新しいメディア事業で成長中!AbemaTVに転職(中途採用)するには?

スマートフォンやタブレットでAbemaTV(アベマティーヴィー)を利用したことはあるでしょうか?

AbemaTV は、無料(有料会員もあり)・24時間編成・多チャンネルを特徴とするインターネットテレビです。

開局5ヶ月でアプリのダウンロード数は1,800万、20185月時点で3,000万を超えていることからも注目度の高さが伺えます。

今回は新しい事業の形として注目されるAbemaTVへの転職について分かり易くご説明します。

株式会社AbemaTVって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

AbemaTVは多数の専門チャンネルを無料で視聴できるインターネットテレビ局の運営を行なっている会社で、20154月にサイバーエージェントとテレビ朝日の合弁企業として設立されました。

社名は、サイバーエージェントの自社サービスブランドである「Ameba(アメーバ)」をもとに、ブランドの延長線上であることと、新しさをアピールすることを目的に付けられました。

サイバーエージェントで「グループ全体で100個事業を作る」というビジョンの一環で設立されました。

放送される内容は、報道やスポーツ、ドラマやアニメ、バラエティーなど多岐に渡り、30を超えるチャンネル数を保有しています。

オリジナル番組やテレビCMの制作も行なっており、制作にはテレビ朝日が参加するケースがあります。

番組の特徴のひとつはTwitterと連携してコメント入力が可能なことです。

視聴者の参加意識を喚起するとともに、番組によってはそのコメントを利用したアンケートを備えているものもあります。

︎︎︎︎︎︎【無料】AbemaTVへの転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

株式会社AbemaTVの直近の業績と今後の成長性

AbemaTVの主な収入源は広告収入です。

20181月に放送されたテレビ番組の中で、藤田社長は毎年200億円程度の赤字が続いていることを明かしています。

しかし、AbemaTV のビジョンは「インターネット初のマスメディアになる」こと。

ビジネスモデル自体が新しいこともあり、藤田社長は現在の状況を「新規事業として今後大きく成長していく為に積極的に先行投資している。」と説明しています。

藤田社長の言葉を裏付けるように、ダウンロード数は開局以降3ヶ月で500万、1年で1,500万、2年を経過した現在は3,000万と順調に拡大していることと、番組によっては総視聴回数が500万を突破するコンテンツの発掘力、オリジナル番組の制作力は着実に向上が見られます。

事業の拡大に伴う利便性の向上も意識されています。

利用促進を図る上で通信量削減可能な「通信量節約モード」の設定や、見逃した番組をいつでも視聴可能な「AbemaTVビデオ」のテレビデバイスへの対応などの取組みを積極的に行なっています。

このような背景と、母体であるサイバーエージェントが5期連続増収、資産を着実に増やしていることからも、AbemaTVの成長性は問題ないと判断できます。

︎︎︎︎︎︎【無料】AbemaTVへの転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

株式会社AbemaTVの本社・オフィスの場所

AbemaTVの本社はサイバーエージェントが入る建物に同居しており、場所は渋谷駅から直線距離で500m弱のところに位置します。

賑やか過ぎず便利な立地で、オフィス内部は部署間の垣根もなくオープンなレイアウトをとっており、備品や内装も使い勝手が重視されて、クリエイティブな環境が意識されています。

ミーティングスペースも充実していますが、面白いのが「精神とテクの部屋」の存在。

よりシンプルに部屋が作られており、照明を落とした部屋もあるなど、エンジニアとデザイナー専用に集中してクリエイティブを生み出す空間として活用されています。

︎︎︎︎︎︎【無料】AbemaTVへの転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

株式会社AbemaTVの中途・キャリア採用情報

それでは、現在AbemaTVが募集しているいくつかの職種と業務内容、やりがいについてみていきましょう。

企画戦略プロデューサー

ドラマやドキュメンタリー、リアリティーショーといった他のプラットフォームでも配信されているチャンネルをどうすればAbemaTVで観てもらえるのかを考えて、チャンネルの設計や放映する番組の選定を行ないます。

具体的には、チャンネルの事業設計や番組自体の編成を行なう戦略設計や番組の買付け業務、プロモーション企画の立案、視聴データの分析を行ないます。

これらの業務は、新しいメディアサイトとして注目されるインターネットテレビ局を通じて新しい流行を作ることや、国内で未放送の番組を発掘して放送することにやりがいを見出せる職種です。

映像クリエイター

AbemaTVで放送される番組の宣伝やオープニング、エンディングのオリジナル映像の制作を行います。

これらオリジナル映像は視聴者のAbemaTVに対するイメージに直結するため、非常にやりがいのある業務と言えます。

AbemaTVは自社内に撮影スタジオを持つことから、自由に企画・演出を行なうことができることが特徴的です。

特に映像品質には「AbemaTVクオリティ」として高いこだわりを持っており、地上波を超える映像品質を本気で追求しています。

この職種で求められる必須スキルは、Adobe After EffectsAdobe Premiereでの動画編集経験が1年以上あること。その他映像業界での音楽PVCM制作といった動画編集経験を要求されます。

QAエンジニア

インターネットテレビ局に求められる品質を担保するためのシステム開発や検証・保証業務といった、映像クリエイターと連携して求められる映像品質を実現する業務を行ないます。

