JVCケンウッドへ転職!押さえておきたい7ポイント!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

毎年暖かくなるとロックフェスなど様々な音楽フェスが全国各地で開催をされますね、「ビクターロック祭り」なども来年開催が5回目となり多くの音楽好きにとってどんなアーティストが出るか楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

「ビクターロック祭り」は「JVCケンウッド」のグループ会社が主催をしており、今回はこの「JVCケンウッド」に転職を検討している方向けに、「JVCケンウッド」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

JVCケンウッドって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

JVCケンウッドという会社は一言でいうと映像機器、音響機器を扱っているメーカーです。元を辿れば日本ビクターとケンウッドという2つの音響機器メーカーが合併してできた会社です。

どのような形で自社の映像機器・音響機器を市場に提供しているのかというと大きく以下の3点です。

オートモーティブ分野

オートモーティブとは、ご存知の通り自動車です。自動車に搭載するカーナビゲーションシステムや音響機器を取り扱っています。それは、既存の自動車に搭載するカーナビゲーションシステム、音響機器を取り扱う「市販事業」と、自動車メーカーと協力し、新車そのものに搭載するカーナビゲーションシステム、音響機器を取り扱う「OEM事業」の2種類の事業をオートモーティブ分野では展開しています。

特に「OEM事業」においては自動車産業の成長が進んでいる現状において、強化事業として打ち出してきています。

パブリックサービス分野

この分野で扱っているのは「無線」です。警察・消防、電気、水道といった公的事業から、ホテル・工場といった民間事業に至るまであらゆる分野で無線事業を展開しています。そして、業務用無線においては世界2位のマーケットシェアをもっています。

メディアサービス分野

この分野で扱っているのは、ビデオカメラ、DVDレコーダー、ヘッドホンをはじめ、音楽ライブで使われるようなモニター、音響機器に至るまであらゆるメディアに関する映像・音響機器製品を扱っています。みなさんにもっともなじみのある製品が多い分野と言えます。

このように、JVCケンウッドは音響・映像をキーにあらゆる分野で事業を展開しています。

JVCケンウッドの仕事内容・職種

ではJVCケンウッドの仕事内容・職種についてはどのようなものがあるのでしょうか。細かく分類すると非常に多岐にわたりますので全体感と主要な職種を中心にお話をしたいと思います。JVCケンウッドの仕事・職種については大きく2点あります。

① 技術職

ここでいう技術職とはいわゆる「開発・設計」のお仕事です。メーカーにとって言わば肝になるお仕事です。

この「開発・設計」のお仕事においては大きく2種類に分類されます。

まず1点目は「回路設計」すなわち、電源ボタンを押せば電源がつく、音量ボタンを操作したら音量が上がったり下がったりというオペレーションをつかさどる「制御」機能の設計を行うポジションです。

2点目は「機構設計」、すなわち機械の外側の「ハコ」を作るお仕事です。

このほかにも「生産技術」といった工場の生産性を上げるための治具等を作る職種もあるます。

② スタッフ職

ここでいう「スタッフ職」とは、営業職、経理、人事等の管理系職種を指します。営業職においては売り込み・調整を行ういわゆる営業職種から、担当クライアントに技術的な説明等を行う技術営業職のような仕事があります。

同様に、経理、人事、法務といったオフィス仕事から、製品の生産量を調整する「生産管理」、部品等を購入する「購買」、または物流施設から製品の出荷等を調整する「物流職」などといった幅広い職種があります。

JVCケンウッドの仕事のやりがい

では、JVCケンウッドで働くことでどのようなやりがいがあるかということなのですが、仕事のやりがいというのは個々で違うので非常に多岐にわたりますが、代表的な点を3点ほどご紹介をさせていただきます。

① 評価制度がしっかりしている

JVCケンウッドでは、評価制度が明確に設定され、上司と部下との面談もしっかり行われます。自身がやったことが評価としてしっかり出てきます。自分の仕事をしっかり評価してくれるというのは非常にやりがいとなります。実際、評価制度が充実している点は働いている方の多くがやりがいに感じている点であります。

