薬剤師のやりがい・つらい点とは?楽しく働く極意を伝授!

薬剤師はやりがいが大きい反面、つらい点も多くなりがちな仕事です。

本記事では、調剤薬局や病院など、勤務先ごとにやりがい・つらい点を紹介します。

また、やりがいが感じられないときの対処法も解説します!

薬剤師のやりがい・つらいところ

薬剤師は勤務先によって業務内容が変わるものの、共通したやりがい・つらいところは以下の通りです。

薬剤師のやりがい

  • 命・健康を守れること
  • 直接感謝してもらえること
  • 知識やスキルを学ぶことによる成長

薬剤師のつらいところ

  • 命を扱うことのプレッシャー
  • 少しのミスも許されない仕事内容
  • 最新の知識を取り入れ続ける必要があること

薬剤師はやりがいがとても大きい仕事である反面、そのやりがいがつらいポイントにもなる職業です。

薬剤師のやりがいの1つは、命にかかわる仕事に就き、人々の健康を守れることです。

薬剤師の仕事は、命にかかわる重大な仕事なので、他にはない大きなやりがいが感じられます。

しかし、この命にかかわる責任はやりがいであると同時に、大きなプレッシャーでもあります。

とくに、薬剤師は処方する薬の分量など、少しのミスも許されない仕事内容であるため、精神的につらさを感じる人は多いです。

ただ、自分の処方した薬で健康になった患者から、直接感謝の言葉をもらう喜びは大きなやりがいになります。

また薬剤師は、常に進歩し続ける薬剤に関する知識を取り込み、学び続ける仕事でもあります。

そのため、学び続けることで知識や、できる業務が広がることによるやりがいは大きいです。一方で薬剤師は、こういった最新医療に関する知識を常に学び続ける必要があるため、人によっては苦痛に感じることもあります。

薬剤師の勤務先別のやりがい・つらいところ

薬剤師の活躍する勤務先は基本的に以下の4種類です。

ここからは、それぞれについてやりがい・つらいところを解説していきます。

調剤薬局のやりがい・つらいところ

調剤薬局で働く薬剤師のやりがいは、患者と直接かかわる機会が多いことです。

また、つらいところは人間関係のトラブルが起こりやすい点です。

調剤薬局での仕事は、医師が書いた処方箋通りに調剤をおこない、患者に対して薬に関する説明をしてから渡すことです。

場合によっては地域で、薬剤に関する相談窓口のような役割を果たすこともあり、地域に根差した医療に貢献することができるでしょう。

そんな調剤薬局で働く薬剤師は、患者と直接かかわる機会が多く、より細かいサポートができることや、それにより直接感謝をしてもらえる点がやりがいです。

とくに地域密着型の調剤薬局であれば、患者も顔なじみの人が多く、より地域や個人に寄り添った医療に携われます。

一方で、調剤薬局は基本的に職場の規模が小さいです。

そのため、人間関係が狭くトラブルが起こりやすかったり、トラブルになったあとの人間関係が悪くなりがちという点がつらいところです。

調剤薬局では転勤の可能性も低く、人間関係が上手くいかないことが原因で転職をする人もいます。

ドラッグストアのやりがい・つらいところ

ドラッグストアで働く薬剤師のやりがいは、患者と直接かかわる機会が多いことです。

また、つらいところは激務になりがちな点です。

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事は、医薬品の販売とアドバイスに加えて、健康食品やサプリメントなどの販売・説明があります。

調剤薬局とは違い、患者の症状から、処方箋ではなく自分の判断で薬を選ぶこともあります。

調剤スペースがあるのならば調剤薬局と同様に処方箋に基づいて調剤をして、患者に渡すことも仕事です。

ドラッグストアの薬剤師の仕事のやりがいは、調剤薬局の薬剤師と同様に患者から直接感謝の言葉をもらうことができる点です。

また、薬に関するアドバイスを自分の判断ですることができる点や、地域の人々の健康維持に貢献できる点もやりがいといえます。

つらいことは、業務量が多く、忙しくなりがちな点です。

ドラッグストアは一般的な販売員としての仕事に加えて、調剤薬局の仕事も兼任する場合があります。また、24時間営業のドラッグストアでは夜勤をする必要があるなど、激務になりがちです。

