タカラトミーへ転職(中途採用・求人)するには?

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回はトミカなどのオモチャでお馴染みのタカラトミーに関してまとめてみました。

タカラトミーって何している会社?

事業内容

タカラトミーは1924年創業。90年の長い歴史を持つ日本屈指の玩具メーカー。主な事業は、玩具・雑貨・カードゲーム・乳幼児関連商品等の企画、製造および販売

タカラを吸収合併し、合併による多額の損失を出しましたが、採算性の低い商品の削減に加え、男児向け商品、ベイブレード、映画、トランスフォーマー関連商品のヒット及び、グループ全体での事業構造改革が奏功し売上高は大幅増加した歴史があります。

子供向けのみならず、大人向け、または幼児向けの玩具をバランスよく販売しているのが強みです。また、主力商品は、トミカ、リカちゃんなど有名ブランドを多く手掛けているのが特徴です。

タカラトミーの直近の業績

近年低迷が続いていましたが、平成30年度決算では大幅な売り上げ増を達成しました。

  • 売上高1410億円(前年同期比7.1%増)
  • 営業利益137億円(同33.4%増)
  • 経常利益134億円(同28.0%増)
  • 最終利益97億円(同24.5%増)

増収の原因は、国内とアジア市場での玩具販売が好調であった事に加えて、トランスフォーマー、ベイブレードバーストの海外向け輸出が増加した事が挙げられます。

50周年を迎えたリカちゃん関連やトミカはテレビアニメ、とみかハイパーレスキュードライブヘッドが好調であった。

総合すると、ヒット商品が軒並み堅調だったことと、海外向け販売が伸びている事が、利益増加の要因のようです。

タカラトミーの仕事内容・職種

公式HPでは中途採用の募集はしておらず、転職サイトでも募集は少ないですが、採用自体は行っているようなのでプレミアム案件の可能性があります。現在募集している内容から仕事内容を記載します。

営業

大手小売店、おもちゃ問屋などへの提案営業、現場の声をフィードバックすることで、商品企画にも携われます!

  • 新商品の提案
  • チラシや売り場、キャンペーンなどの提案
  • データの収集や分析 など

生産技術

年5〜6回1週間程度の海外出張あり

  • 量産化に向けた技術サポート
  • 中国・タイ・ベトナム工場の生産管理・納期、コスト調整 など

職種別(営業職・技術職)仕事のやりがい

一般的な会社と違い夢を売る会社であという認識が社員に共通しているので、やりがいはとてもあると感じているようです。

以下に業種ごとの意見を取りまとめています。

営業

子供を夢中にさせる商品はもとより、オモチャという範疇で大人向けの商品が売れた時の達成感が堪らないとの声が多くありました。英語研修やマーケティング研修など学ぶ環境も多いようです。人事評価は風通しが悪く上司や役員受けで決まる部分が多いようです。

技術

自分の企画が商品化したり、沢山の人に遊んでもらえたり感想を聞く事がモチベーションのようです。ジョブローテーションが盛んなので希望が通りやすい反面、上司により評価がまちまちなので、出世は所属部署と上司次第といった声がありました。

タカラトミーの評判・社風・クチコミ(転職会議)

企業全体の文化として、楽しんで仕事をしようという風土があります。玩具好きな人が多い為、人間関係で悩む事は少ないようです。

数年前はファミリー企業の性質が強く、開発に傾斜していたが、外部からマーケティングに強い社長を招致してからは売り上げを伸ばしている印象があります。

また、部署という垣根を超えて、非常に風通しが良いらしく顔見知りが多く仕事が円滑に進む事が多いようです。ワークライフバランスに気を使っており、有休申請などは問題なく行えるようです。最近はコンプライアンスに関して徹底されていたりなど、法令順守を強くしているように感じます。

タカラトミーの面接・SPIなど選考難易度

現在、中途採用はプレミアム案件扱いの為、詳細は不明ですが、過去の声を聞く限り面接は圧迫することなく、リラックスして受けらるようです。

印象に残った質問として以下の2点をピックアップします。

  • 自分をアニメのキャラに例えると
  • リカちゃん100周年の企画をだすとしたら

などがあるようです。

面接・選考内容、求められる人物像

企業のトップメッセージとして以下の3点を社員に求めています。

  • 全世界の子供たちに夢と感動を与える
  • 自分の意見を提案できる
  • 失敗をおそれない社員

老舗の玩具メーカーなので、自社製品や玩具に対して思い入れが強く自己発信や「これを作りたい。産みだいしたい」という強い思いが面接では求められるようです。

タカラトミーの年収相場(給与)は?

業界トップクラスの人気企業。気になる年収は四季報より参照しました。

参考:四季報(※タカラトミー工業平均年収)

■ 社員の平均年収684万円(41.3歳)

上記の通り、年収面では競合他社と差異が見られません。平均的と言ったところでしょうか。

【競合他社】

  • カプコン:平均年収571万円(36.6歳)
  • SANKYO:平均年収7690万円(41.0歳)

タカラトミーに転職をするには?

転職エージェントの利用をおすすめします!

タカラトミーのように、知名度が高い企業は、1つの求人に対して多数の応募があることが予想されます。

転職エージェントは、タカラトミーに転職をするための、面接対策書類選考のサポートを行います。

それによって、タカラトミーに転職を成功させる可能性を高めることができます。

転職を成功させるための鍵は、自分と合う優秀なキャリアアドバイザーに会うことができるかどうかです。

しかし、原則として、キャリアアドバイザーを選ぶことはできません。

転職エージェントには、2,3社登録した後で、自分と会うキャリアアドバイザーを絞り込みましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08