准看護師と正看護師の違いとは?仕事内容や転職方法を徹底解説

准看護師と正看護師の違いとは?仕事内容や転職方法を徹底解説

    看護師と准看護師の違いは、基本的に年収や権限で、仕事内容に大きな違いはありません。本記事では看護師と准看護師の違いについて、複数の視点から解説します。また、准看護師になるための方法も解説します!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は1,800万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

この記事では准看護師と正看護師の違いについてプロが徹底解説しています。

准看護師に強いおすすめの転職サイトは下記にまとめてありますので、気になる看護師さんはご覧くださいね。

准看護師と正看護師の違い

准看護師は正看護師と比べると、資格として2つの違いがあります。

  • 資格の発行者
  • 受験資格

正看護師の免許は国家資格の1つで、厚生労働大臣が発行するものです。一方で、准看護師は各都道府県の知事が発行する免許です。

都道府県知事が発行する免許だからといって、取得した都道府県でしか働くことができないというわけではなく、取得した場所に関係なく全国どこの病院や施設で働くことが可能です。

また、正看護師と准看護師では受験資格が異なります。

正看護師になるためにはまず高校を卒業し、国が指定している短期大学や専門学校に通う必要があります。その上で、国家試験に合格すれば正看護師の免許を取得できます。

准看護師の場合は高校を卒業する必要はなく、中学を卒業していれば問題ありません。中学卒業後に准看護師養成所に通えば、准看護師になれます。

正看護師は国家資格ということもあり、准看護師に比べると受験資格が厳しくなっているので注意が必要です。

准看護師と正看護師は権限・年収が違う

准看護師と正看護師は受験資格が異なるものの、基本的にはどちらの業務範囲も変わりません。

准看護師でも正看護師と同じように血圧や脈拍などの測定、注射や採血、手術の補助、カルテの記載などの業務をおこなえます。

准看護師と正看護師の仕事内容で違うことは、自分の判断で業務をおこなえるかという権限です。

正看護師は自分の判断で注射や採血、手術の補助などをおこなえます。一方で、准看護師は医師や正看護師の指示がなければ業務をおこなえません。当然、准看護師が正看護師に対して何か指示を出すこともできません。

准看護師の年収は正看護師よりも80万円低い

厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、正看護師の平均年収は約480万円、准看護師は約400万円です。

業務範囲は同じでも役割や責任に違いがあるため、正看護師と准看護師では給与にも若干の違いがあります。

同じ業務範囲でも、年収にして80万円程の差が出てしまいます。給与水準は就業場所によっても大きく変わるため、どこで働くかも重要なポイントです。看護師は病院や診療所、訪問看護ステーションなど活躍の場が多くあり、持っている資格によって就業場所の傾向に違いがあります。

正看護師は病院や診療所で働く人の割合が85%程度である一方で、准看護師は75%程度です。

介護老人保健施設と社会福祉施設で働く看護師の割合では、正看護師が3%程度、准看護師が10%程度です。こういった勤務先の違いも、平均年収の差に影響していると言えます。

違いについてもっと詳しく知りたい人へのおすすめ

准看護師と正看護師の違いについてもっと詳しく知るためには転職サイトを利用することをおすすめします。

これは10年以上の間、転職エージェントとして働いた私だからこそ紹介できることです。

転職エージェント末永 末永

准看護師と正看護師の違いについて詳しい情報を手にいれることはぶっちゃけ難しいです。ネットの情報は限られていて、身近に看護師の仕事をしている人がいない限りは、仕事内容や会社の情報について知る機会もありませんよね。

しかし、転職サイトを使うことであなたの知りたい情報を手にいれることが出来る可能性があります。

転職サイトは様々な転職案件を扱うことから看護師業界について幅広い情報を持っています。また、准看護師と正看護師の違いについて聞いて見るだけでも対応してくれ、正確な情報を提供してくれます。

実際に利用するまでも簡単です。必要な情報やあなたの転職希望を登録するだけで、あとは転職サイトからの連絡を待つだけです。

けど転職サイトは種類が多くて、どれに登録すればいいのか分からない…という相談を聞きます。そこで、私が厳選したおすすめ出来る転職サイトを紹介しています。あなただけに合う転職サイトを見つけて使ってみましょう。

看護師の転職に特化したサービス

准看護師になる方法

准看護師になるには、准看護師養成所に2年間通い認定試験を受ける必要があります。ここからは、准看護師養成所とはどのような学校なのか、試験の費用や合格率について解説していきます。

准看護師養成所の概要

准看護師養成所は、准看護師資格を取得するための教育をおこなっている学校で、中学校を卒業していれば入学することができます。

全日制と定時制の2つの課程があるので自分のライフスタイルに合わせて選択ができます。ただし、看護師学校養成所のように通信課程があるわけではないため注意が必要です。

全日制では朝から夕方まで授業がおこなわれ、合計で2年間養成所へ通うことになります。1週間の授業日数は学校によって変わり、週5日のところもあれば週3日のところもあります。

