帝人(TEIJIN)へ転職するには?評判や選考難易度などを徹底解説

帝人社員になるにはどのような準備が必要なのでしょうか。帝人で働く魅力なども含めてお伝えします。

帝人(TEIJIN)の事業内容・ビジネスモデル

帝人を支えているのは、マテリアル事業とヘルスケア事業の2本柱です。

それぞれの事業の特徴を見てみましょう。

マテリアル事業

マテリアルとは素材のことです。

帝人はポリエステルで繊維をつくっていますが、繊維は洋服の素材となります。

また帝人がつくっている炭素繊維は、航空機のボディや風力発電機の羽の素材になっています。

樹脂は、自動車部品やOA機器、食器、消化器の素材です。

ポリマーという化学原料は、医療、梱包容器、医療器具に使われています。

素材産業は価格競争にさらされやすく、一般的には花形分野ではないのですが、帝人は独創的なアイデアで生き残っています。

ヘルスケア事業

あまり知られていませんが、帝人は薬をつくる製薬メーカーでもあるのです。

帝人がつくっているのは、

  • 骨粗鬆症治療剤
  • 変形性膝関節症疼痛緩和剤
  • 経皮吸収型鎮痛消炎剤

といった薬です。

医療機器もつくっています。

ヘルスケア事業は「当たれば大儲けできる」ビジネスだけに成長が期待されます。

帝人は化学の会社

一見無関係に見える繊維などの素材と、薬などのヘルスケアに共通するのは化学です。

帝人は「ばけがく」の会社といえるでしょう。

帝人のそのほかの事業

素材や化学は日本の産業の根底をなす製品です。

つまり、帝人はどの産業にも進出できる可能性を秘めているということです。

そのため帝人ではマテリアルとヘルスケア以外にも、意外な産業に進出しています。

  • IT、ネットビジネス
  • LED照明
  • 工場の自動化システム
  • プラントのメンテナンス
  • 飛行機、自動車
  • 環境

このような分野に幅広く事業展開しています。

帝人のビジネスモデルとは

帝人のビジネスモデルは、次の1文に集約されています。

Human Chemistry, Human Solutions

人に配慮した化学技術で社会の課題を解決する、といった意味です。

もっと崩した表現で言い表すと「化学で人々を幸せにできることはなんでもやる」となるでしょう。

帝人(TEIJIN)の直近の業績や事業課題

帝人の業績は「悪い」わけではありませんが「絶好調」とも言えません。

「ライバル東レの後塵を拝している」との報道も

経済誌「ダイヤモンド」が2015年5月に、「赤字で汲々の帝人と、好調ライバル・東レの差とは何か」といった記事を掲載しました。

ユニクロのファーストリテイリングと協力してヒートテック素材を開発した東レに対し、帝人はリーマンショック(2008年)の後遺症を引きずっている、というのが記事の主旨です。

2014年度に最終赤字、直近でも減収

帝人の直近3ヶ年の業績は次の通りです。

  • 2014年度
    売上高7,862億円 純利益マイナス81億円
  • 2015年度
    売上高7,907億円 純利益311億円
  • 2016年度
    売上高7,413億円 純利益501億円

2014年度で純利益が赤字に転落し、その後2年連続で増益を果たしたものの、2016年度は減収になっています。

製品アイテム数の多さがネックになっている?

経済アナリストたちは、帝人の課題として、

  • 素材にこだわりすぎない商品開発
  • 事業間の連携
  • アイテム数が多い製品群の整理
  • サービス関連の充実

を挙げています。帝人の強みが弱みに変わっている、と見えなくもありません。

家具のニトリと共同プロジェクト

「東レがユニクロと組むなら」というわけでもないと思いますが、帝人は格安家具製造・販売大手のニトリと共同プロジェクトを立ち上げました。

帝人の人工皮革を使ったランドセルや燃えないカーテンなどを開発しました。

先ほど上がっていた課題のうち、

  • 素材にこだわりすぎない商品開発
  • サービス関連の充実

に対応する内容といえるのではないでしょうか。

帝人(TEIJIN)の仕事内容・職種

帝人の正社員総合職には事務系と技術系があり、仕事内容と職種は以下の通りです。

大卒以上が応募できます。

事務系総合職の仕事内容と職種

事務系総合職の仕事内容と職種には以下の4つがあります。

  • 素材営業
  • 医薬営業(MR)
  • 在宅医療営業
  • スタッフ(経理、人事、購買 他)

