2019.09.13

カネカに転職(中途採用・求人)するには?

この記事を書いた人

アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

Profile 新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。
2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。
Yahoo!ニュース(個人)・オールアバウトガイドなどのメディアに転職のプロとして記事を寄稿している

株式会社カネカは、連結従業員数約1万人、年商約5,500億円の東証一部上場企業です。優良一流企業であることは疑いようがなく、「カネカで働きたい」と考えている人は少なくないはずです。

しかしカネカが何をしている会社なのか正確に把握している方はそれほど多くはないのでしょうか。「カ」ガクで「ネ」ガイを「カ」ナエル会社というくらいなので、化学の会社であることは分かりますが。

正直カネカを一言で表すと「よく分からないけど魅力ある会社」かもしれません。

今回はそのため、今一度「カネカ」に関してより深く、実際に「カネカ」に転職をするための転職ノウハウをレクチャーしていきます。

カネカって何している会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

カネカが「よく分からない会社」なのは、最終製品をつくらない典型的なBtoB企業だからです。一般消費者がカネカ製品を見ることはまずないでしょう。

11部門71種の事業がある

カネカのホームページを見ると、11部門に71種の製品・事業があることが分かります。

一例を紹介しますと、11部門の中に「ビニルおよびクロールアルカリソリューションビークル」という部門があるのですが、ここでは化成品、塩化ビニル樹脂、架橋PVC、塩ビ-酢ビ系樹脂、塩ビペースト樹脂、塩素系アクリルグラフト共重合樹脂、CPVC(塩素化PVC)、塩ビコンパウンドの8種類の製品を製造しています。

大学の化学系学部を出た人以外、カネカの製品ラインナップだけを見て何をしている会社かをイメージすることはできないでしょう。

企業が必要とするモノをつくる企業

経済誌はカネカを「化成品や樹脂、医療関連や食用油脂などを製造している企業」と表現しています。

化成品とは、さまざまな工業製品の製造に使われる基礎原料で、塩酸や苛性ソーダ、塩素などが該当します。樹脂の1つである塩化ビニル樹脂は、プラスチックの1つでこれも工業製品には欠かせない原材料です。

医療関連では、心臓の血管や脳の血管の詰まりを治すカテーテルや、人工透析で使われる血液浄化システムなどをつくっています。

食用油脂とは、マーガリンやチョコレート、ホイップクリームなどにまぜるものです。

カネカは、世の中に必要なモノをつくり出す企業が必要とするモノをつくっているのです。

カネカの直近の業績や事業課題は?

カネカの直近の業績は次の通りです。

  • 売上高:2015年5,522億円、2016年5,552億円、2017年5,482億円
  • 当期純利益:2015年180億円、2016年210億円、2017年205億円

2017年はわずかながら減収減益になっています。

この要因についてカネカは、円高が進んで輸出産業のエレクトロニクス企業や繊維企業の生産が減り、そのような企業に材料を供給しているカネカも影響を受けたと見ています。

一方でカネカは、

  • 新製品やスペシャリティが高い製品
  • 化成品
  • 機能性樹脂
  • ライフサイエンス
  • 食品の新製品

といった事業で収益が拡大していると説明しています。円高の割には好調だった、と考えているようです。

カネカの仕事内容・職種

カネカが募集しているキャリア採用(中途採用)の職種は次の通りです(2018年3月現在)。

  • IoT(モノとネット)、AI(人工知能)関連技術者
  • 食品事業のエンジニア
  • 医療機器の薬事業務
  • 太陽電池事業の技術者
  • 高性能リチウムイオン二次電池の開発者
  • ハイブリッド蓄電システムの設計者

理系の人材の中でも、すでに専門分野が確立して一定の実績を持っている人を求めているようです。

IoTもAIも、医療もリチウムイオン二次電池も次世代の産業を担う分野です。こうした事業に力を入れていこうという社の姿勢が、求人戦略からもうかがえます。

カネカの仕事のやりがい

カネカでの仕事はやりがいが大きいといえるでしょう。日本のものづくりが他の先進国や新興国に押されて、陰りが見えているのは周知の通りです。

新技術はすぐに陳腐化してしまうので、製造各社は常に高い付加価値を追求しなければなりません。

カネカの社員は、製造各社のそのような高度な要望に応えていかなければなりません。

カネカのキャッチフレーズは「もっと、驚く、みらいへ。」です。新しいことをしたい人には、カネカは良い企業といえそうです。

カネカの評判・社風・カルチャー・口コミ(転職会議)

カネカの社員は総じて安心して働いているようです。

ある主任は、カネカの長期ビジョン「UNITED宣言、2020年に売上1兆円」を好意的に受け止めていて「社員のモチベーションが高まっている」としています。

率直に「非常に働きやすい環境。上司の人柄も良い」という声もあります。

ただもちろん、ネガティブな意見もあります。

「ダイナミックな投資ができず、八方美人的にちょこちょこと稼ぐ体質」と手厳しい社員もいます。

20代後半の営業系の女性は、カネカの古い企業体質と絶対的な力を持っている上司に嫌気をさして退職しています。

カネカは1949年設立の一部上場企業ですので、「大企業病」はそれなりに見られます。

しかしそれは致命的なものではなく、むしろ社員たちは、日本の産業を支えているという使命感を持って働いている人が多い模様です。

カネカの面接・SPIなど選考難易度

カネカへの転職を希望する方は、カネカの公式ホームページの「採用情報」画面を開き、「キャリア採用情報」のページを開いてください。

そこにエントリーシートがあるので、それに個人情報を入力していきます。 参考:カネカのキャリア採用情報ページ

その後、履歴書と職務経歴書を郵送し、書類審査に合格するとSPI試験を行います。

採用面接は2回行います。

カネカは入社難易度が高い会社です。転職を希望している人は、職務経歴を詳細に記述するひつようがあるでしょう。

または、ポートフォリオをつくることができる方は、履歴書・職務経歴書と一緒に送付したほうがいいでしょう。

カネカの年収相場(給与)は?

カネカの中途採用者の最低初任給は、博士272,000円、修士240,400円、学士(学部卒)224,000円です。これに年齢や経験などが加味され、加算されることがあります。

入社7年目32歳、技術系の社員は年収550万円で、「福利厚生は充実している。課長クラスで1,000万円らしい」と述べています。

入社4年目、修士卒、ライフサイエンス、年収500万円弱の方は「サービス残業なく、しっかり残業代を支払ってくれる。

高卒者の給与レベルが高いので、大卒者の給料はやや低いと感じるが満足できる」と言っています。

そのほか、入社8年目の研究開発部門で年収600万円、入社20年、38歳課長、年収1,000万円といった情報があります。

カネカへの転職をお考えの方へ

カネカへの転職は、大手の転職エージェントか、中小エージェントに非公開求人として、依頼する事もあります。

コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。

仮に転職に自信があったとしても、転職エージェントは無料でサポートをしてくれるので、受けた方がいいでしょう。

また自分一人では面倒な面接の日程調整や対策をしなければならず、そのような手続きを代わりにしてくれるなどマイナスにはなりません。

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

おすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は必ず登録しておきましょう。

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 10万件を超える求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

JACリクルートメントに
相談する

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

既卒・正社員経験が少ない方向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

未経験OKの若手向け求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(東京、神奈川、埼玉、千葉)と西日本(大阪、愛知、福岡)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 未経験OKの優良企業の求人が2,300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。