サントリーホールディングスへ転職するには?中途採用されるコツ!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス・末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

転職の人気企業ランキングでも上位にいる「サントリーホールディングス」。
転職をしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「サントリー」への転職を考えている方向けに、転職活動前に知っておきたい「サントリー」への転職情報をまとめてみました。

では、早速詳細を見ていきましょう!

サントリーホールディングスって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

サントリーホールディングスは「ザ・プレミアムモルツ」や「金麦」などを手がける国内最大級のビールメーカーとしてお馴染みです

ビールの分野では他のビールメーカーに比べてビール及び発泡酒の売上比率が少なく、ビールとは違う原料や製法で作られた「新ジャンル」と呼ばれる酒類の販売に強みを持っています。

また、ウイスキーの製造販売にも強みがあり、米・ビーム社と統合した「ビーム サントリー」が蒸留酒市場では世界3位となっており、日本国内の他のビールメーカーとは一線を画す事業展開を見せています。

実際にサントリーへ転職するには?

結論から申しますと、サントリーへの転職は、難易度が高いです。

人気の業界で大企業でありながら、メーカーで離職率はとても低く、中途採用の枠が少ないのです。

現在、サントリーで主に募集している職種は

デジタルマーケ職

外食コンサルタント(契約社員)

の二つですが、どちらも実務経験が必須のため、経験者にはオススメですが、未経験の方には難しいです。

営業などの総合職は、過去には営業職等の求人が公開されていたこともありますが、

残念ながら現在、サントリーホールディングスでは募集していません。

しかしその代わり、サントリー系列の子会社では、総合職の求人を募集しているため、合わせて確認して見ることをオススメします。

では実際に、どうすればサントリーに転職できるかを紹介しますね。

サントリー、またはサントリー系列の子会社を目指す場合には、”求人数”を多く持つ転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

さて、結論から申しますとサントリーへ転職するためには圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントマイナビエージェントdodaへの相談をおすすめします。

なぜかと言うと、サントリーの求人を最も多く持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaだからです。

もう少し説明を加えますね。

ぶっちゃけ、サントリーへ転職するためには数多くの求人数と出会えるかが重要なポイントなんですよね。

転職というのは、転職面接を受ける時にある程度受かるかどうかの評価が決まっていて、結局自分のスキルと合う求人と出会えるかどうかの確率論を高めるのが重要なんです。

それで言うと、上記3社はまずサントリーの求人数を一番持っている、かつサントリーの企業ページで紹介されていない非公開求人も沢山持っているので、その確率をあげることができます。

さらに、サントリーのような大企業になると、非公開求人というものが存在します。つまり、サントリーの企業ページでは公開していない求人が沢山あるのです。

そのような非公開求人も含めて、最も多くの求人を持っているのがリクルートエージェントマイナビエージェントdodaなのです。

ちなみに、真の網羅という意味では、3社全てに登録するのもアリです。

なぜかと言うと、担当エージェントの判断によってはサントリーの求人を紹介してくれない可能性や担当エージェントと馬が合わないことがあります。そういったリスクを想定すると、あらかじめ3社全てに登録し、抜け漏れをなくすのが肝です。

年齢によってはイレギュラーが存在するので少し紹介しますね。
上記までの話は20代から30代前半までの話が主です。

35歳以上でサントリーへの転職を目指す方はミドルの転職に強いビズリーチJACに相談すべきです。

理由はとてもシンプルで、35歳以上の求人になるとビズリーチJACの方がリクルートエージェントマイナビエージェントdodaより多く求人を持っているからです。

さらに、もしあなたが女性だった場合には@type女性の転職エージェントにも相談すると良いでしょう。

@type女性の転職エージェントは、女性に特化した転職エージェントです。なので、構造上女性の求人が集まりやすい傾向があり、求人の中にサントリーの求人がある可能性が高いです。

【20歳〜34歳でサントリーへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda

【35歳以上でサントリーへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. ビズリーチ
  2. JAC

【女性でサントリーへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. @type女性の転職エージェント

