タイムズ24へ転職したい人必見!年収や評判なども徹底解説!

タイムズ24へ転職したい人向けに、難易度や内定を獲得しやすい人の特徴を徹底解説します。

他にも面接の傾向や対策、年収、評判・口コミについても紹介します!

タイムズ24の転職難易度

タイムズ24の転職難易度は職種によって大きく異なります。

様々な職種がありますが、その中で大きく2つに分類し、それぞれの転職難易度について紹介します。

事務職系は難易度が低め

タイムス24では事務系の職種は転職難易度が低めとなっています。

実務経験を求めている職種は少なく、未経験でもチャレンジしやすいのが特徴です。

未経験でもポテンシャルで採用してくれるので、タイムズ24への転職を考えている人は事務職を狙ってみると良いかもしれません。

実務経験は求められていませんが、社会人としての基本的なマナーやスキルは必要になります。

専門職系は難易度が高め

総合職、管理職、営業職、エンジニア職といった専門職は転職難易度が高めです。

なぜなら、それぞれの職種で即戦力として活躍できる実務経験が求められるからです。

例えば、営業職であれば法人営業経験やアライアンス経験などが必須スキルとなります。

豊富な経験や高いスキルが求められるわけではないので、希望する職種の実務経験が3年以上あれば、選考を有利に進められる可能性が高いです。

タイムズ24に転職しやすい人の特徴

タイムズ24は様々な駐車場事業を展開しており、同業他社に埋もれないように様々なサービスを打ち出しています。

そのため、中途では即戦力として活躍できる人、日頃から物事に興味を持ち、もっとこうすれば便利になるのに、といった視点を持てる人が転職しやすいです。

それを踏まえ、タイムズ24に転職しやすい人の特徴を以下で紹介します。

新しいサービスなどのアイデアがある人

新規事業や既存のサービスをさらに発展させられるアイデアを持っている人は転職しやすいと言えます

なぜなら、タイムズ24は新しいサービスを次々と打ち出したり、ITを積極的に利用したサービスを展開しているからです。新しいサービスを展開するためには、何よりもアイデアが必要です。

タイムズ24では、思い描いたアイデアが実現できるように、様々な体制が整備されており、自分のアイデアを主張しやすい環境になっています。

マネジメント経験のある人

タイムズ24では様々な職種の求人がありますが、営業職がとくに多いです。営業マンとしてだけでなく、チームをまとめあげられるマネジメント経験がある人は高く評価されます。

また、総合職では経営幹部の次世代リーダーとして活躍できる人材を求めています。

指示をただ待つのではなく、自分で考えて業務がおこなえたり、様々な顧客や社内関係者と円滑に業務をおこなえるコミュニケーションスキルも合わせて持っていると転職しやすいでしょう。

希望する職種の実務経験が3年以上ある人

事務職以外の職種では実務経験が必要になります。

経験年数は問われていないので1年でも応募することができますが、3年以上あると選考が有利に進みます。

なぜなら、一般的に仕事は3年で一通りのスキルが身につくと言われているからです。

3年以上の実務経験と合わせ、具体的な数字を出しながらどのような実績があるのかを話せると高く評価してもらえます。

タイムズ24へ転職したいのなら

タイムズ24へ転職したいのなら転職エージェントを積極的に利用することをおすすめします。

コーポレートサイトやリクナビNEXTといった求人サイトからでも求人に応募できますが、転職エージェントを利用したほうが内定獲得率が上がる傾向にあります。

なぜなら、転職エージェントではキャリア相談、履歴書・職務経歴書に関するアドバイス、面接対策などをサポートしてくれるからです。転職のノウハウを持つプロがサポートしてくれるので、自分で直接応募するよりも内定獲得率が高い傾向にあるのです。