これは帝人のホームページからそのまま転載しました。

ホームページでは一般的に「重要な情報ほど上に置く」という法則があります。

その法則をこの表記に当てはめると、帝人の採用チームは素材営業職を最も重視していると推測できます。

「素材屋なので素材を売る人を求める」ということなのでしょう。

また医薬営業(MR)職があることに注意が必要です。

MRは病院の医師たちを相手に営業をかけなければならず、数ある営業職の中でももっともタフな営業のひとつと言われています。

技術系総合職の仕事内容と職種

技術系総合職の仕事内容と職種には以下の6つがあります。

  • 素材・材料系研究開発職
  • 医薬品研究開発職
  • 医薬品生産技術職
  • 臨床開発職
  • 医療機器エンジニア
  • 設備・製品エンジニア

こちらは卒業した大学の学部や専門課程に応じて配属が決まるでしょう。

理学部卒者は素材研究、薬学部卒者は医薬品研究、工学部卒者は医薬品生産といった配属が考えられます。

帝人(TEIJIN)の仕事のやりがい

帝人の仕事のやりがいは「社会が必要とするモノをつくり続ける」ことに尽きるでしょう。

また外国に拠点が多いので海外赴任を希望している方は帝人の仕事に大きなやりがいを感じることができるでしょう。

技術系社員はチャレンジが与えられる

技術系の人は、新しいものをつくったり、より良い製品をつくったりすることにやりがいを感じるのではないでしょうか。

素材メーカーである帝人は、さまざまな最終製品に関わることができるので、チャレンジできる仕事は多いといえるでしょう。

事務系も安心、学閥が少なく仕事で評価してもらえる

研究や開発に没頭できる技術系社員と異なり、事務系社員は社内人脈を築きながら仕事を進めたり昇格したりするので、転職では社内の風通しに良さを重視すると思います。

帝人は学閥がない企業として知られています。

もちろん完全にゼロではありませんが、東大閥、京大閥、早大閥、慶応閥といったクッキリとした「色分け」はありません。

帝人(TEIJIN)の評判・社風・カルチャー・口コミ

帝人社員による帝人の評判では、良いとする人と良くないとする人が二極化しているように見受けられます。

「帝人は働きやすい」とする意見

帝人の若手社員Aさんは、繊維から様々な分野に挑戦してきた会社だけあって、チャレンジすることをよしとしてくれる社風があると、自社を高く評価しています。

また社内に様々なジャンルのプロジェクトがあるので、自分の専門外のことを学ぶことができ、刺激が多い会社であると評しています。

中堅社員のBさんは「毎年組織の改編がある」として、とまどうことがあるとしながらも、あたかもベンチャー企業のように「変える」ことを恐れない会社の姿勢は「チャレンジ精神が豊富でよい」としています。

