【保存版】薬剤師の面接攻略法を徹底解説!勤務先別の特徴も紹介!

薬剤師 薬 男

薬剤師の面接を軽く考える人は多いのですが、十分な対策は必須です。本記事では薬剤師が面接でよく聞かれる質問や、採用されるためのポイントを解説します。

また、勤務別に面接の特徴も説明します!

薬剤師の面接よくで聞かれる質問

薬剤師の面接でよく聞かれる質問は以下の4つです。

薬剤師は、面接は顔合わせ程度で、面接まで選考が進めばほぼ内定がもらえると思われがちではあるものの、そんなことはありません。

基本的な質問に答えられないとダメですし、質問の回答から採用担当者は転職者の性格や考え方を見抜きます。そのため、面接対策は必須です。

ここからは、よくある質問ごとにポイントと、どんな風に答えれば良いのか回答例を紹介していきます。

自己紹介

どんな面接でもほぼ聞かれる質問が自己紹介です。

面接の冒頭に聞かれる質問であり、面接試験の機会を設けてくれたお礼を言った後に氏名と経歴、そして自分の強みといった自己PRを簡単におこないます。

ポイントはハキハキとした口調で、1分ほどでコンパクトにまとめることです。

自己紹介の回答例

○○と申します。本日は貴重なお時間をとっていただきありがとうございます。

○○大学を卒業後、○○病院で5年間勤務しました。局長として、薬剤師の傍ら新人の教育もおこないました。

人の意見をくみ取ることを得意としています。本日はよろしくお願いします。

これまでの経歴

自己紹介の次は「これまでの経歴を教えてください」という質問が多いです。

自己紹介で説明した経歴よりも具体的に数字を出すほか、業務内容を細かく伝え、培ったスキルや自分の強みを伝えることがポイントです。

なお、転職経験がある場合には、その理由にも言及するとよいでしょう。

これまでの経歴の回答例

大学卒業後は、○○病院で○年間勤務しました。

そこでは薬剤師として調剤業務をおこなうほか、病棟業務もおこない、患者様と触れ合う機会も多かったです。

○○年からは局長を務めることになり、現在は調剤と病棟業務のほかに新人教育もおこなっています。

私の強みはマネジメント能力だと思っており、患者様のリピート率も上がっています。

退職・転職理由

3つ目の質問は「前職の退職理由・転職理由はなんですか」です。

これは、考え方や価値観を把握するとともに、転職によってその価値観が活かされるかを判断するためにおこなわれる質問です。

退職・退職理由は、会社への不満などネガティブな内容になりがちなので、できるだけポジティブに変換することがポイントです。

退職・転職理由の回答例

在宅医療の重要性が増している中で、調剤薬局の薬剤師としてだけではなく在宅医療の薬剤師としても活躍したいという考えがあります。

現在の職場は、在宅医療の分野にはあまり力を入れておらず、異動も難しいと告げられたため、在宅医療に力を入れている御社への転職を決意しました。

志望理由

志望理由も必ずといっていいほど聞かれる質問の1つです。

数ある企業の中でどうしてその企業を選んだのか、どの程度その企業と自分がマッチしているかを伝えることが重要なポイントです。

給与や待遇、勤務地などの条件や企業理念などといったあいまいなものを理由にすると説得力に欠けるので、業界でのポジションや企業の特色などを挙げて具体的に答えていくことが必要です。

志望理由の回答例

御社は、業界内でもかかりつけ薬剤師への取り組みがいち早く、地域密着型の医療に力を入れています。

研修体制もしっかりしており、スキルアップに対する支援が豊富な点に魅力を感じました。御社に入社できたならば、新人教育の経験を活かして人材育成に貢献できる自信があります。

また、研修内容やより患者に寄り添った医療の在り方についても考えていきたいと思っています。

薬剤師の面接で意識すべき4つのポイント

薬剤師の面接試験で注意すべきことはたくさんあるものの、とくに意識すべきことは以下の4つです。

  • 相手の目をみてハキハキと話す
  • 丁寧な口調・正しい敬語で話す
  • 面接官の質問に結論から簡潔に答える
  • 社会人としてのマナーをまもる

相手の目を見てハキハキと話すことや丁寧な口調で落ち着いて話すことなどは、第一印象をよくすることにつながります。

また、薬剤師は服薬指導など、患者とのコミュニケーション力が求められるので、面接官の質問に対する答え方や、わかりやすく説明する力も評価されています。

当たり前のことではあるのですが、社会人としての最低限のマナーを守ることも必須の条件です。

清潔感のある服装や髪型、化粧をするほか、あいさつや態度を丁寧におこなうことを心掛けましょう。

このほか、Webサイトなどで事前の準備をしっかりとおこなうことも必要です。

薬剤師と一口に言っても、様々な業態があります。複数ある業態の中で、なぜその業態を選んだのかは説明できるようにしましょう。

具体的な職場を知るために、職場見学をすることもオススメです。

【勤務先別】薬剤師が面接で注意するべきポイント

ここからは、以下の勤務先別に注意するべきポイントをそれぞれ解説していきます。

調剤薬局では調剤経験のアピールが重要

調剤薬局の面接試験で終始されるポイントは、どれだけの調剤経験があるのかです。調剤経験の年数とともに、どの診療科の薬を扱ったことがあるのかを伝えましょう。

薬局での面接は、他の業態とは異なり基本的に1回で終わります。大企業の中途採用試験のようにかしこまった形式ではなく、薬局の片隅などを利用してカジュアルスタイルでおこなうことが多いです。