タイムズ24への転職を考えている人は、ぜひ転職エージェントに相談することをおすすめします。

おすすめの大手転職エージェント

タイムズ24の採用情報【求人情報】

2020年3月時点で、タイムズ24ではグループ会社の求人も含め、以下の分類で募集しています。

以下で、2020年3月時点で求人がある職種をピックアップして紹介します。

営業系

パーク24の営業系職種の中で、以下が中途採用をおこなっています。

それぞれの仕事内容について簡単に紹介します。

  • コンサルティング営業
    タイムズパーキングの開発営業を担当し、アプローチからオープン後の収益向上施策の策定までをおこなう

  • カーシェアリング営業
    タイムズカーシェアの拡大営業を担当し、カーシェアの認知度向上や利用率促進に向けた法人へのPR活動などをおこなう

  • タイムズパーキングB法人営業
    パーキングマッチングサービス「タイムズパーキングB」の法人営業を担当

  • ロードサービス営業
    既存の顧客を中心にロードサービスの深耕営業営業を担当

職種によって、求められる経験・スキルは変わりますが、営業職の場合は営業経験が必ず求められます。

職種別に求められる経験・スキルについて、簡単に以下で紹介します。

求める経験・スキル

  • コンサルティング営業
    営業経験

  • カーシェアリング営業
    アライアンスの経験
    営業経験
    大手法人への営業経験

  • タイムズパーキングB法人営業
    営業経験
    サービス企画・営業企画の経験

  • ロードサービス営業
    法人営業
    社内営業
    企画経験

管理系

管理系の職種は会社の運営に関わる職種と、駐車場管理に関わる職種に分かれます。

コーポレート部門は人事・総務・法務・経理、経営企画、広報、IR、事業企画、コンプライアンスに分かれており、入社後に本人の希望や適性に合わせ配属先が決まります。

  • コーポレート部門
    配属先によって異なるが、人事なら人事企画、配置・評価、労務などを担当

  • 設備管理
    タイムズ24が管理する大型駐車場の修繕・改修に関わる業務を担当

  • 警備員指導教育責任者
    警備業に必要な書類の作成、現場指導巡回、現場スタッフの教育研修など、駐車場に付随する管理業務を担当

  • 事業管理スタッフ
    タイムズパーキングの管理業務の中で、現金や鍵といった貴金属の管理を担当

  • 計数管理スタッフ
    各駐車場・支店の売上管理業務を担当

  • 工事施工管理担当
    既存の顧客に対して交渉と調整をおこなって、新規業務の拡大提案などを担当

管理系はコーポレート部門なのか、駐車場の管理部門なのかによって、求められる経験・スキルが変わってきます。

コーポレート部門は人事なら人事、法務なら法務といったピンポイントの実務経験が必要になります。

上記で紹介した職種別に以下で求められる経験・スキルを紹介します。

求める経験・スキル

  • コーポレート部門
    各コーポレート部門での業務経験がある

  • 設備管理業
    設備管理や設備営業経験

  • 警備員指導教育責任者
    必須資格:警備員指導教育責任者1号、2号両方の資格を所持
    経験警備員指導教育責任者選任経験者もしくは、警備業法定書類管理経験があれば尚可

  • 事業管理スタッフ
    現金の取り扱いや経理系業務の経験があると尚可

  • 計数管理スタッフ
    コンビニ、書店などで現金の取り扱いを経験したことがある人
    事務などでパソコンを使用したことがある人
    正確さを求められる業務が得意な人(現金取り扱いの経験があると尚可)

  • 工事施工管理担当
    法人営業経験
    社内営業、企画経験

ICT部門

ICT部門は、主にパーク24の技術分野を担当する職種です。

タイムズ24は他社よりもIT技術を積極的に導入しており、新しいサービスを展開するのに必要不可欠な部門だといって良いでしょう。

2020年3月時点では以下の職種の募集があります。

  • TONICシステムのプロジェクトリーダー
    駐車場管理システムTONICのIT企画・要件定義・サービス開発・試験・運用・プロジェクト推進を担当

  • 自社サービス開発エンジニア
    スマホアプリや新規に展開するサービスの要件定義・開発・運用・保守を担当

  • インハウスデザイナー
    各種サービスサイトや新規に展開するサービスのWeb制作、スマホアプリのデザインを担当

  • Androidアプリ開発エンジニア
    独自のオリジナル機器のソフトウェア開発・保守をトータルで担当

  • データサイエンス
    ビッグデータ活用の観点からデータ分析・解説、新サービスの企画提案、事業改善の提案などを担当

  • データアドミニストレータ
    データ活用及びシステム整備による業務運用の高速化推進を担当

  • 自社オリジナル機器のハードウェア設計者
    モビリティ事業へ搭載する各種ハードウェア機器の開発・設計・製品企画を担当

ICT部門は必須条件として、希望職種に関連した開発経験が求められます。また、求人票には歓迎条件も記載されており、これらを持っていると選考を有利に進められる可能性が高いです。

ICT部門で求められる経験・スキルについては「自社サービス開発エンジニア」「Androidアプリ開発エンジニア」の2つをピックアップして紹介します。

自社サービス開発エンジニアの応募条件

  • 必須条件(以下のいずれかに当てはまる人)
    ・Javaでの開発経験
    ・会社の事業に興味を持っている人
    ・マルチスキルに抵抗がない人
    ・サービス起点でシステム仕様を考えられる人
  • 歓迎条件
    ・Web技術全般に明るい人
    ・アジャイル開発経験
    ・Webサーバー、APサーバーの設定経験がある人

Androidアプリ開発エンジニアの応募条件

  • 必須条件(以下のいずれかに当てはまる人)
    ・Java言語での開発経験
    ・Android、iOS環境下での開発経験
  • 歓迎条件
    ・Javaによるサーバサイド開発スキル
    ・Linux、UNIX OSレベルの設定スキル
    ・Android OS、フレームワークのカスタマイズスキル
    ・Apache、Tomcatの設定スキル

事務系

タイムズ24を含めたパーク24の事務職は、雇用形態が正社員ではなく契約社員となっていることが多いです。

正社員を希望している場合は、雇用形態をしっかり確認するようにしてください。

  • 営業事務
    データ集計、資料作成、問い合わせ対応、営業サポート業務などを担当

  • 一般事務
    給与計算、オフィス管理・輸送管理、入力業務などを担当

  • コンタクトセンターSV候補
    お客様からの問い合わせを受け付けるオペレーターの指導を担当

求める経験・スキル

  • 営業事務・一般事務
    基本的なPCスキルがある人

  • コンタクトセンターSV候補
    とくになし

ポジションサーチ

ポジションサーチは総合職のことで、大きく営業系と企画系に分かれています。

  • 営業系総合職
    各事業で大手法人顧客への開拓業務などを担当

  • 企画系総合職
    グループ会社の経営管理・事業企画、M&A業務、アライアンス企画、新規事業立案などを担当

即戦力として活躍できる人材を求めているため、実務経験が必須となります。

求める経験・スキル

  • 営業系総合職(以下のいずれかの経験がある人)
    ・大手法人顧客の開拓、深耕営業経験がある人
    ・広告代理店、PR会社での法人折衝経験がある人
    ・大手法人顧客のコンサルティング経験がある人
  •   
  • 企画系総合職(以下のいずれかの経験がある人)
    ・経営企画、事業企画の経験がある人
    ・新規事業の立ち上げ経験がある人
    ・コンサルティング企業、マーケティング企業での数値分析、改善提案の経験がある人
    ・M&A、ベンチャー投資の経験がある人