② ワールドワイドな活躍ができる

JVCケンウッドは、業務用無線領域で世界No.2のシェアを持っている会社です。また、自動車産業は世界的な産業であり、同社の製品が自動車の付加価値を上げることにつながってきます。このような状況でありますので、世界中をまたにかけたビジネスに携われる、ワールドワイドな活躍のできる土壌がそろっているといえます。

③ 製品と映像・エンターテイメントなどコンテンツとの融合をでビジネスで実現できる

JVCケンウッドの製品は、映像・音響というエンターテイメントの領域においては欠かせない製品を扱っています。近年の音楽・エンターテイメントはフェス人気を象徴するように、「体感」、「臨場感」がキーとなってます。それを実現できる製品を扱っているという点で、やりがいを感じている社員の方が数多く在籍されています。

JVCケンウッドの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

それでは、JVCケンウッドという会社の社風や文化などについて就労されている方がどのように感じているのかご紹介したいと思います。

① 研修・教育に力を入れている

職能等級に応じた、研修カリキュラムが整備されており、業務のスキルアップができるような体制を作り、活発に受講されています。キャリアアップを助けてくれるような社内体制・社風があります。

② 社員の雇用を守ってくれる体制がある

会社の制度として年功序列の制度が残っており、成果が出なかったとしても会社からクビを切られるような社風ではありません。かといって、若い段階で成果を出した方が認められないかというとそうではなく、しっかり報酬に返ってくる仕組みになっています。

雇用をしっかり守ってくれる、また活躍は報酬に反映されるという体制・文化のある会社といえます。

③ 休暇が取りやすい・ワークライフバランスが整っている

年間で3連休以上の休みを2回以上必ず取らなければならないリフレッシュ休暇制度があり、ノー残業デーなどもあり、非常に社員の休暇等を取りやすい、働きやすい体制を整えています。制度はあっても休めない会社も数多くある中、こういった点は非常に特徴的です。

JVCケンウッドの面接・SPIなど選考難易度

転職の面接のフローは書類選考後2回の面接が基本的です。JVCケンウッドも例外ではなく原則2回ですが、職種、役職によっては3回の場合もあります。

面接で聞かれる内容についても経験等によって異なりますが、志望理由・退職理由、およびこれまでどのようなキャリアを描いてきたのか、どのような成果を上げてきたのかという非常にオーソドックスな面接が行われます。

選考の難易度は、新卒文化の強い会社ですので簡単ではありません。対策としては会社の課題を認識し、自身のどんな経験・技術が会社の事業に役に立つのかをしっかり話せるようにしておくことが大事です。

併せて転職理由・志望理由が納得感のあるものになるよう自身の考えをまとめておくことが大事です。

会社の課題・募集背景については、採用を支援する転職エージェントに伝えられていますので、JVCケンウッドの求人を取り扱っている転職エージェントに相談し、どのような点を売り込んでいくのかを決められることをお勧めします。

JVCケンウッドの年収相場(給与)は?

JVCケンウッドの平均年収は700万弱平均年齢は45歳程度と長期で働いている方が多く、年収も一定以上出る会社です。

20代後半の平均は500万円程度、課長クラスになると1000万円、さらに部長クラスは1100万円~1200万円程度の年収が出る会社です。全体的に給与水準は高めの会社であるといえます。

JVCケンウッドに転職をするには?

JVCケンウッドに転職を希望する際は、転職を希望する人も多いため転職対策はしっかりとした方がいいでしょう。また書類選考後面接でも上記のように、JVCケンウッドならではの質問をされることもあり、採用担当の人事の特徴などを把握している転職エージェントのサポートは受けておくことをオススメします。

他にも転職エージェントのサポートを受けるメリットとして、JVCケンウッドのコーポレートサイトでは募集をしていない職種などの求人も非公開求人として、出ていることもあるため転職活動を進める際には登録をしておくのがいいでしょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08