定時制は平日の昼間、もしくは夜間に授業が実施されます。生徒は夜間に通うことができるので、仕事をしながらでも准看護師の資格取得を目指すことができます。通う期間は全日制と同じで2年間です。

1週間の授業日数はとくに定まっていないものの、全日制よりも1日あたりの授業時間が少ないため、週5日授業をおこなう学校が多いです。

准看護師試験の概要

准看護師の資格は、各都道府県の知事が発行するため、試験の難易度は都道府県によって若干異なります。

しかし、厚生労働省の発表した令和元年度准看護師試験によると試験の合格率は全国で96%と高いです。そのため、准看護師養成所できちんと学んでおけばそれほど難しい試験ではありません。

試験の日程は年に1回、2月に実施されています。ただし、詳細な日程は各都道府県によって異なるため、受験前にチェックが必要になります。また、准看護師試験を受けるためには、6,900円の受験手数料を支払う必要があります。

准看護師のメリットは早く就職できることと受験資格の広さ

准看護師になることのメリットは以下の2つです。

  • 最短2年で資格を取得できる
  • 高校を卒業しなくても資格を取得できる

1つ目のメリットが資格所得までの期間が短いことです。

正看護師は高校を卒業した後、看護学校に4年間、もしくは短期大学や看護師学校に3年間通った後、国家試験に合格する必要があります。一方で准看護師であれば、最短2年間で資格を取得できます。少しでも早く看護師として働きたい人にとって、これは大きなメリットです。

2つ目のメリットは、高校を卒業していなくても資格を取得できることです。正看護師は高校を卒業する必要がある一方で、准看護師は中学を卒業していれば受験資格を取得できます。准看護師養成所に通えば資格を取得できるので、高校へいっていない人や、高校を中退した人などもチャレンジが可能になります。

正看護師になる方法

准看護師の人が正看護師になる方法は大きく分けると以下の2種類です。

それぞれについて具体的に解説していきます。

資格取得を目指した進学

1つ目の方法は進学をして正看護師の資格取得を目指す方法です。短大や看護学校など、准看護師が正看護師を目指せる学校は数多くあります。

ただし、高校を卒業しているかどうかで選べる進学先が異なります。

高校衛生看護科、もしくは高校を卒業した人は実務経験を問わず、高校専攻科、短大看護科、看護学校の2年課程、もしくは大学・短大・看護学校に通えます。これらの学校へ3年間通うことで、看護師国家試験の受験資格を得られ、資格の取得を目指せます。

中卒で准看護師になった人は進学する前に准看護師として3年以上の実務経験が必要です。実務経験の条件を満たした上で、高校専攻科もしくは看護学校の2年課程で学び看護師国家試験に合格すれば、正看護師になれます。

通信教育による進学

2つ目の方法が通信教育で正看護師を目指す方法です。

2004年から通信制による准看護師から正看護師へなるための教育がおこなわれており、当初は准看護師としての実務経験が10年以上求められていました。

しかし看護師不足が問題となり、2018年度からは7年以上の実務経験があれば、通信制の看護学校への進学が可能となりました。

短大や看護師学校養成所など、2年課程の通信教育を実施している学校は全国に数多くあります。正看護師になりたいけれど学校に通う時間がないという人は、通信教育で正看護師を目指すことがオススメです。

ただし、通信教育なら通信教材で学習を進めることができるものの、2年間で50日以上は登校しなければならないという規定があるので注意が必要です。

准看護師・正看護師の求人を探すなら転職サイトがオススメ

激務な看護師の転職活動には、転職をサポートしてくれる転職サイトがおすすめです。

本来、自分1人でおこなわなければならない希望に合う求人探し、希望する医療施設とのやりとり、面接対策、雇用条件の交渉などを転職サイトはサポートしてくれます。

とくに医療業界の転職に特化した転職サイトは、看護師の転職に関するノウハウを豊富に持っているので、利用すれば頼もしい存在になることは間違いないでしょう。

ただ、転職サイトによって求人の量やサポートに違いがあるので、2〜3社に複数登録し、最終的に1番良いと思った1社に絞り込むと効率よく転職活動を進めることができます。

看護師の転職に特化したサービス

看護roo!転職

累計利用者数50万人以上!
迷ったら登録すべき転職サイト。

看護roo!転職

おすすめポイント

  1. 東証プライム市場上場会社が運営の安心感
  2. 2009年から運営!サービス開始から10年以上の実績
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!転職に
相談する

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

6万件以上の求人数を保有!医療機関やクリニックなど全国の求人を取り扱い。

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

おすすめポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)に
相談する

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)

おすすめポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に
相談する

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトを掲載しておきます。

line

line

人気の転職エージェント