転職活動の貯金はいくらあると安心?ない場合に取るべき行動は?

仕事を辞めてしまうと、空白の期間つまり「無職」になってしまいます。

安心して転職活動を進められる貯金はいくら必要なのかをお伝えします。

転職活動を始める前に貯金額を確認する

転職活動を始めるなら貯金は、給与×3ヶ月分は必要です。

なぜかというと、転職エージェントなどのサービスを利用する場合、内定通知を得るまで長い人で約3ヶ月程度はかかるからです。

当然ですが、内定獲得できない場合、貯金はさらに必要になります。転職は、結婚といわれるぐらいです。自分に合う会社と巡り合うのことがとても重要です!

そのため、余裕を持って転職活動を進めるには貯金があると安心です。

もし金銭的に余裕がないのなら、1度転職の考えを踏みとどまってみるのも1つ手です。 お金が、どうしても掛かるものになるので、ある程度の蓄えをしてから転職活動を始めましょう。

理想は、在職中に転職活動をスタートすることです。

転職活動に必要な経費・内訳

転職活動を進める中で、予想をしていたよりも費用がかかったと答えている人が多いです。

転職活動でお金を消費した割合

エンジャパンの「転職活動中の消費について」によると、60%の人が想像よりも費用がかかったと答えています。かかる費用に関しては、少なくともスーツなどの「衣服・クリーニング代」、面接会場までの交通費などの「移動・宿泊費」、資格取得などの「勉強代」などです。

転職活動の期間が、かかればその分お金も必要です。さらに詳しくかかる諸経費をみていきます。

転職活動中に必要な諸経費

転職活動中に必要なお金は以下のものがあります。

  • スーツなどの衣服・クリーニング代
  • ビジネスグッズ
  • 資格取得や各勉強代
  • 面接会場までの交通・宿泊費など

エンジャパンの「転職活動中の消費について」によると、上記の他にも以下のことにもお金がかかったという結果が出ています。

転職活動中における消費物

衣服の買い替えが69%、ビジネスグッズの購入が43%となっており、多くの人が転職活動のためにスーツなどの新調やカバンの購入をしていることが分かりますね。

また、38%の人は選考時のアピールポイントとして資格取得のための勉強にお金を使っていると回答しています。

そこまで多くはないのですが、9%が転職活動のために引っ越しをしています。

このことから、安定した収入がなく、かつ支出が増える転職活動期間中において、貯金がいかに大切かが分かります。

転職活動中にかかった費用は?

リクナビNEXTの「転職活動の貯金について」をみてみます。約7割の人は「10万円以内」でも転職活動を進められたと答えています。

転職活動中にかかった費用

しかし退職をしてから、転職活動を進めた人のアンケートを見てみると変わってきます。全体の43%は、幅はあるものの10〜100万ほどかかったと答えています。

退職後にかかった転職費用

1度、退職をしてからでは、個人差はありますが、ある程度の蓄えは必要だとわかります。つまり「無職」の状態では、出ていくお金も増えていく傾向にあります。

転職活動をサポートする民間サービス

ハローワークといった公的機関以外では、転職エージェントや転職サイトを使うのもおすすめです。

理想は貯金があり、今回の転職の目的や意志が明確に定まっているのなら、公的機関、民間の転職サービスをフルに活用するほうが、納得感をもって転職活動を進められます。

以下で各サービスの概要を説明します。

転職エージェント

ハローワークと同様に無料で求人を紹介される点では、同じですが、キャリアアドバイザーが、求職者の1人1人に付いてサービスを受けられるため、より今後のキャリアアップや大手企業を考えているのなら、転職エージェントの利用もいいです。

今回の転職の目的など、何故転職をしようと思ったのかなどから、丁寧に向き合い最適な企業を紹介してもらえるというのも1番のメリットになります。

また客観視した上で、転職サイトやハローワークなどでは、公開していない非公開の求人があります。

事前に転職を検討をしている企業の面接対策も入念におこなえるため、キャリアアドバイザーと二人三脚で転職成功まで伴走できます。

まだ転職エージェントに登録をしていない人は、下記のリンクから登録をしてみましょう。

業界最大手の転職エージェント

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事転職エージェントに使われるな!成功のための3つのテクニック

転職サイト

転職サイトも無料で閲覧が可能なサービスです。企業情報を探りながら、転職活動を進めることになるので、こちらは長期化する恐れがあります。

しかし自分で探して応募、面接までの流れを一貫しておこなえるので、納得感を持ち転職活動を進めることができる点においては、転職サイトの利用も良いです。

また企業側から直接ダイレクトメッセージが、送られてくるスカウト機能もあるので、自らの経歴で自慢のできるものがある、秀でるスキル・能力がある場合は、転職サイトに登録してみるのもいいです。

おすすめの転職サイトです。下記のリンクから登録をしてみましょう。

業界最大手の転職サイト

  • リクナビNEXT
    業界最大手!取り扱い求人数は最多!
  • doda
    転職者満足度No.1の転職サイト
  • ビズリーチ
    スカウトの質が高い転職サイト

転職サイトについて、さらに詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事【2020年最新】転職サイトの評判を公開!プロが対象別に詳しく紹介

アルバイト・副業を始める

いずれにしても貯金がなく、一定の収入を得られない場合は、短期的にお金を稼ぐことが重要です。

どうしても就職先が、見つからなくて、無職期間が長くなるのなら、一時的にアルバイト・副業も1つの手段として考えるべきです。

転職は、ある程度の費用がかかります。それを見越して貯金をしたほうが、精神衛生上いいです。また今回の転職の目的と、何故転職をしたいと思ったのかを改めて見つめ直すことも有効的です。

在職中に転職活動を進めるのが理想

退職後にお金がなく、満足の行く転職活動ができなくなってしまっては、本末転倒です。そのため1番の理想は「在職中にお金を貯めつつ、転職活動を進めていくことです」

転職の目的やあなたに合った会社を考えた時に、1人ですべての調整や活動を進めていくのは、限界があります。

転職エージェントのように無料で利用を使えるサービスもあるので、まずは、相談をしてから、今後の先のキャリアを考えてみるのが、おすすめです。

そこで、以下に現役の転職エージェントでもある筆者がおすすめする転職エージェントをいくつかご紹介します。気になるものがあれば、ぜひ2〜3社に複数登録してみてください。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。
幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという人は登録しておきましょう。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント

  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントに
相談する

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント

  1. 新卒サイトの掲載社数No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 若手層の転職サポート・アドバイスに強い!転職サポートの手厚さに定評あり!

マイナビエージェントに
相談する

CMでおなじみ!転職者満足度No1!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

ポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 約10万件の求人から、厳選して紹介を紹介してくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け

ハイクラス求人は全体的に少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがおすすめです。

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

ポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない人向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

18〜20代前半未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代前半未経験の方向けの求人2300件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

急成長のベンチャーとして、多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 自身も早期離職経験があるキャリアアドバイザーが同じ目線でアドバイスしてくれる
  2. 10時間以上にも及ぶ丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は94.7%!
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒヤリングさせて頂きます

ウズキャリに
相談する

女性におすすめの転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント

  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

Type女性の転職エージェントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

エンジニアのフリーランス支援サービスも展開。
IT/WEB業界に特化しているからこその豊富な情報量×きめ細やかなサービス

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます

ポイント

  1. 業界トップクラスの求人数とサポート実績。Webエンジニア向けの求人も多数(未経験の人は対応不可)
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス、両方を想定したキャリア相談が可能

レバテックキャリアに
相談する

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

ポイント

  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビITに
相談する

IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェント。
求人企業と強いコネクションがあり、求人票では分からない企業情報も教えてもらえる人材紹介会社です。

ポイント

  1. IT・Web・ゲーム業界の非公開求人は約10,000件!(2019年12月時点)
  2. 新規事業・経営企画・クリエイター等のハイクラス求人を多数保有

ギークリーに
相談する

機械設計や半導体製造、生産管理、機械エンジニアの人は、業界特化のマイナビメーカーエンジニアへの相談がオススメ

※関東エリアの求人が中心となっているので、他エリアの求人は少なめです

ポイント

  1. メーカー、ものづくり業界に特化したエージェント
  2. ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがニーズにマッチした求人を紹介
  3. 大手だけではなく、中小の優良企業やベンチャー企業の求人も保有

マイナビメーカーエンジニアに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント