リクルートエージェントの担当変更は可能?やり方や注意点も徹底解説

リクルートエージェントの担当変更は可能?やり方や注意点も徹底解説

    リクルートエージェントの担当変更について、元社員がやり方を徹底解説します。

    さらに申し出る際の判断基準や手続き方法、注意点もわかりやすく紹介していきます。

この記事を書いた人
末永雄大

末永雄大

新卒でリクルートエージェント(現リクルート)に入社。数百を超える企業の中途採用を支援。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして人材紹介サービスを展開しながら、年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeチャンネル「末永雄大 / すべらない転職エージェント」の総再生回数は2,000万回以上。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック
詳細プロフィールはこちら
リクルートエージェントの基本情報
運営会社
公式サイト
株式会社リクルート
https://www.r-agent.com/
電話番号 0120-070-585
業種 全業種
求人数 613,800件(2024年5月時点)
対応地域 全国
登録免許 有料職業紹介:13-ユ-313011

【結論】リクルートエージェントの担当変更は可能

リクルートエージェントの担当変更をすることは可能です。

転職活動をサポートしてくれるキャリアアドバイザーに対して「担当変更を申し出るのは失礼な行為にあたるのでは?」と悩んでいる人もいると思いますが、利用者に認められている権利なので心配する必要はありませんよ。

親身に相談に乗ってくれるキャリアアドバイザーであったとしても、相性が合わなければ転職活動は上手くは進みません。

二人三脚で一緒に走ってくれるキャリアアドバイザーは相性の合う人のほうが転職やキャリアの相談がしやすいものです。

転職エージェント末永 末永

ただ、リクルートエージェントに担当変更を申し出る際には明確な理由と要望を伝えることが大切です。


しっかり伝えることで自分と相性の合うキャリアアドバイザーに変更してもらいやすくなりますよ。

リクルートエージェントの担当変更をする正当な理由6選

リクルートエージェントの担当変更をしたいけど「自分が不満を感じている理由で変更を申し出ても良いのか?」と悩む人もいると思うので、判断基準を紹介しますね。

正直なところキャリアアドバイザーはピンキリです。とても優秀な人もいれば、経験が浅く十分なサポートができていない人もいます。

後者に当てはまる場合は下記の判断基準で担当変更をすべきか考えてくださいね。

転職エージェント末永 末永

とはいえ、リクルートエージェントは人材紹介会社の中では最大手です。


キャリアアドバイザーの質は一定担保されているので、否定や非難をするようなことを言う人はほぼいないと考えて良いでしょう。

担当変更理由その1:面談できちんとヒアリングしてくれない

面談をおこなう際にきちんとヒアリングをしてもらえない場合は、担当変更したほうが良いと言えるでしょう。なぜなら、きちんとヒアリングをしてもらえなければ、的外れな求人ばかり紹介されてしまうからなんですね。

あなたの職歴やスキル、経験などをしっかりと確認もせずに「紹介できるのはこんな求人ですね」などと口にするようなキャリアアドバイザーなら、態度を改めてほしいと伝えるまでもなく担当変更してしまってOKです。

転職エージェント末永 末永

この理由で担当変更する際には「転職活動するにあたって不安があるため、もう少し寄り添ってもらえるキャリアアドバイザーに変更してほしい」と、問い合わせフォームもしくは電話で伝えるのがおすすめですよ。

担当変更理由その2:希望条件を満たさない求人ばかり紹介される

自分の希望条件を満たさない求人ばかり紹介される場合も、担当変更を検討したほうが良いケースがあります。

あまりにも希望条件と合致しない求人ばかり紹介された際には「なぜこの求人を自分に提案するのか?」について尋ねてみましょう。そう質問することで回答から自分の経験やスキルなどが考慮されていない、理解されていないと判断がつきます。

この場合は改めて自分の要望をより具体的に伝える、もしくは早めに見切りをつけて担当変更してしまうのが良いですね。

転職エージェント末永 末永

この理由で担当変更を申し出る際には「××様(担当者名)からご提案頂く情報や求人に不安があるため、もう少し丁寧に対応してくれるキャリアアドバイザーに変更してほしい」という旨を伝えるのが良いでしょう。

担当変更理由その3:業界・職種に関する知識が乏しい

業界や職種に関する知識が乏しい場合も、十分な転職支援をしてもらえない可能性があります。

また、求人企業や求職者のマッチング率も低くなるので、業界や職種に関する知識を持っており、経験が豊富なキャリアアドバイザーに変更してもらうのが良いですね。

転職エージェント末永 末永

この理由で担当変更を伝える場合は「転職活動に不安があるので、もう少し××業界に詳しいキャリアアドバイザーにサポートをお願いしたい」という形で申し出るのがおすすめです。

担当変更理由その4:内定承諾を強要してくる

キャリアアドバイザーの中には内定承諾を強要してくるケースがあります。これはキャリアアドバイザーがノルマ達成することを重視しているからこそなんですね。

自分の希望条件にそぐわない企業を紹介して、さらに内定を強要してくる場合は、はっきりと断るようにしましょう。

この場合も「なぜそんなに内定承諾をさせたいのか」について尋ねてみてください。きちんとした理由があるならまだしも、ただノルマ達成のために内定を強要してきているのであれば、きちんと自分の気持ちを伝えるのがベストですよ。

転職エージェント末永 末永

キャリアアドバイザーはあなたの人生の責任を負うことはできないので、自分の意思をきちんと伝えるのがおすすめです。

担当変更理由その5:レスポンスが遅い

キャリアアドバイザーによっても異なってきますが、中にはレスポンスが遅いキャリアアドバイザーもいます。

メールや電話で連絡を取る際にレスポンスが遅い場合は、連絡可能な時間帯をお互いに確認しておくのが良いでしょう。そうすることで連絡が遅いということに関してのストレスも軽減されます。

転職エージェント末永 末永

もし、お互いに連絡可能な時間帯について伝えても変わらずレスポンスが遅い場合は、改善が見られないということで担当変更を検討しても良いですね。

担当変更理由その6:態度やマナーが悪い

また、これもキャリアアドバイザーによって異なるのですが、態度やマナーが悪いケースもあります。

例えば求人をいくつか提案してきてこちら側が返信したにも関わらず、そのまま無視されてしまっているような状況などが挙げられます。他にも「この求人なら紹介できるよ〜」など上からの物言いをすることも該当しますね。

転職エージェント末永 末永

この場合は「初めての転職で不安があるのでできればもう少しだけ丁寧に説明してもらえると助かります」など、どのように対応してもらいたいのか具体的に希望を伝えるのが良いでしょう。

相性の合うキャリアアドバイザーを探したいのなら

リクルートエージェント以外で相性の合うキャリアアドバイザーを探したいのなら、複数の転職支援サービスを利用したほうが良いです。

まずは転職支援実績が豊富にあり、大手人材紹介会社が運営する総合型転職エージェントから探してみるのがおすすめですね。

さらに総合型転職エージェントと併せ、20代やハイクラスなどを専門にサポートしている特化型転職エージェントも併用すると相性の合うキャリアアドバイザーが見つけやすくなりますよ。

おすすめの大手総合型転職エージェント

  • doda
    顧客満足度No.1!サポートが手厚い定番エージェント
  • マイナビエージェント
    20代支持率No.1!若手を採用したい企業の求人が多数

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

  • JACリクルートメント
    国内3位の規模を誇る転職エージェント。年収600万〜1,500万円以上の案件を多数保有
  • ビズリーチ
    年収600万円以上の求人が多数!企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く

正社員経験が少ない人におすすめエージェント

  • UZUZ
    平均12時間以上の手厚いサポート!高卒・既卒・フリーターからの正社員転職に強み
  • ハタラクティブ
    大手企業が運営している老舗の転職エージェント!未経験から挑戦できる求人多数
  • マイナビジョブ20's
    未経験OKの求人が7割以上!新卒支援実績No.1のマイナビによる20代向けエージェント

リクルートエージェントの担当変更をする方法

担当キャリアアドバイザーに直接担当変更を伝えるのは気まずく、なかなか言い出せないものですよね。

リクルートエージェントの担当変更をする方法は主に2つあります。1番伝えやすい方法は、問い合わせフォームから担当変更の連絡をする方法ですね。

問い合わせフォームを利用する

リクルートエージェントでは担当変更の申し出をする際に問い合わせフォームの利用を推奨しています。

問い合わせフォームなら必須項目を入力するだけなので、スムーズに担当変更へ進めますよ。

必須項目

  • 姓名
  • 姓名(カナ)
  • メールアドレス
  • お問い合わせ内容のカテゴリ
  • 利用環境

メールアドレスはリクルートエージェント会員登録時に入力したものを記入しましょう。登録しているメールアドレス以外は、登録状況確認のために連絡することがあります。

転職エージェント末永 末永

また、担当変更を希望する場合は「なぜ担当変更したいのか」という変更を希望する明確な理由もきちんと記入するようにしてくださいね。

電話で伝える

電話でリクルートエージェントの担当変更を申し出るのも1つの方法です。

問い合わせフォームからの手続きと比べ、直接伝える必要があるので難易度は高めですね。要望をしっかりと伝えるためにも、事前に担当変更してほしい理由を書き出しておくとうまく伝えられるのでおすすめですよ。

より自分と相性の合うキャリアアドバイザーへ変更したい人は、問い合わせフォームから担当変更の旨を伝えるよりも、電話で申し出てみると良いでしょう。

リクルートエージェントの担当変更をする際の注意点

リクルートエージェントの担当変更をする際の注意点があります。担当変更は万能な機能ではないので、これから紹介する4つのポイントに気をつけてみてください。

相性が合うとは限らない

リクルートエージェントの担当変更によって相性の合うキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるかもしれませんが、もちろんその逆もあります。

変更前のほうが相性が良いという場合もあるので、必ず担当変更で相性の合う人に変えてもらえるとは思わないほうが良いです。

転職エージェント末永 末永

担当変更をしないほうが良いキャリアアドバイザーの特徴を以下に挙げてみましたので、該当する場合は担当変更せず引き続きサポートしてもらうことをおすすめします。

  • 丁寧なヒアリングと面談をしてくれる
  • 適切な求人を紹介してくれる
  • 業界・職種に関する知識が豊富
  • レスポンスが早くスムーズ
  • 求人情報以外の情報も持っている

中にはたまにレスポンスが遅いという場合などもあると思うので、その際にはよ数みをしたり急ぎの要件である場合は少しだけ早めにレスポンスしてほしいことを伝えたりしてみてください。

もし自分から要望を伝えても変化が見られなければ、担当変更という選択肢もアリですね。

転職エージェント末永 末永

まずは本当にリクルートエージェントの担当変更をするべきなのか、しっかり考えてみてください。

きちんと引き継ぎされているのか確認する

リクルートエージェントの担当変更により、新しいキャリアアドバイザーのサポートが開始したら、自分が転職を望む業界や職種、企業についてしっかりと引き継ぎをされているか確認するのも大事です。

さらに希望年収や待遇をはじめ、転職先に希望することなど、前のキャリアアドバイザーに伝えていた内容が引き継がれているかも確認してみてください。

転職エージェント末永 末永

担当変更に伴う引き継ぎができていないと、また最初からすべて説明をしなければならず、余計に時間がかかってしまいます。

新しい担当者とコミュニケーションを取る

新しい担当者に変わったら積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。その際に、自分との相性の良さの確認はもちろんのこと、キャリアアドバイザーとしての能力も一緒にチェックしておくのがおすすめです。

