【保存版】企業薬剤師の職種と転職難易度を徹底解説!仕事内容も紹介!

薬剤師には製薬会社などの企業で働く人もいます。企業勤務の薬剤師は比較的年収が高く、業務内容も幅広いです。

本記事では企業薬剤師の仕事内容や転職するメリット・デメリットを解説します!

薬剤師資格を活かして働ける一般企業の職種例

薬を扱う施設には薬剤師は必須とされています。そのため一般企業でも薬剤師の転職・就職先の候補となります。

実際に薬剤師資格を活かせる一般企業の求人・職種には様々なものがあります。

具体的な募集職種例は以下の通りです。ここからはそれぞれについて概要と仕事内容を解説します。

管理薬剤師

医薬品の卸業者や運送業者などで働く管理薬剤師は比較的募集の多い職種・求人です。

品質と在庫を管理するのが主な業務で、医薬品の性質に基づいた適正管理をすることが求められます。

研究職

製薬会社では研究職の求人もあります。

新規医薬品の開発研究をするのが仕事で、化学や生物、インフォマティクスなどの色々な分野の専門家が募集されています。研究を通して医薬品の候補を探し出し、最終的には医薬品を作り上げます。

MR(医薬情報担当者)

MRは医療現場で働く医療スタッフに、自社製品の情報提供をするのが仕事です。

実際には営業職としての性質があり、病院やクリニックなどで自社製品を採用してもらえるように紹介や広報をするのが業務になります。

薬事

薬事は医薬品などの薬事法に関わる製品を販売をするために厚生労働省に申請するのが仕事です。

臨床試験のデータをまとめて申請書類を作成したり、厚生労働省の担当者とのやり取りをしたりするのが主な業務になっています。

DI(医薬品情報担当者)

DIは病院や企業などで医薬品情報を収集する職種です。

集めた情報を広報資料にして周知するのも業務になっていて、医療スタッフ向け、一般患者向けなどに分けて作ることもあります。

MSL(メディカルサイエンスリエゾン)

メディカルアフェアーズとも呼ばれるMSLは医師へ最新の医薬品情報の提供が仕事です。

MRと異なるのは安全性などに関する最新の知見を伝えるのが業務で、営業の仕事はしないことです。医師との共同開発の交渉担当者となることもあります。

臨床開発モニター

臨床試験を実施する際に正しく実施されているかを、企業の立場から確認するのが臨床開発モニターの仕事です。

定期的に現場にいって状況を確認し、問題がある場合には指摘して改善を求めることになります。

治験コーディネーター

治験コーディネーターは治験会社に勤務して治験の取りまとめをするのが業務です。

依頼に基づいて実施機関の選定や被験者の募集、医療スタッフへのプロトコルの説明などをおこないます。

企業薬剤師への転職難易度は職種によって異なる

先ほど紹介したように企業薬剤師はいろいろな職種があるため、転職の難易度もそれぞれ異なります。

卸業者などにおける管理薬剤師での品質管理、薬事やDIでは比較的転職しやすいです。

なぜなら、これらの仕事は医薬品や医薬品情報の管理が主な業務になるため、薬剤師としての調剤経験が活かされ、高く評価される傾向が強いからです。

臨床開発モニターや治験コーディネーターは臨床経験が重視されるので、病院で働いた経験がある人は有利な傾向があります。

MSLも医療スタッフとの高いコミュニケーション力が求められるため、臨床現場経験があったほうが良いでしょう。

研究職はかなり難易度が高く、製薬会社はほとんどが新卒採用です。転職の際には即戦力の人材しか雇わないことが多いため、専門的な知識や経験がなかなか内定をもらえません。

MRは単純に医薬品の情報提供をするのではなく、売り上げを出すための能力があることが必要とされます。そのため、薬剤師より営業職経験者のほうが有利になることもあります。

実務未経験の薬剤師でも企業で働くことは可能

実務未経験の薬剤師でも就職しやすい職種はMRや管理薬剤師です。

ただ、管理薬剤師はとても人気が高い職業なので求人を見つけること自体が大変です。また、求人を見つけたとしても高い倍率を突破するためには経験が必要になります。

また、MRの中には薬剤師でない人も多いので、薬の知識がすでにある薬剤師は重宝されます。

一方で、研究職は実務未経験の薬剤師から転職することは難しいです。

そもそも研究職は就職することが難しく、大学院で研究実績を上げた人や、教授のコネがあるなど特殊なことがないと就職が難しいです。また、中途で研究職に転職する人はほとんどいません。

治験コーディネーターや臨床試験モニターは、ほとんどの求人が経験者を募集しているものの、35歳くらいまでなら未経験でも転職できる可能性はあります。

未経験から転職を目指す場合は、治験について勉強するなど、面接で知識をアピールできるようにしておくのが良いでしょう。また、治験関係の仕事は英語でのやり取りが多いため、英語の勉強もオススメです。

薬剤師が企業に転職するメリット・デメリット

薬剤師が企業に転職して働くことのメリットとデメリットについて解説します。

勤務先によって特徴が異なるため、転職を考える前はしっかり確認するようにしましょう。

薬剤師が企業に転職するメリット

薬剤師が企業で働くメリットは調剤以外の業務をおこなえることと、待遇が良いことです。

企業の業務は職種によって様々であり、調剤業務のように一定テンプレート化した業務以外の仕事ができることはメリットです。

年収は医療施設や薬局と比べ、基本給の水準が高いです。さらに資格手当も支給されることがよくあります。

待遇についても、企業では土日祝日が休みで完全週休2日制を取り入れる企業なども増えており、残業についても削減を推進している企業が多いです。

また、一般企業は福利厚生も充実しており、とくに製薬会社など大手企業では多くの手当がもらえたりと、魅力的な福利厚生があります。

薬剤師が企業に転職するデメリット

薬剤師が企業で働くデメリットは職種によってかなり異なります。

例えば、MRの場合はノルマがあって数字責任を問われることもあり、企業が求める利益に貢献することが求められます。企業は常に利益を追い求めなければならないので、その考え方が合わない人もいるでしょう。

また、臨床開発モニターでは臨床試験を実施する現場に応じて長期出張や転勤もあります。

このように職種によって業務内容が異なるので、職種ごとに業務内容を理解して、どんなデメリットが起きるのか考えましょう。

他にもデメリットとして、企業薬剤師の求人数が少ないことがあげられます。

経験がない場合にはかなり不利で書類選考すら通らないこともあります。面接についてもシビアな内容になる傾向が強く、なかなか内定を得られないという問題があります。

企業で働く薬剤師の平均給与は958万円

Openworkに掲載された数百以上の口コミから独自に調査した結果によると、製薬会社で働く薬剤師の平均年収は平均958万円です。

一方で、病院勤務薬剤師の平均年収は約416万円、調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は約481万円、ドラッグストア薬剤師の年収は約557万円であり、製薬会社の年収は高いことがわかります。

月々の平均給料は企業勤務が約80万円、病院勤務が約35万円、調剤薬局勤務が約40万円、ドラッグストア勤務が約46万円です。これらの金額はあくまでも目安であり、店舗の規模や雇用形態にもよって異なります。

また厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(令和元年)」によると全国的な平均年収は429万円であることからも、製薬会社で働く薬剤師の年収が高いことがわかります。

ただ、製薬会社といっても職種や会社規模によって年収は大きく変わるので注意が必要です。

企業の薬剤師に転職するなら

製薬会社など、企業の求人を探すときは、転職サイトを利用してキャリアアドバイザーに相談することがオススメです。

キャリアアドバイザーは、希望の年収や労働環境の条件をヒアリングして、あなたにマッチした求人を紹介してくれます。

また、1人では難しい応募書類の添削や、面接対策も手伝ってくれるので心強い存在になってくれます。

とはいえ、サービスの仕組み上、サポートの質は担当するアドバイザーによって変わるので、自分にマッチした人を探すには複数登録がオススメです。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。