2019.08.14

日野自動車に転職(中途採用・求人)するには?

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

国内の製造・メーカー業も日々発展を遂げており、自動車メーカーなどで働いてみたいという人も多いのではないでしょうか?

今回は大型トラックなどを主に製造販売をしている「日野自動車」への転職を検討をしている人向けに「日野自動車」への転職ノウハウをレクチャーしていきます。

日野自動車って何している会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

みなさんは自動車メーカーと聞くと、トヨタや日産といった一般の自動車を思い出す方も多いかと思いますが、日野自動車はその中でも一線を画す自動車メーカーとして知られています。

最近は「トントン トントン日野の2トン」というCMでもお馴染みではありますが、どのように自動車業界において一線を画しているのでしょうか。

結論から言えば日野自動車が強いのは「トラック」といった業務用の輸送機器です。事実、日野自動車の国内において50年近くNo.1のシェアを誇っています。

トラックは、国内輸送において90パーセント以上を占めている「陸運」を支えており、その「陸運」の根幹を支えているのが日野自動車なのです。

では、以下で日野自動車について詳細にご紹介をさせていただきたいと思います。

日野自動車の直近の業績や事業課題は?

では、まずは日野自動車の直近の業績や事業課題についてご紹介をしたいと思います。

日野自動車の2017年度の売り上げは1兆7700億円で、2016年の売り上げであった1兆6837億円からするとかなりの上昇していることが分かります。

直近の売上は年々右肩上がりで、今後も右肩上がりの成長曲線となることが想定されています。

今日野自動車としては、日本の国内というよりも市場が大きく、拡大の余地がある海外戦略に力を入れ、さらなる成長を目指して事業拡大を進めています。

そのために、商品力の強化を行うとともに、サービス力も同時に向上させたいと考えています。

また、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、日野自動車はトヨタ自動車との連携を進めお互いの技術・生産・販売について相互協力を行い、トヨタは一般自動車、日野自動車はトラック・バス等の市場ニーズを満たすためのさらなる発展を目指しています。

トヨタ自動車に転職するには?気になる評判や年収などを大公開!

日野自動車の仕事内容・職種

では、日野自動車ではどのような職種があるのかご紹介をいたします。

日野自動車においては連結で32000人以上の従業員を抱えており、同社内では多岐にわたる職種があります。

ここでは大きな分類と代表的な業務について「文系職種」と「理系職種」という切り口でご紹介をさせていただきます。

◆文系職種(総合職)

文系職種とはいわゆる「営業系」と「管理・バックオフィス系」を指します。一例としては下記の職種が挙げられます。

商品企画、事業企画、国内営業、海外営業、経理・財務、原価管理、法務、総務、人事、情報企画。

◆理系職種(技術職)

理系職種とはいわゆる「研究・開発職」のことを指します。

一例としては以下の通りです。

研究、開発設計、実験評価、生産技術・製造技術、アフターサービス、品質保証 他

このように、同社の業務においてはフロントとなる営業職、会社内の管理を行うバックオフィス系の文系職種と設計・開発周りの理系職種に大きく分かれます。

営業職においては国内、海外向けのフロントとなり、日野自動車の普及を進め、設計開発職については、車体、コンテナなどのハードの部分から、電気・電子においてまで幅広く開発人員が存在しています。

また、その製品の品質を支える品質保証や、生産ラインを支える生産技術、また会社是全体の運営を支えるバックオフィスの人員も多く在籍しており、ここではあげられないほどの幅広い職種の人材が在籍しているのです。

日野自動車の仕事のやりがい

ここでは日野自動車で仕事をしていくにあたりどのような時にやり甲斐を感じるのかをご紹介します。

しかし、社員数も多く、いろんな方が様々なやりがいをもって仕事をされていますので代表的なものを3点あげ、ご紹介をさせて頂きます。

ワークライフバランスが充実

日野自動車は土日祝のお休みが確実に取れ、残業についても分業がしっかりできています。加えて、労働者のケアも行うような体制ができているため、働きやすい環境が整っています。

安心して目の前の仕事に打ち込めるという点で、社員のやりがいにつながっています。

世界の物流を支えているというやりがいがある

上述でもお伝えしましたが、物流において、9割以上は陸運、すなわちトラックが生産拠点から消費者へとの橋渡しを担っています。

すなわち、トラックがないと、私たちの身の回りのものは手に入らないということです。

日野自動車は、日本はもちろんのこと、世界中で同社の製造したトラックが走っており、国内総売り上げ以上に海外総売り上げの比率が高くなっているのもそれを物語っています。

