カネカの年収っていくら?残業代やボーナスについても徹底解説!

カネカの平均年収がどれぐらいなのか、転職のプロがズバリ解説します。

また、職種別や競合他社と比較した給与水準、残業代・ボーナスなどについても分かりやすく紹介します。

カネカの平均年収は765万円

2020年6月に公開された有価証券報告書によると、カネカの平均年収は765万円です。

dodaの「平均年収ランキング最新版(業種別)」を見てみると、メーカー業界の平均年収は454万円となっています。その中で化学メーカーの平均年収は459万円であるというデータが出ています。

カネカの平均年収は業界の平均年収よりも高いことがわかりますね。年に1回昇給制度が設けられているため、実績・貢献が評価されれば、それだけ給与アップが見込めるでしょう。

ちなみに、カネカの平均勤続年数と平均年齢は以下の通りです。

勤続年数 17.3年
平均年齢 40.9歳

カネカの平均勤続年数は、国税庁が発表している「民間給与実態統計調査(平成30年度)」の平均勤続年数12.2年よりも長くなっていますね。

大手企業カネカへ転職するには

カネカへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。

なぜなら、カネカのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。

また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から面接対策までおこなってくれます。転職エージェントを利用することで内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

業界大手の転職エージェント

転職エージェントの他に、スカウト型の転職支援サービスに登録するのもおすすめです。

なぜなら、カネカだけでなく、同業他社の人事やヘッドハンターからオファーが届く可能性があるからです。

転職はしたいけど、希望する求人がない人は以下で紹介するビズリーチに登録し、オファーが届くのを待つのも1つの方法です。

スカウト型の転職支援サービス

  • ビズリーチ
    人事やヘッドハンターから直接オファーが届く!

カネカの平均年収の推移

カネカの過去5年間の有価証券報告書を参考に、平均年収の推移を以下の表にまとめてみました。

2014年度 743万円
2015年度 746万円
2016年度 756万円
2017年度 747万円
2018年度 753万円

上記の平均年収の推移を見てみると、安定傾向にあるのがわかりますね。カネカの営業利益は2014年の時点で246億円となっており、2017年では368億円、そして2018年では360億円となっています。

2014年と比較をして2017年には営業利益が増加していますが、その後少しずつ減少傾向のようですね。

ただ、大きく下がっているわけではないですし、「2020年に海外売上高比率70%」の長期ボジョンを定め、グローバル化も進めています。

カネカの職種別平均年収

2020年6月時点のOpenworkによると、カネカの職種別平均年収は以下のようになっています。

営業系 655万円
企画・事務・管理系 571万円
医薬・化学・素材・食品系専門職 630万円

上記の職種別平均年収は現役社員・元社員の回答を元に算出されており、もっとも高いのは企画・事務・管理系となっています。

製品の研究・開発、製造などをおこなう専門職の平均年収は630万円となっています。

回答人数や回答者の役職などにもよって平均年収は変わってくるので、参考程度に見てもらえればと思います。

カネカと競合他社の年収比較

カネカと同じメーカー業界「クラレ」「日本ゼオン」「デンカ」の3社との年収を以下で比較してみました。

各社それぞれ、2020年6月時点に提出されている最新の有価証券報告書に記載されている平均年収を元に比較をしています。

カネカ 765万円
日本ゼオン 736万円
デンカ 723万円
クラレ 699万円

この中でカネカは1番目となっています。一方、この中でもっとも低いのはクラレですね。

カネカの給与水準はそこまで高くはありませんが、昇給制度が年に2回用意されています。能力と業績により評価されるため、良い業績を残せばそれだけ給与アップの見込みがあります。

ただ、平均年収は各企業の業務形態や事業内容などによって変わってくるため、上記の平均年収比較は参考程度で見てください。

カネカの残業代・ボーナス・昇給制度

カネカの残業代・ボーナス・昇給制度について、以下で詳しく紹介します。

カネカの残業代

カネカは基本的にはみなし残業というものがなく、残業した際にはきちんと残業代が支給されるようになっています。

残業代は1分単位でつけることが可能ですが、その部署によっては残業代が支給されにくいケースもあるようです。

部署により、残業が多かったり残業削減に力を入れていたりと変わってくるみたいです。ですので、残業に関する詳細情報を知りたい人は、口コミサイトでより詳しくチェックするのが良いかもしれませんね。

カネカのボーナス・昇給制度

カネカのボーナスは年に2回あります。その年度での業績や貢献に応じて評価されてランク付けされ、その評価に基づいて賞与の金額が決定されるようになっています。この際、フィードバックもしっかりされるそうです。

一方、昇給は年に1回あります。昇給は業績や貢献度ではなく、ある程度年功序列で昇格していくそうです。30歳をすぎると数年に1度昇格試験があり、筆記テストや論文、面接があります。

もちろん、個人の業績や役職によっても大きく変わってくるので、人によりボーナスの支給額や昇給額には違いが出てきます。

カネカの年収に対する評判・口コミ

カネカの年収に対する評価を集めてみました。

現役社員・元社員が年収に対して、どのように思っているのか、参考にしたい人はぜひ目を通してみてください!

良い評判・口コミ

医薬・化学・素材系・20代

とくに人事評価で差がつくようなこともなく、年功序列で昇給や昇格が決まっていくので、精神的なプレッシャーはそれほど多くないように感じますね。

日本的な人事評価をおこなっている印象。とくに変わった制度はないように感じる。

営業・20代

給与制度は年功序列です。他のメーカーと比べて謙遜ない給与がもらえていると思います。扶養手当や子供手当も手厚く、各種手当も充実しています。

30歳を過ぎると昇格試験を受けて、主任になれます。主任になれると一気に年収が上がりますよ。

その他・20代

おそらく同世代と比べると給料はいいほうだと思います。ボーナスも平均よりは上かなといった感じですね。

福利厚生も素晴らしくいいので、自分の負担は少ないかと思います。

悪い評判・口コミ

医薬・化学・素材系・30代

人事評価の方法は細かく規定されているが、実際のところは、1次評価者による裁量がすべて。

上司に好かれていれば、目標を達成できなくても技術スキルを持っていなくても良い評価がもらえる。

一方で上司に好かれていなければ、極端に悪い評価もつく。

研究開発・30代

能力や成果を評価されれば給与は上がる仕組みにはなっていますね。ただ、どうしても年功序列になってしまうところがあるので、入社後すぐに給与をあげるのは難しいです。

自己評価と上司の評価があり、達成度や能力を評価されますが、個人の感覚なので曖昧なところがありますね。

企画・事務・管理系・20代

給与水準はメーカーとしては一般的な水準だと思う。

工場の三交代職員は手当もあつく高待遇だと思うが、オフィス勤務は残業申請がしづらい部署もあり、同世代と比較しても低いのではないかと思う。

年功序列色もまだまだ残っているため、賃金上昇カーブはなだらか。

カネカへの転職を成功させるコツ

カネカへの転職の難易度は高いです。なぜなら、大手企業の1つで人気があることに加えて、即戦力を求めているからなんです。

理系の人材の中でも、すでに専門分野が確立していて一定の実績を持っている人材を求めて採用をおこなっています。

だからこそ、自分1人で直接応募するよりも転職エージェントなどを利用して、転職や就職のサポートをしてもらいながら活動を進めるのがおすすめです。

ただ、そのキャリアアドバイザーによってサポート力やスキルに違いがあるので、2社〜3社に複数登録すると相性の良いキャリアアドバイザーと出会えるので、安心だと思います。

また、転職するべきか迷っている人は、カネカのような企業からスカウトされる可能性があるビズリーチに登録するのがおすすめです。

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント