indeed japanへ転職するには?気になる評判や年収は?

The following two tabs change content below.
アクシス株式会社 代表取締役 末永雄大
新卒でリクルートキャリア入社。その後、サイバーエージェントにて集客支援を行う。 2012年転職エージェントとしてアクシス株式会社を設立。 ■Yahoo!ニュース(個人):IT/キャリアコンサルタントが語る「働き方3.0」 ■オールアバウトガイド:「キャリアプラン・転職ノウハウ」ガイド

テレビCMのフレーズ、「仕事探しはindeed」耳にしない日はほぼ無いように思われます。

フレーズは凄まじい勢いで日本市場に浸透していきましたが、実際どのようなサービスを展開しているか、詳細に答えられる方はあまり多くはないのではないでしょうか。

本記事では始めにindeed社に転職する方法、その後、業務内容や年収について紹介していきたいと思います

indeedへの転職は難しいのか?


営業職に限って言うと、indeedへの転職はそう難しいものではありません。というのも、現在indeedの営業職は大量に募集されているからです。

一方で、エンジニアやデザイナーなどの職種も募集されていますが、難易度は非常に高く、並大抵では採用されることはないでしょう。

以下では、具体的にどういった人が、indeedに転職できるのかについて、営業職とエンジニアなどの専門職に分けて説明させていただきます。

営業職でindeedに転職できる人とは?

それでは、具体的にどういった方がindeedに転職できるのでしょうか?営業職ですと、以下の経験を積まれている方は転職できる可能性が高いです。

  • 法人営業経験者(無形商材・提案型営業だとなお良し)
  • 広告業界や人材業界、またはコンサルティングファームでの業務経験が3年以上ある方

まず、営業職に関して言えば、法人営業・無形商材・提案型の全てを満たす人材業界や広告業界の人は圧倒的に有利です。

なぜなら、indeedの営業は、人材採用に課題を持つ企業に対してindeedを使った採用方法を提案し、その効果測定することでパフォーマンスを上げていくことがメインになります。

ですので、キャリアコンサルタントアカウントプランナーはindeedに転職する上で非常に有利です。

また、上記でコンサルティングファームも挙げたのは、マネジメントの力が求められる営業ディレクターにおいて、コンサルタントの戦略立案・組織運営の能力が非常に有効だからです。

もちろん、広告業界、人材業界が有利なだけであって、法人営業経験があれば転職できる可能性は十分にあります

indeedの法人営業職に転職するための転職エージェント

さて結論から申しますと、indeedの法人営業職への転職を検討しているなら転職エージェントに相談相談することをお勧めします。

indeedへ転職するには、indeedに登録して、履歴書を送付する必要がありますが、indeedは人気企業であり、特に営業職となると毎回何百人もの応募者がおり正当な評価をされず不採用となってしまう可能性があります。

転職エージェントに依頼すると、履歴書だけではわからないあなたの人柄やポテンシャル、企業の求める人材と合致するポイントなどを採用担当者に直接プッシュしてくれるので、書類選考の通過率をグッと高めることが可能です。

そんな便利な転職エージェントですが、今回indeedに転職するなら利用したいエージェントは以下になります。

必ず1社は登録しておくべき!総合型大手エージェント

末永

まず転職を考える際、全ての方が鉄板で登録すべき転職エージェントが、リクルートエージェントマイナビエージェントdodaといった業界最大手のエージェントです。

大手のエージェントに登録しておく大きなメリットは全業界・職種の求人を網羅しているので、幅広いキャリアの提案が可能という点にあります。

indeedに興味を持った方の中には、ネームバリュー高収入グローバルで働ける環境、など様々な魅力をindeedに感じられたのかと思います。

indeedは確かに素晴らしい会社ですが、世の中にはあなたが知らない超優良企業も存在します。大手なら、そういった企業に出会える確率も非常に高いです。

「自分の進むべき業界・職種が定まっていない」という方は、まず大手エージェントに登録してみて、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談してみると良いと思います。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

年収500万円以上のミドル・ハイレイヤー層に強い転職サイト・エージェント

末永

前提として、年収500万円以上の求人は絶対数がそもそも少ないため、転職サイトと転職エージェントを併用して転職活動を進めるのが最良の選択です。
そこでオススメするのが、ビズリーチ(転職サイト)JACリクルートメント(JACリクルートメント)の2つです。

ビズリーチは、掲載社数5000社以上、年収500万円以上の良質な求人が豊富に掲載されている転職サイトです。
登録しておくと、あなたの経歴に興味を持った企業やビスリーチに登録している中小エージェントから直接オファーをもらうことができます

JACリクルートメント年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有している、ハイレイヤー向けの転職エージェントです。
30〜40代のマネジメント層やスペシャリストの採用にも強みを持ちます。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

専門職でindeedに転職するためには?