日野自動車ではたらくということは、どのような立場であれ世界の物流を支えている会社で働いているというやりがいをもって働くことができる会社で、全社的にそういった誇りをもって社員の方が働いています。

高い技術力を醸成することができる

どちらかといえば研究・開発側の方に特化した話となりますが、日野自動車は常に最先端のトラック・バスなどを製造しています。

事実、これらの業務用車両は排気ガスが非常に多く環境に悪影響を及ぼしていましたが、そこに一石を投じ、世界初のハイブリッドエンジンのバスを開発したのが日野自動車です。

また、近年話題のAIを搭載した自動運転技術を搭載したトラック・バスの開発にも着手しています。

そういった最新の技術を試行錯誤を重ねながら身に着けられる環境というのもやりがいに繋がっています。

日野自動車の評判・社風・カルチャー・口コミ(転職会議)

日野自動車で実際に働いている、働いていた方は同社にどのような感想をもっているのでしょうか。

日野自動車での仕事の評判や社風、カルチャーに関する口コミについて代表的な内容を3点ご紹介します。

年功序列制、昔ながらの日本の会社の雰囲気をもっている

日野自動車は、いわゆる「年功序列」の制度が残っており、長く頑張れば、ある程度のところまでは出世できる会社です。

しかも、役職定年もなく、退職金もしっかりしているので退職後も安定します。

古きよき日本の会社の伝統を受け継いだ会社です。

 やる気がある人には仕事が任せてもらえる・スキルアップできる社風

上述では古き良き日本の会社とご紹介しましたが、一方で、手を挙げれば積極さを買い、新しい仕事をチャレンジさせてくれる社風でもあります。

また、研修なども充実しているため仕事現場、現場以外においても成長のチャンスを与えてくれる会社といえます。

安心して働ける会社

上述でも触れていますが、日野自動車は日本を代表するメーカーであるトヨタ自動車傘下の会社です。

そのため、労働時間、休日については安心して取得できるよう会社全体で取り組んでいます。

そのため、安心して働ける環境で、社員定着率が高いです。

日野自動車の面接・SPIなど選考難易度

日野自動車は社員定着率が高く、なかなかポジションに空きが出ません。

そのため、選考難易度が非常に高く、書類選考も簡単に通過しません。

面接回数は、職種にもよりますが、2~3回の面接で採用・不採用を決めているという形となっています。

面接の内容に関しては、定番の質問が多く「志望動機」「転職理由」「自己PR」「これまでの経験」といったものが大半です。

ただし、それぞれの質問に対し「なぜ」を繰りかえし聞かれ、深堀をしてくるという特徴があります。

トヨタ自動車の分析手法である「なぜなぜ分析」という「なぜ」を繰り返すことで本質的な点を確認するということが同社の面接にも反映されているものと想定されます。

面接に関しては合格基準を明示していませんが、この質問から、物事の本質にたどり着ける論理的な人材というのが1つ採用基準の中に含まれているものと想定されます。

SPIについては原則実施されますが、合格基準は開示されていません。

ただし、適性試験、能力試験双方の結果が選考に反映されているようです。

日野自動車の年収相場(給与)は?

日野自動車の年収相場についてもご紹介します。

日野自動車の全社員の平均年収が650万円程度で、上場企業ではやや高いほうです。

ただし、総合職と技術職だと平均年収が異なり、総合職だと850万円程度ですが、技術職だと600万円程度となります。

これは、高卒・高専卒の採用枠が総合職にはありませんが、技術者のみだとあるためこのような結果となります。

年齢の推移とともに年収を見ていくと、20代までだと、人によりますがおおよそ500万円前後、35歳くらいまでだと550万円、30代後半だと600万円いかないくらいというのが日野自動車の社員年収の全体感となります。

就労環境、福利厚生なども充実し、それなりの年収を得られる会社であるといえます。

日野自動車への転職をお考えの方へ

志望企業への転職は、中途採用を行なっている企業であれば、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能です。

しかしながら、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。

仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。

また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策など様々なことしてくれるためマイナスにはなりません。

各サービス毎に、特徴があるため今の自分が何を求めるかどうかを考え利用をしましょう。

また、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの質によって左右されます。

そのため本当に日野自動車への転職を成功させたいのなら、いくつか他のエージェントも見て判断を見極めるべきです。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、海外への転職などのサポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの方は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。