EMCジャパンに転職(中途採用・求人)するには?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、末永雄大です。

オンラインストレージサービスなどを使ってデータを保存や共有をしている方も多いと思います。(オンラインストレージサービスとは、インターネット上でファイル保管用のディスクスペースを貸し出すサービス。)データなど情報量が多くなった現在、このようなストレージサービスは便利であり私たちにとっては必要なツールになりつつありますよね。

今回はクラウド・ビッグデータ・セキュリティ領域で世界86カ国、7万人で事業を展開し、ストレージ世界シェアNo.1を継続する外資系ITカンパニーEMCの日本法人である、「EMCジャパン株式会社」に転職を検討されている方向けに転職についてのノウハウをレクチャーしていこうと思います。

EMCジャパンって何をしている会社?

EMCは1979年に米国マサチューセッツ州で誕生。「クラウド」「ビッグデータ」「トラスト(セキュリティ)」をビジネス領域の中心にして売上高250億ドルを超える世界有数のIT企業です。ほぼ全てのプロダクトで業界のリーダーのポジションを獲得していて、特にデータストレージ分野では世界No.1のシェアを誇るトップ企業です。

DELLとの経営統合によって、(2015年10月に、DELLがEMCを約670億ドル(約8兆円)で買収すると発表)EMCとDELLの補完的ビジネスの展開となり、さらなる進化を遂げています。

日本法人はEMCジャパン。グローバルで第2位の売上げ規模になります。EMCグループの一員としての、日本におけるEMC製品の販売ならびに保守業務、情報管理の全体最適化コンサルティング等を行っています。取引先は、国内の大手企業を中心に通信、金融、製造、流通、教育機関、官公庁、医療など。

  • 2015グローバル企業における「働きがいのある会社」で、EMC Corporationが世界6位

参照元:2015 グローバル企業における「働きがいのある会社」ランキング発表 1位はGoogle|働きがいのある会社(Great Place to Work® Institute Japan)

  • 2016グローバル企業における「働きがいのある会社」で、Dell EMCが世界4位

参照元:2016 グローバル企業における「働きがいのある会社」ランキング発表 1位はGoogle|働きがいのある会社(Great Place to Work® Institute Japan)

一般の知名度はそこまで高くないかもしれませんが、IT業界に強い影響力を持つ企業です。

→【PR】EMCジャパンへの転職を希望しているなら、転職業界最大手の求人数を誇るリクルートエージェントにまずは登録をしましょう!!

EMCジャパンの仕事内容・職種

アカウント システムズ エンジニア

営業+SE+コンサルタントのハイブリットな職種です。顧客のインフラ環境をヒアリング・分析・コンサルティングし、最適な提案をします。
営業を専任で担当する社員を技術面でバックアップし、顧客に対する提案を行う職種で、営業と技術を結ぶ役割ともいえます。
具体的には、

  • EMC製品の新規インストール作業
  • EMC製品の構成変更・アップグレード作業、および作業内容の説明
  • 国内・海外のテクニカルサポート部門と協調し障害の早期復旧
  • 障害対応時や機器安定稼働に向けた部品交換
  • 作業手順書、作業報告書作成 (重大障害時にはその内容の報告)

→【PR】20代や第二新卒でEMCジャパンへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

EMCジャパンの仕事のやりがい

様々な階層の多くの人と関わります。お客様に対しては、取締役クラスの方に対してITインフラをレクチャーすることもあります。それぞれの立場からの意見を聞き、現実的な打開策を見出す役割であり、営業であり、エンジニアであり、社内調整役でもあるので、幅広いITインフラ全般についての提案やITスキル、コミュニケーションスキルを身につけることできるようになり、今後のキャリアアップに繋がっていくかと思います。

また、新しい製品や技術が日々次々に発表され、勉強することが多いですが、エンジニアとしては飽きず新鮮に感じる環境かと思います。なによりも、ストレージの業界トップの企業で働くことの面白さがあると思います。

→【PR】EMCジャパンへ転職を検討しているなら、大手転職エージェントのdodaに転職相談することオススメします。

EMCジャパンの直近の業績は?

2015年度:247億
2014年度:244億
2013年度:232億
2012年度:217億
2011年度:200億
(単位:ドル)

クラウドやビッグデータの活用など、情報インフラの発展と変革が強く求められる現在、EMCのビジネスもより広がりを増しています。日本のマーケットにおいても事業は拡大を続けており、好調を維持しています。

→【PR】EMCジャパンへの転職を希望しているなら、転職業界最大手の求人数を誇るリクルートエージェントにまずは登録をしましょう!!

EMCジャパンの将来性は?今後の課題

昨今、社会生活のあらゆる場面で新しく情報は生み出され、凄まじい勢いで増加しています。情報(データ)を保存するためのストレージが果たす役割は重要になっています。

パソコンやスマートフォンなどのデバイスをはじめ、IoTが注目され、自動車や家電などがインターネットと接続して通信が可能になることで、膨大なデータが日々生成されています。このような中でデータを有効活用することは新たなビジネスの創出が可能となることから、これまで以上にEMCジャパンのビジネスが注目されて、今後に期待出来るかと思います。