エンジニアの採用は先ほども述べたように、非常に目線が高く、スペシャリストとしての素質が問われます。

・ITエンジニアとして最低でも5年の経験を積んでいる方(英語ほぼ必須)

最低でも5年の開発経験を求められますが、ECサイトやインフラといった高負荷のサイトを扱った経験がある方は評価されます。

また、メンバーは国際色豊かで、主に英語が使用されるため、エンジニアは、ほぼ全てのポジションで英語が話せることが求められると思っていいでしょう。

indeedのエンジニアやデザイナーに転職するための転職エージェント

先ほども申しましたが、indeedのエンジニアやデザイナーには技術・語学ともにグローバルで通用するスペシャリストが求められています。

自身のスキルや経験に自信がある方はindeedから直接応募するなど、積極的に挑戦しても良いかもしれません。

そうでない方は、営業職同様転職エージェントに相談してみましょう。

エンジニアやデザイナーといった専門職からの転職の場合には、幅広い業界・業種・求人を網羅しているリクルート・マイナビ・dodaの総合型のエージェントに加えて、特化型のエージェントの併用をオススメします。

なぜなら、総合型エージェントは幅広い業界や職種の知識が強みですが、特定の業界に関する専門性では特化型エージェントに劣ってしまいます

特化型のエージェントを利用すれば、その領域の最新の転職動向に精通したアドバイザーや元エンジニア・デザイナー出身のアドバイザーから転職のアドバイスを受けることができます

そこで以下の特化型エージェントに相談することをお勧めします。


エンジニア・デザイナーに特化した転職エージェント

末永

エンジニア・デザイナーでの転職をお考えの方は、マイナビITレバテックキャリアをオススメします。

マイナビITとレバテックキャリアはIT/Web業界のエンジニアに特化したエージェントで、専門性の高さにおいてはエージェント界隈ではトップレベルと言えます。

他のエージェントでもエンジニアやデザイナーといった求人の取り扱いはもちろんありますが、こうした特化型のエージェントを使うことで、実際にエンジニア経験のあるコンサルタントからの転職アドバイスを受けられる、最新のIT業界の転職事情などの濃い情報が得られるという点で、大手エージェントと合わせて検討しておきたいところです。

「転職するか分からないけれど相談だけ」という場合でも気軽に相談に乗ってくれますので、これからのキャリアに悩んでいる方は一度相談をしてみることをオススメします。

※以下からエージェントの応募ページに飛ぶことができますので、ご活用ください。

indeedって何をしている会社?(事業内容・ビジネスモデル・サービス内容)

一言でいうとIndeedは「世界最大規模の求人サイト」です。

現在Indeed は世界60か国以上でビジネスを展開し、世界中の求職者と採用企業を結んでいます。2004年の設立以来、Indeed は1600万件以上の求人情報への無料アクセスを提供することで何百万人もの転職のきっかけを与え、企業もまた採用活動の手段として注目しています。

これまで求人情報は、企業の採用ページ、人材紹介会社のデータベース、求人広告、仕事情報誌など様々なところに散らばっていましたがそれを一つに取りまとめたのがIndeedのサービスなのです。

「求人領域のGoogle」といった表現をされたりします。

そんなindeedですが、2012年にリクルートが買収しました。

買収額は1000億円(予測)、当時は高すぎる、なんて声もありました。今となっては外資系企業M&Aで最も成功した事例とされています。リクルートは国内の飽和した人材市場を鑑み、海外展開の主軸としてIndeedを買収したとも言われています。

indeed japanの本社は?

東京都港区三田1-4-1住友不動産麻布十番ビル6階がIndeed japanの本社です。

indeed japanのミッション・ビジョン・バリューについて

indeedのミッションはHR業界のモデル破壊・日本におけるダイレクトリクルーティングの浸透、と言えます。

日本におけるHR業界のモデルを作ったのはリクルートですから、少し違和感があるものの事業は完全に切り離して運営しているようです。

求人の探しづらさやミスマッチ採用などの負がある現在の市場において求職者、求人企業がわかりやすくダイレクトにつながる世界を作ろうとしているのです。

indeed japanの仕事内容・職種

採用情報は既存の採用手法からダイレクトリクルーティングへ変革していくための仲間探し、と位置付けられています。

また、爆発的な成長を遂げているIndeedですが、会社としてはまだスタートアップフェーズであり組織や仕組みはまだまだ成長の余地があります。HR業界出身者、且つベンチャー気質に順応できる方が求められるでしょう。

セールスは直販か販社支援(代理店販売部隊)、どちらかに分かれます。

直販の場合、人材紹介や求人広告業界での法人向け営業経験3年程度以上の経験、インターネット広告やWEBマーケティングの会社での営業もしくは広告運用の経験が3年程度、どちらかが必須要件となります。

代理店販売部隊の場合、大卒以上で法人・個人を問わず営業経験2年以上が必須要件となります。

どちらも英語力は歓迎要件、上記経験がない場合、ポテンシャル採用枠もあります。

indeed japanの仕事のやりがい・カルチャー・年収

HR業界は過渡期を迎えています。

業界の負が明確になってきており、その解決が求められる一方で現在の仕組みで利益を得ている多くの事業者がおりなかなか変われないという側面もあります。そんな業界に一石を投じようとしているのがIndeedです。

業界を変革するミッションを、リクルートという業界最大手の支援を受けながら実現に向かっていけることが大きなやりがいと言えるでしょう。

indeed japanに転職しての評判・カルチャー・社風など

休暇も取得しやすく、ワークライフバランスは取りやすい。

但し、営業成績が良ければという前提条件が付くため実力が問われそうです。

indeed japanに転職後の年収相場(給与)

セールス職で550-800万円

経験によっては契約社員スタートとなる場合があり少し下回る可能性も。

indeed japanの選考フローと面接での質問例(口コミ)

選考フロー

書類選考→個別選考または個別選考1DAYセミナー→オファー面談→入社

面接での質問例

このような、質問が実際に聞かれました。

  • 成長したいですか?
  • どのようなキャリアプランを考えているか?

どのように「成長」したいか? 今後どうなりたいか?という部分が中心に聞かれています。「成長」という部分において、しっかりと自分がどうなりたいか、見つめなおし準備しましょう。

indeed japanに求められる人材とは?

求められる経験は上述した通りですが、やはり業界を変革するという意思を持てるか・持ち続けられるかが重要となります。

業界を変えたい、仕組みを作りたい、高い成果をあげたい、成長したい、など強い意志を持てる人材が求めれるでしょう。

indeed japanへの転職をお考えの方へ

indeed japanへの転職を成功させるためには自己分析が欠かせません

一人で自己分析をするのは、非常に困難かと思いますので、転職エージェントの利用をおすすめします。転職エージェントのキャリアコンサルタントにお願いをすれば、あなたのことを「客観的」に分析してくれます。

自分がどんなタイプであるのか、どんな強みや弱みを持っているのか、他にも性格など、細かい部分まで見てくれますよ。しっかりと自己分析をすることができるため、indeed japanへの転職が成功させられる確率もグッと上がると思います。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、できるだけ複数の転職エージェントに登録してみるべきです。定番の大手エージェントの中から2〜3社、特化型のエージェントを1社程度。

まずは登録して実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。相性の良いキャリアコンサルタントに巡り会えれば、転職成功率も格段に上がります。

転職を成功させるためにも、自分にとって相性の良いキャリアコンサルタントを探してみましょう。

※以下の各転職エージェントのリンクから各社の登録サイトに直接飛べるので、そちらから早速会員登録をしてみましょう。

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

転職決定実績・求人数が業界No.1!
転職者の8割が利用している、国内最大の転職エージェント
定番のエージェントなので、「まだ登録していない」という方は、リクルートエージェントへの登録をまずオススメします。

特徴
【メリット】
  1. 求人数が業界No.1、幅広い業界・職種の求人をご紹介することが可能
  2. 上場企業など大手企業の非公開求人をご紹介
  3. 過去の転職決定実績をもとに、企業別の面接対策を効率的にやることが可能
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 幅広い業界・職種の求人を比較検討したい方
  2. 大手企業の求人 、非公開求人を紹介してほしい方
  3. 転職するかどうか悩んでいて、とりあえず転職相談してみたい方

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

2019.04.05

20代の登録者数No.1の転職エージェント!
転職サイトでは公開されない20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有!

特徴
【メリット】
  1. 20代の若手層向けの求人が豊富!
  2. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!20代を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  3. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが具体的な提案ができる
【デメリット】
  1. 担当のキャリアアドバイザーによって転職サポートの質が異なる可能性がある

こんな人がおすすめ!
  1. 転職を考えている20代の方
  2. 将来的なキャリアプランについてキャリアアドバイザーに相談してみたい方

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

2018.06.04

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

企業の採用責任者やヘッドハンターからオファーが届く!
年収500万円以上の優良求人が多数掲載されている転職サイト

特徴
【メリット】
  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!
  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方

ビズリーチ(BIZREACH)の評判って?転職エージェントによる徹底分析!

2017.03.19

マネジメント層や専門職といったミドル・ハイレイヤーの求人が豊富。
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強みを持つ転職エージェント

特徴
【メリット】
  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)
【デメリット】
  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!
  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

2019.04.08

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ。

特徴
【メリット】
  1. あなたの転職希望先IT企業の面接対策を実施!
  2. IT業界に精通するプロの専任キャリアアドバイザー!
  3. あなたが知りたいIT企業の情報をどこよりも数多く所有!
【デメリット】
  1. 自分とは合わないキャリアアドバイザーに当たる場合も

※リスクを回避するためにマイナビITと同時にレバテックキャリアへの登録をおすすめします。

こんな人がおすすめ!
  1. IT業界を知り尽くすプロフェッショナルの話をまずは聞きたい方!
  2. 自分のキャリアで「どのくらいの企業にいけるのか」「どのくらいの年収になるのか」を知りたい方!
  3. 希望するIT企業の非公開求人を教えてほしい!

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

2018.10.29

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。 豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

特徴
【メリット】
  1. フリーランス領域でも事業を展開。エンジニア・クリエイターの方に寄り添ったアドバイザリングに強み
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
【デメリット】
  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

レバテックキャリアを使うべき人はどんな人?評判をもとに徹底分析!

2018.07.19

レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

2018.11.18