というのも、相性が良くてもキャリアアドバイザーとしての能力が低い場合は、希望している企業への転職が難しくなるかもしれないからなんですね。

やや物足りないと感じた場合は「万全の体制で選考に臨みたいので、他のキャリアアドバイザーにも選考対策をお願いしたい」と要望を伝えてみると良いでしょう。

担当変更ができない場合もある

リクルートエージェントは担当変更を受け付けていますが、希望する業界・職種・地域などによっては担当キャリアアドバイザーの変更が難しい場合があります。

担当変更が難しいと伝えられたら、リクルートエージェント以外の転職エージェントの利用も検討してみてください。

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェント以外の転職エージェントを利用する際には、自分が希望する業界・職種に強みがあるところを選ぶのが重要なポイントになりますよ。

担当変更した後に快適にサービス利用する3つのポイント

ここからは、担当変更をした後、快適にリクルートエージェントを利用するためのポイントを3つ紹介します。

担当を変更したのに、また同じような苦い思いをしたくありませんよね。以下のポイントをきちんと押さえたうえで、ぜひ快適にリクルートエージェントを利用していきましょう。

担当者を変更した後に快適にサービス利用するポイント

希望を明確に伝えてみる

リクルートエージェントに何をして欲しいのか、希望をストレートにわかりやすく伝えることはとても大切なポイントです。紹介される求人はヒアリング情報をもとに選定されるため、曖昧な回答をしてしまうと思ったような求人を提案してもらえなくなります。

「自分の希望を察してほしい」では思ったような成果は得られません。リクルートエージェントに何を期待しているのかをはっきり伝えれば、その希望に沿うようにキャリアアドバイザーもサポートをしてくれます。

転職意欲をしめす

転職エージェントを利用するうえで、転職意欲を示すことは、良い転職先を紹介してもらうために必要不可欠です。

良いサービスを利用するためには、あなた自身も次のような点に気をつけて活動するようにしましょう。

  • マメな返信をこころがける
  • 面接に行ける日を可能な限り確保する

マメな返信をこころがけていると、転職エージェントに「この人からは転職への意欲を感じられていいな」と判断され、優先度を上げてサポートしてもらいやすくなります。

キャリアアドバイザーは1人でも多くの転職者を内定に導きたいと考えていますが、アドバイザー1人の時間や工数が限られているなかで、意欲がないとされる人に時間を割こうとは思いません。

転職エージェント末永 末永

ちなみに、面接日程のすり合わせや日程確保の姿勢が乏しいと、リクルートエージェントからどんどん塩対応されるようになるでしょう。


面接日程の調整をしない=転職活動へのコミットが低いということになり、こちらもまた転職意欲が低いものと判断されます。

これらの点に気をつけることで、転職活動に真摯に向きあっている姿勢が担当者に伝わり、手厚いサポートをしてもらいやすくなるでしょう。

求人の選り好みをしない

明確な理由なく雰囲気で選考を辞退するような人や、実力以上にプライドが高く求人の希望条件を細かく定めて妥協しない人もリクルートエージェントから相手にされなくなってしまいますよ。

というのも、よほどの良い経歴でない限り、求人の選り好みをされると一定期間での内定獲得が困難になるからです。

それなのにも関わらず、選り好みが激しいと、転職活動を長引かせるタイプと判断され相手にされなってしまうので担当のキャリアアドバイザーの提案した求人を素直に一度見てみることをおすすめします。

