ユーザベースに転職するには?選考難易度なども紹介!

株価や為替の変動、政情不安に伴う景気の悪化等経済ニュースが毎日たくさん飛び交っています。

仕事に直接的な影響がある情報だけでなく社会人として多くの経済情報を得ることは大切です。

今回はWeb業界の企業である「ユーザベース(Uzabase)」に転職を検討している人向けに「ユーザベース」への転職についてのノウハウをレクチャーします。

【無料】ユーザベースへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

ユーザベースの事業内容・ビジネスモデル

世界中のビジネス情報を整理し、提供しています。企業・業界情報プラットフォームの「SPEEDA」とソーシャル経済ニュースの「NewsPicks」という2つのサービスを運営していましたが、2015年4月NewsPicksについては株式会社ニューズピックスに分社化し完全子会社化しています。

現在同社が運営している「SPEEDA」は、企業・業界情報プラットフォームです。

世界180ヶ国をカバーした企業の財務、株価データ、550を超える業界動向の他、統計データ、経済ニュースなど、あらゆる経済情報を一括で取得することができます。

今後は、SPEEDAを世界共通のビジネス情報インフラへと進化させていこうとしています。

2016年現在で上海・シンガポール・香港・スリランカに拠点があり、東京を含め世界5拠点体制でビジネスを展開しています。

SPEEDAの特長は膨大なデータ量だけでなく、簡単な操作で目的の情報を取得し、分析までできるという点です。

簡単にWeb検索をおこなうような操作で自分が必要とする情報を獲得できるという点が大きな強みとなっています。

ユーザベースの将来性は?

2016年9月にマザーズに新規上場し、事業拡大を更に加速させている同社。

現代では事業をおこなう中で企業にとって情報を得ることは必要不可欠です。

ですが経済情報はただ情報を得るだけでなくそれを適切に分析し獲得することで初めて自社の事業に生かすことができます。

それらを担う同社のサービスには更に注目が集まっています。情報の重要性が増し続け、かつそのスピードも重視される世の中において、ニーズが高く伸び代のある事業と言えます。

ユーザベースの本社・オフィスは?

2014年12月、恵比寿オフィスに移転しました。「オープン・コミュニケーション」をテーマにしており、従業員同士が自由にコミュニケーションを取れる職場環境を実現しています。

特徴として、執務スペースと会議室の壁がすべてガラスになっており、すべて見通せるということがあります。

この他、フリースペースと言われる場所もあり、社員皆が集まれるスペースもあります。

部署にもよるものの、基本的にはフリーアドレスとなっており、コーヒースペースやクッションがりリラックスできるスペースも完備されています。

ユーザベースの評判・社風・カルチャー・口コミ

社内はフラットで、役員で会っても自由に話しかけられる雰囲気があります。

就業時間についても、業務に支障がない範囲で休憩も自由にとれるなど個々人の裁量に任される点が多いですが、反面その分の責任・結果は求められる環境です。

やりたいプロジェクトがあれば自分で発信できプレゼンテーションの機会も得ることができます。

ユーザベースの面接・SPIなど選考難易度

職種によって異なりますが、学び続けていく姿勢があるかということが面接で確認されることが多くあります。

雑談のような雰囲気の中で、興味関心のある分野や今後何を学びたいと考えているのか、それに対してどんなアクションを取っているのかといった質問が出ることが多くあります。

また技術職の場合には、技術試験が別途ある場合もあるので、事前に勉強をしてから選考にのぞむことをお勧めします。

ユーザベースへの転職なら、IT企業への転職に強みを持つ転職エージェントのアクシスにぜひご相談ください!

営業職でキャリアアップしたい20代のための転職エージェント

ポイント

  1. 会社に依存せず市場価値を高めたい営業マンに向けた転職支援!
  2. 営業職のキャリアアップを考えた無形商材法人営業の求人を多数保有
  3. あなたの自己実現ビジョンを軸としたキャリア形成をサポート

【無料】転職サポート申し込み

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。