営業職から企画職への転職のコツとは?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代~30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

企業の企画は、新人ビジネスパーソンや大学生たちの人気の仕事です。企画は創造的であり、アイデア力や発想力が求められ、会社の花形部署といったイメージがあるからでしょう。

しかし企業の社長や企画部門の管理職は、「地に足のついた仕事をしてきた人を企画職に就かせたい」と考えています。実際の企画の仕事では、1つひとつ積み上げていく地道な作業が多いからです。

そのため、営業職の経験がある人は企画職に向いているといえるのです。

企画職はどのような仕事?

企画職の仕事は、およそ次のような内容になります。

  • リサーチ
  • 商品企画、商品開発
  • 販売促進
  • 営業企画
  • 広告、宣伝
  • 広報、PR

リサーチ力がカギを握る

これらの業務の中で、企画職への転職を検討している方に注目していただきたいのはリサーチです。会社の命運をかけた製品やサービスの企画では、顧客や消費者の意向や市場動向、経済情勢などの調査(リサーチ)が欠かせません。

企画職は社内で「なぜその企画を提案したのか」「その企画が当たる根拠はどこにあるのか」と問われ続けます。いくら独創的なアイデアを出しても、リサーチに基づいた根拠を示すことができなければ企画案は実現しません。

営業活動と調査活動は似ている

営業職の方はいつも外に出て外部の人と接触するので、このようなリサーチが得意なはずです。外に向かってアンテナを立てる、という営業職の業務姿勢はそのまま企画の仕事に役立つはずです。

企画職に求められるスキルや適切な人は?

企画職に求められるスキルは、

  • クリエイティブ性
  • 社内コミュニケーション能力
  • ロジカル性

になります。

陳腐なアイデアは採用されない

先ほど「リサーチに基づいた企画が大切」と解説しましたが、いくら根拠があってもアイデアが陳腐では採用されません。クリエイティブ性は企画職に欠かせません。

よって、いつも「本当はこういう商品があったら喜ばれるのにな」と考えながら顧客回りをしている営業職は、企画職に向いているといえます。

社内の潤滑油的な存在

企画職は、開発、営業、広告、広報といった社内の多くの部署に関わることになります。企画職が各部署の特質や要望を把握しておかないと、企画が動き出してもスムーズに進まなくなってしまいます。そのためには社内コミュニケーション能力は不可欠で、ここでも営業で鍛えた外交力やコミュニケーション力が活きるでしょう。

できる企画職は段取りが組める

1つの企画は、発案→開発→試験→製造→広告・PR→営業→販売という過程を経て、消費者の元に「現物」となって届きます。企画職はこの流れの段取りを組み立てていかないとならないので、理論的に仕事を進めるロジカル性も必要になります。

自社製品と市場に愛着を持っていること

こうした基本スキルに加えて、企画職には、自社の製品やサービスに愛着を持ち、自社が属している市場に誇りを持っている人が適しています。

「自社製品で世の中を便利にしたい」「この業界を発展させたい」という気持ちが企画力の源泉になるからです。

このように並べてみると、企画職に必要なスキルは、営業職で求められるスキルとそれほど変わらないことに気付くのではないでしょうか。

営業から企画職への転職理由は?

営業経験がある人が転職によって企画職に就こうとしたとき、転職希望先企業の採用担当者は「それなりの理由」を知りたがります。

採用担当者を納得させる転職理由として、履歴書や採用面接では次のようにアピールしてみてはいかがでしょうか。

企画の仕事への情熱を語ろう

  • 前の会社では企画職への異動を希望していましたがかなわず、転職に踏み切ることにしました。
  • 企画職という「ものをゼロからつくりだす仕事」に関心を持っていました。
  • 御社の企画力にはいつも驚かされています。自分もその分野で活躍したいと思っていました。
  • 世の中の動向を読んだり、リサーチを行ったりして「いま必要とされるもの」をつくる企画の仕事を探していました。

「営業がつらい」とは言わないこと

転職理由では、決して「営業職がつらい」といったネガティブなコメントはしないほうがいいでしょう。採用担当者から「企画職は営業職より楽だと感じているの?」と思われてしまうからです。

営業職から企画職への志望動機は?

転職活動では、営業職から企画職への志望動機も尋ねられるでしょう。

営業職から企画職に転身する動機として説得力を持つのは「顧客や消費者と接してきた経験が企画職に活きると考えたから」という内容です。

「顧客の要望を自分の力で実現させたい」という気持ちを率直に伝える

営業職は、企画職や開発職がつくったものを、顧客や消費者に売る仕事です。営業職はいつも、顧客たちの生の声を聞いていることになります。

そこで営業職から企画職への転職を希望している方は、「顧客の要望を自分の力で実現させたい」という気持ちを、履歴書の志望動機欄につづってみてはいかがでしょうか。

採用面接では「こんな企画を提案してみたい」とPRできるといいでしょう。

まとめ~営業目線のある企画職は即戦力になる

顧客の喜ぶ顔が見たい営業職が、自分で新商品を考えることができる「企画職に進みたい」と考えるのは自然の流れであるといえます。

また、営業目線を持った企画職は、社内で重宝されるでしょう。「どのように売るか、どの顧客がこの商品やサービスを待っているか」というところから出発した企画力は、高い確率で消費者たちの心をつかむことができるからです。

営業職から企画職への転職をお考えの方へ

転職を成功させるためには自己分析が欠かせません
一人で自己分析をするのは、非常に困難かと思いますので、転職エージェントの利用をおすすめします。

ただ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきです

定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度、
まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性の転職に強みを持つ転職エージェント。
女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

特徴
【メリット】
  1. 女性のアドバイザーが担当!きめ細やかなサポートがウリ
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  3. 女性の転職に10年以上のノウハウ
【デメリット】
  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!
  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?

2018.10.25