やはり中堅のCさんは、人事異動による配属先に希望が反映されないケースがあるが、風通しのよい社風に満足しています。

「帝人は働きにくい」とする意見

若手社員のDさんはトップや役員が変わるたびに方針が変わることにわずらわしさを感じています。

Eさんは、帝人のボーナス額が部署の業績によって変わることに不満を持っています。

儲かる部署に配属になるか、利益を出せない部署に配属されるかは、人事部や管理職の「さじ加減」で決まります。

Eさんは望んでいない部署に配属されて、その部署の業績が良くないためにボーナス額が減ることに不満を持っています。

帝人の事業戦略が他社の後追いになっていることに不満を持っているのはFさんです。

Fさんは、帝人には

  • 長期的な目標がない
  • 他部署との連携ができていない
  • フランクな雰囲気が年々なくなってきている

とも述べています。

帝人(TEIJIN)の面接・SPIなど選考難易度

中途採用で帝人に入社するには、書類審査と適性検査、2回の面接を通過する必要があります。

東大や京大を卒業した超エリートたちも入社することから、難関企業のひとつです。

内定までのフロー

帝人の中途採用者の内定までのフローは以下の通りです。

ホームページのエントリーシートに記載する
以下のURLから履歴書と職務経歴書をダウンロードして、入力のうえ送信する「TEIJIN|帝人キャリア採用情報 - エントリー

2~4週間後にメールで書類選考の結果が知らされる

1次選考は面接と適性検査(SPI)をおこなう。結果は7~10日後

最終選考は役員面接。結果は7~10日後

内定

面接のコツは「とにかく帝人を知ること」

面接では、国内外を含め転勤の可否を尋ねられます。

「転勤は絶対NG」という人は内定を得ることは難しいかもしれません。

少なくとも、転勤OKという人と転勤NGという人の能力が同じだった場合、転勤OKの人が採用される確率が高くなるでしょう。

帝人の現役社員の話を総合すると、配属部署の希望が通ることは難しそうです。

よって、中途採用での入社を目指す人は、帝人のホームページや経済誌の帝人の特集記事を熟読して、帝人の全体像をとらえておく必要があるでしょう。

「どの部署に配属されても一生懸命仕事に取り組みます」といった姿勢が歓迎されるかもしれません。

もちろん、意中の部署ややりたい業務を面接で述べることは大切です。

希望の部署を伝えたうえで、面接官からその部署以外に配属されたらどうしますかと聞かれたときに「与えられた任務をまっとうします」と即答できるといいでしょう。

内定をもらえるか不安がある人は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

帝人のような大手企業の求人は、リクルートエージェントのなどの大手エージェントが保有していることが多いです。

業界大手の転職エージェント

また、転職するべきか迷っている人は、帝人のような大手企業から直接スカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがオススメです。

帝人(TEIJIN)の給与相場

帝人の初任給は以下の通りです。高卒は採用していません。

  • 学部卒(大卒): 223,050円
  • 修士了(院卒): 252,450円
  • 博士了: 288,250円

このほかに、家族手当、住宅手当、通勤手などが支給されます。ボーナスは年2回、6月と12月です。

年間ベースでは、20代前半で大体400万円ぐらいです。

院卒の29歳で600万円程度です。

40代で800万円台に突入し、管理職40代は900万円に届きます。

帝人の収入についてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事をご確認ください。

関連記事帝人の年収っていくら?残業代やボーナスについても徹底解説!

帝人(TEIJIN)に転職をするには?

帝人(TEIJIN)に転職を希望する際は、転職を希望する人も多いため転職対策はしっかりとしたほうがいいでしょう。

また書類選考後面接でも上記のように、帝人(TEIJIN)ならではの質問をされることもあり、採用担当の人事の特徴などを把握している転職エージェントのサポートは受けておくことをオススメします。

他にも転職エージェントのサポートを受けるメリットとして、帝人(TEIJIN)のコーポレートサイトでは募集をしていない職種などの求人も非公開求人として、出ていることもあるため転職活動を進める際には登録をしておくのがいいでしょう。

しかし大手の転職エージェントが担当になるキャリアアドバイザーによって得意業界や、担当者の業界知識も人によって差があるのも事実。

そのため帝人(TEIJIN)への転職を希望する人は、1度いくつかの転職エージェントに登録をしてみて、実際に帝人(TEIJIN)への転職を希望していることを相談してみましょう!

下記のリンクからも今回紹介をして転職エージェントの登録が可能です。是非1度見てみましょう。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント