Gunosy(グノシー)に転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

「情報を世界中の人に最適に届ける」という理念の下、メディアキュレーション事業を展開している株式会社Gunosy。

2017年に東証一部への上場市場変更を果たしました。
時価総額も概ね右肩上がりを見せており、今後とも更なる進化が期待できます。

そんなGunosyに転職を考えている方へ。
転職を検討するための最適な情報を届けたいと思います。

無料ご相談のお問い合わせはこちら⬇︎⬇︎

【無料】Gunosy(グノシー)への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

Gunosy(グノシー)って何をしている会社?(事業・ビジネスモデル・サービス内容)

株式会社Gunosyは、情報キュレーションサービスを展開しており、メインサービスである「グノシー」は、日本国内総ダウンロード数2000万DLを突破しています。

「グノシー」最大の特徴は、独自のアルゴリズムを用い、読者が”今欲しい情報”の記事を表示してくれるという点です。

情報過多という世の中の課題を、見事に解決したサービスといえます。

さて、株式会社Gunosyのサービスは「グノシー」だけでないことはご存知でしょうか。

Gunosyが展開する他のサービスについてもご紹介させて頂きます。

ニュースパス

KDDIとの共同開発によって、2016年6月よりサービス開始。
2018年現在、日本国内総ダウンロード数250万DLを突破しています。

サービスの主な特徴としては、検索機能が充実している点が挙げられます。

ユーザーの”使いやすさ”を意識した、gunosyならではの検索機能といえるでしょう。

エンタメ情報は「グノシー」、社会・政治系は「ニュースパス」といったセグメントにより、ユーザーを獲得しています。

Gunosy(グノシー)の本社・オフィス

2014年12月に六本木ヒルズに本社を移転しました。

メディア的な位置を目指しているGunosy(グノシー)が『災害時に通知が送れない』というのはありえないので防災に日本一強いビルを選ぼうという観点から移転先は選定されています。

スキップして毎日会社に行きたくなるオフィスをテーマにオフィス内は開放感のあるデザインになっています。

デザイン性の高い椅子が設置され、座ったままで使用できる特注のホワイトボードなど、社員が働きやすい環境となっています。

会議室には穀物の名前が付けられており、それぞれデザインや雰囲気が異なっています。

社員同士が働きやすくコミュニケーションがとりやすい環境であることが特徴的です。

Gunosyの直近の業績や事業課題は?

株式会社Gunosyの業績は2018年5月期の決算資料によると、売上高・営業利益共に過去最高額を記録

主な理由として、既存サービス(グノシー・ニュースパス)のDL数増加や子会社game8の売上高増加が挙げられます。

さらに、女性向けの総合情報キュレーションサービス「LUCRA」の国内DL数が60万DLを越えている事も踏まえると、今後更なる企業成長が見込まれるでしょう。

今後、アプリ内のDAU向上が事業課題となります。
「ユーザー関与型LIVE動画コンテンツ」をメイン戦略に置くことでDAUの向上を目指そうとしています。

Gunosy(グノシー)の仕事内容・職種

株式会社Gunosyでは、主に3つのセクターに分かれます。
それぞれの仕事内容についてご紹介します。

営業チーム

営業チームでは、主に広告営業を担当。
「グノシー」や「ニュースパス」への広告掲載を検討するクライアントに最適な効果を提供します。

Webチーム

Webチームでは、主に事業開発やWebマーケティングを担当。

「グノシー」や「ニュースパス」の改善。新サービスの開発、それに伴なうWebマーケティングを行います。

コーポレートチーム

コーポレートチームでは、Gunosyのバックオフィスを担当。

人事や労務、法務など、Gunosyの屋台骨といえる存在でしょう。

無料ご相談のお問い合わせはこちら⬇︎⬇︎

【無料】Gunosy(グノシー)への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

Gunosy(グノシー)の給与(年収など)

平均年収は600万程度となっています。

社員数がまだ少ないこともあり、売上が上がるとそれが社員に還元されるという流れになっています。

【年収例】

  • 年収546万円/25歳 (入社2年目)
  • 年収800万円/30歳 (入社1年目/役職マネージャー)

となっており、業界でも少し高めと言えます。

Gunosy(グノシー)の評判・社風・クチコミ

「神の上に数字を置く」という共通理念がGunosyには存在。

つまり、意志決定の上で数字的根拠が最も重要だということでしょう。

立場や年齢に関わらず、出した意見が採用されるというのは、Gunosyならではのカルチャーではないでしょうか。

数字に強い・数字が好きな人は、Gunosyでの仕事にやりがいを感じやすいでしょう。

Gunosy(グノシー)の面接・SPIなど選考難易度

新しい仕組みや、世の中を創っていくことにやりがいを感じることや、好奇心が旺盛であること、数字的に判断できること などが、Gunosy(グノシー)社では重視されるポイントです。

そのため、ご自身の経験を説明するときに、成果を数字を用いて説明したり、仕事だけでなく興味関心を持って取り組んでいることをPR頂いても良いと思います。

Gunosy(グノシー)出身者の転職先・キャリアパス

勉強会も定期的に開催しており、新しい技術の習得にも積極的です。そのため入社後も自分自身の研鑽を行っていただくことが可能です。

将来的には組織拡大に伴い、中核メンバーとして活躍できるチャンスもあります。

リクルート出身の転職エージェントを使うとこんなメリットがあります!

①書類審査でも求人企業の採用担当者と直接交渉を行います!

転職エージェント側の判断で、求職者様の経歴が募集要項に合っていなくても、求職者様の人柄など書面では分からない点を企業に伝える事により、書類審査通過率を高くなる場合が御座います。

②担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます!

希望する企業の過去の面接事例や質問されるポイント、面接官の人柄や企業が求めているどんな人物像や今までにどんな採用をしているのかなど、担当者にしかわからない企業の採用情報を事前にお伝えできます。

③企業との交渉は代行して行います!

面接日時の調整や、年収交渉、入社時期の調整など在職中に転職活動を行う場合、平日昼間は仕事をしているための自分では交渉しにくいことも代行して行わせて頂きますので、在職中のお仕事に支障をきたすことなく転職活動が行えます。 

無料ご相談のお問い合わせはこちら⬇︎⬇︎

【無料】Gunosy(グノシー)への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

エンジニアとして転職したい方へ〜大手転職エージェントもおすすめです〜

弊社のような中小エージェントを利用するメリットは数多くありますが、大手エージェント様を利用された方が良い場合もございます。
特に、「より多くの案件の中から検討したい。」と思われる方は、大手エージェントさんをおすすめします。
以下がWebエンジニア系の職種で転職を検討されている方におすすめの大手エージェントさんとその特徴です。ご自身の目的に応じて、是非ご検討ください。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

※「すぐに転職するわけではないけど、市場価値は知りたい」という方にもオススメ。
登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?