UR都市機構に転職する方法!中途採用の難易度・ポイントを解説!

  • !

団地

    UR都市機構への転職を考えている人向けに、転職難易度や中途採用情報などを現役のプロが徹底解説します。

    また、気になる面接の傾向・対策や平均年収、評判などについてもご紹介します。

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

UR都市機構の転職難易度

UR都市機構の転職難易度は、職種によって異なります

職種は、主に事務系か技術系の2つです。それぞれ難易度について下記で紹介をします。

事務系総合職

大学または大学院を卒業しており、2年以上の就業経験がある人なら応募することができます。


業界と職種未経験でも歓迎しているので、実務経験がなくても採用可能性があります。


とはいえ、2年以上の実務経験があったほうが内定をもらえる可能性は高いでしょう。

技術系総合職

技術系総合職は、事務系総合職よりも転職難易度は高いです。


大学または大学院を卒業しており、なおかつ希望する職種の実務経験が求められます。


そのため、事務系総合職と違い業界・職種未経験では挑戦することが難しいです。

職種によって難易度が変わりますが、人気な企業なので、応募をする人が多いためしっかりと対策をして選考に進みましょう。

より対策を強化したいのならリクルートエージェントdodaなどの転職エージェントを利用するのも一つの手です。

転職エージェントがUR都市機構の採用基準に合わせて、選考対策を実施してくれます。

また、転職するべきか迷っている人は、UR都市機構のような大手企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録しておくのもいいでしょう。

UR都市機構に転職しやすい人の特徴

UR都市機構に転職しやすい人は、公式サイトにある採用担当者からのメッセージ社員インタビューを見てみると、以下のマインドを持つ人が該当するかと思います。

マインド

  • チームワークを大切にできる人
  • フットワークが軽い人
  • どんな状況でも目標を目指して積極的に行動できる人
  • 決断力のある人

UR都市機構は一件の物件の入居手続きにたくさんの人が関わるため、チームで協力しあえる人材が評価されそうな印象でした。

またUR都市機構に転職するなら、以下のスキルと資格があるとより転職しやすくなります。

スキル・資格

  • 高い語学力を有している人
  • 宅地建物取引士などの資格所有者

UR都市機構はオーストラリアやベトナムなど、各事業分野での知識・ノウハウを活かした海外展開支援事業を推進しています。そのため高い語学力を持っている人は評価される傾向にあり、TOEICだと730点以上を目安にすると良いでしょう。

また技術系総合職を希望する人なら、該当職種に関連する資格を持っていると高く評価してもらえます。不動産関係であれば宅地建物取引士など、建築関係であれば建築施工管理技士などを保有していると、選考が有利に進みます。

ただし優先されるのはあくまで資格よりも経験です。資格がなくとも該当職種の実務経験が2〜3年以上あれば採用される可能性はあります。

UR都市機構の求人情報

2021年1月時点、UR都市機構で募集していた中途採用の求人は以下の通りです。

全ての求人を詳しく見たい人は、UR都市機構の公式サイトをご確認ください。

2021年1月に募集していた求人を参考に、UR都市機構へ転職するためにはどのような経験やスキルが必要になるのかを紹介していきます。

事務系総合職

事務系総合職の応募資格と職種ごとの業務内容は以下の通りです。

応募資格

  • 大学を卒業又は大学院を修了されている人(短大卒は不可)
  • 2年以上の就業経験を有する人

職種と業務内容

  • 都市再生
    ・地権者等の権利調整・補償、用地取得など
  • 賃貸住宅
    ・UR賃貸住宅の入居者募集、管理 ・運営、居住者対応など
  • 災害復興
    ・総務、経理(震災復興支援本部等の事務所等)

技術系総合職

技術系総合職の応募資格と職種ごとの業務内容は以下の通りです。

応募資格

  • 大学を卒業又は大学院を修了されている人(短大卒は不可)
  • 2年以上の就業経験を有する人

職種と業務内容

  • 建築系業務
    ・UR賃貸住宅、災害公営住宅、施設建築物等の企画、設計、工事監理など
  • 土木系業務
    ・宅地造成、道路・下水道等整備、UR賃貸住宅の屋外空間の維持修繕等の企画、設計、工事監理
  • 造園系業務
    ・都市再生、団地再生、災害公営住宅の屋外空間の計画、設計、工事監理など

UR都市機構の面接でよく聞かれる質問

UR都市機構の面接では、以下のような質問をされる可能性があります。

  • 志望動機
  • 長所短所
  • 官庁協議において厄介な担当者との対応について

UR都市機構の面接では「志望動機」や「自己PR」というようなオーソドックスな質問が多い傾向があります。

面接対策としては「自己分析」を徹底的におこなうようにしてください。

自己分析では、自分にはどのようなスキル・経験があるのか、そのスキル・経験をUR都市機構で活かせるのか、なぜ転職しようと思ったのか、そもそもなぜUR都市機構なのかなど、1つずつ明確にしていくと良いでしょう。

また、UR都市機構がどのような会社なのか、不動産業界・建築業界についてもしっかり調べておくと良いです。

意表をつくような質問は少ないものの、事前に情報収集をしていれば想定していなかった質問をされても対応することができます。

転職エージェント 末永

とはいえ、一人で面接対策するのが不安な人もいるかと思います。

もし不安な場合は一度転職エージェントに相談してみてください。

転職のプロがこれまでの傾向をもとに徹底した面接対策を実施してくれますよ。

とくに、これまで何千人もの転職を支援してきたリクルートエージェントdodaなど大手転職エージェントがおすすめです。

おすすめの大手転職エージェント

自己分析のやりかた、志望動機や自己PRの考え方については以下の記事で詳しく説明していますので、そちらもぜひご覧ください。

UR都市機構の企業情報

以下は、UR都市機構の企業情報です。

設立 平成16年7月1日
資本金 10,757億円(令和2年3月末時点)
代表者 中島 正弘
従業員数 3,213人(令和2年4月1日時点)

もっと詳しい企業情報について、以下で紹介していきます。

事業内容

UR都市機構は国土交通省が所管する独立行政法人で、市街地の整備改善や賃貸住宅の安定的な供給をおこない、都市の健全な発展と国民が安定した生活が送れるように貢献することを目的としています。

具体的には以下の3つの事業を展開しています。

1.都市再生

都市が抱える問題を解決するため半世紀以上にわたって培ってきた豊富なノウハウを活かし、民間事業者や地域公共団体と連携しながら都市再生を推進しています。


  • 国際競争力と都市の魅力を高める都市再生の推進
  • 地域経済の活性化やコンパクトシティの実現
  • 防災性向上による安全・安心なまちづくり

2.賃貸住宅

賃貸住宅を適切に管理し、快適な生活空間の提供をおこなっています。また、子育て世代や高齢者など、様々な世代が安心して暮らし続けられる住まい「ミクストコミュニティ」の実現を目指しています。


  • 多世代が安心して居住可能な環境整備
  • 持続可能で活力ある地域・まちづくりの推進
  • 多様化するニーズに対応した賃貸住宅の提供

3.災害復興

阪神・淡路大震災以降に培ってきた復旧・復興の経験を活かし、東日本大震災といった日本各地で発生した大規模災害からの復旧・復興の推進をおこなっています。

職種

UR都市機構の職種を分類すると以下の4つです。

企画・計画 都市再生・住環境など各プロジェクトのコストやスケジュール管理といったマネジメントをおこないます。
設計・工事 コンサルタント、設計事務所、ゼネコンなどと協力して企画したまちづくりを形にするための設計・積算・工事監理をおこないます。
住宅経営 賃貸住宅の経営を支える業務です。維持管理やウェルフェア関連施策の立案・推進や、入居促進のためのPRをおこないます。
経営戦略・総務・人事 総務、人事、経理、広報、システム管理など組織全体を支える業務をおこないます。

今後の事業課題

UR都市機構は2014年に新たなまちづくりとして、あらゆる世代がつながる「ミクストコミュニティ」を発表しています。

商店街の活性化や街に住む人がコミュニケーションを取れるような環境などを目指して今後も都市開発をおこなっていくようです。

医療・地域連携を大きな課題とし、その一方で若い世代の人の流入や子育てしやすい街作りを課題としています。

UR都市機構のカルチャー・働きかた・福利厚生

UR都市機構のカルチャー・働きがい・福利厚生などについて、以下の順で解説していきます。

企業文化・組織体制

UR都市機構は以下のような企業理念を掲げています。

URミッション(使命)

  • 人が輝く都市をめざして、美しく安全で快適なまちをプロデュースします。

URスピリット(信条)

  • CS(お客様満足)を第一に新たな価値を創造します。
  • 創意工夫し積極果敢にChallenge(挑戦)します。
  • 力を結集しSpeedy(迅速)に行動します。

人が輝く都市を最終目標と位置付け、都市再生事業をおこなっています。

また社員の労働環境にも着目していて、休暇や現場復帰しやすい環境となっています。UR都市機構の公式サイトでは以下のようなデータが公表されています。

離職率 0.8%
有給休暇
平均取得日数
12.4日
夏季休暇
平均取得日数
6.9日
出産した女性の
職場復帰率
100%
平均勤続年数 17.6年

他にも口コミサイトなどを確認してみたところ、以下のような口コミが寄せられていました。

  • 社員が働きやすい環境が整っている
  • 女性の活躍促進や障がい者の雇用なども積極的におこなっている
  • チームワークを大切にする文化が強く世代や部署関係なくコミュニケーションをとる

UR都市機構は、コミュニケーションが活発な職場環境という声があります。普段からコミュニケーションを密に取っているのもあり、わからないことがあれば丁寧に教えてくれる風土が成熟しています。

独立行政法人ということで入社前はお堅いイメージを抱かれやすいのですが、実際は気さくな人が多く、風通しの良い職場だという意見が多かったです。

働きがい

UR都市機構の働きがいについて、口コミサイトなどで調査した結果、以下のような声が目立ちました。

  • 居住者の方と直接やりとりすることも多く喜んでもらえたときはやりがいを感じる
  • 大きなプロジェクトで様々な部署の人と連携をとって完遂した時はみんなでやり遂げたというやりがいを感じる

ただしUR都市機構は単純作業を黙々とこなせる人でないと厳しいという声だったり、日々業務をこなしているだけ感が強いというような口コミも多かったです。

UR都市機構の業務でやりがいを感じられるかどうかは、かなり人によって差が出るという印象です。

ワークライフバランス

UR都市機構のワークライフバランスを同じく口コミサイトなどで調査したところ、休暇が取りやすくワークライフバランスは優れている企業かと思われます。

先ほども紹介した通り「有給休暇平均取得日数12.4日」や「夏季休暇平均取得日数6.9日」など職員が働きやすい組織になるよう努めています。

また出産後の職場復帰率も100%となっていて、女性の働きやすさにも定評があります。事実UR都市機構は厚生労働省より「子育てサポート企業」としての認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。

年収・福利厚生

UR都市機構の平均年収を口コミサイトなどで調べてみたところ、約578万円でした。

とはいえ口コミサイトの情報は誰が書いているのかなどで平均年収は変わってしまいます。あくまでも参考としてご確認ください。

またUR都市機構では「ダイバーシティ推進室」を立ち上げていて、多様な働き方に対して柔軟に対応しています。

そのため、社員が働きやすいように様々な福利厚生を導入しています。

  • 産前・産後休暇
  • 育児休業
  • 部分休業
  • 特別休暇
  • 積立年休
  • 介護休業
  • 特別休暇
  • 各種社会保険
  • 財形貯蓄
  • 企業年金
  • 職場内研修
  • 職場外研修
  • 自己啓発援助

UR都市機構では女性の活躍を推進しています。キャリアアップを実現できるように「ビジネススクールへの派遣」「キャリアデザイン講座」などをおこなっています。

UR都市機構の福利厚生や制度について、さらに詳しく知りたい人は公式ページも目を通してみてください。

入社理由と入社後のギャップ

UR都市機構に転職した人の入社理由と入社後のギャップを口コミサイトなどを参考に、以下から紹介します。

入社理由

  • 育休と産休が取得できその評判も良かったため
  • 都市開発に関わりたかったため
  • ワークライフバランスを充実させたかったため

入社後のギャップ

  • 給料は安定しているが低水準
  • 業務や社内ルールなど最初は覚えることが多い
  • 頑張っても正当に評価されていないと感じることが多い

退職検討理由

UR都市機構に転職した中途者がなぜ退職を決意したのか、口コミサイトなどで調査したところ以下のような声が目立ちました。

  • 仕事のやりがいを求めて民間企業で働きたくなったため
  • 2〜3年で所属部署が変わり、それが苦痛だったため
  • 移動が多く専門的なスキルが身につきにくいため
  • 自分の市場価値を知りたくなったため
  • 一定レベルを越えると民間企業よりも給料が悪いため

UR都市機構の評判・口コミ

UR都市機構で実際に働いていた・働いている社員の評判・口コミをいくつか紹介します。

UR都市機構へ転職しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

UR都市機構の良い評判・口コミ

UR都市機構の良い評判・口コミを紹介します。

20代・事務

子育てをしながら働く女性が多いです。実際に私の同期は出産後に復職し、今は時短勤務を利用しています。

独立行政法人なのもあって、女性の活躍推進にはとくに力を入れているように感じます。

40代・建築系

全社で有給取得を推奨しているので、休みが取りやすいです。

長期で休みを所得しても、周りが同じような感じなので嫌がられることもないです。

残業に関しては部署によります。多いところは多いですし、少ないところは少ないです。

30代・土木

全体的に中途採用が多いです。なので、中途でもすぐに馴染めます。

技術系の部署ほど前職での改善点やよかった方法を取り入れる姿勢があります。まあ、全部が全部取り入れられるわけではないのですが、その姿勢は大切かなって思ってます。

UR都市機構の悪い評判・口コミ

UR都市機構の悪い評判・口コミを紹介します。

30代・営業

管理職になっている女性があまりいないと感じる。

キャリアアップに関する制度はあるものの、実態が伴っていない。これから増えていくことに期待したい。

30代・企画

本社勤務だと残業が多いです。働き改革で確かに減った部署もありますが……

忙しい部署はどうしても忙しくて、残業が多くなりがちです。

20代・事務

年功序列が色濃く残っているので、新しい意見が取り入れられることは少ないです。

効率の良い方法を提案しても、昔ながらのやり方だからと却下されることもしばしば……もう少し柔軟になって欲しいです。

UR都市機構への転職を成功させるコツ

結論から言うと、UR都市機構へ転職したい人には転職エージェントの利用をおすすめします。

転職のプロがUR都市機構の求める人物像に合わせて対策してくれることで、選考通過率が上がるからです。

UR都市機構に転職するか迷っている人も無料で相談できるので、ぜひ一度検討してみてください。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるため、まずは2~3社複数登録してから、自分に合ったキャリアアドバイザーと対策していくのがベストですね。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェント
に相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

doda
に相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェント
に相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)
に相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメント
に相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブ
に相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

UZUZ
に相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント