2019.08.14

JVCケンウッドへ転職!押さえておきたい7ポイント!

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

毎年暖かくなるとロックフェスなど様々な音楽フェスが全国各地で開催をされますね、「ビクターロック祭り」なども来年開催が5回目となり多くの音楽好きにとってどんなアーティストが出るか楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

「ビクターロック祭り」は「JVCケンウッド」のグループ会社が主催をしており、今回はこの「JVCケンウッド」に転職を検討している方向けに、「JVCケンウッド」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

JVCケンウッドって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

JVCケンウッドという会社は一言でいうと、映像機器、音響機器を扱っているメーカーです。

元を辿れば日本ビクターとケンウッドという2つの音響機器メーカーが合併してできた会社です。

どのような形で自社の映像機器・音響機器を市場に提供しているのかというと大きく以下の3点です。

オートモーティブ分野

オートモーティブとは、ご存知の通り自動車です。

自動車に搭載するカーナビゲーションシステムや音響機器を取り扱っています。

それは、既存の自動車に搭載するカーナビゲーションシステム、音響機器を取り扱う「市販事業」と、自動車メーカーと協力し、新車そのものに搭載するカーナビゲーションシステム、音響機器を取り扱う「OEM事業」の2 種類の事業をオートモーティブ分野では展開しています。

特に「OEM事業」においては自動車産業の成長が進んでいる現状において、強化事業として打ち出してきています。

パブリックサービス分野

この分野で扱っているのは「無線」です。

警察・消防、電気、水道といった公的事業から、ホテル・工場といった民間事業に至るまであらゆる分野で無線事業を展開しています。そして、業務用無線においては世界2位のマーケットシェアをもっています。

メディアサービス分野

この分野で扱っているのは、ビデオカメラ、DVDレコーダー、ヘッドホンをはじめ、音楽ライブで使われるようなモニター、音響機器に至るまであらゆるメディアに関する映像・音響機器製品を扱っています。みなさんにもっともなじみのある製品が多い分野と言えます。

このように、JVCケンウッドは音響・映像をキーにあらゆる分野で事業を展開しています。

JVCケンウッドの仕事内容・職種

ではJVCケンウッドの仕事内容・職種についてはどのようなものがあるのでしょうか。

細かく分類すると非常に多岐にわたりますので全体感と主要な職種を中心にお話をしたいと思います。JVCケンウッドの仕事・職種については大きく2点あります。

1.技術職

ここでいう技術職とはいわゆる「開発・設計」のお仕事です。メーカーにとって言わば肝になるお仕事です。

この「開発・設計」のお仕事においては大きく2種類に分類されます。

まず1点目は「回路設計」すなわち、電源ボタンを押せば電源がつく、音量ボタンを操作したら音量が上がったり下がったりというオペレーションをつかさどる「制御」機能の設計を行うポジションです。

2点目は「機構設計」、すなわち機械の外側の「ハコ」を作るお仕事です。

このほかにも「生産技術」といった工場の生産性を上げるための治具等を作る職種もあるます。

2.スタッフ職

ここでいう「スタッフ職」とは、営業職、経理、人事等の管理系職種を指します

営業職においては売り込み・調整を行ういわゆる営業職種から、担当クライアントに技術的な説明等を行う技術営業職のような仕事があります。

同様に、経理、人事、法務といったオフィス仕事から、製品の生産量を調整する「生産管理」、部品等を購入する「購買」、または物流施設から製品の出荷等を調整する「物流職」などといった幅広い職種があります。

JVCケンウッドの仕事のやりがい

では、JVCケンウッドで働くことでどのようなやりがいがあるかということなのですが、仕事のやりがいというのは個々で違うので非常に多岐にわたりますが、代表的な点を3点ほどご紹介をさせていただきます。

