薬剤師のよくある転職理由とは?面接で評価されやすい伝え方を解説!

    本記事は、薬剤師の転職理由や面接での回答のコツについて解説しています。

    同じ内容の転職理由でも、伝え方によって採用担当者からの評価は大きく変わりますので、薬剤師としての転職を考えている人はご覧ください。

この記事を書いた人
末永 雄大
アクシス代表取締役社長。リクルートキャリアで様々な企業の採用支援を経験、MVP6回受賞。転職エージェントや有料転職相談サービス「マジキャリ」など複数サービスを展開。Youtubeの総再生数は200万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」

薬剤師のよくある転職理由・退職理由4選

実際に薬剤師として働いた人に聞いてわかった、薬剤師のよくある転職理由・退職理由は以下の通りです。今の自分が働いている職場と照らし合わせてみて、当てはまるところはありますか?

ここで挙げている転職理由と同じなら転職を検討してみてもいいでしょう。

やりがいを感じない

薬剤師の主な業務内容は医師の処方箋に従って患者さんに薬を処方することです。

そのため、勤め先が扱う診療科の種類により取り扱う医薬品も限られますし、重症である患者さん以外には基本的に似通った処方箋になる傾向があります。

そこから、イメージしていた仕事内容とのギャップやもっと豊富な種類の医薬品を扱いたいなど、毎日の業務内容にやりがいを感じることができなくて転職を考える人が多いです。

仕事量が多い

この転職理由は、ドラッグストアや製薬会社で働く薬剤師にとくに多いです。

ドラッグストアでは、薬の処方以外にもレジ打ちや在庫の品出し、お客さんの対応などの仕事をすることが求められます。

営業時間も長いため、薬剤師としての仕事以外でつらさを感じた時に転職を考えるようです。

製薬会社では基本的な業務はもちろん、他部署との連携や資料作成、お客さんからの問い合わせ対応など、とにかく様々な業務内容に追われることになります。

配属先がMR(医薬情報担当者)になった場合は、常にノルマを達成することが求められ、病院などへのアポイントメントを取ることに苦労したりもします。

さらに薬機法の改正に伴い医薬品に対する知識を更新し続ける必要があり、基本的な業務だけでなく、プライベートでのインプットも必要です。

人間関係に悩む

これは薬剤師に限った転職理由ではありませんが、人間関係に悩んで転職する人も少なくありません。

とくに、調剤薬局や中小規模のドラッグストアに勤める薬剤師は、職員の数も少なく、自分と気が合わない人と毎日一緒に働かなければならないことにストレスを感じる人も多いようです。

また、総合病院など比較的大人数の職場でも、他の薬剤師はもちろん、同じ職場で働く看護師、医師とのやりとりに苦労するケースがあります。

看護師が多い職場では、薬剤師の発言権がないという悩みの相談を聞いたこともあります。

夜勤がある

これは24時間営業のドラッグストアや、救急医療に対応している総合病院で働く薬剤師に多い転職理由です。

自分のプライベートや家族のことを考えて、また夜勤することは肉体的にもツラいため他の職場に転職をする薬剤師は多くいます。

転職エージェント 末永

もし今これらの理由で悩んでいる人がいたら、一度転職エージェントに相談してみてください。

転職エージェントではあなたが不満に感じた原因を踏まえて、今よりも働きやすい職場を紹介してくれるからです。

とくに、薬キャリ AGENTマイナビ薬剤師など薬剤師の転職に特化した転職エージェントがおすすめです。

薬剤師の転職に特化した転職エージェント

  • 薬キャリ AGENT
    薬剤師の登録者数No.1!医療業界専門のエムスリーグループが運営
  • マイナビ薬剤師
    人材業界大手のマイナビが運営。手厚いフォローに定評アリ!
  • ファルマスタッフ
    東証一部上場の日本調剤グループが運営!20年以上の実績と信頼

病院薬剤師の夜勤状況や年収については以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事病院で働く薬剤師はブラック?年収や仕事内容などを徹底解説!

面接での転職理由・退職理由の回答例

採用担当者は転職理由・退職理由を通じて「うちでも同じ理由で辞めてしまわないか」「転職して頑張ってくれそうか」といった点をみたいと思っています。

前職で辞めた理由が客観的にみて妥当であることを示しつつ、なるべく仕事に対して前向きな姿勢をアピールすると良いです。

ここでは、採用担当者に評価されやすい転職理由・退職理由の伝え方を4つ、回答例とともにご紹介します。

労働環境が理由の場合

単に「休みが取れない」とだけ伝えても、採用担当者が納得してくれるとは限りません。

「うちも残業が多くて土日に休むのは難しいから、早期離職してしまうかも」と懸念を持たれる可能性もあります。

そこで労働条件に関する転職理由・退職理由を述べる場合は、客観的に見て前職がつらい状況であることを示す具体的な数字を伝えてください。

自分がつらかった状況を明確に伝えないと、あなたはささいなことですぐ辞めてしまう人だと思われる可能性があります。

また、つらいと感じる基準は人それぞれなので、状況説明の際は必ず数字を使って説明しましょう。

数字を用いることで、採用担当者に前職の勤務状況などが伝わりやすくなりますよ。

労働環境への回答例

以前は比較的大きな門前薬局に勤務していました。元々多忙な職場でしたが、ベテラン薬剤師が複数名退職したことで残業時間が月100時間を超えていました。

希望通り休日を取るのも難しく、スキルアップのための勉強が滞ってしまいました。そのような状況が半年以上続き、在宅学習ができる職場へ転職したいと思ったことが退職理由です。

そこで、在籍薬剤師の人数が多い御社にて労働環境の改善を図り、休日を使って認定薬剤師の資格勉強を始めます。さらに、需要の高まっている在宅医療に関する学習も進め、御社においてより専門性の高い薬剤師になりたいと考えています。

このように前職の具体的な状況を伝えた上で、労働環境が改善されたらどのようにしたいのか展望を述べることであなたの熱意をアピールできます。

賃金の低さが理由の場合

転職理由・退職理由が賃金の低さに関するものであれば、「どうして年収アップしたいのか」明確な理由を述べることがポイントです。

明確な目的がある人のほうが、仕事に対して意欲的だと判断されることが多いからです。

具体的な例としては、「子育てや介護が必要なので年収アップしたい」「住宅のローンがある」「結婚して新居に引っ越す費用が必要」などが挙げられます。

賃金の回答例

前職では管理職のポストの空きがなく、一般薬剤師として長年勤めていました。

労働環境も良く仕事のやりがいもありましたが、近々結婚を考えています。結婚するに当たって新居購入費用、将来的には子育ての費用も必要です。

そこで、転職によって一般薬剤師から管理薬剤師へキャリアアップすることを決意しました。

数多くの薬局を展開する御社なら管理職のポストも比較的多く、キャリアアップの可能性が高いことに魅力を感じました。管理薬剤師になってより責任ある仕事をおこないながら、年収100万円アップを目指しています。

年収をどれぐらいアップさせたいのか、具体的な数字を挙げることも採用担当者へアピールするコツです。

人間関係が転職理由の場合

人間関係が転職理由・退職理由なら上司や同僚と馬が合わないなど「他責になっていないか」確認することが大切です。

そのため、前職の悪口や不満ばかり述べて他人のせいにするより、「自分のこういう部分が足りなかった」と内省している姿をアピールすることが必要です。

次の職場では「○○な努力をしていきたい」と前向きな姿勢を示せば、「この人と一緒に働きたい」と思ってもらいやすいです。

人間関係の回答例

前職は小さな薬局で、ベテラン薬剤師の上司の指示に従って業務をこなしていました。経験豊富な先輩の元で働くのはやりがいがありましたが、もっと自分の意見も主張すれば良かったと感じるようになりました。

そこで、チームワークを活かして業務を遂行する御社にて、スタッフ同士でコミュニケーションをとりながら薬剤師としてのスキルアップを図りたいと考えております。

実際に御社で働くことになれば、先輩の元で約5年学んだ経験を活かして積極的に意見を述べてチームに貢献します。

やりがいやキャリアアップが転職理由の場合

仕事のやりがいがないこと・キャリアアップできないことが転職理由・退職理由であれば、どういう風に働きたいと思っているのか・なぜ前職でそれが難しいのかをしっかり伝えましょう。

自分の目標に真摯に向き合って行動を起こしている人は、仕事に対して熱意、行動力があると面接で評価されやすいからです。

やりがい・キャリアアップの回答例

これまで約3年程度、慢性期病院に勤務してきました。地域密着型で1人1人の患者様に寄り添うことができましたが、日々の業務はほとんど変わりませんでした。

上司にもっと多くのことを学びたい旨を伝えたものの、病院の構造上難しいようです。そこで、さらに自分の知識や技術を向上させたく、御社のような急性期病院への転職を決意しました。

急性期病院において様々な処方を学び、よりプロフェッショナルな薬剤師になりたいです。また、将来的には管理職に就き、自分の知識や技術を新人薬剤師へ伝えてきたいと考えています