サントリー、またはサントリー系列の子会社へエンジニアやWebデザイナーとして転職を目指す場合には、ブティック型転職エージェントへの登録をおすすめします。

末永

さて、現在サントリーの公式ホームページではエンジニアやWebデザイナーの求人はありません(2019年1月現在)。

しかしながら、マイナビITやレバテックのようなブティック型の転職エージェントであればサントリーの求人を所有している可能性があります

なので、もしエンジニアやWebデザイナー職でサントリーへの転職を考えているのであれば、マイナビITやレバテックのような転職エージェントへ相談してみてください。

【エンジニアやWebデザイナーでサントリーへの転職を目指すなら】(※クリックすると、エージェント詳細に飛びます。)

  1. マイナビIT
  2. レバテック

サントリーの仕事内容・職種

サントリーの採用情報によれば、中途入社で携われる職種として下記のようなポジションが挙げられています。

  • 基盤研究
  • 商品開発
  • 技術研究
  • マーケティング
  • 営業
  • 原料調整
  • 品質管理
  • 広告宣伝

(参照 : 働き方の特徴 経験者採用情報 サントリー)

具体的なポジションについては非公開となっていますが、それぞれのポジション同士が協力し合い、一体型のチームで仕事に取り組むのがサントリーでの仕事の特徴のようです。

サントリーの仕事のやりがい

やはりサントリーは転職したい人気企業なだけあって、仕事内容に対して非常にやりがいを感じている人も多いようです。

  • 「やってみなはれ」という社訓の通り、裁量を持って仕事に取り組むことができる
  • チャレンジを推奨し、背中を押してくれる風土
  • 若手でも仕事を任せてくれる

このような声が数多く聞かれます。

有名な社訓の通り、責任ある仕事に取り組めるチャンスが多いことがやりがいとして挙げられていることが多く、そうした環境で仕事をしたいと志す人にとっては数々の機会に恵まれるチャンスのある職場と言えそうです。

サントリーの評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

次にサントリーの評判・社風・カルチャーなどについて、ご紹介していきます。

どういう社風・文化があるのか

サントリーは、本体の会社はまだ未上場でありながら、傘下企業であるサントリー食品が上場しているという、少し特殊な会社です。

家族的で人に優しい評価体系、失敗を咎めない風土があります。

「やってみなはれ」の精神に基づいて、社員が仕事に取り組んでいるのが特徴。

新しいことに挑戦していくという風土があるため、よく検討した上での失敗には寛容なんだとか。

自由度が高く、若いうちから様々なことに挑戦できる環境が整っていますよ。

会社自体にバイタリティーがあり、体育会が多く元気で活気ではありますが、良くも悪くも古い体制という声も挙がっています。

サントリーの面接・SPIなど選考難易度

次に、サントリーの選考に関わる情報を見てみましょう。

選考フロー

サントリーの選考フローは、「総合職」と「技術職」の2つに分かれています。

まずは、「総合職」の方からご紹介していきたいと思います。

■「総合職」

STEP1.エントリーシート

STEP2.筆記試験

STEP3.1次面接

STEP4.2次面接

STEP5.3次面接

STEP6.4次面接

STEP7.内定

上記が「総合職」の選考フローとなっています。

面接は3〜4回となっており、筆記試験後に「社員座談会」などを挟むこともあるそうですよ。

続いて、「技術職」の選考フローをご紹介します。

■「技術職」

STEP1.エントリーシート

STEP2.筆記試験

STEP3.1次面接

STEP4.2次面接

STEP5.3次面接

STEP6.内定

上記が、「技術職」の選考フローとなっています。

面接は2〜3回で、こちらも同じく筆記試験後に「社員座談会」などを挟むことがあるみたいです。

どちらもWEBテスト・筆記試験でGABを実施しています。
通常のものではなく、「C-GAB」なのだそうです。

面接での質問例

サントリーの面接では、実際にどんなことが質問されているのでしょうか?
その質問についてご紹介していきたいと思います。

1.サントリーでやりたいこと

2.学生時代に頑張ったこと

3.志望動機

4.研究内容を教えて欲しい

上記が実際に質問されている内容です。

最も多く質問されていたのは、やはり志望動機です。

そこから、サントリーに入社したらどんなことをしたいのか、という質問へ発展していくようです。

また、企業研究の内容については、応募者がどのようにして会社のことを理解しているのか知るためだと言えます。

SPI難易度

サントリーのSPI難易度は、具体的な数値が公表されていません。

B to Cで知名度も高い企業であるため採用基準も厳しいことが予想されます

正式採用されるまでに読書感想文・WEBテストで自頭が良いか判断されることが大きな特徴だそうです。

サントリーの年収相場(給与)は?

最後にサントリーの年収相場について見ていきましょう。

年齢別の平均年収

サントリーの平均年収がいくらなのか、知っておきたいですよね?
まずは、年齢別の平均年収からご紹介していきます。

1.20~24歳
→平均年収・・・309.2~339.2万円

2.25~29歳
→平均年収・・・673.8~723.8万円

3.30~34歳
→平均年収・・・730.0~830.0万円

4.35~39歳
→平均年収・・・754.9~858.9万円

5.40~44歳
→平均年収・・・844.1~965.1万円

6.45~49歳
→平均年収・・・958.9~1,080.9万円

7.50~54歳
→平均年収・・・1,048.1~1,158.1万円

8.55~59歳
→平均年収・・・1,038.5~1,148.5万円

9.60~65歳
→平均年収・・・681.7~1,148.5万円

上記が、年齢別の平均年収です。
こちらは40代から平均年収が高まっているのが特徴的だと言えますね。

職種別の平均年収

続いてご紹介するのは、職種別の平均年収です。

1.営業系
→平均年収・・・550万円

2.企画・事務・管理系
→平均年収・・・739万円

3.販売・サービス系
→平均年収・・・650万円

4.IT系エンジニア
→平均年収・・・1,000万円

5.医薬・化学・素材・食品系専門職
→平均年収・・・775万円

上記が、職種別の平均年収です。

最も平均年収が高いのは、IT系エンジニアとなっています。

それに続いて、医薬・化学・食品系専門職の年収が高いです。

賞与・給与(評価)制度

サントリーの給与水準は、同業他社と比較をして高い給与水準だと言えるでしょう。

毎年昇給があるので、業績や頑張りに応じてあげていくことができる環境となっているようです。

賞与については、業績連動性を敷いているため、直近の業績が影響してきます。

頑張れば頑張るほど正当に評価され、働きがいがあると感じられるのだとか。

残業時間

全体的に働き方改革を強く意識しているので、人事部の残業に対してのチェックが全社へ行き届いているみたいです。

残業時間が激減し、有給取得日数が増加しています。

ただ、繁忙期の際にはどうしても残業をすることになってしまうようです。

中には残業が多く、休日出勤なども要されることも。
水曜日は必ず定時退社となっているので、負担も少ないのが良いですね。

サントリーへの転職をお考えの方へ

結論として、転職エージェントの利用が必須です。

末永

サントリーへの転職を成功させるには、転職エージェントの利用が必要不可欠です。

転職エージェントは、サントリーの企業情報を把握しています。なので、どのようなポイントを押さえながら、応募書類を作成すれば良いのか。
そして、どのようなことを面接時に質問されるのか。などの詳細情報を把握しているからこそ、きめ細やかなサポートを丁寧に行なってもらえるのが大きな魅力です。

逆に、そうした選考の勝ち方を知らないまま選考に望むことは、受かるものも受からなくなってしまい、はっきり言ってもったいないです。

なので、「どうしたらサントリーに転職できるの?」

と聞かれた時に、うまく答えられない、という方は、もれなく転職エージェントの利用をするべきだと言えます。

また、サントリーへの転職は、もちろんコーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、キャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因になります。

転職エージェントは無料でサポート(日程調整・書類の作成・面接対策)をしてくれます。

したがって、転職に対してそこまで前向きでは無い場合でも、一度転職エージェントに相談することをすべきだと考えています。

ただ、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの質によって左右されます。なので、優秀なエージェントに巡り会う確率を高めるために転職エージェントには2〜3社登録しましょう!!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント

30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。


転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18