具体的には、テスト自動化の取組みに関する開発やコードメトリクスの測定・解析。テストアーキテクチャやテスト戦略の策定を行ないます。

求められるスキルとしては、Webアプリの開発、テストアプリの実装経験やモバイルアプリ開発環境に対する静的解析ツールの導入経験があります。

これらの業務は「テレビが当たり前に見られること」を追い求めることに繋がります。

普段テレビを見ていて音声が途切れることや、番組が映らないことはありません。

ネット経由で起こり得る様々な障害を排除し、同じサービスとの比較において、圧倒的に高いクオリティを感じさせる映像を提供することにやりがいを見出せる職種です。

企画営業

テレビCMでよく目にするようなナショナルクライアントに対する広告営業が主な業務内容です。

新しい事業として注目されるインターネットテレビ局というメディアを武器に、いかにアピールするかを企画・提案します。

新しいメディアであるが故に広告の新しい市場を作ることにやりがいを見出せる職種です。

法人に対する営業経験の他、オリジナル番組を映像クリエイターなどと制作する機会もあるため、一般的に営業職に求められるコミュニケーション力や論理的思考力は必要で、入社時の面接でもこの辺りは確認されます。

︎︎︎︎︎︎【無料】AbemaTVへの転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

株式会社AbemaTVの社風・カルチャー

サイバーエージェントの事業の一環として事業の拡大と進化を図るAbemaTVですが、どのような人がどのような環境で働いているのでしょうか?

どんな人が働いているのか?

インターネットテレビ自体がそもそも新しい事業であることから、AbemaTVでは新しいことに積極的にチャレンジすることや、同様のサービスに対していかに優位性を発揮するかといった自分の携わる業務に高いプライドとこだわりのある社員が多く働いています。

また、サイバーエージェント内で積極的なジョブチェンジが行なわれていることから、グループ内で様々な経験を積んだ人材が集まっています

番組の調達過程における社外交渉やデータ分析、プロジェクトの推進や企画立案において、過去所属していたセクションでの経験が活かせる職場です。

20174月にはサイバーエージェントに約60名の新卒エンジニアが入社。

AbemaTVは立ち上げ期であることから、経験を積ませることと新しい視点で課題に対処することを目的に優秀な新卒社員を積極的に登用しています。

AbemaTVは社員とテレビ朝日をはじめ外部のテレビ番組制作会社のスタッフが協業して優れた番組作りと映像品質の向上に取り組んでいる会社です。

働く環境は??

それぞれ自分のスキルにこだわりを持って新しいことにチャレンジする技術系社員も多く集まる職場ですが、職場の雰囲気自体は明るく気軽に企画や技術の話ができる環境にあるようです。

それは、サイバーエージェントの社風として飲み会など社員の交流機会が多く、業績目標を厳しく追求するというより、良かったら表彰されるといったカルチャーの影響を少なからず受けていることが理由としてあります。

昨今IT業界ではエンジニアといった技術職が企業を選ぶ時代になっていることから、働く環境の改善においてもAbemaTVは積極的

エンジニア向けに「ENERGY」という人事制度を作り、携わる業務やプロジェクトの在籍2年でFA権が行使できることや、最新情報を得ることを目的に海外でリモートワークが可能な制度を設けています。

中途採用に関して、過去の業績やスキルを重視するというより、入社後の可能性を重視する選考を行うことから、入社時研修やフォロー研修、マネージャー昇格時研修等研修制度など育成の仕組みは充実しています。

仕事に対する姿勢として、残業してでもその日の業務は「やりきる」という傾向があるようですが、サイバーエージェント全体としてみた場合、月の残業時間の平均は43時間、有給消化率55%といったデータもあることから一般的な労働環境と言えます。

︎︎︎︎︎︎【無料】AbemaTVへの転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

株式会社AbemaTVの年収相場(給与)は?

社員や元社員の投稿サイトで確認したAbemaTVの平均年収は558万円(四季報)。

回答した社員の平均年齢が28歳であることを考慮すると一般的な年収比較において高めと言えます。支給については年俸制が採用されており、年俸額が12分割されます。

また、営業や事務系と比較して、エンジニアなどの技術職は150万円程度年収が高い傾向にあるようです。

︎︎︎︎︎︎【無料】AbemaTVへの転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!

株式会社AbemaTVへの転職ならアクシスに無料相談しませんか?

転職エージェント・アクシス代表の末永が親身になってサポートします。

一般的に転職では「持っている知識・スキル」「経験」が重視されますが、ベンチャー企業の採用では同等かそれ以上に、「社風・カルチャーへのマッチ度」が大切にされます。

企業の理念や今後の成長方向性、社員が大切にしている価値観について深く理解した上で「自分がその環境にマッチした人材である」と面接官を説得する必要があるのです。

面接で相手を納得させるには、相手の目線を踏まえた上でこれまでの経験や転職理由、自己PRの話し方を工夫する必要があります。

そういった面接対策は一人で行うのは難しいですから、何百人もの転職者を見てきたエージェントに相談するのが一番です。

AbemaTVへの転職をお考えの方はぜひ弊社エージェントサービスのご利用もご検討ください。

転職エージェントのアクシスは以下の分野を得意とする転職エージェントです。

  • IT業界
  • Web業界
  • 人材業界
  • 広告業界
  • ベンチャー企業・スタートアップ企業

面接対策は企業ごとにお手伝いさせていただきますし、自己分析やキャリアプランの設計から手厚くサポートいたします。

⬇︎⬇︎サイバーエージェントグループへの転職は、ぜひ一度弊社へご相談ください⬇⬇︎

︎︎︎︎︎︎【無料】AbemaTVへの転職なら、元リクルートの転職エージェントにぜひご相談ください!