ベンチャー企業の転職求人の探し方の3つのポイント

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

ベンチャー企業へ転職する際の求人の探し方について

今回はベンチャー企業への転職をお考えの方に対して、ベンチャーー求人の探し方・選び方をお伝えしたいと思います。

ベンチャー企業への転職をお考えの方は是非ご覧ください。

ベンチャー企業の求人と一口にいっても、もの凄い数の企業があり、大手と比べて、知名度のない企業がほとんどだと思います。

そのため、どのようにベンチャー企業や求人を探したら良いか、選んだら良いのか? わからないと途方に暮れている方もいるようです。

ベンチャー企業を選定する力がないままに、たまたま接点があるベンチャー企業に入社して、実は酷い企業・職場であった、という失敗を避けるためにも、ベンチャー企業の定義を明確にして、自分にあった求人を見つけましょう。

【無料】ベンチャー企業への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

ベンチャー企業って何??

ベンチャー企業の定義は、明確にはないかもしれません。 一般論的なイメージで言えば、設立年数が浅く、社員の平均年齢が若い。

カリスマ経営者が率いている、等が挙げられるのでしょうか。

わたしの周りのベンチャー企業界隈の人にベンチャー企業の定義について、ヒアリングをしてみたところ、以下の意見が多くありました。

  • 若くて魅力的な経営者
  • 独自の技術・ノウハウを持ち、新しい市場に参入する
  • 成長志向

なぜ、上記のような意見が多かったのか、その理由について、何名かとディスカッションしてみたのですが、大手のように知名度や手厚い福利厚生等を用意できないベンチャー企業の魅力というのは、不可能を可能にしていけるベンチャー企業を起こす起業家・経営者の強い意志であり、 それに対して、安心感を感じ、ついていきたい、と思えるかが、重要なポイントになっているようです。

また、大手がまだ目をつけていない市場に、ベンチャー企業独自の強気を活用し、攻めていく事で、将来的に大手企業をひっくり返すだけの可能性を感じられる点も、大きな夢があり、ベンチャー企業に飛び込む人たちの動機付けになっているのでしょう。

同時に、一定の規模や基準で満足するのではなく、常に更なる成長を志向する人たちの集まりが、自分自身を成長させてくれるし、将来的には、知名度の高い大手企業にしていく事ができる、大手企業創りに自らが関われる、といった点が、醍醐味なんだと思います。

魅力的なベンチャー企業求人の定義

みなさんが上記のようなイメージをベンチャー企業に求めているとしたら、あえて大手企業には行かずに、リスクをとってベンチャー企業に飛び込んだにも関わらず、上記の要件を満たしていなかった場合、どうでしょう。

非常に残念ですし、ミスマッチになってしまう可能性が高いですね。

「いくら、うちは成長ベンチャー企業です」と社長や社員が声高に叫んでいても、しっかりと上記要件を満たした企業かを見極めなければなりません。

ただでさえ、大手企業と比較して、その会社で働いた事のある知人は少ないでしょうから、なんとか情報を集めて、企業を選定する必要があります。

魅力的なベンチャー企業の求人をどうやって見極める?

では、実際に上記要件を満たしているかをどのように見極めるべきでしょうか? わたしは、以下を意識して情報を収集します。

  • 社長・役員・社員・取引先と会う、話す
  • 業界大手の優秀な社員に話を聞いて、その企業の扱っている市場や商品・サービスの強みについて意見を聞く
  • HP等インターネットで情報を集め、その企業の設立年度、売上高、社員数の推移等を調べる。

上記を行なう事は、忙しいビジネスマンにとっては難しいと思いますが、自分の人生を預ける事になる企業選びですので、どの程度までできるかは別として、意識的に情報を収集していきましょう。

ベンチャー企業の探し方1点目

ベンチャー企業の採用面接は、比較的たくさんの社員と接点を持ってもらうスタイルの企業が多いため、選考過程で多くの社員、役員、社長と接点があると思います。

その際に、社員の雰囲気、人間性、何を求めてこの会社で働いているのか、それが実現できていると感じているのか等、を聞いてみましょう。

もちろん選考の場であるため、聞きづらい部分もあるかもしれませんが、人材エージェントや、その他、友人のつながりで、選考とは関係ないツテで社員にコンタクトをとる等、できる限り情報を集めると良いでしょう。

また、取引先等も、見つけるのは至難の業かもしれませんが、情報収集できれば、商品・サービスの質、社員の仕事のスタンス、組織のスタンス等が、よく理解できると思います。

【無料】ベンチャー企業への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

ベンチャー企業の探し方2点目

志望しているベンチャー企業の属する業界のキーマンに接触して、その業界・市場の現状、今後の展望、その中での志望企業の商品・サービスやポジション等についてヒアリングしてみましょう。

あなた自身が、その市場や業界に精通していれば、これをする必要はありませんが、概して、ベンチャー企業は新しい市場で勝負している会社が多く、 自分自身が、所属している業界と異なる業界である場合が多いと思います。

業界のキーマン(大手企業の優秀な社員が業界全体を俯瞰して理解している場合が多い)にヒアリングする事で、自分が飛び込もうとしている企業の市場や商品、今後の成長性、業界内でのポジションについて、理解しておく事はとても重要です。

ベンチャー企業の探し方3点目

インターネットを利用して、その会社のホームページを読まれている方はとても多いと思います。

ただし、それらの内容をざっと目を通すだけ、暗記するだけ、では全く意味がありません。

ホームページに記載されている情報から、いかに自分の転職活動に活きる情報を読み解くかが重要です。

会社設立年、創業者の経歴、経営者のメッセージ、理念・ビジョン、沿革等は、その企業を知る上での、貴重な材料となります。

たとえば、会社設立して、30年が経過して、売上げ1億円、社員数10人の会社が、いきなり方向転換をして、一気に売上も社員数も倍々で成長を始める、という可能性が高いと言えるでしょうか。

今後の成長可能性が1%もない、という事はありませんが、他社と相対比較した場合においては、何か奇跡がなければ設立年度が3年で、売上2,000万円⇨4,000万円⇨の会社と、どちらが予測が立ちやすいかは、明白と思います。

これは、前者の会社の能力が低い等ではなく、そもそも、その会社を経営する経営者や社員の考え方、志向性の問題です。

つまりいわゆるベンチャー企業的な倍々成長よりも、安定永続を志向している会社である可能性が高いのです。

そうしたスタンスの会社を求めているのであれば、後者のような会社に入社してもハッピーでしょう。

※あくまで、各社の経営方針であるため、 どちらが偉いか、良いか悪いか、という話ではないため、誤解なきようお願い致します。

年商1億円の会社を30年間継続できる事も非常に難しく素晴らしい事です。

ベンチャー企業・求人に精通した転職エージェントに頼るのもあり

いかがでしょうか。こうした視点を持って情報収集をしていくと、同じ情報でも、見えてくるものが変わってくると思います。

もちろん、時間がない中で、こうした情報を得るのが難しいのも現実です。

そうした際に、弊社のような転職エージェントに頼り、目利きを代行してもらう、という手段をとるのも、1つかもしれません。

その際は、是非弊社にご相談ください!

【無料】ベンチャー企業への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

ベンチャー企業に転職を検討している方にオススメの記事

※ベンチャー企業を志望して転職活動をする際に、気をつけておくべきポイントについて、 以下の記事でもまとめていますので、参考にいただければと思います。

スタートアップに転職する人の特徴と転職する上での注意点!

ベンチャー企業へ転職する前に確認したい6項目 

転職コンサルタントの話を一度聞きませんか?

どんなに優秀な方でも人生を左右する転職活動は素人です! 転職を検討されている方は、一度お茶でもしませんか?

転職をご希望の方には面接対策、履歴書の添削まで、トータルでサポートさせて頂きます。

【無料】ベンチャー企業への転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!