時期によって募集職種が変わるので、タイムズ24への転職を考えている人は定期的に希望職種の募集がないかを「採用情報」で確認すると良いでしょう。

タイムズ24の面接の傾向・対策

タイムズ24の面接では、以下の質問を中心にされる傾向にあります。

  • ポテンシャルに関する質問
  • なぜタイムズ24を志望したのか

タイムズ24では実務経験のない人、実務経験が浅い人を積極的に採用しているのもあって、どれぐらいのポテンシャルがあるのかをしっかり確認されます。

前職(現職)の経験、培ってきたスキルを中心に様々な質問がされ、ポテンシャルがあるのかを確認します。入社後にどこまで活躍できるのかを判断してもらうために、詳しく話せるようにすると良いでしょう。

また、数ある企業の中で「なぜタイムズ24を選んだのか」「同業他社は受けていないのか、なぜ他社ではなく弊社なのか」といった志望動機に関する質問もされます。

志望動機を話す際に気をつけたいのは、当たり障りのない教科書のような回答にならないようにすることです。そのためには、自分の実体験を織り交ぜながら話すと、説得力のある志望動機になります。

志望動機の考え方について、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もおすすめです。

関連記事【回答例付】プロが教える転職面接で面接官に響く志望動機の考えかた!

タイムズ24の面接対策

上記のような面接傾向のあるタイムズ24の面接対策では、自己分析をしっかりおこなうようにしましょう。

自分にはどのような経験やスキルがあり、どのような実績があるのかを1つずつ棚卸ししていきます。その過程で、なぜタイムズ24を志望したのか、その原体験も書き出すようにすると志望動機を膨らませられます。

自己分析の他にも企業研究も忘れずにおこなってください。タイムズ24の事業内容や事業展開、同業他社との違い、業界動向などは必ず調べ、明確にするようにしましょう。

タイムズ24がどのような企業であるのかを知ることで、より的確なアピールができるようになります。

自己分析や企業研究についてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事もおすすめです。

関連記事自己分析なしの転職は失敗します。転職のプロが正しいやり方をご紹介!
関連記事【保存版】企業研究のやり方を転職のプロが分かりやすく解説!

タイムズ24の企業情報

精度の高い面接対策をおこなうためには、タイムズ24について詳しく知る必要があります。どのような事業をおこなっていて、会社の経営状況はどうなのかなど、しっかり情報収集をしていれば面接で活用することができます。

イメージだけで面接に臨むと、想定外の質問に答えられなかったり、表面上の回答しか言えず、面接官に「本当に入社するつもりはあるの?」といった懸念を抱かれ、印象も悪くなってしまいます。

また、どんな会社なのかを詳しく知っていれば、入社後の「思っていた会社と違った!」といったミスマッチを防ぐことにもなります。

そこで、タイムズ24の企業情報について「事業内容」「年収」「社風」「福利厚生」の4つに分けて紹介します。

事業内容

タイムズ24では以下の4つの事業を展開しています。

それぞれの事業でどのようなことをおこなっているのか紹介します。

タイムズパーキング 駐車場の緊急対応や機器メンテナンスなどの管理業務。
商業施設や金融機関などの来客用駐車場をタイムズパーキングとして運営。
【店舗向け】タイムズチケット(駐車サービス券)購入 来客用の駐車場を持っていない店舗や施設向けに、タイムズチケットを販売し、タイムズパーキングの一部を来客用駐車場として提供。
エリアプロモーション タイムズパーキング内にサービス加盟店舗の看板やクーポンを掲載したフリーペーパーを設置するサービス事業。
駐車場付帯施設 保有する駐車場の付帯施設として、温泉施設・託児施設などの運営。

年収

タイムズ24はパーク24の子会社のため、有価証券報告書が提出されておらず、企業から公表されている平均年収はありません。

そこで、現役社員・元社員の口コミが投稿できるカイシャの評判の平均年収データを元に紹介します。

タイムズ24の平均年収は407万円になっています。国税庁が発表している「2018年 民間給与実態調査」によると全国の平均年収は441万円なので、タイムズ24のほうが低いことがわかります。

さらに駐車場運営業界の同業他社とタイムズ24の平均年収を以下で比較してみました。

会社名 平均年収
大和リース 535万円
三井不動産リアルティ 514万円
阪急交通社 462万円
サイカパーキング 410万円
タイムズ24 407万円

タイムズ24と競合他社の平均年収を比較してみたところ、タイムズ24がもっとも低い結果となりました。

ただ、他の企業は駐車場事業の他に、不動産事業、旅行代理店事業などもおこなっています。そのため、ベースとなる収益に違いがあるので、平均年収に大きな差が生じています。

それぞれの平均年収は参考程度に見てもらえればと思います。

社風

タイムズ24は営業職が多く、体育会系の社風が漂っていますが、コンプライアンスを会社全体で重視しており、働きやすい環境です。

休日出勤があったとしても代休で休めるため、休みが取れないということはないでしょう。

また、女性が働きやすい制度も整えられており、産休・育休後も復帰しやすいです。

新しい取り組みに積極的にチャレンジし続けている社風なので、中途入社でも活躍できる場が多いです。

福利厚生

タイムズ24では様々な福利厚生が整備されています。

ストレスチェックやインフルエンザ予防接種などの健康管理や、結婚した社員に対しては特別休暇制度などがあります。

実際にどのような福利厚生があるのか、以下で紹介します。

  • 通勤手当
  • 寮社宅
  • 各種社会保険完備
  • 退職金制度
  • 中途入社研修
  • リーダー研修
  • 保養所
  • 従業員持株制度
  • 確定拠出年金制度
  • 財形貯蓄制度
  • リフレッシュ休暇
  • 会員制福利厚生サービス
  • 自社サービス社員割引
  • 出産お祝い金
  • 子どもお祝い金
  • 合格お祝い金
  • 結婚休暇……など

タイムズ24の評判・口コミ

タイムズ24で実際に働いていた・働いている社員の評判・口コミをいくつか紹介します。

タイムズ24へ転職しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

タイムズ24の良い評判・口コミ

タイムズ24の良い評判・口コミを紹介します。

30代・営

カレンダー通りに休みが取れるので、プライベートも充実させられます。

休日出勤になったとしても代休が取れるので、休めないってことはないです。有給も取りやすいです。

20代・事務

残業はほとんどないですね。あっても月10時間とかなので。

残業代は15分単位で出ます。でも、夜の20時には消灯してしまうから、遅くまで残業はできないようになっています。

30代・企画

自分の意見が言いやすい環境です。

新しいアイデアも提案しやすく、事業展開してもらえるチャンスがあります。

タイムズ24の悪い評判・口コミ

タイムズ24の悪い評判・口コミを紹介します。

20代・営業

年収が上がりにくいと感じる。

役職がついて年収が増える感じだけど、役職がつくまでがとにかく長い。福利厚生は充実しているけど、もう少し年収で還元して欲しいところ。

30代・営業

東京基準で物事が決められている。そのため、個人の評価が悪くなりがちでボーナスがほぼもらえない。

東京と地方でしっかりと基準を分けてくれないと、格差で辞める人が減らないと思う。

30代・管理

慢性的な人手不足だと感じています。

残業はするなと言われていますが、仕事が終わらないので、いつもギリギリまで残業をしている人が多いです。

タイムズ24への転職を成功させる方法

タイムズ24への転職を成功させたいのなら、転職エージェントを利用することがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントでは転職のプロが転職に関わるあらゆることをサポートしてくれるからです。

自己分析、企業研究、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など、自分だけではなかなか上手くいかないこともサポートしてくれるため、非常に心強い存在です。

そのためしっかりと転職希望先への対策をしたうえで書類選考、面接に臨めるので、自分ひとりで転職活動をおこなうよりも、転職エージェントを利用したほうが、内定獲得できる可能性があります。

ただ、転職エージェントによって得意分野や特色が違うので、大手転職エージェントの中から2〜3社、特化型転職エージェントの中から1社程度、複数登録することをおすすめします。それぞれを比較し、最終的には1番相性の合う1社に絞り込めば、効率良く転職活動ができます!

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント