転職で失敗する薬剤師の4つのポイントとは?成功方法も徹底解説!

薬剤師の転職では、思ったよりも忙しかった、仕事内容が想像と違った、などの要因で失敗してしまう事例が多発しています。

本記事では転職で失敗しがちなポイントと、成功させるためのポイントを徹底解説します!

薬剤師が転職で失敗してしまう4つの原因

薬剤師が転職で失敗してしまう原因になるポイントは大きく分けて以下の4つです。

ここからはそれぞれについて詳しく解説します。

1つの条件に固執して転職先を決めてしまう

給与や待遇など、1つの条件だけを見て転職先を決めるのは止めましょう。

なぜなら、1つの条件にこだわって転職先を決めると他の点で不満が溜まり、再転職をするリスクが高まりやすいからです。

転職するときは現職への不満や希望から、とくにこだわりたい1つの条件に焦点を置いてしまいがちですが、複数の条件で比較するようにしましょう。

よくある失敗例

失敗として典型的なのは、給与にこだわって年収条件しか見ていなかったために激務の現場に転職してしまうパターンです。

給料が高くても身体を壊してしまったり、メンタルヘルスに問題が起きては元も子もありません。

これらの失敗を防ぐには、自分にとって重要な軸を明確にして優先順位を付けておくことが重要です。

その上で、転職先の情報は網羅的に集めると良いです。キャリアアドバイザーに相談して情報を集めたり、職場見学をするのが効果的です。

雇用条件を確認せずに内定承諾をしてしまう

内定をもらったら、1度冷静になって雇用条件を確認するようにしましょう。この際、雇用条件は口頭ではなく、書面で確認するようにすると良いです。

というのも、内定がもらえた嬉しさから雇用条件をよく確認せずにサインしてしまう人が多いです。あとから思っていた条件と違っていた!と後悔する要因になるので気をつけてください。

よくある失敗例

雇用条件の失敗例としてよくあるのは、求人票や面接で給料や勤務日などの労働条件を確認したから、雇用契約書にはその通りに記載されていると思い込んでいるケースです。

求人票では年収が600万円のはずだったのに実際は580万円だった、週3~5日の勤務のはずが週5勤務になっていた、といったこともあります。

口頭での内容は後になって証拠を示すのが難しいので、書面で確認をしましょう。サインをして働き始めてからでは手遅れになってしまうため、慎重になる必要があります。

知人紹介で安易に転職先を決めてしまう

友人や知人の紹介で転職するのは簡単な方法で、信頼できる人の紹介だからと安易に転職先を決めてしまいがちですが、後悔しないためには複数検討するようにしましょう。

というのも薬剤師の転職では、友人の紹介で転職をして失敗する事例が多いからです。

よくある失敗例

知人の紹介だと、転職後に職場へ不満を感じたとしても、友人の紹介だったために辞めにくくなってしまいます。

また、応募の時点でもオファーを受けたら、入社を断りにくくなります。

転職先の採用担当者も、友人の紹介だからと考えて条件も簡単に口頭の連絡で済ませてしまう場合があります。口頭では雇用契約書に反映されていないこともあるので気を付けましょう。

転職において知り合いに相談して情報を集めるのは生の声も聞けるので良いのですが、複数の職場を比較検討することがオススメです。安易な判断は避けましょう。

調剤未経験から大手チェーン以外に転職してしまう

調剤未経験の場合は、まずは大手チェーンに転職するのが良いです。

なぜなら、製薬企業など未経験の薬剤師が転職するときは、大手チェーンでないと大変なことが多いからです。

よくある失敗例

中小の調剤薬局では教育制度が整っていないこともあるため、入社してすぐに実務に入らないといけないケースもあります。

大手チェーンであれば、教育研修制度が整っており、調剤未経験でも業務に慣れやすいです。

未経験であれば、調剤のノウハウを学べる教育研修制度がある職場を選びましょう。

薬剤師が転職を成功させるために必要な4つのポイント

薬剤師が転職をする際、失敗を防いで成功させるために必要なポイントは以下の4つです。

ここからは、それぞれついて詳しく解説します。

自己分析で転職の優先軸を決める

薬剤師の人は転職をする前に、自己分析を通して転職先に求めることを理解して、転職の軸を決めましょう。

例えば、給料が最優先の条件で、そのためであれば多少忙しくなっても良いといった具合です。

このように優先軸を決める理由は、転職をする上で目的をハッキリさせることで求人が選びやすくなるからです。

優先軸を決めずに求人を探しても、年収や労働条件、勤務地など希望条件が多くなってしまい、求人が見つかりません。これらの条件をすべて満たす求人は存在しないと考えたほうがいいです。

優先軸を決めるときは、まず自分の希望する項目を網羅的に考えて、それぞれに順位をつけることがオススメです。

企業研究で実際の働き方を調べる

求人だけでは実際の働き方はわからないので、オフィシャルサイトや口コミサイト、身の回りにいる薬剤師などを活用して情報収集をしましょう。

とくに候補として考えている求人がある場合は、職場見学をするのがオススメです。

また、転職サイトを用いてキャリアアドバイザーへ相談することもオススメです。

キャリアアドバイザーは、保有している求人の職場へ頻繁におとずれているので人間関係や有給取得率などの、書面上ではわからないことも教えてくれます。

なお、企業研究で確認しておくべきポイントの例は以下の通りです。企業研究の際は参考にしてください。

企業研究で確認するべきポイント

  • 業務内容
  • 処方箋枚数
  • 有給消化率
  • 平均残業時間
  • 勤務時間
  • 勤務日数
  • 研修制度
  • 職場の人間関係

面接対策を十分におこなう

薬剤師は売り手市場だからと、面接対策は必要ないと誤解している人も多いのですが、面接対策は必須です。

薬剤師は人手不足なので、売り手市場なのは確かではあるものの、企業も職場で有用な人材を手に入れようと慎重に吟味しています。

とくに小規模経営の調剤薬局では人間関係のもつれを避けるために人柄をよく見ている傾向があります。

また製薬企業への転職では、一般的な転職と同じように面接対策が必須になります。製薬企業は優秀な人材を求めている傾向にあるため、他と比べてもとくに面接対策が重要になります。

条件交渉は書類に残す

無事に内定をもらえたら、給与や労働条件などの交渉では口約束をしないように気を付けましょう。

労働環境などについて魅力的な話をしていたとしても、実際に契約では異なっている場合があります。

給与などの交渉をしたのなら、きちんと書面に落として契約するのが重要です。話をしているときにはメモを取っておき、1つずつ内容を確認していきましょう。

書面に残すことで、もし雇用契約書に誤りがあれば、修正をしてもらいやすくなります。

しかし、これから転職をする人が企業に対して意見を言うのは難しいと思う人もいるかと思います。知人からの紹介だった場合には、ますます交渉しにくいですよね。

そういった人は転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談することがオススメです。キャリアアドバイザーはオススメの求人を紹介してくれ、転職の際にも間に立って給与交渉などを代わりにおこなってくれます。

また、契約の誤りがないか確認もしてくれるので、薬剤師の転職では心強い存在です。

転職に踏み切れない人はキャリアアドバイザーに相談しよう

将来のキャリアプランに悩んだり、転職に踏み切れない人は転職サイトを用いてキャリアアドバイザーに相談するのがオススメです。

キャリアアドバイザーは、あなたからワークライフバランスや勤務地、年収といった希望をヒアリングして、その希望を満たすために転職が必要なのか、第3者視点から判断してくれます。

とはいえ、サービスの仕組み上、サポートの質は担当するアドバイザーによって変わるので、自分にマッチした人を探すには複数登録がオススメです。

この記事とあわせて読まれている記事 Related

おすすめ人気記事 Popular

運営会社

Axxis(アクシス)株式会社は「ヒトとITのチカラで働くすべての人を幸せにする。」という理念に基づきキャリア領域で複数のプロダクト・サービスを提供するHRテックカンパニーです。