転職エージェント末永 末永

そうすることで「ここは受けて見たけどこうこうこういった理由で合わないなと感じました。なぜならば・・・」などとより密なコミュニケーションが取れます。


こういった会話が実はとても大切ですよ。面接で「なぜ、A社じゃなくて当社なんですか?」と聞かれた時にクリティカルに回答することができるのです。

担当変更ではなく転職エージェントを変えるのもあり

リクルートエージェントに担当変更を申し出て変えてもらうのも可能ですが、コロコロ担当者が変わるのは落ち着かないですよね。

そういう場合は同じタイミングで複数の転職エージェントに登録し、それぞれのキャリアアドバイザーを比較できるようにすると良いですよ。

複数のキャリアアドバイザーの能力と相性を比較し、1番良いと思った1社に絞り込むと納得のいく転職がしやすくなります。

大手や人気企業の求人を多数保有!大手エージェント

大手エージェントには、全業界・職種の求人が集まっています。さらに、大手企業や人気企業の求人を独占で持っていることも。 幅広い選択肢の中から求人を提案してもらいたい、大手企業や人気企業への転職を検討しているという方は登録しておきましょう。

doda

CMでおなじみ!顧客満足度トップクラス!
豊富な求人数に加えて、専任アドバイザーの手厚いサポートが強み

doda

おすすめポイント

  1. リクルートと並ぶ、実績豊富な国内最大級の転職エージェント
  2. 20万件以上(2023年3月時点、非公開求人を含む)の求人から、厳選して紹介をしてくれる数少ないエージェント
  3. リクルートが保有していない有名企業の求人に出会える可能性が高い

dodaに
相談する

マイナビエージェント

20代の登録者数No.1!
20〜30代前半・第二新卒向けの非公開求人を多数保有

マイナビエージェント

おすすめポイント

  1. 新卒サイトNo.1のマイナビが運営。若手層を採用したい企業とのコネクションが豊富
  2. 営業、メーカー、金融、ITなどの転職支援に強み
  3. 20〜30代など若手層の転職サポート・アドバイスの手厚さに定評あり

マイナビエージェントに
相談する

既卒・正社員経験が少ない人向けの転職エージェント

未経験OK、正社員経験ナシでもチャレンジできる求人を多数保有!20代で経歴に自信がない方向けに手厚い就職サポートを実施しています。
大手エージェントと合わせて登録しておきましょう。

UZUZ

多くのメディアに掲載されているUZUZが展開する
第二新卒・既卒・フリーターに特化した就職支援サービス

※サポートエリアが首都圏・関西圏に限られます。
愛知・福岡にお住いの人は、ニート/フリーター/既卒の求人を豊富に保有しているハタラクティブへの登録がおすすめです。

UZUZ

おすすめポイント

  1. 既卒・早期離職経験のあるカウンセラーが同じ目線でアドバイス
  2. 平均20時間の丁寧なサポートで内定率UP!1年後の定着率は96.8%!
  3. IT業界・Web業界の求人を数多く保有
※登録後、キャリアアドバイザーが電話にてご状況をヒアリングさせて頂きます

UZUZに
相談する

ハタラクティブ

18〜20代未経験OKの求人数は業界トップクラス!
人材業界で多数サービスを展開するレバレジーズが運営!若手向け転職支援サービス

※対象エリアは東日本(渋谷、立川、秋葉原、池袋、千葉、横浜)と西日本(大阪、福岡、名古屋、神戸)となります

ハタラクティブ

おすすめポイント

  1. 経歴よりも人柄を重視して積極採用する企業を紹介!
  2. 20代未経験の方向けの求人3000件以上
  3. ハタラクティブ独自の自分発見カウンセリングが無料で受けられる!

ハタラクティブに
相談する

マイナビジョブ20's

20代・第二新卒・既卒の支援実績26万人以上!
新卒支援実績No.1のマイナビによる若手向け転職エージェント!

マイナビジョブ20's

おすすめポイント

  1. 全求人が20代対象で未経験OKの求人が70%以上!
  2. 転職後の定着率93.6%!
  3. 新卒支援実績No.1のマイナビのノウハウを活用!

マイナビジョブ20'sに
相談する

年収500万円以上の転職を目指す人向け転職サービス

年収700万円以上はハードルが高すぎる…そんな人におすすめの転職サービス!

