、課題感を持てるようになっていきます。

その内、使命感や、解決したいというものが具体化していったりしやすくなります。

例えばですが、日本人は、世界の食料問題を解決したい!と本気で強く思っている人は少ないのではないでしょうか?

それは、そうしたテーマや問題そのものが本質的な課題かどうかというよりも、多くの日本人が食に恵まれている環境の中で、実際にリアリティを持って体感し、具体的な評価や課題感を持てる状態にある人が少ないからではないでしょうか。

具体的で、自分の言葉で語れるWILLは、自分自身のリアルな体感に基づくことが多いです。

業界や商材の課題に気づく事ができる自らの体感を得るためにも、今の仕事に深く向き合う事は打って付けです。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

入社後、最低2〜3年はかけてCANを増やそう

転職市場の相場観でも、新卒入社して最低2~3年の職歴はないと他の会社への転職が難しいです。

著者も、根性論は、好きではないですが、世の中の評価はそうなっているし、あなた自身の中長期的なキャリア形成のためにも、そういうものだと割り切って、腹黒く、したたかにCANを貯め込んでみるというのはいかがでしょうか?

20代の転職で失敗しない方法!内定獲得をUPさせるポイント大公開

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!

リクルート出身の転職エージェントを使うとこんなメリットがあります!

書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率を高くなる場合が御座います。

担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や、年収交渉、入社時期の調整など在職中に転職活動を行う場合、平日昼間は仕事をしているための自分では交渉しにくいことも代行して行わせて頂きますので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。

︎【無料】現在転職のことでお悩みの方、キャリア相談・面接対策に力を入れている弊社へぜひご相談ください!