1.評価制度がしっかりしている

JVCケンウッドでは、評価制度が明確に設定され、上司と部下との面談もしっかり行われます。

自身がやったことが評価としてしっかり出てきます。自分の仕事をしっかり評価してくれるというのは非常にやりがいとなります。

実際、評価制度が充実している点は働いている方の多くがやりがいに感じている点であります。

2.ワールドワイドな活躍ができる

JVCケンウッドは、業務用無線領域で世界No.2のシェアを持っている会社です。

また、自動車産業は世界的な産業であり、同社の製品が自動車の付加価値を上げることにつながってきます。

このような状況でありますので、世界中をまたにかけたビジネスに携われる、ワールドワイドな活躍のできる土壌がそろっているといえます。

3.製品と映像・エンターテイメントなどコンテンツとの融合をでビジネスで実現できる

JVCケンウッドの製品は、映像・音響というエンターテイメントの領域においては欠かせない製品を扱っています。

近年の音楽・エンターテイメントはフェス人気を象徴するように、「体感」、「臨場感」がキーとなってます。それを実現できる製品を扱っているという点で、やりがいを感じている社員の方が数多く在籍されています。

JVCケンウッドの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

それでは、JVCケンウッドという会社の社風や文化などについて就労されている方がどのように感じているのかご紹介したいと思います。

1.研修・教育に力を入れている

職能等級に応じた、研修カリキュラムが整備されており、業務のスキルアップができるような体制を作り、活発に受講されています。

キャリアアップを助けてくれるような社内体制・社風があります。

2.社員の雇用を守ってくれる体制がある

会社の制度として年功序列の制度が残っており、成果が出なかったとしても会社からクビを切られるような社風ではありません。

かといって、若い段階で成果を出した方が認められないかというとそうではなく、しっかり報酬に返ってくる仕組みになっています。

雇用をしっかり守ってくれる、また活躍は報酬に反映されるという体制・文化のある会社といえます。

3.休暇が取りやすい・ワークライフバランスが整っている

年間で3連休以上の休みを2回以上必ず取らなければならないリフレッシュ休暇制度があり、ノー残業デーなどもあり、非常に社員の休暇等を取りやすい、働きやすい体制を整えています。

制度はあっても休めない会社も数多くある中、こういった点は非常に特徴的です。

JVCケンウッドの面接・SPIなど選考難易度

転職の面接のフローは書類選考後2回の面接が基本的です。JVCケンウッドも例外ではなく原則2回ですが、職種、役職によっては3回の場合もあります。

面接で聞かれる内容についても経験等によって異なりますが、志望理由・退職理由、およびこれまでどのようなキャリアを描いてきたのか、どのような成果を上げてきたのかという非常にオーソドックスな面接が行われます。

選考の難易度は、新卒文化の強い会社ですので簡単ではありません。対策としては会社の課題を認識し、自身のどんな経験・技術が会社の事業に役に立つのかをしっかり話せるようにしておくことが大事です。

併せて転職理由・志望理由が納得感のあるものになるよう自身の考えをまとめておくことが大事です。

会社の課題・募集背景については、採用を支援する転職エージェントに伝えられていますので、JVCケンウッドの求人を取り扱っている転職エージェントに相談し、どのような点を売り込んでいくのかを決められることをお勧めします。

JVCケンウッドの年収相場(給与)は?

JVCケンウッドの平均年収は700万弱平均年齢は45歳程度と長期で働いている方が多く、年収も一定以上出る会社です。

20代後半の平均は500万円程度、課長クラスになると1000万円、さらに部長クラスは1100万円~1200万円程度の年収が出る会社です。

全体的に給与水準は高めの会社であるといえます。

JVCケンウッドに転職をするには?

JVCケンウッドに転職を希望する際は、転職を希望する人も多いため転職対策はしっかりとした方がいいでしょう。

また書類選考後面接でも上記のように、JVCケンウッドならではの質問をされることもあり、採用担当の人事の特徴などを把握している転職エージェントのサポートは受けておくことをオススメします。

他にも転職エージェントのサポートを受けるメリットとして、JVCケンウッドのコーポレートサイトでは募集をしていない職種などの求人も非公開求人として、出ていることもあるため転職活動を進める際には登録をしておくのがいいでしょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。