リクルート出身の有名人まとめました!卒業後のキャリアは?

  • !

    こんにちは!すべらない転職の末永です。

    リクルート出身者には自分で会社を立ち上げてビジネスを軌道に乗せている人がたくさんいます。そこで今回は「何故リクルート出身者には起業家が多いのか?」「リクルート卒業生って次は何しているの?」という疑問に対して解説していきます。

    私末永もリクルート出身であり、その立場から今回は解説をしていきます!

この記事を書いた人

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。
2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。
Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」
詳細プロフィールはこちら

株式会社リクルートは、組織再編により2021年4月以降、一部グループ会社を吸収合併しています。

リクルート出身者は卒業後も活躍している

皆さんはリクルートにどのようなイメージを持っているでしょうか?

リクルートが「人材輩出企業」と呼ばれていることを知っている人も多いと思います。実はリクルート出身者には自分で会社を立ち上げてビジネスを軌道に乗せている人がたくさんいます。

今回は「なぜリクルート出身者には起業家が多いのか?」「リクルート卒業生って次は何しているの?」という疑問に対して、リクルート出身(新卒でリクルートキャリア入社)の僕が答えていきたいと思います。

︎[完全無料]すべらないキャリアエージェントは、リクルートへの転職実績が多数あります!

リクルート出身の有名人一覧

リクルートからは、多くの起業家が生まれています。

リクルートでは独立した「元リクルート社員」の事業がうまくいくことで、結果的にリクルートブランドを高める効果を出しています。

ごく一部ではありますが、リクルート卒業生の名前を記載します。

  • 宇野康秀(USEN 代表取締役会長)
  • 鎌田和彦(インテリジェンス元代表取締役社長)
  • 島田亨(楽天野球団元代表取締役社長)
  • 安川秀俊(ゴールドクレスト 代表取締役社長)
  • 千葉功太郎(コロプラ元代表取締役副社長)
  • 小笹芳央(リンクアンドモチベーション代表取締役会長)
  • 杉本哲也(マクロミル創業者)
  • 経沢香保子(トレンダーズ創業者)
  • 井上高志(ネクスト(現LIFULL)代表取締役社長)
  • 平尾丈(株式会社じげん 代表取締役社長)
  • 古川健介(nanapi(現Supership)取締役)
  • 須藤憲司(KAIZEN platform代表取締役) 
  • 工藤智昭(ジーニー代表取締役社長) 
  • 森健志郎(スクー代表取締役社長)
  • 多田弘實(キャリアデザインセンター代表取締役社長兼会長)
  • 加藤貴博(ジモティー代表取締役社長)
  • 板倉広高(キャリアインデックス代表取締役社長)
  • 有本隆浩(MS-Japan代表取締役社長)
  • 米田光宏(ツナグ・ソリューションズ代表取締役社長)
  • 工藤智昭(ジーニー代表取締役社長)

今回は上場企業の経営者を中心に名前を挙げましたが、経営者以外で有名なリクルートの卒業生や、リクルート卒業後も活躍する理由についてなど、以下の記事にてご紹介しています。

リクルートに独立する人が多い背景5つ

僕自身リクルート時代がなければ、経営者としてやっていくことはできなかったと思います。

ビジネススキルはもちろん、マインドセットや仕事の進め方など、今でもリクルートで学んだことを大切にしています。リクルートがたくさんの起業家を輩出しているのは何故なのでしょうか?

僕は業務の特色と社風によるところが大きいと思っています。

数字に対して貪欲であることが求められる

リクルートの広告事業は、営業利益率が3割を超えています。

提案型営業が特徴で、新規顧客を開拓し、既存顧客が継続するよう営業成績は管理され、毎月発表されます。飛び込み営業はもちろん、断られても時間をおいてまた訪問することが鉄則。

「○○件獲得が目標なので、アポは△△件行く必要があり、そのために××件テルアポをかける」というように、とにかく数字に貪欲でなければ務まらない仕事なので、数字への意識が上がり、自然と度胸も身に付きます

営業職でも事業を作り出す経験ができる

「広告の提案型営業」のリクルートでは、単なる営業ではなくプロデューサー的役割が求められます。

顧客の要望を的確にキャッチできる「ヒアリング力」「クリエイティブな発想」「戦略立案力」チームをまとめ成果を出すための「実行力」が必要です。

常に何か商品になるものはないか考えて形にすることは、独立してからの事業展開にも必要な能力です。リクルートはそれを経験できる場でもあります。

人を巻き込むことが求められる

提案型営業とは、顧客が抱えている問題をつかんで、解決策を提案することです。そのためには、社内の専門部署とやり取りをして協力を得なければなりません。

周りに配慮しながら、顧客や社内の人とやり取りをする「コミュニケーション力」計画通りに進める「スケジューリング力」企画を実行までうつす「マネジメント力」が鍛えられます。

社員の仲が良い

営業成績に貪欲なリクルートでは、社員同士はライバルでもありますが「お互いに協力し、助け合う仲間」という文化があります。

また、リクルート社員は「で、最近どう?」が口グセで、面白い仕事がないか聞きあい、競争する風土があります。切磋琢磨できる環境が営業力を高め、ネットワークを広げていきます。

さらに、リクルートでは退職者のことを「卒業生」と呼んでおり、リクルートOB・OGの強固なネットワークが確立しています。

仕事が受注しやすい

リクルート出身者が起業すると、リクルートの豊富なネットワークから仕事を受注できるため、スタートアップ期から業績が安定しやすいです。

将来的に独立・起業を目指してリクルートに転職する人も少なくありません。

そのため、将来起業したい、どの会社からも引き合いがもらえるスキルを身に付けたい、市場価値を高めたいにとって、リクルートは良い環境だと思います。

リクルートへの転職を考えている人は、リクルートへの転職のコツなどをご説明している以下の記事も、合わせてお読みください!

[完全無料]リクルート転職成功の近道は、リクルートに詳しい転職エージェントを利用すること!転職相談はすべらないキャリアエージェント!

独立だけじゃない?リクルートからのキャリアパス

「リクルートに行く人はみんな起業するんでしょ?」と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

例えば僕の場合、同期は100人いましたが、その中で独立しているのは5人だけです。

他の起業と比べると相対的には多いかもしれませんが、数で言えば独立せずに転職して行く人の人が多いです。

よくある転職先は正社員、CV職、専門職の3つによって変わってきます。

正社員

ベンチャー企業に役員やマネージャー職として転職し、リクルート在籍時よりも大きな権限・裁量を持って働くことを選ぶ人が多くいます。

また「キャリアコンサルタントから人事職」「広告営業職からメディア企業の営業職」というように、提案営業で培ったノウハウ・経験を生かして、事業会社(大手日系企業や外資系企業)に転職する人もいます。

CV職

リクルートにはCV職という有期の契約社員がいます。リクルートCV職は市場価値が高いので転職時の引き合いが多く、Web系の有名企業やベンチャー企業に転職しています。

正社員登用され、そのままリクルートに残り続ける人もいます。リクルート卒業生が起業した会社や、経営層にOB/OGがいる会社に転職する場合もあります。

専門職

ここでいう専門職はエンジニアやWebディレクターのような職種です。

リクルートはすべての事業を紙からWebへ移行してきたため、優秀なエンジニアやWebディレクター、データサイエンティストやデザイナーが集まっています。

高いレベルの中で力をつけた専門職の人たちは、Web系の有名企業・ベンチャーや事業会社(大手日系企業や外資系企業)のIT部門に転職しています。

[完全無料]リクルートへの転職には自己分析と選考対策が非常に重要です。すべらないキャリアエージェントにご相談ください。

リクルートへ転職したい人へ

リクルートの選考では、考え方や価値観・スタンス・意欲など人物面を大切にしています。面接を重視する会社なので、転職難易度が高いということをお伝えしました。

リクルートの面接法は独特なので、ノウハウがない人が面接対策をするのは難しいです。

リクルートの内定率を向上させるためには、すべらないキャリアエージェントのような転職エージェントを利用することがおすすめです!

弊社独自に作成をしたオリジナルの質問シート(*1)で選考対策をおこない、多くの転職者様をリクルートへお繋ぎしています。

また、リクルートのほかに、マイナビレバレジーズネオキャリアのような人材業界の企業やベンチャー気質な企業への転職支援が得意です。

転職をされたいなら、すべらないキャリアエージェントをご活用ください。

リクルートグループへの転職支援が得意なエージェント

ポイント

  1. 希望や適職にあった厳選した求人のみを紹介するので利用者満足度91%!
  2. 一人一人に向き合った丁寧なサポートにより内定決定率30%以上!(業界平均6%)
  3. 元社員が作成した過去の面接出題傾向を対策したシートによりリクルートの内定獲得率UP!

【無料】転職サポート申し込み

*1:
この質問シートは、リクルートへ多数の紹介決定実績があり、リクルートの中途採用面接官の経験もある著者自身が、面接で質問される事が多い内容をまとめたものです。

質問シートは、弊社にご相談された転職者のみにお渡ししておりますが、一部内容をこちらの記事「転職は自己分析が決め手!」にて公開しております。

弊社の転職支援サービスに興味がありましたら、よろしければご一読ください。

※弊社経由でリクルートを応募した場合のみ、質問シートのお渡しをしております。

リクルートについてさらに詳しく知る

リクルートへ転職を検討している人は、以下の記事もご覧ください。リクルートへの転職を考えている人が欲しい情報をご紹介しています!

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

  • すべらないエージェントとは
  • すべらないエージェントの強みとは
  • 弊社のイチオシ自律型人材とは
  • すべらない転職Q&A