ファイザーへ転職!押さえておきたい8ポイント!

こんにちは、自立型人材の転職・キャリア支援に特化した転職エージェント、アクシス代表の末永 雄大(すえなが ゆうた)です。

弊社運営サイト転職エージェントが語る「すべらない転職」では、主に20代〜30代前半のビジネスパーソンを対象に、転職者に向けて転職のプロがぶっちゃけで転職やキャリア形成ノウハウをお伝えしています。

今回は外資系製薬メーカーのファイザーについてまとめてみました。

ちなみに、すでにファイザーへの転職を考えている人は、外資系などハイレイヤー層に強いビズリーチへの登録をオススメします。

ファイザーって何している会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

ファイザー株式会社は、アメリカが本社の外資系製薬メーカーで、医療用医薬品を扱っています

世界150ヶ国、約7万人の従業員が働く、業界最大手のグローバル企業です。その世界ベースのネットワークで強靭な研究開発体制を持ち、革新的な医薬品の研究・開発・製造を手掛けています。循環器、中枢神経、疼痛、炎症・免疫、がん、希少疾病、ワクチン、感染症、泌尿器、眼科など幅広い領域の疾患に対する新薬を提供し続けています。

ファイザーの直近の業績

製薬業界は、2年ごとに行われる薬価改定が売上や利益率に大きく影響します。2016年の薬価低下は近年でも著しく、前年比4.7%の売上減となっています。ただ、ファイザーの主力商品の売上数は安定して伸長しているとのことです。新しい日本承認取得に向けた取り組み、また産業、官公庁、研究機関との連携によるイノベーション開発も活発に行われています。

ファイザーの仕事内容・職種

メディカル&サイエンティフィックリレーションズ(MSR)

トップレベルの医師たちと交流や信頼関係を構築して、医療関係者からの洞察収集、情報提供を行ないます。各疾患領域のメンバーたちと連携して、自社の戦略決定を行なっていきます。

オンコロジー(腫瘍分野)担当プロジェクト・マネージャー

さまざまなステークホルダーと連携し、リソースマネジメント(人・モノ・予算)、リスクマネジメント、アッセトレベルでの開発計画策定などを行ないます。プロジェクトの計画立案や各担当者との情報共有、継続的な改善を行う管理職ポジションです。

データ解析グループスタッフ

ファイザージャパンの新薬開発での臨床試験のデータ解析とその結果を国内外のグループに発信します。承認取得への貢献だけでなく、開発過程から製造販売後に至るまでの製品価値最大化のための結果提供です。

ファイザーの仕事のやりがい

営業系

医療、薬学が専門分野の人にとっては先進の新薬開発、ドクターとの関わりの中で自分の知見を広げていけることが魅力となるでしょう。提案業務の多様性にやりがいを感じる人も多いようです。会社ブランドの高さが後押しして、実績ややりやすさにつながるようです。

技術系

プロジェクトで進めていく業務も多く、専門領域の知識やスキルとともにリーダーシップが要求されます。

プロジェクトを進めるための共同メンバーが世界を跨ぐことも頻繁なため、先進の情報に触れられることや各国と切磋琢磨できる環境も魅力ではないでしょうか。薬事法、販売法、関連企業との絡みなどさまざまな制限を受けつつも、世の中に出せた製品が、病気で苦しむ患者の治療や貧困層の健康向上に役立つことを聞いてやりがいを感じる人は多いです。

ファイザーの評判・社風・カルチャー・口コミ(転職会議)

福利厚生はかなりの充実度だと評価する声が多いです。グローバルに活躍することを常に意識できる点も魅力のひとつで、向上意識の高い人ほど、キャリアアップの機会を掴んでいるようです。休暇が取りやすいというのも外資系ならではのようです。

ファイザーの面接・SPIなど選考難易度

自社サイトや転職サイトをとおして書類選考に応募し、面接となりますが、ホームページには、面接について予備対策が紹介されています。行動の説明が求められるコンピテンシー面接が行われるようです。準備しておいたほうがよさそうですね。また、ファイザーでの職務は、業界の専門知識や資格、さらに高度な英語力が必要となってきます。

ファイザーの年収相場(給与)は?

全体での平均は約740万円となっています。年代別には、20代MR職で640万円前後30代専門技術職で800万円40代になると営業系のMR職でも1,000万円の大台に乗る人も少なくないようです。コミットした目標に対する達成度での昇給・賞与設定となっています。

高年収を狙いたい人向け!企業から直接スカウトメールが届く会員制転職サイト「ビズリーチ」での転職を検討してみませんか?

ファイザーに転職をするには?

製薬会社大手のファイザーに転職を希望する際は、転職を希望する人も多いため転職対策はしっかりとした方がいいでしょう。また書類選考後面接でも上記のように、ファイザーならではの質問をされることもあり、採用担当の人事の特徴などを把握している転職エージェントのサポートは受けておくことをオススメします。

他にも転職エージェントのサポートを受けるメリットとして、ファイザーのコーポレートサイトでは募集をしていない職種などの求人も非公開求人として、出ていることもあるため転職活動を進める際には登録をしておくのがいいでしょう。

しかし大手の転職エージェントが担当になるキャリアアドバイザーによって得意業界や、担当者の業界知識も人によって差があるのも事実。そのためファイザーへの転職を希望する人は、一度いくつかの転職エージェントに登録をしてみて、実際にファイザーへの転職を希望していることを相談してみましょう!

下記のリンクからも今回紹介をして転職エージェントの登録が可能です。是非一度見てみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18