看護師が異動する理由を解説!配置転換に納得できない場合の対処方法

  • !

看護師が異動する理由を解説!配置転換に納得できない場合の対処方法

    総合病院など複数の診療科病棟がある職場では、看護師にも異動(配置転換)があります。理由や年数は病院によって異なります。

    ここでは、異動がある理由や必要性、納得できない場合の対処方法を紹介します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

看護師は3年程度で異動することが一般的

総合病院や大学病院など、複数の診療科病棟がある大きな病院の場合、看護師の異動は当たり前のようにおこなわれています。異動ではなく「配置転換」と呼ばれることもあります。

異動の方法や頻度は病院によって異なります。異動の頻度は3~4年が一般的ですが、事情があれば1年前後で異動を命じられるケースもあります。異動先も病棟間だけでなく、病棟から検査室や透析室へということもあります。

看護師を異動させる理由も病院によって異なります。同じ病棟に居続けることで医療事故が発生するリスクが高まるという報告があることを異動の理由にあげる病院もあれば、環境を変えることで看護師を成長させるためという理由で異動させる病院もあります。

また、異動があることを求人票にきちんと記載する病院もあれば、看護師が異動を承知することを前提としているため、とくに何も言わずに求人をかける病院もあります。

異動に納得できない…拒否することは可能?

多くの病院は「異動は強制ではない」という姿勢を見せています。しかし、それは建前だと考えましょう。異動は、病院全体でおこなわれるものです。

誰かの希望を聞けば「自分の希望も聞いてほしい」人が続出するかもしれません。その結果、全員の異動を考え直す必要が出てきたら、いつまでたっても異動はできないでしょう。

病院全体の迷惑になるので、異動に拒否権はない」のが病院側の本音と考えてください。ただし、介護、育児との兼ね合いでどうしても異動を了承できないこともあります。

この場合、希望が受け入れられないことも心に留めておいて、異動に了承できないことを上司に話してみましょう。誰もが納得できる理由の場合、特例として認められることがあるかもしれません。

しかし、異動の打診を拒否できることは、ごくまれです。ですから、自分が納得できない異動であっても、「異動することで新しいキャリアが身につけられるかも」「新しく築く人間関係が将来的に役立つかも」と前向きに考えてみましょう。不安な気持ちで一杯のまま異動するよりうまくいきます。

転職エージェント末永 末永

「今の診療科でやりがいを感じていたが異動を命じられた…」そんな方は転職してみてはいかがでしょうか。転職市場では、同じ診療科で3年間働いた経験は評価に値し、他の候補者に比べて有利に転職をすることができます。


以下のサービスを使って転職すると、プロのアドバイザーから履歴書の添削や面接対策サポートを無料で受けることができますよ。

看護師の転職に特化したサービス

看護師が異動するメリット・デメリット

看護師の異動には、メリットとデメリットがあることを理解する必要があります。その詳細について以下で解説していきます。

異動するメリット

看護師が異動するメリットとしては、異動することによって新しいスキルが身につくことがあげられます。

いつまでも同じ病棟で働いていては、仕事の内容も固定されてしまい、スキルアップに限界があります。

新しいスキルを身につけることができれば、キャリアの形成にも役立ちます。また、転職して新しいキャリアを身につけるより、異動したほうが同じ病院内なので勝手が分かっている分、新しい職場にもなじみやすいです。

この他のメリットとして、マンパワーの調整や人間関係のリセットがあげられます。特定の場所で看護師の離職や休職が続くと、マンパワーが不足し、そこで働く看護師にだけ負担が大きくなります。それを、異動で調整します。

