アプリの広告収入ってどんな仕組み?アプリ開発するなら広告収益モデルがオススメ!!

日常的にスマートフォンを使う私たちにとって、アプリは生活の一部ですね。

そして、様々なアプリが次々とリリースされ、私たちはその中から便利なアプリを選び、インストールして利用します。

では、これらのアプリを開発している人たちは、どのようにして利益を上げているのでしょうか。

その答えは、アプリ内に表示される広告です。

アプリ開発は「広告収益」によって利益を上げるビジネスモデルなのです。

今回は、それらアプリついて、アプリ開発にはどのような種類があるのか、そして、アプリの収益モデルにはどのような方法が存在するのかを紹介します。

アプリ開発にはどんな種類があるのか

私たちが普段使うアプリには、友達とのコミュニケーションに使ったり、ゲームを楽しんだり、またはスマートフォンだけで買い物が出来るなど、一口にアプリといっても様々なアプリ開発ジャンルがありますよね。

そして、そのジャンルの数だけアプリ開発にも種類があり、特に下記のジャンルはアプリ開発で成功を収めた分野です。

ソーシャルアプリの開発

世界中の人がつぶやきを発信するTwitterや、世界人気も衰える事の無いInstagram、今や爆発的人気を誇るTikTokなどは、人と人とを繋ぐソーシャルアプリです。

ゲームアプリの開発

一昔前のゲーム機よりも高機能なスマートフォンは、今やゲーム機としても最も手軽な機器です。

ゲーム開発には、ダウンロードする時点で購入が必要な有料アプリから、アプリ内課金を主としたソーシャルゲームアプリがあります。

EC(電子商取引)アプリ

スマートフォンだけで物の売買を可能にするのが、Amazonや楽天を始め、ヤフオクやメルカリと言ったECアプリです。

ユーザー同士のマッチングによって成立する売買により、仲介手数料を収益としているのがメルカリや、最近ではテレビCMでもよく耳にするブランディアなどが人気ですね。

アプリの収益モデルについて

アプリの収益モデルには、大きく3つあります。

  1. 有料アプリ:スマートフォンのアプリストア(iPhoneならばApp Store)で有料にて販売されているアプリです。ゲームアプリによく見られる収益モデルです。
  2. アプリ内課金:パズドラやモンストといったソーシャルゲームアプリを代表とする、アイテムやキャラクタをアプリ内で課金させる収益モデルです。
  3. 広告収入SNSや動画配信アプリなどでよく見られ、アプリ内に広告を表示する収益モデルです。

有料アプリの販売

有料アプリは、アプリストア(App Storeなど)からダウンロードする際にアプリ料金が表示されているアプリです。

有料アプリの収益は、ダウンロードされた際の利益の7割が開発者、3割がアプリストアなどの仲介マージンとして分配されます。

多くのダウンロード数の確保と、有料アプリであるが故の「アップデートとメンテナンス」などのサポートにもコストがかかりますので、ある程度の運用資本が必要となりますね。

アプリ内課金

アプリ内課金は、アプリ内でアイテムを購入させる事により収益を得ます。

パズドラやモンスト、またLINEゲームなどもアプリ内課金による収益モデルですが、成功しているアプリは、資本を持つ大手企業が目立ちます。

これは、有料アプリの販売よりも収益の見込みが難しいためです。

ダウンロードされた数だけ収益を得られるものではなく、ダウンロードされた中で、さらに課金をするユーザー数によって収益が左右されるため、やはりある程度の資本を投入できる母体が必要となってきますね。

広告収入

無料インストールしたアプリ内に広告を表示する、広告配信による収益モデルです。

個人、あるいは同等規模のスマートフォンアプリの大半が、広告配信を軸として収益を得ていると言えます。

月間広告収入は、広告の1クリック単価やインストール成果型という形式にもよりますが、クリック型の報酬は5円〜10円程、インストール成果型ならば140円〜210円程が見込みます。