調剤薬局の面接を成功させるためには、自分が即戦力であるとアピールすることが重要です。求人を出す薬局は人手不足なので、教育の手間が省ける即戦力人材は採用担当には魅力的に映ります。

また、自分の経験をどのように活かすことができるのかを具体的に話せば、効果的なアピールになります。

ドラッグストアでは勤務可能時間をアピールしよう

ドラッグストアでの面接では、どれだけ勤務することができるのかをアピールするのがオススメです。

ドラッグストアは基本的に拘束時間が長い傾向があり、長時間の勤務でも働くことができるのか、勤務地の異動も可能かということを確認されます。

また、過去にOTC医薬品を取り扱った経験があれば、さらにアピールになります。

店舗の規模にもよりますが、おおよその場合面接回数は1回で終わります。

長い拘束時間でも問題なく対応できるライフスタイルであることを伝えましょう。

病院は新卒であることが重要

病院の面接試験は、新卒であることが重視されます。これは薬剤師だけでなく、看護師や医師であっても、基本的に新卒採用をメインでする文化があります。

とはいえ病院への転職が不可能なわけではありません。中途採用であるならば、今までの勤務経験などをどのように病院で活かすことができるかを具体的に伝えましょう。

また、当直勤務が問題ないかどうかも大切なポイントです。

他の業態とは異なり、大きな病院となれば、面接以外に試験が設けられることもあります。

病院での面接対策は、その病院がどのようなことで有名で、そのことに自分がどのようにかかわりたいのか、活躍したいと考えているのかをアピールすることがポイントです。

また、病院勤務でしか獲得することができない専門薬剤師の資格取得といったような向上心を示すことができると効果的です。

製薬会社は過去の経験を活かせるかが重要

製薬企業での面接試験では職種にもよるものの、過去に同じような仕事の経験があるかどうかが重要です。

治験関係の薬剤師ならば、治験の経験をしていないと雇用につながりにくく、研究職ならば大学・大学院での研究内容が重要視されます。

他の業態とは異なり、面接回数は企業によって様々であり、面接前に適性試験がおこなわれることも多いです。

企業によって、最適な面接対策が異なるので、転職エージェントなどを利用して面接対策することがオススメです。過去の面接データにより、スムーズな回答をする準備ができます。

逆質問では意欲をアピールするのがポイント!

面接の最後に聞かれる「質問はありますか」という逆質問をうまく活用することで、自分の意欲をアピールできます。

逆質問では向上心やモチベーションを示すことが重要なので、「なにかこれから取得しておくべき資格などはありますか?」や「英語のスキルを上げておいたほうが仕事には有利でしょうか」といったように雇用先に応じて、その職場で働くことを想定して意欲を示す質問をしましょう

また、Webサイトでは確認することができない職場の雰囲気やこれからの業務内容、研修内容、さらには調剤ミスの保険など踏み込んだ内容について質問すると、よいアピールにつながります。

反対に、「とくにありません」という回答はNGです。この回答や長い沈黙は、マイナスイメージを与えてしまいます。

また給与や待遇に関する質問は慎重におこなう必要があります。もし質問するなら「子供の送り迎えのため、決まった時間に帰宅する必要があるのですが、実際の勤務時間は何時まででしょうか?」といったように確認すべき事情を提示した後に質問しましょう。

面接で失敗してしまう薬剤師の特徴

面接で失敗してしまう薬剤師の特徴は以下の3点です。

  • 退職理由でネガティブな印象を与えてしまう
  • 給与や勤務時間についての質問が多い
  • 基本的なマナーが悪い

失敗する特徴の1つが、退職理由でネガティブな印象を与えてしまうことです。ネガティブな理由で退職していると、問題解決能力がないと判断されるので、ポジティブな理由に転換して話すとよいです。

給与や勤務時間など、条件面を気にしすぎた質問ばかりしていると、仕事に対する意欲がないとみなされかねません。

また、マナーが悪い人や志望動機があいまいな人も失敗する人の特徴です。遅刻をせず、履歴書はしっかりと書きましょう。細かいところで力を抜いていると、やる気があまりないと判断される可能性があります。

面接を突破して希望の職場に転職するために

履歴書などの書類選考とは違い、面接はお互いの顔をみておこなうため、目をみてハキハキ喋ることや、マナーを悪くしないこと、不意な質問に対してもネガティブな回答をしないことが重要になります。

しかし、こういった面接の準備を1人でおこなうのは難しいので、転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談することがオススメです。

キャリアアドバイザーはあなたにマッチする求人を紹介して、多くの面接を指導してきた経験から面接対策をしてくれます。

薬剤師の転職満足度は業界No.1!
6万件以上の豊富な求人からベストな職場をご紹介!

ポイント

  1. 20~40代薬剤師の転職支援に強み!
  2. 業界最大級の求人数を保有!
  3. 登録者には転職サポートブックをお渡し中!

マイナビ薬剤師に
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

人気の転職エージェント