企業看護師(産業看護師)に転職!仕事内容や求人情報を徹底解説!

  • !

企業看護師(産業看護師)に転職!仕事内容や求人情報を徹底解説!

    看護師資格があれば、病院やクリニックだけでなく、企業看護師(産業看護師)として働くことが可能です。

    ここでは、企業看護師(産業看護師)のメリットやデメリット、具体的にどのような業務を担当するのかについて説明します。

この記事を書いた人
末永

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の中途採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

企業看護師(産業看護師)の求人例

看護資格が活かせる一般企業の仕事には、以下のようなものがあります。

それぞれ、どのような業務を担当するのか具体的に説明していきます。

企業内の医務室や健康管理室

主な仕事は社員の健康管理で、以下の業務に分かれています。

  • 健康診断の企画、実施、健診後のデータ管理
  • メンタルカウンセリング
  • 必要に応じて保健指導
  • ケガや体調不良の社員の対応

健康診断のデータ管理やメンタルカウンセリングの記録などデスクワークが意外と多く、本格的な医療的処置をする機会はほとんどありません。

保険会社のコールセンター対応

保険会社や医療機器メーカー、製薬会社が主な勤務先です。保険会社の場合は、ユーザーからの健康相談に関する問い合わせに答えるのが主な仕事です。

医療機器メーカーや製薬会社の場合は、自社製品や医薬品に関する質問にわかりやすく答えます。質問の意図を的確につかみ、わかりやすく伝えるスキルが必要です。

治験コーディネーター

製薬会社では、新薬の有効性や安全性を調べるために医療機関に依頼して治験(臨床試験)をおこないます。その際に発生する業務全般をサポートするのが主な業務です。

たとえば、以下のような仕事を担当します。

  • 治験業務関係の資料を作成
  • 被験者の募集手続き、治験の説明、スケジュール管理
  • 症例報告書や治験終了報告書を作成

被験者と接する機会が多く、関係者の間で調整役を担う必要があるため、コミュニケーション能力や調整力が求められます。

臨床開発モニター

医療機関に治験を依頼し、適正におこなわれるかどうかをモニタリングするのが主な仕事です。以下のような仕事を担当します。

  • 治療薬の医療機関への引き渡しと管理
  • 法律を守って治験がおこなわれているかモニタリングする
  • 症例データの収集

スケジュール管理能力やコミュニケーション能力が求められます。

クリニカルスペシャリスト

医療機器メーカーで営業社員のサポートをするのが主な仕事です。次のような業務を担当します。

  • 営業社員とともにクリニックや病院を訪れ、自社製品の説明をする
  • 医療従事者に対して自社製品の使い方を説明する

医療機器を適切に紹介するための知識やプレゼン力が求められます。ただし、販売するのは営業社員であり、クリニカルスペシャリストが売り込みをおこなうわけではありません。

企業看護師(産業看護師)転職するメリット・デメリット

看護師として一般企業で働くことはさまざまなメリットがある一方で、デメリットも少なからず存在します。どのようなメリット、デメリットがあるか説明していきます。

メリット

一般企業で働くメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 残業や夜勤がなく、身体的負担が少ない
  • 土日祝日に休める
  • 「医療ミスをするのでは」「適切な看護ができるか」といったプレッシャーを感じることがほとんどない
  • デスクワークが多く、比較的身体が楽

企業の社員として働くため、残業や夜勤がなくカレンダー通りに休めます。医療事故に対する不安など、プレッシャーを感じる機会もほとんどありません。病院で働く場合に比べ、肉体的な疲れも少なめです。

デメリット

デメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 求人が少なく就くのが難しい
  • 企業で働くため、病院とは勝手が違い覚えなければならない事項が多い
  • 医療的処置をすることがほとんどないため、現場感覚が薄れやすく、病院勤務への復帰を希望しても難しいケースもある

病院と企業とでは大きく環境が異なります。慣れるまで戸惑うことも多いです。看護知識が磨かれないため、もう1度病院で働きたいと思ったときに難しい点もデメリットです。

企業看護師(産業看護師)への転職難易度は高い

看護師資格を活かして働く職場のなかでも企業の医務室や健康管理室への転職は、難易度が非常に高いです。

なぜなら、そもそもある程度の規模の大手企業でなければ産業看護師を雇用することはなく、そのうえ雇用する人数自体が1人かせいぜい2~3人であるのに対し、企業の医務室への転職を希望する看護師はたくさんいるからです。

