日本触媒に転職!まずは知っておきたい9ポイント!

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は日本触媒について、まとめました。

株式会社日本触媒って何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

皆さんは日本触媒について、どれほど知っていますか?あまり表には出てきませんが、世界トップクラスの技術・製品を持っている会社なんです。

その技術・製品とは、アクリル酸と高吸水性樹脂の研究・開発・製造です。

例えば、アクリル樹脂は、自動車塗料など塗料全般。高吸水樹脂は、紙おむつなのですが、世界の4分の1の紙おむつに日本触媒の技術が使われています。

「触媒」に特化した研究・開発・製造を行う会社、それが日本触媒です。

株式会社日本触媒の直近の業績は?

2015年度末で連結売上高2,940億円、経常利益245億円

2016年度末で連結売上高3,230億円、経常利益343億円となっています。

基礎化学品事業(アクリル樹脂など)では、国内での原料価格下落による販売価格の低下や、円高の影響などで減収となりました。機能性化学品事業(高吸水性樹脂)では、原料価格が下落したことに伴い販売価格が低下したことや円高の影響などにより、減収となりました。

しかしながら、機能性化学品を中心に販売数量増加を見込むことと、原料価格の上昇によって、販売価格の上昇が予想され、売上高は上昇して行くことが予想されています。

株式会社日本触媒の仕事内容・職種

現在は技術職のみキャリア採用で募集されています。

基本的には自社製品以外はライセンスでの技術提供を行っており、世界トップクラスの技術が事業のコアとなっていますので、募集も技術職が多くなっています。その中でも大きくは化学系か、エンジニア系(いわゆるハード)に分かれます。

非技術職系(営業、人事、総務など)は新卒採用で僅かしか採用がありません。

株式会社日本触媒の将来性は?

日本触媒の強みや今後の経営戦略についてお伝えできればと思います。

日本触媒の強みについては上述している通り、「技術」であり、世界トップクラスの「研究開発力」と「生産技術力」です。このコアコンピタンスを軸とし、現在進めている中期経営計画では、2020年には売上高4,000億円まで伸ばそうとしています。そのうち、10%を新規事業で占めるというのですから、今後の発展が期待されています。

株式会社日本触媒の仕事のやりがい

大企業ではありますが、常にチャレンジできる環境にあるようです。研究開発を軸に、多くの部門の人員が関わりますので、自分の任される業務をしっかりこなし、かつ連携をしっかり行ってステップアップして行けることをやりがいと感じる人が多いようです。

特に技術職については最先端技術を学び、実践出来ますので、大変やりがいを感じる方も多いです。

株式会社日本触媒の評判・社風・カルチャー・クチコミ(転職会議)

残業時間・休日や福利厚生制度は充実しています。これは大手企業だからこその部分もありますが、しっかりした経営基盤があるが故に、社内制度を整っているとも言えます。

また、社内制度については、職務に必要な研修は適時行われることでスキルアップと業務遂行能力を高められるようです。

どちらかというと、ベンチャー企業のようにどんどん自ら率先して仕事をして行くよりは、任される仕事をしっかりこなして行くといったことが求められています

株式会社日本触媒の面接・SPIなど選考難易度

選考については、書類選考→面接→採用という一般的な流れとなります。

経営計画にもあるように、売上を伸ばし世界進出を加速させ、かつ新規事業で売上を作るため、個々の能力の最大限の発揮と最大限の成果が求められています。「自律性」「柔軟性」「専門性」「国際性」を持ち、次世代に向けて技術的にもアイデア的にもチャレンジして行けるような人材が活躍できると思われます。

面接では自分の培ってきたものはもちろん、会社のベクトルに自分がどうコミットメントできるかをしっかり伝えましょう。

株式会社日本触媒の年収相場(給与)は?

専門性の高い事業を行っているので、年収相場は高いようです。年収で、800万円前後といったところでしょうか。(技術修練度や、成果などにもよります。)中小企業に比べると、福利厚生面の充実もしていますので、相対的にも収入については不満は出ていないようです。

株式会社日本触媒に転職をするには?

日本触媒の求人は、大手の転職エージェントか、大企業に強い中小エージェントに非公開求人として、依頼する事が多いです。

日本触媒のような大手企業への転職は、様々な職種に分かれているため転職後の配属先や給与面の交渉など自分一人ではしづらい事も代わりに行ってくれるため転職エージェントの利用は非常に有効です。

しかし大手の転職エージェントでも担当になるキャリアアドバイザーによって得意、不得意もあるので、まずは複数の転職エージェントへ登録をしてみて一番自分に合うエージェントを見つけるよう能動的に動けるよう意識しましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08