ビズリーチ(転職サイト)

年収600万〜1500万の優良求人を多数掲載している転職サイト

登録しておくだけでスカウト機能が使えるので、どんな企業からどんなスカウトが来るかで、気軽に自分の市場価値を確かめることができますよ。

ビズリーチ(転職サイト)

おすすめポイント

  1. 企業の採用責任者やヘッドハンターから直接スカウトが届く!
  2. 中小のエージェントとのコネクションも作れるので、大手エージェントと併用して利用するのがオススメ
  3. 大手エージェントで取り扱っていないような隠れた優良求人が見つかる

ビズリーチ(転職サイト)に
相談する

JACリクルートメント

国内3位、高年収求人領域では国内No.1の転職エージェント
外資系企業やコンサル、管理職/専門職への転職サポートに強み(経験者のみ対象)

JACリクルートメント

おすすめポイント

  1. 年収600〜1500万円の高年収の非公開求人を大量に保有
  2. 30〜40代のマネジメント層や専門スキルを持った人向けの求人も多数
  3. 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる
※正しい連絡先・ご経歴を入力することで、より条件にマッチした求人のご紹介が可能になります

JACリクルートメントに
相談する

エンジニア・デザイナーの転職に特化した転職エージェント

マイナビIT AGENT

大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業の求人が多数!
エンジニアからPM、コンサルタントまで幅広い求人提案が可能!

マイナビIT AGENT

おすすめポイント

  1. エンジニアがスキルアップできる求人多数
  2. 大手からベンチャー企業まで、コンサル、SIer、WEB系の幅広い求人を保有
  3. 人気の社内SE求人も多数!働き方に合わせた多彩な求人アリ

マイナビIT AGENTに
相談する

リクルートエージェント(IT)

エンジニアの求人も豊富に保有している
国内最大級の定番エージェント

リクルートエージェント(IT)

おすすめポイント

  1. エンジニア求人は業界最大の10万件以上!
  2. プログラマーや品質管理、社内SE、テクニカルサポートなど人気の職種を網羅
  3. 専門のアドバイザーチームがあり、IT・Web業界ならではのサポートが充実

リクルートエージェント(IT)に
相談する

レバテックキャリア

ITエンジニア経験者支援に特化した専門エージェント

※登録完了後、お電話にて転職活動のご状況をヒアリングさせて頂きます。
※エンジニア未経験者向けの求人は保有しておりません。

レバテックキャリア

おすすめポイント

  1. 保有求人7000件以上の約8割が年収600万円以上のハイクラスIT求人
  2. 大手IT系・Web系企業からスタートアップまで幅広く網羅
  3. WEB・アプリエンジニア、インフラエンジニア、PM、ITコン、SEなど多様な職種に対応

レバテックキャリアに
相談する

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい人は以下の記事もチェックしてみてください。

リクルートエージェントの担当変更をする際によくある質問

リクルートエージェントの担当変更でよくある質問をまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

勝手に担当者が変更された

人物 転職者

申し出てないのに勝手にリクルートエージェントの担当が変更されたのですが、理由はなんですか?

転職エージェント末永 末永

担当キャリアアドバイザーが体調不良で休職した場合や担当者が部署異動する場合など、理由はさまざまです。

転職エージェント末永 末永

また、利用者側に問題があると担当変更されるケースもありますね。


あまり当てはまることはないと思いますが、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーには丁寧に対応するようにしましょう。

メールで担当変更を申し出ても良い?

人物 転職者

リクルートエージェントにはメールで担当変更を伝えても良いですか?

転職エージェント末永 末永

メールからでもリクルートエージェントの担当変更を申し出ることは可能です。


しかし、本文を自分で考える必要がありますし少々手間のかかる方法だと言えますね。

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントの担当変更で使える例文については、下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

リクルートエージェントの評判が知りたい

人物 転職者

リクルートエージェントを利用した人の評判・口コミを知りたいです。

転職エージェント末永 末永

リクルートエージェントを利用した人の評判・口コミを知りたい人向けに徹底解説した記事を用意しています。


実際の口コミも掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

line

line

人気の転職エージェント