まとめ

アプリ開発による収益を期待するには、広告配信の収益モデル、あるいは有料アプリ販売をオススメします。

特に、広告配信での収益モデルならば、一度ダウンロードされたアプリに広告は配信され続けますので、毎月一定の固定収入が見込めるでしょう。

もちろん、数あるアプリの中からある程度のダウンロード数を稼がなければなりませんが、アプリ収益モデルの中では、最も収益の見込めるモデルだと言えますね。

末永

この記事を見ている方は、アプリ開発を通じてフリーランスへの転職を考えている方もいらっしゃるかと思います。

レバテックキャリアは、フリーランスの支援を行なっている転職エージェントです。

元エンジニアの方や、web/IT業界の方がキャリアアドバイザーなので、フリーランスになる上で有益なアドバイスを得ることができますよ。

したがって、フリーランスからの転職に興味がある方は、一度レバテックキャリアに相談することをオススメします。

 

エンジニアやデザイナー、クリエイターの転職に特化した転職エージェント

マイナビ新卒やマイナビエージェントでお付き合いのある企業とのコネクションを生かした、幅広い求人提案がウリ

ポイント
  1. 実務未経験からでも挑戦できる求人を保有
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 業界に精通した専任のアドバイザーが転職サポート

マイナビITの評判・口コミから分かる利用すべき人

エンジニア・クリエイター向けのフリーランス支援サービスも展開。
豊富な情報量×きめ細やかなサービスに強み。

ポイント
  1. IT・Web業界トップクラスの求人数とサポート実績!
  2. 現役エキスパートエンジニアから応募書類の添削を受けられる
  3. 正社員とフリーランス両方のキャリア相談が可能。フリーランスも検討したい人にオススメ

レバテックキャリアの評判が悪いって噂は本当?IT業界に強い理由を大公開
レバテックキャリアのサービスへのこだわりを徹底取材!

22歳から34歳の方は必ず登録すべき!大手エージェント


30代前半ぐらいまでの方で多いのが、自分の進むべき業界・職種が定まっていないケースです。
そういった方は幅広い業界・職種の求人を扱う大手エージェントにまず登録し、コンサルタントと壁打ちしながらキャリア相談をしてみるのがオススメです。

業界No.1!転職者の8割が利用している
国内最大の定番エージェント

ポイント
  1. 求人数が業界No.1!人気企業・大手企業の非公開求人を多数保有
  2. 数の強みを活かした幅広い業界・職種の提案が可能
  3. たくさんの求人の中から比較検討できる

リクルートエージェントの評判って良いの?元社員が徹底解説します!

20代の登録者数No.1!
20代・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

ポイント
  1. 新卒サイトの掲載社数、業界No.1!若手層を採用したい企業とのコネクションを活かし、20代向けの全業界・職種の求人を網羅
  2. 若手層の転職サポートやアドバイスに強み。

マイナビエージェントの評判は?転職のプロが本当に利用すべきか解説!

年収500〜600万円以上の転職を目指す方向け


※ハイクラス求人は絶対数が少ないため網羅するためにも、転職サイトと転職エージェントは両方に登録しておくのがオススメです。

年収600万〜1500万の求人が豊富な転職サイト
年収・求人の質ともに高い優良求人を多数掲載

ポイント
  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(BIZREACH)の評判は?利用者の口コミを公開!

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサルティングファームなどの転職サポートにも強み

ポイント
  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った方向けの求人も多数

JACリクルートメントの評判・口コミまとめ!現役転職エージェントが解説します!

女性の転職支援に特化した、転職エージェント

女性のアドバイザーが担当!女性特有の悩みに寄り添ったきめ細やかなサポートがウリ

※サポート可能エリアが1都3県に限られます。
それ以外の方は、全国規模でサポート可能で、女性向けや事務職求人などの豊富な求人をもつマイナビエージェントリクルートエージェントへの登録がおすすめです。

ポイント
  1. 女性に人気の事務職(総務・庶務・秘書・営業事務・経理事務など)の求人も豊富
  2. 未経験からでも挑戦できる職種も多数!

@type女性の転職エージェントの評判は?誰が使うべき?