ダイハツ工業に転職!押さえておきたい9ポイント!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は、軽自動車や小型自動車の製造を中心に行っているダイハツ工業に転職を検討している方向けに、ダイハツ工業への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

ダイハツ工業に転職(中途採用・求人)するには?

ダイハツ工業株式会社は、知る人ぞ知る優良企業です。トヨタ自動車の完全子会社になりましたが、軽自動車と小型自動車の製造では国内屈指のメーカーです。

一般的な知名度は高くないのですが、優秀な人たちが狙う企業の1つなので、戦略的な転職活動が必要になるでしょう。

ダイハツ工業株式会社って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

ダイハツ工業株式会社は元は独立した自動車メーカーでしたが、トヨタとの関係が深く、2016年に上場を廃止してトヨタの完全子会社になりました。

子会社だけど下請けではない

ダイハツは子会社ではありますが、2流会社や下請け会社ではありません。自動車の開発や販売では独自性を発揮し、楽しい車、便利な車、優れた車を次々発表しています。

軽自動車の販売台数では、2006年に絶対王者だったスズキを抜き、以来、最新データが発表されている2016年度まで首位を守り続けています。

ダイハツをリスペクトする心が大切

よって、ダイハツへの入社を果たすには「ダイハツの車をつくりたい、売りたい」という強い気持ちが必要になるでしょう。「トヨタやホンダは無理だからダイハツにしました」という気持ちが少しでもあると、ダイハツの採用担当者から見透かされてしまい、内定を手にすることはできないでしょう。

ダイハツの中途採用の仕事内容・職種

ダイハツでは、以下の仕事内容・職種で中途採用者を募集しています(2018年2月現在)。

  • 電気自動車・ハイブリッド車開発
  • 安全運転支援システム開発
  • 自動車の開発・設計
  • エンジン・電動関連の技術開発
  • 自動車デザイン
  • 自動車の生産技術
  • 板金・塗装修理の指導者
  • 特許業務担当者
  • 経営企画スタッフ(市場調査、市場分析、将来予測)

即戦力なる人材を求めている

募集している職種名がかなり具体的なことから、ダイハツは中途採用者に即戦力を求めています

技術系の職種では、同じ自動車業界からの転身者が有利でしょう。一方、特許や経営企画は、他業種の人でも似た業務を経験していればチャンスがあるかもしれません

高卒者にもチャンスがある

いずれの職種も高卒でもチャレンジすることができます。初任給の目安は学歴によって異なり、次のようになっています。

  • 博士卒249,000円
  • 修士卒228,000円
  • 学部卒206,000円
  • 高専・短大卒178,500円
  • 高校卒166,500円

ダイハツの仕事のやりがい

ダイハツでの仕事のやりがいは大きいといえるでしょう。
トヨタは生産台数で世界1~2位を誇りますが、これはダイハツ車の台数も含めた順位です。

世界の自動車市場で戦える

ダイハツはトヨタの子会社というより、トヨタの小型車・軽自動車部門と考えたほうがいいかもしれません。

つまりダイハツで働くということは、世界の自動車市場で働くことを意味しています。アジアにも複数の生産拠点がありますので、ダイハツに入社すれば海外勤務の可能性もあります。

ダイハツの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

ダイハツは大阪発祥の企業で、いまも本社は大阪府池田市にあります。そのため企業風土は「なにわ」です。

大阪に溶け込んだ企業

本社の詳しい住所は、池田市ダイハツ町1番1号で、行政区画名に「ダイハツ」が入るほど大阪に溶け込んでいる企業なのです。

気取ったところがなく明るく、風通しがよい社風です。自由な社風は製品にも現れていて、ダイハツの車はいずれも実用性がありながら遊び心も見られます。

他社の真似が多いとの声も

ただ現役社員の中には「他社の真似ばかりしているような気がする」という厳しい意見もあります。確かにダイハツは、新技術を開発するのは得意ではないようです。この方はさらに「良い車をつくっているが、他社を真似ているので、他社がダイハツの車を真似ることも簡単」といった危機感を持っています。

ダイハツの面接・SPIなど選考難易度

ダイハツへの入社は簡単ではありません。ダイハツは知っている人は知っている、優良企業だからです。入念な企業研究が欠かせません。

内定までに1.5~2カ月

ダイハツへの転職希望する方は、ホームページでエントリーする必要があります。URLはこちらです。

採用FAQ | RECRUIT INFO | 経験者採用情報【ダイハツ工業株式会社 採用情報】

その後、書類選考、SPI(適正検査、筆記試験)を経て、面接となります。面接は2次まであります。2次面接の結果で内定が出ます。エントリーから内定まで1.5~2カ月程度です。

挑戦したいことはしっかり持っておこう

まずはエントリーシートをしっかり書き込みましょう。現在の業務内容について細かく記述してください。獲得済みのスキルはすべて書き込んでください。面接ではダイハツで挑戦したいことを聞かれるので、ホームページでダイハツのビジョンを確認しておき「自分が社員になったらそのビジョンにどのようにコミットしていくか」を考えておいたほうがいいでしょう。

ダイハツの「良品廉価」戦略を高く評価できるようにしておく

面接ではさらに「なぜダイハツを選んだのですか」といった内容の質問がされるでしょう。このとき「トヨタでもホンダでもなく、ダイハツを選んだ理由」を答えられるようにしておく必要があります。

その答えを探すために、以下のような観点でダイハツ研究をしてみてはいかがでしょうか。

  • エコノミーとエコロジーの観点からの軽自動車の将来性
  • トヨタグループに居ることの意義
  • ダイハツが掲げる「良品廉価」の意義
  • ダイハツのアジア戦略

とくに良品廉価(良いものを安く売る)姿勢は、ダイハツの存在意義といえるので、面接でこの思想に賛同できることを伝えられるとよいでしょう。

ダイハツの年収相場(給与)は?

ダイハツの年収については、ダイハツが自社ホームページで次のように公表しています。

大卒、残業手当月平均20時間の場合

  • 30歳(既婚・子供1人)/590万円
  • 35歳(既婚・子供2人)/730万円

高給で知られるトヨタやホンダよりは低いのですが、国内の水準からすると「まずまず」といえるのではないでしょうか。

まとめ~他社との違いを把握しその魅力を説明できるようにしておきましょう

「ダイハツに転職したい」と考えている人は、同じく軽自動車が強いスズキや三菱にも挑戦するかもしれません。

その場合であってもダイハツに挑戦するときは「ほかの軽自動車メーカーではなくダイハツにこだわった理由」をきちんと説明できるようにしておいたほうがいいでしょう。ダイハツはいわゆる「お高く止まった会社」ではありませんが、やはり「ダイハツ愛」が強い人を迎え入れたいはずです。

ダイハツ工業に転職をするには?

ダイハツ工業に転職を希望する際は、転職を希望する人も多いため転職対策はしっかりとした方がいいでしょう。また書類選考後面接でも上記のように、ダイハツ工業ならではの質問をされることもあり、採用担当の人事の特徴などを把握している転職エージェントのサポートは受けておくことをオススメします。

他にも転職エージェントのサポートを受けるメリットとして、ダイハツ工業のコーポレートサイトでは募集をしていない職種などの求人も非公開求人として、出ていることもあるため転職活動を進める際には登録をしておくのがいいでしょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08