「ストレージの会社」から「情報インフラの先進的リーダー」へ

質問 「いま、EMCはどんなビジネス展開をされていますか。」

川西 「情報インフラの先進的リーダーでありたい」というのがEMCのビジョンです。「IT」ではなく「情報インフラ」と言っているのがポイントで、ストレージや仮想化、あるいはバックアップやセキュリティ、コンテンツマネジメントからコンサルティングまで情報インフラを構築するうえで必要な製品やソリューションを提供しています。マーケットでは「ストレージマシンの会社」というイメージが強いかもしれませんが、もはやグローバルで当社の売上に占めるハードウェアの割合は50%を切り、幅広く情報インフラのソリューションを提供する会社になっています。」

引用元:面接官の本音:EMCジャパン株式会社

→【PR】20代や第二新卒でEMCジャパンへの転職を検討しているなら、マイナビエージェント(20代・第二新卒の求人情報が豊富にある転職エージェント)への登録して転職相談をしましょう。

EMCジャパンの評判・社風・カルチャー

外資系企業であるので、個人の裁量に任せて自由な雰囲気はあるようです。人に指示されずに個人でバリバリ仕事をしたい!自分で仕事が出来る!という方にとってはとてもやりがいを感じるかもしれません。

自由な雰囲気はあるものの、外資系独特の成果・実績は求められる実力主義環境です。安定した職場を求めている方にとっては、雰囲気に慣れるには大変かもしれませんし、あまり向かないかもしれません。

また、海外グループからの干渉や報告などの対応も頻繁にあるようです。

EMCジャパンの面接など選考難易度

  • お客様目線で考えることができる
  • 能動的であり、短期間で結果を出すことができる

これらは基準となるかと思います。

また、これまでの経験の「状況・課題・課題解決・結果」を細かく聞かれることになります。人としての実力・魅力を感じられるかがポイントになりそうです。

質問 「EMCで求めているのはどのような人材ですか。」

川西 「当社の三つのカルチャーを紹介することがその回答になるでしょう。」

「一つめは「ベンチャー気質」。EMCの設立は1979年でもう創業から30年以上が経過し、社員も全世界で4万5000人を数えますが、「お客様の要求に応えるものを提供すれば成功する」という顧客目線を重視する価値観を持ち、大企業病とは無縁です。」

「二つめは「ハイスピード」。どの職種でも短期間で多くのアウトプットが要求され、かなり大変な面もありますが、そういう環境を楽しめる人にはよいと思います。」

「三つめは「フェアな実力主義」。上下左右からどんな成果をあげているかが見られており、黙っていても仕事ができる人は尊敬され、さらに権限を与えられ高次元の仕事をするチャンスが得られます。」

質問 「面接で必ず聞く質問はありますか。」

川西 「EMCの面接では「過去、どういう状況でどんな課題があり、どう対処してどんな結果になったか」についてしつこく聞かれると思います。」

「「入社してどうしたいか」という質問が入社面接では多くなりがちですが、過去の実際の行動のなかにその人の実力を測るヒントがあると考えているからです。」

「もちろん、入社後のビジョンをきちんと持っていることも大切です。私自身は「入社して30日以内に何をするか?」「60日以内に何をするか?」「90日以内では?」という質問をすることにしています。」

「私の面接の前には二人くらいEMCの社員に会うことになります。その過程でどのような会社のイメージを描き、EMCのなかで何をしたいと考えているのか。そこから当社で活躍できるかどうかの姿が見えてきます。」

引用元:面接官の本音:EMCジャパン株式会社

EMCジャパンの年収相場(給与)は?

具体的な平均給与はわかりませんが、平均給与は標準よりも良いほうのようです。

実力主義なので、実績を残せば稼げるようです。

EMCジャパンに転職後のキャリア形成は?

アカウントサービスエンジニアとして幅広い分野のお客様の対応経験や多種のEMC製品サポート経験を生かしてより製品に特化したエンジニアへのキャリアの道が考えられます。または、コンサルとしてフロントに近づくキャリア等、幅広いキャリアを選択することが可能かと思います。

EMCジャパンのオフィス・本社

本社は「新宿マインズタワー20F」です。高層ビルで、場所はタカシマヤタイムズスクエア近くの新宿駅南口にあたります。ビル内には多くの企業がテナントとして入っており、ウイルスバスターを販売しているトレンドマイクロ本社をはじめ積水ハウスなどが入居しています。下層部には飲食店街もあります。

また、地下は都営大江戸線「新宿」駅と直結しており、天候に関わらず快適に通勤できるのが魅力。

オフィス内は、Telepresence roomやcollaboration roomなど、数多くの海外拠点をもつEMCグループだからこそ、充実した設備を完備されています。

EMCジャパンへ転職をするには?

EMCジャパンの求人は、コーポレートサイトから直接応募することも可能ですが、直接応募は、希望職種の募集が出ていない場合や、面接対策を十分に行えず落ちてしまうことがあります。
なので、転職の専門家である転職エージェントに相談することをオススメします。

以下は、私が「登録しておいて損はない!」と思うおすすめの転職エージェントです。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

20代の登録者数No.1!
20代向けの非公開求人を多数保有し、サポートの丁寧さに定評あり!

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、「これまでのご経験、ご希望の入力」も記入することで非公開求人を優先的に提案してもらえます。【2分程度で完了】

ポイント
  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

また転職エージェントを利用する際に注意すべき点として、大手企業になればなるほど、在籍しているエージェントの数も多くいます。多くの方がいるので、優秀なトップのキャリアアドバイザーが担当になれば、心配はないのですが、あまりサポートを期待できないエージェントも一定数いるのが課題です。

なので大手企業以外のエージェントにも相談をしてみて、自分の将来などを逆算して、客観的にアドバイスをしてくれるエージェントを見つけることも、重要です。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。