また、長い間職場で働く人が固定されていると、働く者の間で軋轢が生じ、話し合い程度では解決できなくなることも珍しくありません。

ですから、人を異動させることで問題の解決を図ります。異動した結果「職場が働きやすくなった」ケースもあります。

異動するデメリット

看護師が異動するデメリットとしては、モチベーションの低下があげられます。異動先の希望を聞いてくれる病院もありますが、必ずしも希望通りにいくとは限りません。

病院によっては本人の希望を一切聞かずに異動をおこなうところもあります。「異動先がまったく希望しない場所で、キャリア形成にもそれほど役に立ちそうにない」場合、モチベーションが一気に低下してしまうケースも珍しくありません。

また、新しい人間関係を作りながら仕事も覚えなくてはならず、負担が大きくなります。異動先の人間関係にすんなりなじめればいいのですが、苦手な人が多い場合、「指導をうまく受けることができず、新しい仕事を覚えようとしてもうまくいかない」と悩むこともあるかもしれません。

頑張った結果ストレスで体調をくずしてしまったこともあります。

異動先に早く馴染むためのアドバイス

異動が決まった後に気になることの1つとして、一緒に働く同僚や上司、また患者さんが変わっても、その環境に上手に馴染むことができるのかが不安だと思います。

異動先に早く馴染むためには、いろいろな方法があります。

1番簡単で効果があるのは、笑顔と気持ちのよい挨拶です。笑顔で挨拶をすれば、ほとんどの人が良い印象を抱いてくれます。職場に溶けこめやすくもなります。

職場に慣れて1通りのことができるようになるまで、自己主張は控えめにして、職場のローカルルールに従いましょう。「前の職場でのやり方のほうが合っていた」と思っても、それを口に出してはいけません。新しい職場でのやり方に慣れることを優先しましょう。

また、悪口や愚痴に同調したり意見したりしないことも大切です。誰かの悪口を聞かされたら、黙っているか「そうなんですね」と無難な返事を返します。

「まったくその通りです」と同調してしまうと、いつのまにか自分が悪口を言ったことにされる可能性もあります。愚痴に反論すると、「生意気」と思われることもあります。

ストレスはたまりますが、グッとこらえましょう。心を許せる人と話をする機会を多く設けるなどして、乗り越えることが大切です。

「職場の人が分かりやすく仕事を教えてくれない」場合は、まず先輩看護師の仕事ぶりをまねしてみましょう。人の動きを観察していれば、どんな風に仕事をしているか分かってきます。そのうえでどうしても分からないことを質問してみるといいでしょう。

悩んだら転職という選択肢もアリ

「不本意な異動が重なり、もう耐えられない」「キャリアアップのために異動したいけど、責任ある立場になってしまったために異動が受け入れられない」ケースもあります。

このような場合、思い切って転職するのも1つの方法です。看護師は常に一定の需要があります。職場を変わったら格段に働きやすくなったケースも珍しくありません。

転職活動をするなら転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用すれば、あなたの希望に合った求人を紹介してくれます。

他にも必要な履歴書作成や面接対策など、転職活動のあらゆる面をサポートしてくれます。電話面談が中心なので忙しい看護師さんでも気軽に面談を受ける事ができますし、コロナ禍でも安心です。

転職サイトによって保有している求人やサポートに違いがあるので、2〜3社同時登録した方がより希望の求人に出会える可能性が高まります。

看護師さんにおすすめの転職サイト

看護師の転職実績No.1!「地域担当制」で希望エリアに詳しいアドバイザーがサポート

ナース人材バンク

ポイント

  1. 看護師転職の支援実績は年間10万人以上!
  2. 日本全国の求人を網羅し、各都道府県の担当キャリアパートナーがサポート
  3. 病院以外の働き方や今後の看護師としてのキャリアについても相談可能

ナース人材バンク
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

復職ナース応援宣言!
看護師転職ランキング顧客満足度第1位!

ナースではたらこ

ポイント

  1. 登録者限定で非公開求人を紹介
  2. 日本最大級の医療機関の情報量
  3. 2022年オリコン顧客満足度調査の顧客満足度第1位

ナースではたらこ
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきます。

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトを掲載しておきます。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント