20代で転職を検討されている方へ


新卒だってリーダーだってSEはつらい!辞めたいと思った時の転職方法

「SEを辞めたい」と思いながらも、ツライ毎日を送っている人はあなただけではありません。

IT業界という一見華やかな世界の内情は、世の中を便利に過ごすためにするための「縁の下の力持ち」というポジションであり、納期や急な仕様変更、長時間労働や安い月給によって成り立っているのです。

これではSEという職に不満を持ってしまうのも当たり前ですよね。

そこで今回は、SEである現状をもう一度見直す事で、なぜSEを辞めたいのか、そしてその一歩を踏み出すタイミングや方法を再確認してみましょう。

なぜseを辞めたいのか

まずは「なぜSEを辞めたい」と思う人が多いのか、という部分です。

一括りにSEと言っても、新卒であったり長年SEを続きてきたベテランであったり、その中には「社内SE」や「派遣SE」など立場は様々です。

しかし、どのような立場にあっても「SEを辞めたい」と思う方が多いという現状があります。SEという職種はIT化された社会を支える縁の下の力持ちであり、SEがいなければ今の社会は成り立ちません。

それでも、その労働環境は決して報われる環境ではありませんよね。

頑張れば頑張った分だけやりがいがある職種ではなくなってしまったのです。社内SEや派遣SEといった立場が違っても、経験年数が長くても短くても、ツライと思う気持ちは変わりません。

社内SEのつらいところ・不満点

社内SEは、企業内でのITの中心的存在です。にも関わらず、社内での扱いはどうでしょうか。

ITに関する一切の事を任される事はもちろんですが、余りにも広範囲で、社員数と導入機器に比例して業務量は積み重なっていきます。社内ではいわば「何でも屋さん」という位置付けで、自分の仕事をしている最中だって、休憩中だって構う事なく問い合わせや急な指示を受けるのです。

最初の頃はそれを“やりがい”と感じますが、そういった”使われ方“に対して、次第に「自分の存在意義」を考え始めてしまいますよね。

それに加えて、社内SEは社内の業務だけに追われ続けるため、世の中のIT技術に触れる機会が圧倒的に少なく、スキルアップが難しいポジションなのです。

何より不満に感じる事は、企業内で評価されにくい事ですよね。

自身のスキルアップを犠牲にして、社内の「何でも屋さん」をこなすのですが、実質的な利益を示せるポジションではなく、利益を数字として出す社員が快適に業務を遂行できるための「補助」だと認識される事が多いためです。

あからさまにその事を明言される事はありませんが、評価や扱いから感じ取ってしまいますよね。

次第に、社内SEというポジションに意義を感じられなくなり、SEを辞めたいと思ってしまう事は、“決しておかしな事ではない”という事を知ってください。

派遣SEのつらいところ・不満点

派遣SEは、常に客先に常駐し、ひたすら職務をこなす毎日です。

ですので、開発案件が無ければ派遣先も決まらず、待機という状態も少なくありません。その間勉強は出来ますが、実践と独学による勉強ではスキルアップのスピードに雲泥の差がありますよね。

また、派遣先によっては最新の技術に触れる事もでき、スキルアップに繋がる事もあるかもしれません。もちろん、結果を出す事で個人的にもお客様に喜ばれる事はあるでしょう。

しかし、評価されるのは派遣元の企業です。「あなたの企業は良い人材を持っている」という評価なのです。例えばあなたが評価され、単価が上がっても、あなた自身に反映されるかどうかは分かりません。

派遣元の企業が大きく利益を上げ、それをあなたに還元してくれるかどうかは、企業側の判断次第であり、あなたの運命は全て派遣元に握られているというのは、決して納得のいく待遇ではないですよね。

派遣SEは、あなたの生活自体が派遣元の案件次第で左右されてしまうという危うさも持っています。

このような現状を把握した時、SEを辞めたいと思う事は“当たり前”なのです。

辞めたいと思ったらすぐ行動しよう

どのような立場、どのような年齢でもSEを辞めたいと思った時にはそれなりの理由があるという事ですよね。

ですので、次に必要な事は行動です。

その行動の第一歩として考えるべき事が「興味がある事を発見する」ことです。現職の自己分析ができたら、次は興味について考えてみましょう。そこに転職すべき理由が隠されています。

始めての分野に転職する場合「未経験」という不安要素がつきものです。いろいろと迷いや慎重さが顔をのぞかせますが、転職にはスピード感も大切である事を意識しておきましょう。

20代や第二新卒であれば、「やる気」というポテンシャルが採用に繋がる事は珍しくありませんし、30代ならば、これまでの経験で得た事は、転職時の最大の武器になります。

自分の興味がある分野を探す際には、一人だけで悩む必要はありません。最大のサポートを受けられる転職エージェントに相談する事が近道となります。

転職なら転職エージェントを


転職に迷いのある人や、次に就きたい職種が決まっていない人こそ、転職エージェントの助けを借りる事が大切です。

転職エージェントは、あなたの望む職場や職種、そして興味を引き出してくれる存在でもあるからです。「何がしたいか決まらないけど、現職は辞めたい」という心の状態でも、転職エージェントはそこからあなたをサポートしてくれるのです。

あなたを知ることから始めます。そして、条件に合った、あるいは向いている企業を探し出してくれます。また、転職時の面接で、エージェントが最大限のフォローを行うことも転職エージェントの役割なのです。

転職を考えた時、一番最初にする事こそ「転職エージェントへの相談」であることは間違いありません。

転職エージェントをうまく使って、様々な手段や道を見つけましょう。

マイナビIT

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. 業界大手のマイナビが運営しているので、IT・Web業界の大手・中小・ベンチャー企業の求人が豊富
  2. IT業界・Web業界に精通したキャリアアドバイザーが担当

<デメリット>

  1. 大手でキャリアアドバイザーの人数が多いために、一定、質にバラつきは出る可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. エンジニア・クリエイターとして転職を希望している方
  2. 将来的にどの技術や言語が伸びるか、自分のキャリアについてアドバイザーに相談したいという

レバテックキャリア

<ポイント>

  1. 大手企業からベンチャー企業まで多くの企業との強いリレーション
  2. IT業界の業務経験のあるキャリアアドバイザーが徹底的サポート!
  3. マネージャー・管理職など様々な希望条件に合った求人をご紹介!

<メリット>

  1. レバテックキャリアだけの非公開求人や独自情報によって、転職者に合った企業をマッチング
  2. IT・Web業界トップクラスの求人数!

<デメリット>

  1. IT・Web業界が全くの未経験の転職者は対象になりづらいです

<こんな方にオススメ>

  1. IT・Web業界への転職を希望している方
  2. IT・Web業界に詳しく、知見のあるキャリアアドバイザーからサポートを受けたい方

リクルートエージェント

<メリット>

  1. 国内最多の求人数を保有
  2. 転職者の8割以上が登録
  3. 幅広い業界・職種の求人を網羅的に閲覧・紹介してもらえます

<デメリット>

  1. 求人数が多い一方で、転職者の登録数も多いため、1人1人に手厚いサービスが期待できない可能性があります

<こんな方にオススメ>

  1. 「大量の求人を一旦閲覧したい、紹介してもらいたい」という方
  2. 業界最大手の転職エージェントの標準的・平均値的なサービスレベルを最初に知っておきたい方