上司に意見を述べたり、異動を申し出たり、自ら現状を改善しようとした例があるなら、それを伝えて採用担当者に熱意をアピールすると良いでしょう。

薬剤師が面接で転職理由・退職理由を伝える際の3つのポイント

転職理由・退職理由を回答する際のポイントは以下の3つです。

面接において1番大切なことは人間性と熱意を伝えることです。

組織で動く以上ほかの従業員・スタッフと連携して業務を進められるか、組織の風土とマッチしているかどうか確認するために、人間性が重要な判断項目になります。

また、せっかく入社してもすぐ辞めないか、入社して活躍してくれそうか見極めるために採用担当者は転職者の熱意も参考にしているからです。

ネガティブな転職理由でも前向きに伝える

面接では、たとえネガティブな転職理由であっても前向きに伝えることが大切です。

転職理由を前向きに伝えることで自分の熱意や行動力をアピールすることができます。

また、採用担当者としても自社に貢献してくれると信頼できるからです。

例えば、「残業が嫌だ」「もっと休みが欲しい」という転職理由の場合、自分の希望をそのまま伝えるだけで終わらずに、「空いた時間で認定薬剤師の資格を取得したい」など前向きに伝えましょう。

転職理由に嘘をつかない

実は面接の時によく陥る傾向があります。前向きな転職理由を考えるゆえに、偽りの情報から転職理由を作ってしまうことです。

例えば、現職では給料が低いことを理由に転職を考えているが、スキルアップのためにと置き換えてしまうなどが挙げられます。

もちろん面接官は人事採用のプロでありますし、面接の最中に緊張するとボロが出ることもあります。

ボロが出るとあなたに対する信頼度は下がり、たとえ優秀でも選考通過することが厳しくなってしまうので、面接では正直に話すことを心がけましょう。

転職後のイメージを明確に伝える

転職した後の自分がどのように活躍しているかイメージを伝えることは転職だけでなく就職活動などでも大切です。転職に成功する人のほとんどが転職した後の自分のイメージを明確に持っています。

転職先ではどんな経験が積みたいか、例えば管理薬剤師として転職先に貢献したい、他の薬剤師と連携を深めて楽しい職場を築くことに貢献したいなど、転職した後の働き方を伝える必要があります。

そうすることで、面接官も転職に対する熱意を感じ取ることができます。

薬剤師の転職において面接は重要なポイントです。もっと面接対策について詳しく知りたい人は以下の記事を読んで対策してみてください。志望動機や自己PRなど、ケース別に解説している記事も紹介しておきますね。

関連記事薬剤師の受かる面接対策を徹底解説!勤務先別に意識したいポイントも紹介
関連記事【薬剤師向け】採用担当に刺さる志望動機を考えるコツ!例文も紹介!
関連記事薬剤師の自己PRはどう書くべき?転職先ごとのポイントを紹介

薬剤師として転職を考えている人へ

結論から言うと、薬剤師として転職を考えている人は一度転職エージェントに相談することをおすすめします。

転職エージェントでは転職理由の添削をはじめ、面接対策や応募書類の指導など選考に向けたサポートを実施してくれるからです。

また、年収や勤務時間などあなたの希望条件に合わせて求人を紹介してくれるので、忙しくて求人を探せてないという人もスムーズに転職活動を進めることができます。

ただ、担当のキャリアアドバイザーによってサポートの質が異なるので、まずは2~3社複数登録して、そこから自分に合ったキャリアアドバイザーと転職活動を進めていくのがベストですね。

薬剤師におすすめの転職エージェント

薬剤師の登録者数No.1!
医療業界専門のエムスリーグループが運営する薬剤師に特化した転職エージェント!
最短即日・最大10件の求人紹介が可能!

ポイント

  1. 薬剤師を専任でサポートする転職エージェント
  2. 全国各地で求人紹介が可能!
  3. コンサルタントの満足度95%

薬キャリ AGENT
に相談する

薬剤師の転職満足度は業界No.1!
6万件以上の豊富な求人からベストな職場をご紹介!

ポイント

  1. 20~40代薬剤師の転職支援に強み!
  2. 業界最大級の求人数を保有!
  3. 登録者には転職サポートブックをお渡し中!

マイナビ薬剤師に
相談する

業界No.1の求人数を誇る転職サイト!
豊富な紹介先があることによって薬剤師の転職成功率は90%以上

ポイント

  1. 東証一部上場の日本調剤グループが運営
  2. 一つひとつの紹介先に足を運んでヒヤリングしている
  3. 紹介先の良いところだけではなく懸念点も正直にお伝えする

ファルマスタッフに
相談する

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営者プロフィール



アクシス株式会社 代表取締役

末永雄大

Suenaga Yuta

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。

おすすめ転職エージェント