20代で転職を検討されている方へ


合同会社DMM.comに転職(中途採用)を成功させるためには?

DMMといえば、テレビCMもやっており動画のイメージが強いのではないでしょうか?

実は、DMMは多くの事業をやっており多種多様な仕事があります。

今回は、そんな合同会社DMM.comについて転職情報をお伝えします!

合同会社DMM.comってどんな会社?(事業内容・サービス)

「いろんなこと」をやっている会社です。
動画配信、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタ、IOT、ロボット、VRシアターと多岐にわたる事業を展開しています。

ここでは代表的な事業を見ていきましょう。

合同会社DMM.com

さまざまなサービスを展開するDMM.COMその母体である、DMM.comはグループ各社を統括する部門です。
サービスの上流から下流までハンドリングする部門になります。

株式会社DMM.com

一言で説明すると、ゲームコンテンツ制作部門です。

DMM GAMESの製作・運営やその他ソーシャルゲーム・アプリコンテンツ開発、システム開発、WEBコンテンツ開発、各種デザイン制作を主に担当しています。

株式会社DMM.com証券

FXやCFDの提供と運営を行う部門です。
お客様の投資スタイルに合わせて、選べるFX(外国為替証拠金取引)またCFD(店頭デリバティフ取引・店頭商品デリバティフ取引)を提供、運営しております。

株式会社DMM.com Base

物流を管理する部門です。
DVD,CD,BDを中心としたメディアのプレス、また、あらゆる商品の在庫保管、及び全国への梱包発送業務、入荷、返品の検品仕訳等の物流サービス事業を担当しています。

合同会社DMM.comの最近の業績は?

グループ全体の業績としては順調に推移しているようです。

下記は2013年からの業績です。

  • 2013年:700億円
  • 2014年:800億円
  • 2015年: 1300億円
  • 2016年: 1800億円
  • 2017年:1900億円
  • 2018年:2100億円

また、サービスの稼働の目安となる会員数も順調に推移しています。

  • 2013年:500万人
  • 2014年:800万人
  • 2015年:1300万人
  • 2016年:1800万人
  • 2017年:2000万人
  • 2018年:2900万人

合同会社DMM.comの将来性は?

新規事業にどんどん投資するマインドがあり、当たりを引けばさらなる事業拡大は望めそうです。

資金力があるためどんどん新規事業が立ち上がりますが専門家がいない為、常に後手に回り撤退している事業もあります。

流行に敏感に反応し事業を立ち上げ黒字が見込まれなければ撤退している為、良い意味で引き際を心得ていると言えます。
その為、大きな損失は無く黒字化した事業のみ残るモデルと言えます。

合同会社DMM.comの募集職種・仕事内容

エンジニア

サーバ、ネットワーク監視業務
DMMエンジニアが設計・構築したサーバやネットワークの運用状態の監視を行ないます。
サーバルームに入り、ルーム内の温度監視やサーバ機器の外観チェック、カスタマーチームからの電話受付も含みます。

デザイナー

電子書籍事業のECサイト業務をご担当します。スクラムチームの開発メンバーとして、ユーザーデータを元に改善施策と届け方を検討し、データ分析・企画・効果測定、フロントエンド実装に限らず様々な分野に携われます。

ディレクター

DMM.com Groupでは約40以上のサービスを展開しており、急速な事業展開を進めています。

プラットフォーム開発部は、会員データベースや課金機能など事業の基幹を担う機能を提供しており、DMMのサービスが低コストかつスピーディーに展開できるよう業務を行っています。

営業・企画

『DMM pictures』は国内外に動画配信、DVD・Blu-ray、グッズなどの様々なコンテンツを提供するアニメーションレーベルです。
アニメーション作品の特典決め・販促キャンペーンを企画~運営まで担当します。

バックオフィス

株式会社DGホールディングスは、DMM.com Group全体の財務・法務・総務といった統括管理を担っています。

この度の求人では、法務担当として既存の事業だけではなく、新規立ち上げ段階にある事業および子会社に関する契約審査・法令調査・リスク検討などの業務を担当します。

マーケティング

2000万人超の会員数を支えるDMM GAMESプラットフォームにおけるUX/UI目線でのユーザビリティ改善企画立案/実行、アバターサービス/コミュニテイサービスなどのユーザ交流機能の改善、ゲームに紐づく新規サービスの立案などを行います。

プラットフォームならではのユーザデータを元に分析をしながらA/Bテストなどを行いながらPDCAを行っていきます。

IPコンセプター

IPコンセプターは、ゲーム企画の骨子・世界観制作を軸にして、ロデューサーのサポートや新規IPの創出を行っています。

プロジェクトの増加に伴い、アシスタントを募集しています。いずれは中核的業務を担当します。

合同会社DMM.comの働く環境の評判は?(やりがい、福利厚生、社内評価、社風・文化)

仕事のやりがい

  • 技術的な面で裁量権があり自由にタスクを振れるので社員のモチベーションは高く保てるようです。
  • 大型案件も多数あるので他企業では経験できないといった声が多数ありました。
  • 多種多様な事業があるのでいろんな事業に関われることが経験になるようです。

DMMが多種多様な事業を行っているため、様々な経験ができるといったやりがいを感じている人が多くいるようです。

福利厚生

有給や残業代は支給され取得に問題はなさそうですが、特別福利厚生が充実していると言った声はありませんでした。
ベンチャーでアダルトを扱っているにしては良い。といった感じです。
変わった所は、関連企業の優待券が支給されるようです。

社内評価

  • 人事評価は毎年のように変更されていて毎年のように判断基準が変わっているようです。
  • 特殊なスキルがあっても評価されず、まんべんなく知識が無いと評価されない傾向があるようです。
  • 評価制度自体が評判が悪く間接的ではあるが、退職理由として挙げられるようです。

社内評価に関しては、あまり良い評判はないようです。
改善すべき点を多く挙げましたが、2017年から1年かけて評価制度の見直しを図っており改善される見通しはあるようです。

社風・文化

  • ベンチャーではあるものの、自身の仕事管理が出来ていれば定時退社出来るようです。
  • 有給が比較的取得しやすくおおらかな社風のようです。
  • 給与の上げ幅は同業他社と比較しても低いようです。
  • 新しい事にチャレンジできる環境があり、自由な発言を容認する雰囲気があるようです。
  • 社員教育に力が入っておらず、自力での学習とスキルアップが必要のようです。
  • 多くの部門がある性質上、部門によりルールや文化がかい離している為、馴染めない社員が多いようです。

有給の取得や発言が自由であることから、共通して自主性を重んじ「自由」な文化であることが分かります。

一方で、社員教育に力をいれてないので自主性がないと、スキルアップが難しいかと思います。

合同会社DMM.comの平均年収(給料)・賞与・残業は?

平均年収は?

下記に職種別に掲載していますので参考にしてください。

  • マーケティング 400万
  • 営業      400万
  • ディレクター  400万
  • 企画      450万
  • デザイナー   400万
  • バックオフィス 400万
  • エンジニア   500万
  • システム部   500万

おおよそ400万~500万が相場のようです。
部門ごとにさほど大きな年収の差はないようです。

賞与(ボーナス)は?

過去にはあったようですが、現在は年棒制の為無いようです。

残業制度について

未払いや遅配などなく、通常通り支給されるようです。

合同会社DMM.comの面接フロー・質問例・SPI難易度

選考フロー

書類選考→選考(部門面接 等)→役員面接→内定

選考フローは他の会社と変わらない一般的な流れとなっています。

しっかりと、「自分の退職理由、なぜDMMなのか、DMMで自分は何をしたいのか」軸を決めて面接に臨むことが大事です!

面接での質問例

  • 志望動機
  • 自分の経験をどう活かせると考えるか
  • 尊敬する人は

特に変わった質問は無く、一般的な質問が多いようです。

自由で裁量が持てる社風なので意見は出していった方が良いようです。

SPIの難易度

SPIの難易度は一般ベンチャーと同等のようです。

一般的な書籍などを参考に準備しておけば問題ないようです。

合同会社DMM.comに転職を成功させるには?

急成長している為、社内制度が追いついていない印象を受けました。

今後の課題としては、優秀な人材を繋ぎとめる社内環境の整備が急務と感じています。

もし、合同会社DMM.comへの転職を検討しているなら、一度転職エージェントに転職相談をしましょう!

転職エージェントの利点と活用

志望企業への転職は、コーポレートサイトから直接申し込むことも可能ですが、その後のキャリアプランを一人で考えるのはミスマッチが起こる原因でもあります。

仮に転職に自信があったとしても、一人だと不安になります。転職エージェントは無料でサポートをしてくれますので心配ありません。

また、自分一人では面倒な面接の日程調整や対策など様々なことしてくれるためマイナスにはなりません。

各転職エージェントに、特徴が異なるため自分の特徴や今の自分が何を求めるかどうかを考えて利用を検討しましょう。

また、大手の転職エージェントは人数も多く実際のところ担当になるアドバイザーの質によって左右されます。

そのため、本当に合同会社DMM.comへの転職を成功させたいのなら、大手と中小の他のエージェントを複数見て最終的にどちらのエージェントが自分に合っているか判断を見極めましょう!

※転職エージェントは、平均して2〜3社登録することをオススメします。

まずはここに登録すべし!定番エージェント!

紹介実績、求人数共に業界No1!転職者の8割が利用している転職エージェント。

特徴
【メリット】

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

【デメリット】

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方

 

大手エージェントの中でも、特に20代・若手に強みをもつエージェントです。

特徴
【メリット】

  1. 大手の転職エージェント
  2. 若手向けサービスマイナビジョブ20’s”を展開。第二新卒の方の転職活動も手厚くサポート
  3. 20代の若手層で未経験業界や職種へのチャレンジ可能な求人を多数保有
  4. 20代でキャリアの展望が漠然としている転職者に対しても、キャリアアドバイザーが求人マッチングや絞り込んだ提案を行ってくれます

【デメリット】

  1. 大手なのでキャリアアドバイザーの数が多いために、質にばらつきがでる可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 20代で転職を考えている方
  2. 異業界・異職種へのキャリアチェンジを希望している方

 

リクルートエージェントと並ぶ、業界最大手のエージェント。リクルートと比べると、多くの求人の中から、コンサルタントが厳選して求人を紹介してくれるスタイルです。
マイナビ、リクルートと平行して登録し、比較検討することをオススメしています。

特徴
【メリット】

  1. 国内第2位の求人数を保有
  2. 面接・書類作成といった、転職へのサポートが手厚い
  3. マッチングにこだわっており、キャリアアドバイザーが求人を絞り込んで提案してくれます

【デメリット】

  1. 求人の絞り込みの精度がキャリアアドバイザーによってバラつく可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. 「多くの求人を網羅的に閲覧したいが、自分に合った求人をプロ視点で一定は絞り込んで提案してほしい」といったニーズをお持ちの方

 

第二新卒・未経験転職に強い転職エージェント


ジェイック


第二新卒・未経験の転職に強い転職エージェント。

面接対策・履歴書の書き方・ビジネスマナーなどの無料講座を提供しており、転職決定するまで1対1で個別サポートしてくれます。

特徴
【メリット】

  1. 面接対策・履歴書の書き方の無料講座を受講できる為、面接対策は万全!
  2. 専任のスタッフが1対1で個別サポート。いつでも気軽に相談可能!
  3. ブラック企業を徹底的に除外しており、転職後の定着率は94.3%!

【デメリット】

  1. 「無料講座を受講 ➡︎ 求人紹介」 という流れになる為、無料講座の受講が必須となります
こんな人がおすすめ!
  1. 大手の転職エージェントに登録したものの、面接対策に不安のある方
  2. 経歴に自信がないから無料講座を受けてみたい方
  3. フリーターから正社員への就職を目指している方

「大手転職エージェントを利用したけどサポートしてもらえなかった。。」という方も、ジェイックではサポートを受けることが可能です!


女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性にオススメの、事務の求人や残業なし・少なめの求人も多数取り扱い!
女性の方は間違いなく登録しておくべきエージェントです!

※サポートエリアが1都3県に限られます。
希望勤務地が上記のサポート対象外の場合は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。


特徴
【メリット】

  1. 女性のアドバイザーが担当
  2. 女性にオススメの求人を多数保有している
  3. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!
  4. 女性の転職に10年以上のノウハウ

【デメリット】

  1. 40代以上の求人が少なく感じられるかも知れません

こんな人がおすすめ!

  1. 女性の転職に特化しているので全ての女性にオススメです!
  2. 「出産を視野に入れたキャリア形成について相談に乗って欲しい」など、女性ならではの転職の悩みに関しても相談したい人

 

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け

※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

特徴
【メリット】

  1. 年収600〜1500万円のハイクラスの求人の量が豊富で、国内トップクラス
  2. 企業数5000社以上!年収レンジが高い質の求人が揃う
  3. ビズリーチに加盟・提携している中小規模のヘッドハンター・転職エージェントからもスカウトやヘッドハンティングを受ける事ができる

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない転職者は対象になり得ない可能性があります
  2. 個人の転職者はスカウトメールを受け取る事は無料だが、具体的な求人の内容を閲覧するためには有料会員として月額5000円を支払う必要があります

こんな人がおすすめ!

  1. 何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの人
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の人
  3. ビズリーチには多くの実力のある中小ヘッドハンターが加盟しているので、有名ヘッドハンターとのコネクションを作りたい方


特徴
【メリット】

  1. 年収600~1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30代~40代の役職者(マネジメント層)やスペシャリストの転職にも強み
  3. 高年収求人領域では国内最大手の転職エージェント(転職エージェント業界全体でもリクルート、dodaに次いで国内3位)
  4. 企業担当のリクルーティングアドバイザーと転職者担当のキャリアアドバイザーが同一人物が対応・担当するので、ミスマッチがなく、丁寧な提案やフォロー、年収などの条件交渉をしてもらえる。(リクルート、doda、マイナビは企業の担当者と転職者の担当者が別)

【デメリット】

  1. 現在の年収が300~400万円程で、明確な専門性やマネジメント経験などがない場合は対象になりづらい
  2. 同一人物が企業担当も個人担当も兼任しているメリットの裏返しとして、企業担当が担当している企業へ傾聴してしまっているケースもあるようです

こんな人がおすすめ!

  1. 現状、何かしらの専門性やマネジメント経験をお持ちの方
  2. 今後年収500~600万以上、もっと言えば800~1,200万円を目指していきたいハイキャリア志向の方
  3. 外資系企業の求人の取扱も国内トップクラスなので外資系企業の求人をご希望の方

エンジニア・クリエイター・デザイナーに特化した転職エージェント

エンジニアやクリエイターの転職に特化したエージェントは正直多くありません。

IT・Web業界にエンジニアやクリエイターとして転職したいという方は、レバテックキャリア・マイナビITの両方に登録しておく事をオススメします。

特徴
【メリット】

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

【デメリット】

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

こんな人がおすすめ!

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという方

特徴
【メリット】

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!
  3. エンジニアとクリエイターの為に設計されている独自のフォローアップ体制
  4. 専門用語はもちろん最新技術の話が通じるキャリアアドバイザー

【デメリット】

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

こんな人がおすすめ!
  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

 

一般的な転職エージェントの流れ

①転職サービスへの登録

申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込み・登録を完了させます。

②求人状況の確認・サービスのご連絡

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。
申し込みから一週間以内で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。
※なお、求人の状況によっては、面談や相談サービスを受けることが難しい場合もあります。

③キャリアアドバイザーとの面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、あなたに合った求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。
※日程調整やキャリアアドバイザーと直接会えない場合は、電話面談も可能です。

④求人紹介・書類添削・面接対策

求人紹介

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。 お申込みいただいた方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介がされています。 求人の9割は一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人なのでいままで見つけることのできなかった求人に出会える可能性があります。

書類添削

採用担当者が思わず読みたくなるような職務経歴書の書き方のアドバイスをしてくれます。

面接対策

模擬面接」を実施し、希望企業に「採用したい!」と思わせるような各企業に合わせた面接テクニックをレクチャーしています。

⑤応募・書類選考・面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦状と共に推薦します。
また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行ってくれます。

⑥内定・退職交渉・入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポートします。
入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。