履歴書の書き方で在職中の場合はどう書くの?雇用形態などケース別で解説!

履歴書の書き方で在職中の場合はどう書くの?雇用形態などケース別で解説!

    履歴書の書き方で在職中の場合はどうすれば良いのかを転職エージェントが解説します!

    また、雇用形態などのケース別、退職予定日、連絡がスムーズにいく方法についても紹介します!

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら

在職中の場合は職歴欄に「在職中」か「現在に至る」と書く

在職中の書き方

現在在職中の人は職歴欄に「在職中」または「現在に至る」と書くのが一般的です。

書き方としては「会社名」→「所属部署」→「簡単な業務内容」→「在職中または現在に至る」→「以上」の順番で書きます。

【ケース別】在職中の書き方

次に履歴書に書く在職中の書き方を「有休消化期間」と「非正規雇用」の場合に分けて紹介していきます。

有休消化期間

有休消化期間については、履歴書に有休消化中との内容を書く必要はありません。通常時と同じように「在職中」あるいは「現在に至る」との内容を書けば良いです。

有休消化期間は、まだ会社に所属している扱いになります。そのため、通常時の書き方ととくに変化はありません。

非正規雇用

在職中(契約社員)

非正規雇用の場合も「在職中」か「現在に至る」と書きます。

ただし、非正規雇用の場合は会社名のあとに「契約・派遣社員として入社」か「パート・アルバイトとして入社」といった内容を書きます。

退職予定日は「職歴欄」か「本人希望欄」に書く

履歴書の職歴欄(退職予定職歴欄)履歴書の職歴欄(本人希望記入欄)

退職予定日が決まっている場合は「職歴欄」か「本人希望欄」に記入します。どちらに書くべきかは、とくにルールはありませんので自分が書きやすいほうで良いです。

書き方としては、職歴欄と本人記入欄で若干の違いがあります。

職歴欄の場合は「在職中(〇〇年〇〇月〇〇日 退職予定)」と書きます。

本人記入欄の場合は「〇〇月〇〇日に退職予定 〇〇月〇〇日から勤務可能です。」と書くようになります。

退職予定日が決まっていない場合は記入する必要はない

転職することをまだ会社に伝えておらず、退職予定日が決まっていない場合は履歴書に退職予定日を書く必要はありません。

とはいえ面接ではいつから入社可能かを聞かれる可能性が高いので、対策として内定をもらってから現実的に入社可能な日を逆算して考えておきましょう。

ちなみに、退職することを会社に伝えるときは実際に退職したい日の1〜3ヶ月前に伝えないといけません。内定をもらってから退職することを伝えるなら、内定をもらった1~3ヶ月後の月日をだいたいで予想しておくと良いです。

在職中の場合は連絡が取りやすい番号と時間帯も書いておく

履歴書の職歴欄(本人希望記入欄連絡先)

在職中に転職活動をしている人は、本人記入欄に連絡がつきやすい番号と時間帯を記入しておくと良いです。

なぜなら、在職中に転職活動をしている人はどうしても連絡が取れる時間が限られてしまうためです。

連絡が取りやすい番号と時間帯を書いておくことで、企業の採用担当者も連絡がしやすくなり、丁寧な印象をあたえやすくなります。

履歴書の正しい書き方を知りたいなら

履歴書や職務経歴書の正しい書き方を知りたいなら、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは、転職者が内定を獲得しやすいように面接対策してくれるのはもちろん、書類選考に通過しやすくなるように履歴書の正しい書き方をレクチャーしてくれます。

とはいえ、転職エージェントならどこに登録しても良いわけではありません。転職エージェントを選ぶ基準は、担当になったキャリアアドバイザーとの相性で選ぶのが良いです。

相性の良いキャリアアドバイザーを探すには、同時に2~3社の転職エージェントに登録をして、複数のキャリアアドバイザーと面談を重ねるのが効率的です。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

リクルートエージェント

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

line

line

人気の転職エージェント