病院のやりがい・つらいところ

病院で働く薬剤師のやりがいは、チーム医療に携われることです。

また、つらいところは薬剤師の中でもとくにミスが許されない業務内容である点です。

病院で働く薬剤師の仕事内容は、病院へおとずれた患者へ薬を処方することと、手術のために薬を準備することです。

ほかの勤務先で働く薬剤師とは異なり、臨床現場に近く、命と隣り合わせであるため、正確な仕事をスピーディにこなすことが求められます。また、患者の理解度に応じて適切な指導やコミュニケーションをとることも重大な仕事の1つです。

病院で働く薬剤師は、他の医師や看護師とともにチーム医療で患者の命を救う点がやりがいです。

薬剤師によっては手術に同席して薬剤の管理をするなど、レベルの高い最前線の医療に関われます。

しかし病院で働く薬剤師は、他の勤務先以上に責任が大きくなることがつらい点です。業務内容としても、病院ではより正確さが求められる点滴の調剤をおこなうなど、心理的な負担が大きくなります。

製薬企業のやりがい・つらいところ

製薬企業で働く薬剤師のやりがいは、新薬などの開発、普及で大勢の命を救えることです。

また、つらいところは取引先の医師や薬剤師の言いなりになってしまうときがある点です。

製薬企業で働く薬剤師は職種が多く、MRや臨床開発モニター、研究職に研究所の管理薬剤師などがあります。

もっとも大きなやりがいは、新薬などの開発をすることや、その普及によって、より多くの患者を健康にする貢献ができる点です。

患者から直接感謝の言葉をもらうことは少ないものの、大勢の人々に影響を与えられることは大きなやりがいです。また、給与が医療機関に比べて高いという点もやりがいの1つと言えます。

反対に、取引先の医師や薬剤師の言いなりになってしまうことがつらい点です。

製薬企業では、新薬の開発のために現場の意見を取り入れることと、新薬を実際に使ってもらうことが必要不可欠です。 その関係から、取引先の医師や薬剤師の意見を聞かざるをえず、いいように使われてしまうこともないとは言えません。

やりがいを感じられなくなったらするべきこと

薬剤師の仕事にやりがいを感じられない場合にするべきことは、以下の4つです。

  • 薬剤師の役割を思い出す
  • 同僚などに相談する
  • 新しく目標を作る
  • 転職する

やりがいを感じられなくなったら、まずは薬剤師としての役割を思い出してみるとよいでしょう。

薬剤師の仕事は、患者をはじめとした人々の健康のためという大きな役割・目標があります。しかし、日々のルーティン業務でそういった目標は見失いがちなので、思い出してみると気持ちを新たにできます。

また、先輩や同僚に相談することも対処法の1つです。

同じような悩みを持っている人や、その解決法を知っている人は周りに多くいるので、相談して具体的なアドバイスをもらうと気分をリフレッシュできます。

他に新たな目標を見つけることも有効です。

日々の仕事に飽きてしまい、やりがいを感じられなくなっているのならば、新たな目標を立ててみるとモチベーションを維持できます。やりがいを感じなくなった原因を突き止めたうえで、新たな目標を立て、挑戦してみるとよいでしょう。

これらの方法を試しても、やりがいを感じないのならば、転職という選択肢もあります。薬剤師という仕事に楽しさを感じられなかったり、今の職場につらさを感じてながらも、解決策が見当たらないなら、無理に続ける必要はありません。

休みが欲しいなら製薬企業か派遣薬剤師がオススメ

薬剤師として、もっと休みが欲しいと思う人には、製薬企業か派遣薬剤師の勤務がオススメです。

製薬企業の薬剤師や派遣薬剤師は基本的に休みがとりやすいです。

製薬企業は福利厚生が整っており、休日もしっかりと確保することができます。また、年収が他の勤務先より高いことも魅力です。

派遣薬剤師は正社員ではなく派遣として働くので、自分の働きたい曜日や時間で働けますし、残業や当直も基本的にありません。

また、時給についても3000円程度が相場となっており、元の勤務先によっては、より効率的に稼げることもあります。

転職サイトを利用すればキャリアプランを相談できる

薬剤師としてやりがいが欲しい人や、現職がつらい人は転職サイトを利用して、キャリアアドバイザーに相談することがオススメです。

キャリアアドバイザーは、あなたが現職に抱える悩みや、将来的なキャリア像をヒアリングすることで、どんなキャリアを歩めばいいのかオススメしてくれます。

また、やりたい仕事や、希望にあう職場が分かれば、その条件を満たす求人を紹介してくれます。

とはいえ、サービスの仕組み上、サポートの質は担当するアドバイザーによって変わるので、自分にマッチした人を探すには複数登録がオススメです。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。