大手企業の本社は東京都や神奈川県(横浜市)の首都圏に集中しているため、自然と求人数も首都圏に集中しています。そうしたことから競争率(求人倍率)が非常に高く、まれに求人が出てもすぐに埋まります。

企業看護師(産業看護師)への転職に有利になる経験・資格

産業看護師を目指すにあたって、有利になる資格や経験にはどのようなものがあるかを説明します。資格としては看護師資格があれば問題ありませんが、「衛生管理者」も取得しておくと良いです。

衛生管理者とは、事業所において衛生管理全般を管理する人のことです。労働安全衛生法により、一定以上の規模の事業所では有資格者のなかから選任することが義務付けられています。

衛生管理者に関して学ぶと、産業保健の基礎が習得できるため、仕事に活かせます。仕事を続けながら、衛生管理者の資格を取得したい方はオンラインの資格講座がおすすめです。

オンラインの資格講座なら、過去の試験の出題傾向を分析したオリジナルテキストと動画での講義で比較的「安価に」、忙しい社会人でも「効率よく」資格取得を目指すことができますよ。

おすすめのオンライン資格講座

  • アガルート
    難関国家資格に強み。各資格で全国平均の2~6倍以上の合格率を誇る確かな実績のあるサイト

企業看護師(産業看護師)の平均年収は705万円

2021年3月4日時点の医療ワーカーの「全国の看護師の平均年収」によると、看護師全体の平均年収は518万円という統計データがありますが、企業で働く看護師の場合には705万円で高めになっています。

企業看護師は、病院のように夜勤がなく、企業の医務室・健康管理室に勤務する場合は残業もあまり発生しません。しかし、企業で働く看護師の収入は、夜勤が入る病院勤務の看護師の694万円よりも少し高いです。

夜勤がない介護施設勤務の看護師の603万円と比べると、高めの傾向にあります。とはいえ、企業の規模や業務内容、そのときの業績や状況によって給料は異なるものです。

なお、臨床開発モニターは年収800万円以上のケースがあるなど、非常に高いです。これは、複数の医療機関に出向くなど出張する機会も多く、高い専門性も要求されるハードな部分があるからです。

企業看護師(産業看護師)の求人を探すなら転職サイトがおすすめ

企業看護師はそもそもの求人数が少なく、自分で求人情報を探すことが難しいです。そんな時は、転職サイトを利用して求人を効率よく探しましょう。

転職サイトを利用すると転職専門のアドバイザーが無料でサポートしてくれます。あなたが希望する求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書の添削や面接対策もしてくれます。

他にも、一般的に公表されていない求人を、転職サイトは非公開求人として保有している可能性があります。なので、見つかりにくい企業看護師の求人も見つけることができるかもしれません。

とはいえ、転職サイトのサービスは担当するアドバイザーによって質が変わります。そのため、転職サイトを利用するときは2〜3社同時登録することがオススメです。複数の転職サイトを登録することで、自分に合うアドバイザーを効率良く探せます。

看護師さんにおすすめの転職サイト

多数のサイトで人気No1を獲得!
迷ったら登録すべき転職サイト。

※対応エリアが関東・関西・東海に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能な 看護のお仕事医療ワーカー への登録がおすすめです。

看護roo!

ポイント

  1. 東証一部上場企業の実績に自信あり
  2. 面接対策を強化したい人におすすめ
  3. 高年収、年間休日130日以上、日勤のみなど、様々な求人を保有

看護roo!
に相談する

6万件以上の求人数を保有!
全国の求人を取り扱い。

看護のお仕事

ポイント

  1. LINEで気軽に相談可能
  2. 職場環境の情報収集に強みあり。長く働ける職場を探したい人におすすめ
  3. 情報収集だけでも利用可能

看護のお仕事
に相談する

年間転職実績1万人以上!
あなたの希望にあった求人の紹介が可能

医療ワーカー

ポイント

  1. 住まいの地域に関係なく全国の看護師をサポート
  2. 応援看護師、訪問看護師、イベントナースなど、幅広い求人を保有
  3. webカウンセリングを利用可能、コロナ禍でも安心

医療ワーカー
に相談する

看護師の転職に役立つ関連記事

転職を目指す看護師におすすめの関連記事を載せておきますので、こちらも合わせて参考にしてください。

看護師向け転職サイトの参考文献

記事を書く際に参考にしたデータやサイトを掲載しておきます。

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • はてなブックマーク

line

line

人気の転職エージェント